ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結果を受け入れざるを得ない民主主義の弱点攻撃 【4】 @結果と数字の目晦まし、新手のセコー戦術は世論偽装のクリックスクラム

ちょっと話は変わり、もうひとつ付け加えるならば、最近のセコー工作部隊の戦法が変わったことだ

一時期はサイバー空間での戦争かと思えるほどネットウヨなる連中のコメント攻撃が凄かった
嫌気がさして沈んだ人も少なくないだろう
安倍の首相就任と同時にブログ閉鎖をしたやつらが盛んに信奉すると言う「カリスマ・ブログ(爆)」が多かったのも興味深い
時を同じくしてコメントスクラムは激減
代わりに「本業に戻った」のだろう、エロと詐欺の悪徳商法系スパムTB、誘導コメントがまた大量にくるようになった
金の切れ目が縁の切れ目の連中

和歌山談合スキャンダルで火炙りの刑になるかと期待していた世耕子ダヌキはそのあと一端TVにも出なくなりメディアの表舞台からしばし姿を隠す
"ほとぼり冷まし"と同時に、新たな作戦の仕込みに潜ったと見ていた
そしてまた最近TVに顔を出すようになった
以前からしばしば気になっていたが、コイツがゴソゴソ始めると「仕込み完了」の宣言の如く途端に妙な動きが活発化する
今回そうではないかと思われるのが、世論調査へのクリック・スクラム

アメリカの放送局CNNの公式ホームページにおけるインターネットアンケートで「靖国参拝問題」と直近の「従軍慰安婦問題」が取り上げられた時、当初小泉+安倍政府にとってネガティブな世論展開だったところが、ある時点から途端に形勢が逆転する傾向が見受けられた
CNNは「日本からのクリック増大」に困惑だという
基本的には大多数は米国内の視聴者相手の世論調査のはずが、番組を見ていないであろう視聴者数の大量クリックが特定アジア=日本からされたという
そんなアンケートをネットでしかもリエゾン・フィルタリングもせずにやっておいてなに言うものぞと言う話だが、まさかそんな「特定地域からの集中クリック」なんて想定してないと言うCNNには同情してしまう

おそらくこれは海外の記事や世論調査を論拠にしている「ブログ言論の根拠粉砕」という目論見と合致する
すっかり政府御用機関と成り下がった日本の大手マスゴミに失望しきりのブロガー達は海外から情報収集をするというのもネットの時代の醍醐味だ
無辜の世論を装ったクリックスクラムは、裏を返せばそれだけブログ世論の「大きなうねり」が怖くて仕方ない小心者の証
小銭ばら撒いて小僧を集めてせっせとクリック汁(笑)
ネット上のオープンな世論調査は「資金力のある特定勢力」にとっては格好の餌食
なんせオープンですから
日本国内だけでなく海外の主要メディアにまで攻撃範囲を広げる

多くのクリック型データ集計システムは重複クリックのカウントを排除した仕組みを組み入れていることがある
要するに同じパソコンから何回も同じ人間が投票し、世論調査を妨害できないようにしている
これにより公平さ「めいたもの」を担保するという形だ
仕組み的には様々あるが、たとえばいちばん簡単なところではクッキーというパソコン内に「印」をつけることで1度投票したパソコンは2度目はカウントしない方式
広く使われている単純な方式ではあるがちょっと目先が利いた詳しい者はこの「印」を消してしまって、「初めてクリックします」なんて顔しながらいくらでも複数の票を"固め撃ち"する事ができる

またFC2でも採用されているスパムコメント、スパムTB排除のためにIP除外フィルタ
IPアドレスはインターネットにおける住所のようなもので、普通の人はそうそう「引越し」はできないだろうという基本的な考えのもと結構有効なブロック方法とされてきた
ようするに機械的にパソコンを特定し削除要件として設定監視できる
ところが蛇の道は蛇
そういう「ブサイクな金の稼ぎ方」をする連中はさらにブサイクな手口で攻めてくるものだ
IP偽装なんてお茶の子さいさい
たとえばリアルで言うところの「雑居ビル」に相当する一般のインターネットサービスプロバイダー(ISP)は、回線接続の度にこのIPアドレスを付与し直す動的IPを採用している
IP送りいまや常時接続が多いものの電話回線でつないでいた頃は、接続、遮断の繰り返しだったことはネットに詳しい人には常識でこの辺の仕組みも周知のこと
常時接続であってもプログラム組んで「遮断、接続、IP送り」なんてソフトが出回っているようだ
FC2のIPブロッカー狙った「IP送り」もスパム野郎どもによってすぐに対策されてきた
サイト閲覧の「ロボット巡回」があるように、スパム送信もクリック・スクラムもボタンひとつのロボットのお仕事
ちょっと詳しければ抜け穴なんか簡単に通り抜けるわけだ
収益の根幹たるアフィリエイト各社やグーグルアドセンスなどはかなりのエンジニアを集めて常にそういった手口を研究し、裏をかかれないように開発費を投じて対策のイタチゴッコ
そんな話がインターネットでの常識
どんどん新種、亜種の出るコンピューターウィルスといえば疎い人にもなんとなく伝わるだろう

ショッピングサイトのSEO(と言うほど高尚ではないが)でちょっと関わったこともあるが、たとえば初期のランキングサイトなんかは巡回ソフトでクリックなんかいくらでも増やせるし、ランキングサイト管理者もしょせんは金目当てで、「フィルターかけるもかけないも金次第の裁量商売」なんて話を聞かされると、政治ブログランキング上位なんてのは「実は人海戦術ですらない」のではないかと思ってみたりする
個々のブログの管理人が知ろうが知るまいが、特定勢力にとって「都合のいいサイト」への支援を「影のスポンサー」としてランキングサイトの管理人に指示しとけばいいだけ
ランキングサイトはボランティアではない
仕事で特定サイトのカウンターの動きを観察していたらワンクリックで5クリック入ったり、しかもやるたびに×2~×15と「倍率変動」なもんだからちょこっと高度なつもりなんだろう(笑)
さすがに観察されているとは思わなかったんだろうな

ネット上の集計データはどれひとつ例外なく「ブラックボックス」ってやつですね
ありがたがり過ぎるのは禁物です

なお、全国規模の「管理選挙」なんて大それた仕掛けまで世耕子ダヌキが仕切れるとは思っていない
セコウしてますか?金で雇った自分のシンパに自分を「切れ者」なんて言わせておいて鼻の穴プクっと広げている偽者エリートを、そんなに高くは評価してない
せいぜい小銭稼ぎのスパム野郎どもと無精ひげの振り込め詐欺小僧どものお仲間の「ジャンク人間」をまとめるのが関の山だろう
PS)
こういった手口暴露系記事を書くたびに途端にエロサギスパムがラッシュで入ってくるから本当にわかりやすい
世では『釣り』と言うんだよ(嘲)
フナムシホイホイにどんどん捕まって、お陰でスパムフィルタもよく育ってくれるので感謝だ
まとめてポイッと即削除でオマイラの徒労も水の泡以下、ミミズのションベン(笑)
お次はサーバー攻撃で「お縄頂戴」となり給え(爆)

結果を受け入れざるを得ない民主主義の弱点攻撃
【1】 異常に早期化する"当確"選挙速報とシナリオ掴んだ記者たちの我慢汁
【2】 「そういうことになってますから」の世の中のシナリオ書きの反復練習 
【3】 「横田めぐみが帰ってくる」衆院解散同日選挙と"安倍改憲翼賛体制"の確立 
【4】 結果と数字の目晦まし、新手のセコー戦術は世論偽装のクリックスクラム 
【5】 「あきらめてもらうシナリオ」への最大のレジスタンスは「あきらめてやんないこと」

。。。順次更新予定

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/1058-e2fdfe89

ブログランキングとブログの影響力が全然対応していない

毎月最後の日はブログのアクセス情報を紹介するのだが、今月の当ブログにはいろいろなことがあって、とても一日の記事では紹介しきれない。そこで、何回かに分けてご紹介したいと思う。まず、このところカマヤン、美

  • 2007/04/30(月) 21:54:25===
  • きまぐれな日々

『博士の独り言』ブログランキング1位の謎

昨日の記事を『博士の独り言』と『博士の独り言 闘魂編』にTBしたんだけど、見事はじかれちゃった。おまけに、私が記事を書いた昨日の晩は、『博士の独り言 闘魂編』には、コメントやTBを残せるようになっていたんだけ

  • 2007/04/30(月) 00:44:10===
  • カナダde日本語

「ぬぬぬ?」さんの記事紹介

  ←ランキング投票をお願いします友好ブログ「ぬぬぬ?」インターセプターさんの記事を紹介します。インターネットでの「世論偽装」に関する、きわめて興味深い論考です。 「結果と数字の目晦まし、新手のセコー戦術は世論偽装のクリックスクラム」以下はインターセプタ

  • 2007/04/12(木) 13:18:07===
  • 喜八ログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。