ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筋さえ通せない政治"屋"どもには辟易だ @求む!気骨ある政治家の大量発生、政界再編

おおー、やるねぇ

島村元農水相が伊吹派脱会へ=派閥運営に不満
 自民党伊吹派の島村宜伸元農水相は8日、都内で記者団に対し「これからは派閥を離れて自由な立場で活動したい。かつては意思の疎通が図られる組織だったが、今は違う」と述べ、月内に同派を脱会する意向を表明した。派内に慰留する動きはなく、近く正式に了承される見通し。
 島村氏は当面、無派閥で活動する意向。島村氏の退会後、同派は衆院19人、参院14人の計33人となる。
 同派は2005年の衆院選後、郵政民営化に反対して自民党を離党した亀井静香元建設相(現国民新党代表代行)の後継会長に伊吹文明氏(文部科学相)を選出。島村氏は名誉会長に就任した。しかし、伊吹氏主導の派閥運営に、島村氏は反発を強めていた。

3月8日21時0分配信 時事通信

絶滅危惧種の気骨ある政治家
(の可能性の一端を示したってところまで)
"ガラガラぽん"起きない今が不思議だよ
寄らば大樹の私利私欲ども

挙句に親分がアレがアレなもんで、もともと人望なんかなかったんだったらソリャソーダ

<献金>国の補助金受給法人が首相らの党支部に
 安倍晋三首相、伊吹文明文部科学相、久間章生防衛相の自民党支部が05年、国の補助金を受給した法人などから献金を受けていた、と7日の参院予算委員会で井上哲士氏(共産)が指摘した。政治資金規正法は、国の補助金の交付決定を受けた法人から、決定後1年以内に献金を受けることを禁じている。
3月8日0時54分配信 毎日新聞

ひでーよな
税金使って補助金出して、自分の政治献金だと言って盗ってりゃ世話ない
公費横領だって言ってもいいんじゃない?
行政権使って破廉恥の極み
税金還流
1年なんていわず10年くらいにしたら?
お得意のハンパな「基準」なんか設けずに

たしか島村って郵政問題で小泉に最後まで反対した大臣で、小心者の小泉は「辞表を受け取らずにわざわざ罷免した」ときの農水大臣でしょう

ちょっと古い記事を発掘。
解散反対閣僚別室で説得 首相、島村農相を罷免
 小泉内閣が衆院解散を決定した8日午後の臨時閣議は、島村農相らが解散に反対し、途中休憩を挟み2時間以上に及んだ。小泉首相は、解散詔書決定の署名を拒んだ島村氏を罷免し、解散を決定した。
 首相は臨時閣議の冒頭、「改革路線が正しいのか、しっかり国民に信を問いたい」と述べ、閣僚の意見を聞いた。
 麻生総務相は「臨時国会を開いて郵政民営化関連法案を出し直したらいい」と解散に反対した。島村農相、村上行政改革相も解散に反対する意見を述べた。
 閣僚の意見表明が終わると、首相は「今回の解散に反対の方は別室に」と島村氏ら3人を別室に誘い、一人ずつひざ詰め談判した。
 麻生氏と村上氏は「首相がそこまで言うのなら仕方がない」と最終的に署名に応じた。
 しかし、島村氏は「ようやく景気回復が実感できるようになった。政治の世界の話だけで解散していいのか」と主張し、辞表を出した。首相は辞表を受理せずに島村氏を罷免、首相自身が農相を兼務して解散詔書を閣議決定した。
 戦後、首相に罷免された閣僚は、片山内閣の平野力三農相、第4次吉田内閣の広川弘禅農相、第3次中曽根内閣の藤尾正行文相に続き4人目。

(2005年8月9日 読売新聞)

このときの閣議のいきさつで、麻生は曲がった口でクチクチ文句垂れてみたものの結局小泉にケツの穴見せたって話は絶望的に感じたな
一言だけいって、「ポーズ」だけつけてさ
それでかっこいいとか思ってんのかな?
何を言おうが終わった人だよ
他のに比べりゃちったぁマシかと思ったけど、自分の政治に芯を通せない政治屋一族の末裔
5代目だっけ? 老舗じゃん(笑)

久間もアメリカに「フザケンナっ」って言った後に防衛大臣辞任して見せれば、それはそれでかっちょ良かったんだけど、結局目の前に転がってる利権の山によだれタラタラ。
なんのことはない「俺の取り分に口出すな」って話でドリフのズッコケ芝居

だめだこりゃ

コメント

政治家は腐っているとは思っていたが、こうもあからさまに見せられるとネェ、呆れるよ。

  • 2007/03/09(金) 21:51:15===
  • URL===
  • written by カーク
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/1002-ab091185

水門談合 国交省に官製防止法適用 公取委が改善要求

 水門談合事件(水門設備工事を巡る官製談合事件)についての今日の記事より。(引用記事は、下部に掲載) 談合事件がなくならない。 談合事件については、もはや定期的に紙面、報道番組を飾る事件の一つになっている。 1941年に刑法に談合罪が新設されて以降、2003

  • 2007/03/10(土) 22:50:24===
  • 総合情報ニュース徒然草

「グローバリズム」の実現で発生するであろう国内の“敵”と戦うため

>日本とアメリカの政府が大統領や首相の非常事態における権限強化に動いているのは何故なんでしょうね?同じようなことを日米同時にこそこそ動いてる。どうもおかい。 ご指摘のような動きは、日米に限ったことではありません。英国・ドイツ・フランス・スペイン・イタリア

  • 2007/03/10(土) 18:14:50===
  • 晴耕雨読
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。