ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民投票独自提言 「憲法書き換え国民投票」をそんなにやりたいのなら‥‥ @「上皿天秤の支点は真ん中にあるべき」という"公正・中立"の立法精神の意味さえ理解できない腐った大人どもへ捧ぐこどもの日

「憲法書き換えに限定」にしたい国民投票法自民党案
都合のいいところだけ「つまみ喰い」の自民党お手盛り法
都合の悪いところは「間接民主主義の現行憲法の精神尊守」などととても同じ口で吐いたとは思えない論法を持ち出すアタマの悪さを露呈するものが最高法規を弄繰り回す

貴様ら国会議員が支配階層ヅラをしながら国民を縛る法律を好き勝手に作ったり、行政権を振りかざし国民生活に多大な影響を及ぼす政策を実行する際に、貴様ら国会議員や議院内閣制で選任された内閣閣僚、そしてその政策ブレーンであり実行部隊である中央官庁官僚、地方自治体役人、それら『為政者全てを縛るのが最高法規たる日本国憲法だ』
主権者たる国民が、貴様らに「仮初の地位」と権限を"与える"に当たって、貴様らがすべての行動規範としなければならない犯さざるべきものが、為政者を縛る憲法だ
国民の代理として国政にあたるための『国民との契約書』だと知れ

国会議員は立法府に従ずるにあたり『憲法尊守の誓約』をすべきだろう
そもそも論で言うならば国会による改憲発議なんてのも実におこがましい

「憲法尊守の誓約」を国会議員、国家公務員全員に課すべき
国会議員は「国民との契約書である日本国憲法」を何よりも尊重し、尊守し、履行し、全うする
国権の最高機関は当然として、すべての公職にあっては、憲法違反など不当な行為は法秩序の破壊とみなし過重なる刑に処す
解釈改憲立法なぞはもってのほか
改憲発議も国会議員に資格なし
最高裁判事の信任投票同様、国政選挙において「現行憲法の信任投票」をする
憲法リコールは有権者総数の過半数をもってして、初めて国会に付託される
その時点で初めて改憲審議をなす
十分な審議の上、法案作成
それから国会可決→国民投票信認→成立→公布ってのが筋なんじゃないの?

国民の代表などという言葉は国民の代理人でしかない!

『国民による憲法リコール(=改憲発議)』自体は、現行憲法の国会による発議の先にくるものだから、現行憲法書き換えられた後の"未来の話"として提案しておく
政党による街宣でも構わないし(ウルサイのが迷惑だが)、メディアでも集会でも『自由な討論』に基づいて『世論喚起』することで現行憲法のリコール成立に結びつけると言うのであればそれはそれ自由な民主主義だ
当然ながら「国民の多く」が「納得できる」「説明」を政治家が「手間を惜しまずする」のが前提だ
仕組みは衆議院総選挙(国政選挙)に同時に行う、最高裁判事のリコール/信任投票と同じものを使えば、費用も余計にはかからないだろう
そこでなされた『国民による憲法リコール(=改憲発議)』をもってして新たに選任された衆議院国会議員の憲法草案作成に付託される

いままでのように「別件で選ばれた議員」が勝手な思いで有権者の考えとは違うところで好き勝手に白紙委任状をとったような顔で振舞うのとはずいぶん様子も変るだろう
国民に憲法リコールを働きかける主張言論をもってして、国会議員として選出されるべきかどうか有権者の判断材料も増えると言うものだ
なにがしたいのか、それともカネとポストだけ得られれば何もしたくないのか知れると言うものだ

いまの自民党案のように役人官吏や教師学校職員に憲法を語る運動を制限しようと言うのであれば「国会議員こそ」その"地位の乱用"を厳しく取り締まられるべきという矛盾は誰も指摘しないのか?
「影響力を基準」とするのであればメディア、学者、専門家、コメンテーター、企業経営者、労働組合役員、それから政党幹部さえも一切の発言、運動を制限すべきだろう
個々人の自由な意思と判断にのみ任せ、組織的な運動勧誘も禁止しなければならない
上司によるパワーハラスメントが社会問題になりつつあるいまの世の中にあっては、組織個人に問わず「他者への干渉」はすべてを取り締まりの対象にすべき
「影響力を排除する」というのなら。

できるわけないだろう!
議論さえもできず、理解が深まらず、判断の材料さえ揃わない
細かな点まで思慮が行き届かない
取締りなど甚だおこがましい
それこそ愚かしい

「強制強要のみを禁止」して特定職種だけに制限設けず自由にやらせるべきだ
「組織行動」や「お願い」は禁止してもいいだろう
ザル法といわれる公職選挙法の近代的運用を探る

そして最大の問題点は最低投票率の規定を「敢えて」「意地でも」しないこと
有権者数の10人にたった2人だけでも「国民と国の契約書である」日本国憲法が変えられちゃうって言う大問題のある自民党の案

なにかを得るためにはそれ相当の何かを差し出すべきという考え方には共感するものがある「等価交換の原則」
何もかも独りでがっぽり独り占めは正論として許せますか?
言い換えればリターンに見合ったリスクを取れってこと
ハイリスク・ハイリターンは世の理(ことわり)だ

で現行憲法尊守の精神に基づき、「国会発議」の国民投票に関しては

 必ず併せて全国会議員、及び内閣閣僚の罷免審査を行う
 当然ながら憲法改正と同条件の得票数において罷免可決とする

つまり「たった20%」で完全失職だ
次回の被選挙権も失うくらいのほうがいい (とりあえず1回休みでいいか)
地元の地盤ではなく、国民全体(=たった20%を"国民の総意"だと抜かすなら)の意思として反対できなかったものも含めて「国民の代表権」を失うのは筋が通っているのではないだろうか?
主権者との意識乖離を露呈しているわけだ
「国民の代表権」喪失
筋だろう

「20%で総理大臣も辞めさせられる」のであれば国民投票は是非やってもらいたい

憲法改定投票と連動はさせない
別々に投票する
でなければ"20%"の意味はない
20%で総員罷免が決定されたら憲法改定案は次の国会で継続審議
なんせ罷免された前国会議員が決めたことですから
速やかに衆参全数入れ替え選挙を行う
その間の国政は重要事項の決定権を剥奪
火急的国家懸念事項のみ「代行権限」にて行い、その判断はのちに必ず是非を問われることとする

憲法書き換えの「国の岐路」を主導した全責任を負うのだ
無責任ばかりがまかり通る小泉"以降"安倍自民党政府
ハイリスク・ハイリターンなら新自由主義者の本望だろう

金のかかった選挙を勝って議員になったのに何てことするんだなんて愚痴は聞きたくない
勝手に金かけて身分だけ「金で買って」勝手に国を弄ろうとしたならそれ相応の報いを受けろ!
罷免されないように国民投票は慎重にすべしだ!

でなければフェアと思われる最低投票率をまずは織り込むべし
全国民の過半数がボトムライン(2/3だっていいと思う)
ボイコット含めて白票(反対票)となすべし
消極的反対だ

説明し説得し納得させてから国民投票せよ
筋を通せ
当たり前のことだ

条項連動性にするなら「細則一つでも反対の意思があるなら全部反対票」とすべし
『抱合せ販売』など破廉恥の極み
パズルのように組み合わされた憲法の改正条項に「一箇所足りとて欠陥」があるようならば設計し直しが筋だろう
不良品の条項「こそっと紛れ込ませて」見つかったらバンソウコウ貼るなんて許す必要なし
「まあいいだろう」なんて話をしているんじゃない!
"欠陥住宅押し売り"に黙って受け入れるもんじゃない
ダメならみんなダメにする
通したいなら国会の方が「慎重に」「国民の多くが納得できるよう」個別提案してくることだ

憲法限定にしないで、国の重要法案についても国民投票をすべし
「現行憲法の定めた間接民主主義を愚弄する」なんてその現行憲法を愚弄している自民党議員が言ってたから、熱いお茶でもぶっ掛けてやれば目が覚めるかと思ったが、間接民主主義の代議士制ってのは実はそんなに大層なもんじゃない
100や1000やの法案すべてをすべての国民で審議する事は「効率的でない」からただそれだけでオマエラにお給金やって「代行させているだけ」
選挙でたまたま選ばれたことをもってして「選民思想」と勘違いしている段階でそんな言葉を吐いたやつはすでに狂っていると知るべし
直接民主主義は「常に」間接民主主義の上位にあるべきだ
自由民主主義を語るならそう語れ!
「ご都合主義の多数決制」と摩り替えたい破廉恥漢ども

単に「合理性の原則」に基づいた「代議制」をして、自分で自分を『神』にしたい愚劣の極み
ホントに国会議員のことは国会議員で決められないようにしないといけないくらい狂ってきている

よってもっていま言われている国家体制や象徴天皇制、生命倫理など国の行く末を決めかねない重要な判断を国民投票に付託するのは大いに賛成であり、それに留まらず国会可決した重要法案はその施行を国民投票後まで保留にするくらいあってもいいとさえ思う(何を重要法案とするかはおそらく国会に委ねるしかないのだろうが)
毎年やれよ、国民投票
カネかかってもいいからさ
というより金のかからないやり方考えるのが国会議員の仕事だろ
経団連とアメリカ太らせるより有意義だ
日本の『脱皮』のためには。

やはり最低投票率くらいは設けないと民主主義の最大の公器、間接民主主義の上位たる直接民主主義の実現を標榜するに足り得んぞ >自民党
それさえできないのが「間接民主主義代議士制の限界露呈」となっている自己存在否定の愚。
いまのオマイラ全員、落第者。

そろそろやらんか?
『投票の義務』
オマイラ好きだろ、義務強制。
兵役・国防の義務なんて真っ平御免だけど

「労働」、「納税」、「教育」なんて義務だって言うんなら、「参政」の義務があってもおかしくない、先進国日本の次のステップとして
特別なことじゃない、投票するだけの話だよ
無効白票も投票のうち、意思表示。
やり方なんていくらでもあるでしょ
"e-JAPAN構想"だっけ?
変な方向にばかり行かないで頑張ってよ

こんなこともできないような自民党のブサイクな法律など飲めるものか!
歴史の汚点として語り継ごう!
強行採決連発の「憲政史上最も破廉恥な」小泉"以降"安倍自民党
戦後民主主義の死

参議院がまともかどうか、しばし注目だ
(ただいま及第点には及んでおりません)

枝野、これやれ!
見直しちゃるぞ

こどものために本当の民主主義を取り戻せ!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/1071-625bc390

「戦後レジーム」の裏

「汚れた過去はきれいさっぱり洗い流し、もう一度、一からやり直すのよ。そうすれば、美しい明日がきっと来る」戦後レジームからの脱却 by アベシンゾーおおおおお~い、待った!「戦後レジーム」って、いったい、どういう意味よ?ずぅっと昔、世界史かなんかでアンシャン

  • 2007/05/08(火) 02:52:26===
  • ミクロネシアの小さな島・ヤップより
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。