ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガカーイ信者さま、再降臨 @おかしな粘着系か、けなげな機械か。。。

きもちわりーのがまた来た

なんとなく「予感」があったのでフナムシほいほいには入れずに放置していたら案の定ひっかかったぞ @愉快痛快

やっぱコピペのネット工作員、カルト政党選挙対策班といったところだろう
学会について検索ヒットしたら即コメント攻撃
今度も結構前の記事だし

オマエ、最新の記事読んでないだろ
 ◆ガカーイ信者さま、1名様ごあんなーい
   @なんか気持ちわりーのが来始めた2007年選挙シーズン到来 (03/22)


でわ健気なお仕事振りを検証してみませう
なぜか潰れない"目黒寄生虫館"の精神で。(=気持ち悪いモノ見たさ?)

 ※こどもの頃から目の前は通ってたけど一度も入ったことはありません
  あれ?建て直したの?(もっとオドロオドロしかったような記憶が‥‥。)
  目黒寄生虫館は永遠に不滅です!


20070327055733.jpg

  【注意】 読むと目が潰れますので気をつけてください

ま、ウチに来る人に心の隙間に入られる人はいないと思うけど(@楽観)
然るに無駄だよ、勧誘ノルマ信者くん

バージョンアップ履歴(笑)
[ver. 2007/03/22(木) 00:40]
あなたが学会の悪口を書いているのは今まで学会で気に入らないことがあったのでしょう。
そのことに関しては深くお詫びします。
しかしそれはすべて学会員がこの信心を広めて幸せな人々を増やしたいと思う行動です。
そこくらいこの信心は偉大な力があり幸福への尊極の機械なのです。
あなたが批判する気持ちはわかります。
それはそんなものがこの世にあるはずがないと思うからです。
その気持ちよくわかります。
なぜなら僕もそうでした。
僕は活動し始めて1年半になりますが、半年くらいはこの信心の力を信じられませんでした。
しかし僕は学会員の先輩方をひたすら信じて今までやってきました。
それくらい当時の僕は悩んでいました。
特に性格面で。
もしこの信心をやっていなかったら僕は死んでいたでしょう98%くらいの確率で。
嘘だと言うならもし今度そういう話が来たときに嘘だと思ってやってみたらどうですか。
そしてその時は三ヶ月この学会についていってください。
必ずこの信心のすごさがわかります。
[ver. 2007/03/23(金) 11:36]
あなたがたが学会の悪口を書いているのは今まで学会で気に入らないことがあったのでしょう。
そのことに関しては深くお詫びします。
しかしそれはすべて学会員がこの信心を広めて幸せな人々を増やしたいと思う行動です。
そこくらいこの信心は偉大な力があり幸福への尊極の機械なのです。
あなたが批判する気持ちはわかります。
それはそんなものがこの世にあるはずがないと思うからです。
その気持ちよくわかります。
なぜなら僕もそうでした。
僕は活動し始めて1年半になりますが、半年くらいはこの信心の力を信じられませんでした。
しかし僕は学会員の先輩方をひたすら信じて今までやってきました。
それくらい当時の僕は悩んでいました。
特に性格面で。
もしこの信心をやっていなかったら僕は死んでいたでしょう98%くらいの確率で。
嘘だと言うならもし今度そういう話が来たときに嘘だと思ってやってみたらどうですか。
そしてその時は三ヶ月この学会についていってください。
必ずこの信心のすごさがわかります。
それと創価学会はカルトではありません。
K ZB123139.ppp.dion.ne.jp [ 削除 ]

って思ったけど、すんごいバージョンアップじゃん(爆)
オマイの「信心」はこの程度かっ!
ダイサクセンセがお怒りだぞ!
コピペする機械め。
1字1句とて同じではないオリジナリティ溢れる貴様の信心を説いたコメントを毎晩1000件書き込みなさいっ(ウソ、迷惑だからヤメレ)

がっかりガカーイばいばい
もう飽きたからフナムシホイホイに登録

PS)
創価学会はフランスでもカルト(セクト)認定された国際的カルト狂団です
悪しからず

フランスでの「カルト報告」
「新しい型の宗教組織による法の侵害に関するEC議会決議」(1984年)に基づいて、以後、フランスでは、国民会議にセクト(カルト)に関する報告書が提出され、創価学会はセクト(カルト)とされている。 「フランスにおけるセクト――信教の自由の表現か、もしくは悪質な担ぎ屋か」(1985年)では、根拠とされた日本の週刊誌の記事の信憑性が否定された(創価学会が勝訴した)。 しかし「フランスにおけるセクト(カルト)教団」(1995年)・「セクトと金」(1999年)・「セクト(カルト)運動防止・抑制強化法(2001年)」では、未だ根拠の信憑性は否定されていない(創価学会が敗訴した)。

「フランスにおけるセクト(カルト)教団」(1995年)には、創価学会が1990年に日蓮正宗と分裂したこと、女性信者が多いこと、信者に秘密の仕事や様々な不正行為や詐欺行為をさせていること、などが記載されている。
「セクトと金」(1999年)では、パリ行政裁判所判決(1996年12月10日)を引用して、創価学会が、雑誌、パンフレット、本、アクセサリー、セミナーなどの営利活動によって収入の大半を得ており、マージンは42.2%~49.64%(この種の分野では最高の率)であることを紹介している。 また資産は2億4000万フラン(約38億円)相当であり、年間予算は調査によれば約2億4000万フラン(約38億4000万円)に達する。
「セクト(カルト)運動防止・抑制強化法(2001年)」は、フランス国民議会(下院)で全会派一致により可決・成立した法律で、創価学会の活動をフランス国内で行われている宗教に名を借りた反社会的活動とし、議会内に設置されたカルト調査委員会が入念に調査することとなった。
日本国内では創価学会側から表立ったフランス政府やEC議会批判は無いが、一信者によるフランス政府は創価学会のすばらしさを理解できない(感情的な表現)の集団で、弾圧目的でセクト(カルト)運動防止・抑制強化法を成立させた。(要約)と言う内容の恣意的な解説が創価学会員の間で支持されている。

上記wikipediaより

「日本国内では創価学会側から表立ったフランス政府やEC議会批判は無いが、一信者によるフランス政府は創価学会のすばらしさを理解できない(感情的な表現)の集団で、弾圧目的でセクト(カルト)運動防止・抑制強化法を成立させた。(要約)と言う内容の恣意的な解説が創価学会員の間で支持されている。」

おほほっ!
これはまた典型的な狂信者のお出ましでしたか
くわばわくわばら(爆)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/1033-02ae1738

原子力発電所 本当に安全なのか?(1)

  副題:志賀原発の臨界事故隠蔽と能登半島沖地震 志賀原発(石川県)1999年は臨界事故を起こしていた。今(3月15日)になってこの隠蔽が発覚した。明らかに、外にこの事実が漏れることは北陸電力の利害にかかわるからであり、原発の安全性を地域住民に説明してきたこと

  • 2007/03/27(火) 14:37:10===
  • 関係性
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。