ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【マジシャン提訴】 TV文化の驕りの大罪 @カネもモノもヒトもジカンも、そして空間、文化までいとも容易く無配慮に「消費」する大食漢の駆逐は次の時代の試金石

TV、マスゴミはひたすら「消費」「消耗品」としか相手を見ていない
tips
手品種明かしで賠償請求=暴露したテレビ2局に-マジシャン49人提訴・東京地裁
 テレビ番組で手品の種を明かされ、損害を受けたとして、マジシャン49人が1日、番組を放送した日本テレビ放送網とテレビ朝日を相手に計197万円余りの損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。原告側の小野智彦弁護士によると、手品の種明かしをめぐる訴訟は初めてという。
 訴状によると、両局は昨年11月、手品用に硬貨を削ったとして、原告とは別のマジシャンらが貨幣損傷等取締法違反容疑で逮捕されたと報道した。
 その際、日本テレビは、キャスターが手品用コインを使って、たばこがコインを貫通したように見せ掛ける手品を実演し、同時に種明かしをした。テレビ朝日も、別のコインを使った手品の種を明かした。

5月1日19時1分配信 時事通信

ただ怒る手品師連中もちょっとなんだかなぁ

大学のスキー合宿で相部屋になった中に奇術同好会の部長がいた
言葉数は少ない男だったが愛想は悪くない
毎晩酒の席でいまで言うところのクローズ・マジック(観衆の手元でする手品)を披露してくれる
これがまた見事なものだった
あまりの見事さにタネの方が気になり、翌日の日中のスキーの練習中にも同部屋の奴とああでもないこうでもないとタネ探し

夜になれば当然前日の手品のリクエストで盛り上がる
確信もって「ここだろう!」って指摘すると、手の平を返して残念を確定する
余裕しゃくしゃくだ
あまり言葉数が多くないパーソナリティがこれまたニクイ

そこでひとつだけ教えてもらった幕の裏側

曰く、職業マジシャンは同じマジックのタネを3つも4つも持っているんだそうだ
基本的には何度も同じことをやるのは拒むのだが、どうしてもと言う要望に応える時にタネがばれそうになったら「同じ事象」を「別の手法」で再現する
「いっこバレたらハイそれまで」の三流マジシャンとの違い

観衆の方は「確信を持って指摘する」からこそ、それが外れた時にはさらにわからなくなってしまう効果絶大
実はそれが当たっててもだ
政治の世界で言うならば、まさにインテリジェンス、情報謀略の世界
ここまでできれば一級品だが、少なくとも日本の政治家にはいないようだ
そうやって引いて見ると詐欺師のような政治"屋"が多いこと多いこと
有り難がるだけ損をする

でもって「混乱している最中に」バレた同じ手口でやってみせても、もう確信は持てない
こうして陰謀論は完成だ
あ、ちがった、マジックでした
同じか

ま、提訴した原告団は「このままお気楽メディアを放置したら切りがない」と、"人も時間も文化さえも消耗品扱い"の破廉恥メディアに釘刺すのが狙いと思えばわからなくもない
ナポレオンズとかふじいあきらとか女引田天功とか「銭のために仲間を売った」協力者も一緒にとっちめないと、「裏切り者」ってのは後を絶たないよね

そういえば最近のマジックって「工業技術の進歩」のお陰でかなりビックリさせられるんだけど、あれって売ってるらしいね、『業務用』マジックショップで。
最初に見たときの感動も、まったく同じことをまったく別のマジシャンが時と場所を変えてやってるの見ると思いっきり興醒めする
ちょっと以前は「同じタネ」でも嗜好と演出を変えてオリジナルに見せる工夫がそこにあった
他のタネを組み合わせて別のマジックにさえ見せていた
いまは「買ってきて」そのまんま

多分ショップ側からすれば最初に売った客には一定期間の専売特許権みたいなものを用意して、高く買ってもらう代わりに他の奴には売らないなんてやってるんじゃないんでしょうか?
ここんところ売出し中のセロなんて、たぶん「上得意」の類だと思います
彼がやる本邦初お目見えには仰天しますが、かなり経ってから同じタネを三流の芸人(マジシャンではない)がやっていて、マジック界は終わったなと想いました

「ハンドパワーです」で一世風靡のマリックも「演出」としての割り切りがあればこそ、見る側には笑いと驚嘆で受け入れられるものでしょう
最近落ち目のせいか、すっかり「タネばらし系」に加担するテレビ出演中毒患者のようですが。

あとマジックはマジックとしておくことがとても大事であって、「別の目的」のために用いられてはいけないと思います
要するに詐欺的洗脳手法の一環として使う輩が少なくない

サイババのあれやインドの瞑想少年が不眠不休と言いつつ一定時間おきにブルーシートで隠されちゃうアレなんてのは受け取る側の解釈に委ねますが。

プロのマジシャンの凄いところはやはり「訓練の賜物」というところだ
ふじいあきらの手先をスーパースローで捉えて見れば、なんと広げた手の平から500円玉を「掌を広げたままで」3、4cm以上も「跳ね上げる」なんて神業をやっているわけだ
もちろん間近で見てもわからないほど微細な動きで、手も腕も振り回したりはしていない
多分、手の平の筋肉の隆起程度の動きでやっている
どれだけ難しいことかやってみるといい
親指で弾いたとか言うならわからなくもないけど、手の平は上下に動いているわけでもなければ目に見えるほど大きなアクションもない
きっと相当の訓練をしたんだろうね
「常識超える」からマジックなのだろう

プロレスと同じように訓練の賜物、肉体の鍛錬とみれば、ショートしてはずっと生きつづけられるんだから、酔って帰って玄関前で真っ裸になった青田典子とか、トイレまで間に合わずに自宅前の路上でうんこ漏らした梅宮辰夫みたいに「自分の人生切り売り」してまで芸能界にしがみつくのは止めなさい
いや、止めてくださいお願いだから。
挙句の果てに仲間の共有財産まで売り飛ばす

最近の芸能界はTV局プロデューサーのお気軽さの所為でしょうね
「あ、いーのいーのいーのいーの。」って口癖が聞こえてきます
サイテーを通り越してます

 若手は芸で売り
  ベテランはプライベートを売る

だそうです
シガミツキ安倍晋三賞味期限切れでしつこくしがみつくことほど醜いものはない
結局、なんみょー系学会芸能部の年寄りタラントがいつまでも居ようとするから「売るものがなくなる」んでしょうな

ところでいつも思うけど、TV欄ってみてると、あんなに放送する内容があるのが不思議で不思議で。
1/3の帯域にして、タイムシェアで放送時間売り出せば「質が上がる」んじゃないんでしょうか

あとはもうネットでいいよ

 

コメント

マジックの種明かし

コインマジックで使うギミックコインの加工ですね。昔からあったコインの加工が今更って感じですが、手品で使うからといって、やはりお金の加工はしてはいけませんね。

突然のコメント失礼しました。

  • 2009/08/29(土) 06:04:22===
  • URL===
  • written by マジック
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/1106-f1a2a4ed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。