ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の首相は怖くて近寄れない「非戦闘地域」 @バクダッドでブレア狙った迫撃砲、しかも米軍完璧警護の『グリーンゾーン』で

アベ、コイズミとお手てつないでバクダッドへ逝け!
tips
<ブレア英首相>バグダッド訪問直後、グリーンゾーンに攻撃
 【カイロ高橋宗男】来月退任するブレア英首相が19日、イラク首脳との会談のためバグダッドを電撃訪問したが、首相のバグダッド到着直後、厳重に警備されたグリーンゾーンに計3発のロケット弾によるとみられる攻撃があり、1人が負傷した。1発は英大使館の敷地内に着弾した。その後に首相が移動したイラク南部バスラでも、英軍の駐留部隊の近くで迫撃砲2発が発射された。けが人はなかった。AP通信などが報じた。
 イスラム教スンニ派武装勢力か多国籍軍の早期撤退を要求するシーア派民兵組織による攻撃とみられ、首相の訪問にタイミングを合わせた攻撃なのは明らか。在任中で最後とみられるブレア首相のイラク訪問は、イラクの治安が依然、悪化していることを印象づけるものとなった。
 バグダッドでの攻撃について英国当局者は「普段と変わったことは何もない」と爆発を重視せず、当時首相がどこにいたか明らかにしていない。しかし英BBCは、イラク首脳との会談場所から約1マイル(1・6キロ)離れた地点でロケット弾が発射されたと報じた。
 米軍が厳しい警備態勢を敷くグリーンゾーンはバグダッドで最も安全とされる地区だが、周囲にはスンニ派武装勢力などが拠点としている地域がある。今月は連日のように攻撃を受けており、3日に4人が死亡、16日にも少なくとも2人が死亡、10人が負傷した。死傷者の大半はイラク人やアジア系の契約労働者だ。
 迫撃砲やロケット弾による攻撃では、確実に標的を攻撃することは不可能。武装勢力などは敷地内へ着弾することで何らかの被害が出ることを狙っているとみられる。
 ブレア首相はこの日、イラクのマリキ首相やタラバニ大統領と会談。共同記者会見で「サダム・フセイン(元大統領)を排除したことはまったく後悔していない」と強調し、「イラクの未来はイラクの人々の望みに従い、イラク人自身が決定すべきだ。周辺諸国にとっては、それを理解し、尊重することが重要になる」と訴えた。この日の攻撃には触れなかった。首相のイラク訪問は03年イラク戦争以降、7度目。

5月19日19時46分配信 毎日新聞

「横田めぐみサプライズ帰国」ともうひとつポイント獲得の目玉にしてみたら?
参院選前のバクダット突撃。
「決死の特攻をしてきました」って言えば戦争を知ってるお坊ちゃんのできあがり
チェイニーみたいにデカイけつ抱えて逃げてないで、ちゃんと戦火をくぐってきな
戦争を知らないくせにやりたがる連中の信頼もウナギのぼり
戦争を知らないままでいたい人たちの反対聞いても、おなか痛くなくなるよ
多少は。

為政者たるもの時には自分の命を天に計り行く末を定めることも必要だ
ホーレホレホレ、逝ってみい

帰ってこない方に願かけ1000点。

   報道できなかった自衛隊イラク従軍記 報道できなかった自衛隊イラク従軍記

   ブレアのイラク戦争―イギリスの世界戦略 ブレアのイラク戦争―イギリスの世界戦略

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/1123-4c36780b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。