ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボクも誉めてよ、わんわんわん @チミにはまだ早いよ、コイズミーのようなエアフォース・ワン旅行

日本は土産物屋か!

イラク特措法を2年延長、首相訪米前の衆院通過目指す
 政府は2日、イラク復興支援特別措置法の7月31日までの期限を2年間延長する方針を固め、与党に伝えた。近く改正法案を国会に提出し、4月末に予定される安倍首相の米国訪問前の衆院通過を目指す。
 日米同盟と国際貢献を重視する立場から、現在実施しているイラクでの航空自衛隊の輸送活動を継続する必要があると判断した。
 延長幅について、政府・与党内には、イラク情勢が依然として不安定であることなどを懸念して、1年とする案も出ていた。しかし、「短期間で輸送活動をやめるような印象を与え、関係国との関係が悪化する」(防衛省幹部)と判断した。

3月3日8時13分配信 読売新聞

どうせなら骨髄液たんまり煮込んだ吉野家自慢の骨入りBSE丼でも出前してホワイトハウスで振舞えよ
"日米合作"の。


吉野家ーー牛丼への混入(軟)骨に関する問い合わせ対応に、消費者から怒りの声
「安全が何よりも優先すると謳っているのは口先だけではないのか!」と、本紙読者から「吉野家ディー・アンド・シー」(本社・東京都新宿区。安部修仁社長)の対応に関して怒りの情報提供があった。もちろん、牛丼チェーン最大手、東証1部上場の吉野家のことだ。例のBSE問題で、米国産牛肉の輸入がストップし、同社が牛丼の販売を禁止したのは2004年2月。以来、実に2年半余り。昨年12月1日からは時間限定ながら毎日の販売も再開。08年2月期は下期の牛丼完全復活で、大幅増益になる見込みだ。今回、情報提供してくれたAさん(40代。東京都足立区在住)によれば、トラブルがあったのは、輸入再開が始まって間もない昨年12月10日のことだという。中学生の息子が近所の吉野家Y店からお持ち帰り用の牛丼1つ、豚丼2つを買って来て、その日は日曜日ということで遅い昼食を母親、妹と取っていたという。その時、そのなかの牛丼を食べていた息子は「ゴリッ」と歯に異物を感じる。取り出してみると、長さ3㌢もあろうかという骨(以下に写真掲載)などが混ざっていたという。 まさかとは思うものの、危険部位混入で再輸入禁止になった事実が頭をよぎった奥さんは心配になり、父親であるAさんに連絡。近所から急遽戻ったAさんは息子を連れ、その食べかけの牛丼を持ってY店に出向き、「骨が入っているけど大丈夫なの?」と問うたそうだ。すると、店長は「誠にすいません。今日は骨が一杯あるので、いまちょうど本部に文句を言おうとしていたところです」といい、営業本部に電話。同本部のS氏が折り返しかけて来た電話に替わってもらったAさんは、その言葉に耳を疑ったというーー。
 2月7日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

2007.02.07

MSエージェントに読ませると、かあいいんだよ
「あくせす、、、、じゃーなるえっ!」って (@宣伝しときます)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/1005-39ee3c79
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。