ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逃げ逃げソーリと逃げ逃げ大臣 @「あいつもやってんだから俺もやっていいんだ」なんて小学生の言い訳じゃないんだよ、ブーメラン信奉者諸君

ブーメランだのと喜んでる世のお気楽連中もいるみたいだけどさ、しっかり当たってンじゃん、『狩りの道具』
見えてないのか?
見えないフリしてはしゃいでんのか?
愚かな連中。

肉を切らせて骨を截つ

引かない小沢にちと期待。
(小沢の話はその後だ)
きっちり浄化して見せよ!

小沢事務所費問題公表で「さあどうする疑惑の閣僚たち」
 ボロボロ出てきた安倍自民党の幹部や閣僚の事務所費問題。自民党は「小沢一郎らもやっているから、政治とカネの追及は不発」とタカをくくっていたが、20日、小沢が領収書付きで事務所経費の詳細を公開した。今度は閣僚や与党幹部が明らかにする番だが、説明できなければ安倍の支持率がまた下がることになる。
 問題になっていた小沢の事務所費は2003年から05年までの約4億1500万円。このうち東京・世田谷に秘書宿舎建設の費用として約3億7000万円(土地代約3億4000万円、建物費約2500万円)を計上している。契約書の名義は資金管理団体「陸山会」ではなく、小沢一郎となっている。自民党は現場視察までして、これを「小沢の資産隠しだ。資金管理団体の事務所費に付け替えているのではないか」と疑惑視しているのだ。
 小沢は会見でこう説明した。
「政治団体は権利能力のない社団であり、登記実務上、不動産の購入はできるが登記はできない。だから、個人所有にしている」「私個人が不動産に関する何の権利も持っていないことを明記した確認書を付けている」「私が政界引退した時には資産は後進の人への支援、日米・日中の草の根交流基金に充てたい」
 さらに3年分の領収書もマスコミに公表し、「責任ある政治家はすべてを詳細に公表すべきだ」と与党を牽制したのである。
 こうなると一挙にピンチなのが安倍政権だ。事務所費疑惑を抱える伊吹文明文科相と松岡利勝農水相は、国会で指摘されるとマトモに答えず、「私的な経費を政治資金として報告することはあり得ない」(伊吹)、「正直に報告している」(松岡)と言うだけ。政治団体事務所の所在地が雀荘になっている久間防衛相もきちんと説明しなければならなくなった。
「小沢も同じ穴のムジナ、と安心していた安倍官邸は大慌てです。民主党は国会で伊吹や松岡に『疑惑がないなら領収書付きで公表しろ』と迫るはずで、これで説明できなければ、昨年、この問題で辞任した佐田玄一郎大臣と同じケースに追い込まれかねないのです」(事情通)
 安倍内閣はまたひとつピンチが増えた。

2月24日10時0分配信 日刊ゲンダイ

ひたすらに人相悪い大臣が金に汚きゃ、そら見たことか
そもそも誰もがよく知るニクニク同和利権の立役者
『西方面』では専らの活躍ぶりのようで、「東のムネオ、西の松岡」だそうで
しかし01~05年の5年間(小泉時代)で計約2880万円の光熱水費がかかったとですか‥‥。
ムリムリだとか思わなかったんかね
小泉時代だから平気だと思った?
さぁて、そのカネはどこに溶かしちゃったんだか

<事務所費>松岡農相、無料の議員会館でも光熱水費計上
 松岡利勝農相の資金管理団体が、水道代や冷暖房費がかからない議員会館にしか事務所がないにもかかわらず、05年に約507万円の光熱水費を計上していたことが分かった。松岡農相は5日の参院予算委員会で「(浄水器を指すとみられる)何とか還元水や、暖房とか別途そういうものが含まれる」などと釈明したが、使途を明確には説明できなかった。事務所費に続いて、松岡農相の不明朗な支出がまた明らかになった。
 松岡農相の資金管理団体「松岡利勝新世紀政経懇話会」は衆院第1議員会館を「主たる事務所」とし、松岡農相は「他に事務所がない」と説明している。小川敏夫氏(民主)が「どこで使用した光熱水費か」と尋ねたのに対し、松岡農相は「当然、主たる事務所の議員会館だ。使ったものをきちんと計上している」と答弁。
 さらに、議員会館は水道代や集中管理の冷暖房は費用がかからないことなどを追及されると、「確認して必要な範囲で答える」と述べるにとどまった。答えに詰まり「ほかのことを聞いたらどうか」とはぐらかす場面もあった。
 松岡利勝新世紀政経懇話会は04年約518万円、03年も約416万円の光熱水費を計上している。政治資金規正法施行規則によると、光熱水費は「電気、ガス、水道の使用料及びこれらの計器使用料等をいう」とあり、報告の際には内訳の記載や領収書の添付は不要だ。【青島顕】

3月5日12時8分配信 毎日新聞

擁護して延命図った安倍晋三の責任はどんどん大きくなっていく
リーダーシップの履き違い
そういう感覚も知恵足らずのお坊ちゃんに要求するだけ無駄かもね
そもそも首相の資質を持ち合わせない男
そもそも大臣になるべきではなかった男
腐った仲間の庇い合い

延滞金利息みたいに懲罰的に責任増やせないのか?
いっそ公開処刑でもいいよ、こんな首相やこんな閣僚

まったく2chのひろゆきを叱れない連中だ

2ちゃんねる管理者、敗訴43件も制裁金4億円不払い
 インターネット掲示板「2ちゃんねる」への誹謗(ひぼう)中傷の書き込みなどを巡り、管理者西村博之氏(30)を相手取り、名誉棄損などを訴える民事訴訟が全国で50件以上起こされ、少なくとも43件で西村氏側の敗訴が確定していることが読売新聞の調べでわかった。
 この結果、西村氏に命じられた賠償額は約5800万円、仮処分命令などに従わないことによる「制裁金」が1日当たり約88万円、累計約4億3400万円に上るが、西村氏が自ら支払いに応じたケースはほとんどないと見られる。原告側は勝訴にもかかわらず賠償を得られない状態で、ネットの無法状態と司法の限界が露呈した形だ。
 西村氏に対する訴訟は2001年以降、東京地裁だけで50件以上が起こされ、うち40件の敗訴が確定。ほかにも札幌、大阪、神戸の各地裁で計3件の敗訴が確定している。

3月5日14時34分配信 読売新聞

司法による秩序維持の限界にチャレンジ?

東京高裁まで行って相手をけちょんけちょんに負かしてやったのに賠償が取れなかった過去を思い出す(差し押さえた銀行口座は数万円しか残ってなかった><)
裁判所は「回収」までやってはくれません

秩序なきモラルハザードの国会議員が法律作って治める国の限界点
法治国家か?
放置国家か?
まずは大臣、国会議員を"晒し首"にするところからあるべき姿を取り戻そう

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/1000-91c1f792

「近代経済システム」とグローバリズム 《国民経済と経済主体の対立》 上

■ 「近代経済システム」とグローバリズム● 「近代経済システム」は端緒からグローバリズム“ボーダレス経済”という言葉は15年ほど前から一般化し、“グローバリズム”という言葉はここ数年のキーワードにもなっているものである。これらの言葉の意味を政治的なものと

  • 2007/03/09(金) 13:37:45===
  • 晴耕雨読
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。