ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『東京スリム化』と言い得るニューリーダーが欲しい東京都知事選 @強者東京自らが"持ち札"を出さねば日本は変わらない

東京のニューリーダーに求める点がひとつある
それは強者たる東京の『遠慮』だ
小泉"以降"は「強者が自分ひとりですべてを総取りする」ような日本が設計されてきた
富の再配分なんてあったもんじゃない
これが小泉カイカクの正体だと思う

そして最も恩恵を受けたのが『共犯者』トヨタ奥田の名古屋周辺と、石原慎太郎の東京都だけ
駅前の大型公共事業は見れば分かりやすく充実のひと言
都市の無党派層は自分達が苦しむ感覚を味わうことはまったくないだろう
地方の苦しみなんか新聞TVの他人事だ
公共事業は減らしたんではなかったのか?
これが小泉カイカクの正体だ

前にツーリングレポートでも書いたことあるが、丹波の山間の奥多摩湖に通じる道路が東京都との県境の看板の真下からガラっと綺麗な舗装に変わった
東京都の財政力をまざまざと感じさせられた
細かな数字を追っかけてみることもないだろう
理論武装が必要な人は自分でやってくれ

東京の一極集中はもう何十年も言われ続けている
にも関わらず容積率の野放図な緩和や空中権売買なんてものまで使って空の上まで棲みつきだした
地べた周辺のインフラのことなんかお構いなしで。
超高層蟻塚オーストラリアにあるような巨大な蟻塚が何本も何本も立ち上がり、そこから一斉に地べたに下りて、ひとしきり地べたを這ったものはまた別の蟻塚に駆け上がっていくかのような
地べたは一枚、おおわらわだ
"空中"を売って儲けた企業はインフラ整備はお構いなし
散々儲けて次へ行く
学校、電車、道路渋滞から災害用備蓄や避難計画まで、諸問題は巻き散らかしだ
都に入った税収増はそういうコスト増ときちんとバランスされて投下されましたか?
都市計画が聞いて呆れる

まるでブレーキは貧弱なままエンジンだけデカイのに換えたような危なっかしい違法改造状態
バランスなんてあったもんじゃない
メルセデスベンツの設計思想は「ブレーキは常にエンジンより速い」である
止まれる車体がないままエンジンだけパワーアップしてはいけない
止まれる車体をつくってからエンジンをパワーアップしろといっている
自動車は万一があっては人が死ぬから
都市計画も万一があっては人が死ぬ
そういうのが分からないのが都知事ヅラされては困るというものだ

右肩上がりの終焉に恐怖する小心者の老害の権化
それが今の東京の醜い姿の諸悪の根源だろう
厚化粧のように都市を弄繰り回して
六価クロムの『腐った大地』でさえもアスファルトで蓋をしてその上で都民の口に入る鮮魚を流通させろと平気で言う築地市場の強制移転計画
それが石原慎太郎クオリティ
勘違い老人に再選させてしまった後の祭りだ

ひたすら成長を追い求めるバランス感覚を持ち合わせない操縦士
まだまだ上を目指していくという
株価に例えればすでにずっと高値警戒圏
そろそろポジション調整が必要とは思えないのか、バブル・ジャンキー

東京に住まう者が自ら律して「今の便利」で満足するべきだろう
このままでは「ひたすら強欲」の拝金餓鬼でしかない悪しき地獄の子鬼の群れ
「今に不満」はなんですか?

密度を増して無理やり運び貪り食うより
密度を減らして緩やかに伸びやかに
豊かに暮らす方に満足を感じる人は多いはず

東京に
これ以上のスピードと
これ以上の物量と
これ以上の利便性と
これ以上の密度が欲しい人っていますか?

オリンピックを口実にした再開発もそう
まるで老いから体力が落ちてくるのを恐れて無理やり強壮剤やプロテインでも注入するがごとき人造人間

『東京スリム化』なんて言ってみたらどうなんだろう?

ちょっとくらい今より下でも構わないから、引換えにせめて人並みの『人間らしい暮らし』が欲しい

選民思想で「貧乏人は他所へ出て行け」って言いそうな石原慎太郎は、環七以内の木造民家を「ハザードマップ」なんか一生懸命印刷してみては「危ないぞー死ぬぞー建て替えられなければ出て行けー」と無言の威圧をかけているが、結局は東京都主導の『地上げ屋政策』
実際買い取りにお宅を伺うのはヤバイ系の不動産デベロッパーで、そういう893屋さんとは大の仲良しの石原慎太郎は一体誰のための政策かとっても分かりやすい
そういう地上げ屋バブルの再開発って話じゃない
国が進めた首都機能移転の決議にも東京都知事の石原慎太郎がムキになって反対するのはこういう世界の人たちの利益代表だからでしょう
よってもって石原慎太郎にこれはできない

一時期国会でも盛り上がりかけた遷都論
慎太郎の都知事就任と都民不在の個人的首都強化論だけですっかり凍結されている
自ら協力しなければ公の話なんかできるわけがない

なぜ東京に一極集中するのだろう?
企業の本社が集中するのは何故だろう?
集中しているからって言う理由もあるだろうが、じゃあ何もないところに集中するだろうか?
東京にあって地方にないもの

ひとつは中央官庁
ひとつは国会議事堂と政治家の巣窟
ひとつは皇居

「首都」としての機能だろう
永田町と霞ヶ関には異論がないだろう
皇居も我々の知らないところで「機能の一部」なのかもしれない地下呪術
象徴天皇であれば世界に冠たる観光都市で静かに静かに暮らしてもらいたいものだ
「利用したい連中」が果たして安息を与えてくれるかどうかだが。

最高裁はよく分からない、地裁・高裁全国展開の現状
"三権分立"を『民主主義の三種の神器』みたいに扱いたいという精神論は分からないでもないが、あまり必要性を感じないのが正直なところ

環境はお世辞にもいいとはいえない
気候的には雪が少ないのはよい話かもしれないが、ヒートアイランドなんてわざわざ「人工灼熱地獄」までこさえている
そんな人工低気圧は異常気象の引き金となりせっかく築いた排水能力の限界を超えてみせる
治水の"人の抗い"も自ら過去の投資を無駄なものにしている滑稽さ
もはやネガティブ・スパイラル
地の利としては広大な関東平野でベッドタウンが周辺を取り巻き、極点に集まるかのような交通の集約点
とはいえ都心流入には距離的時間的にも一定の限界点はあるだろう
気脈とか龍脈とか大地のパワー的にもいいとおっしゃる風水だかの陰陽道
江戸城も「の」の字に堀を張り巡らせたくらいだしなんかあるかも
なんて非科学的なことを言い始めると「余"地"を以って代え難き」なんてアノ爺いがまた言い出しそうなのでこの辺で
(ちなみに余談だが陰陽八卦風水ってのは統計科学をオカルトのオブラートに包んだものだと理解する)

港湾、鉄道、空港は作ればいいだけのこと
はっきり言って手狭だしこれ以上の拡張工事はネガティブファクターの方が大きいだろう

やっぱり「首都機能」に吸い寄せられると考えてもいいかと思う

だとすると首都機能移転がヒトモノカネの流れを大きく変えるのは間違いないだろう
無限流入をとめて「首都機能についていきたいヒトモノカネだけ」が流れ出る
残ったインフラはそこに住み続けるヒトには恩恵となる遺留物
万博・オリンピック的ハコモノ都市開発の発想にも相通ずるものがある

日本あまねくサーカス政府
均衡ある国土発展に資する
地域格差もしばしの我慢
「明日は明るい」は希望の格差解消
10年単位くらいで全国10ブロックを転々とする、固定化しない
100年で戻ってくればいいんじゃない、同じ場所でなくとも

連邦政府と自治政府的な枠組みも必然的にできるだろう

高コストでも首都機能にくっついて移転して回ることで、それでも利益の最大化が見込める企業はそういう社会負担をすればいい
10年で移転する事がわかっていれば一時的な地価の高騰も相場折込みで適正化していくだろう
20年でもいいけどさ、10年とはいえ『日本の中枢を気取る』サーカス団員(=高級官僚)が不便を不便のまま甘受できようはずもなく、受け入れ準備段階からインフラの充実は期待される設備投資
集中投資とサテライト効果
21世紀の大名行列

大企業とかでも年がら年中組織変更とか人事異動とか無駄だと思えるほど割高なコストをかけて組織の流動化に熱を入れていた
それくらい「組織の淀み」を嫌うのだ
毎月のようにいろんな部署を次から次に何千万円も使ってお引越しをさせる
忙しくて忙しくて午前様の毎日の部署にも関わらず、「よけーな引越し」させてまで
イチ社員には分からないが、大企業の経営には必要なことらしい
自分を優秀だというような官僚の人たちには分からないだろうが、国の組織も淀みがあってはいけないのだと思う
綺麗な水も淀めば腐る、腐敗する
臭いを放つ原因はその辺にあるとは思わないかね?
役人組織独特の腐敗臭が。

人は自分で変われないもの
組織も自ら変われないもの
組織防衛は人の防衛でもあるのだろう
だったら無理やりにでも環境を変えてやろうってのが真の狙いなんだろう
サバイバル本能剥き出しになる前に
居心地いい環境を死守したくなる前に
変わることを恐れるようになる前に

そういう『環境改善ろ過装置』にもなるだろうサーカス政府
遷都して100年ではあまり変わらない
思い切って10年だ
10年で回収できるプランづくり
"遺留物"は都市再生の礎となれ
インターネットテクノロジーの時代だからこそ、そういう"荒業"もできるだろう
集権を望むもの達を止める最終手段かもしれない

で、これには東京都が自ら襟を開けて席につかなければ決して叶わないことだ
石原慎太郎のように「自分のものは自分のもの、他人のものも自分のもの」ってチンケな人間がリーダー気取っているうちは逆行こそすれ絶対にないだろう
「東京を守ってみせる」なんてどうにもこうにも庇護者気取りのようだけど、「首都の誇り」なんてもんまで守ってもらいたいって思ってる東京都民ってどれだけいるのさ?
守ってもらいたいのは都民の暮らしの方だよ

実は
「第2東京オリンピック」も
「築地の移転再開発」も
「首都機能移転」も
根っこのところではみんなつながっている

東京のそれも都心の一部だけこれ以上ないほどゴージャスに密度を上げて地べたの暮らしのバランスを欠いていくか
もしくはすでに突出してバランスを欠いた東京を「呼び寄せている何かを手放して」減量を実現して今あるインフラを豊かに使うか

お盆や正月の空いている都内を車で走るとなんて生活しやすいんだと普段の狂った感覚から解き放たれ目覚めさせられる
2分間隔のすし詰め電車なんか要らないからさ、朝の通勤もせめて座って移動したいものだ
やっぱり狂っているよ、今の東京

石原慎太郎のプランに人間的な都市生活のそれはない
「自分のものは自分のもの、他人のものも自分のもの」って発想では強者東京は精神的にも肉体的にも腐っていってしまうだろう
筋肉増強剤補充で無理やり作った肉体に健全な精神は宿らない
人間らしい"人の営み"はないがしろにされる

石原慎太郎の対抗軸に『首都移転』
東京が自ら首を縦に振れば、一時盛り上がった国政は息を吹き返す
流動性が増すことで儲けたい連中ってのがウゾウゾ蠢き、国会議員の地方誘致合戦は華盛りで追い風にはなる
そう言った"負の側面"はそれはそれで腐敗と汚職は看過せず、きちんと個別に監視すればいい
悪い奴は牢屋往き
そういう意味でも10年サイクルが「揺り戻し」含めて"相場の平準化"に資するオートスタビライゼーション
この辺は国のビジョンの問題か

いずれにしろ『きっかけは東京都』
老害石原が"ひとり抵抗勢力"している東京都
あとは予算規模に溺れる既得権の役人か
都議会議員も利権誘導の拝金主義か
そもそもテメエの金じゃねーだろ!
まさに分かりやすい政官談合、日本のダークサイド
さすがに公約には腰が引けるか?

この辺に斬り込むことができる『大きなビジョン』と『覚悟』を持ったニューリーダーって、そんな東京都だからこそ、欲しいと思うぞ

さあ期待できるのは、 誰だ?

コメント

築地市場に来てください。古い。汚い。狭い。移転の問題はもう30年の歴史があります。第一回大田市場へ移転。野鳥公園となり失敗。第二回建て替え案。都の財政難で立ち消え。第三回汐留仮移転して建て替え。JRの反対。そして今回。まだ30年。

  • 2007/03/20(火) 05:17:33===
  • URL===
  • written by tukijiko
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/1019-1a102424

浅野氏、新宿二丁目で大歓ゲイ!演説に500人以上集結

東京都知事選は3月31日、告示後2度目の土曜日を迎えた。形勢はすでに現職の石原慎太郎氏(74)有利で固まっているとされるが、他の候補者も逆転への可能性にかけ、それぞれ秘策・珍策・奇策を披露。週末の買い物客や花見客に懸命に訴えた。 “ゲイタウン”が最もにぎ

  • 2007/04/01(日) 10:45:43===
  • 仰天情報満載! 恐縮です☆ 特報発信ステーション♪

お笑い劇場?東京都知事選!!

都知事選政見放送、かなり受ける外山恒一、おもろすぎ、「私がもし受かったら、私がびびる!!」あと、内田裕也もいきなり歌いだすしどうなってるんだ?でも面白いから許す。ココで見れるよhttp://vision.ameba.jp/watch.do?movie=182569

  • 2007/03/30(金) 05:40:16===
  • ブログアフィリエイト裏番長!!自由と苦悩のブルース

浅野史郎を「勝手に」応援する

浅野史郎さんを応援する公式団体「みんなの力」に面白い記事がありました。非常に実用的な記事ですので、以下に引用させていただきます(全文はこちら)。  ←ランキング投票をお願いします!(★引用開始★)[質問] 自宅で浅野さんの応援をするにはどうしたらいいですか

  • 2007/03/20(火) 21:05:36===
  • 喜八ログ

S君の死と新たな門出

 新聞に載らない教え子S君(52歳)の葬式の電話が入った。大学で自然哲学を学びたいと言っていた。 私の学生アルバイト時代の短期間の教え子の一人である。この仲間10数人に教えた時代(35年前)が急激に蘇ってきた。私自身、将来をどのように生きようかと迷っていた時期

  • 2007/03/20(火) 14:15:48===
  • 関係性

革新リストラクチャリング

これほど明解で希望に満ちた、戦後体制の解析と、それを踏まえた未来へ向けた提言が、一政治家から発せられたことがあったであろうか。これは、平成の「船中八策」である。これを著した、今ではもう元となってしまうのだが、「みどりの会議」代表・中村敦夫は、無血革命家と

  • 2007/03/20(火) 12:52:34===
  • BLOG BLUES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。