ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公権力含め「公」の立場で振舞う者はこの上なく不自由であれ! @自らを律せない仕組みに安穏とするならば「格付け」作業は有権者の包囲網

通知表なんかじゃ腹膨れないんだから「歳費日割り返納」にすべき!
日雇いにしろよ、国会議員も。
だいたい選挙応援に行って国会委員会、本会議欠席って、本業サボって党の仕事かい?
「党の議席を増やすことが即ち国政にも通じる」なんていつものあれもこれもお手盛り解釈が聞こえそうだけど、だったら応援候補者落ちたら倍返しなんてのはどお?

有権者側からやるには「この辺から」ということでしょうね
と言うより議会側でやれよ
歳費返上。
出席日数に満たない奴は落第リコール
どこの会社だってタイムカードくらいあるぞ
tips
議員さんに通信簿つけます 5市の市民有志、議会欠席は-5点
 【愛知県】名古屋市や豊橋市など県内5市の市民有志が、議員の活動を市民の目で評価し、通信簿をつけようと「議員通信簿連絡会議」を結成した。各市議会の本会議や委員会での議員の質問回数、議員活動の報告の有無などを点数化。インターネットなどで公開し、次の選挙の際に参考にしてもらう。
 同会議は名古屋、豊橋、瀬戸、春日井、小牧の5市の市民の有志約20人で結成。2月の知事選の勝手連や、議会の政務調査費をめぐる活動などで知り合い、「選挙後も市民が議会を注視し続ける必要がある」との意見で一致した。
 現在、検討している通信簿の採点基準案では、本会議の一般質問や各委員会での質問は、1回につき5点を加点。このほか、提出を前提とした条例案作りや他の議員への働きかけ、議員活動の報告の有無、請願への対応などについてもそれぞれ2-5点を加点する。議会や委員会の欠席は、正当な理由がない場合、1回につき5点をマイナスとする。
 会員が議会を傍聴してチェックするほか、議事録、議員へのアンケートなどを基に採点。通信簿はインターネットや印刷物、マスコミなどを通じて1年に1回、中間発表をするほか、4年に1回、全議員の総得点を発表する。
 名古屋市議会は6月の定例会から採点を始めるほか、他の議会は準備が整い次第、始める。
 松元保代表(60)=春日井市森山田町=は「市民が見ているというメッセージを送り、持続的に議会をチェックしていきたい」と話している。 
 (山本真嗣)

5月23日11時29分配信 中日新聞

こういう手法はいろいろ使えるかもしれない

特定の意図をもって恣意的に評価してしまうと、見ている側から離反されるからどれだけフェアが担保されるかにかかってしまうが、普段の思想信条は置いておいて引いた目線で評価する
今風に言えば「格付け」か?

たとえば憲法擁護度とか
たとえば平和志向度とか
たとえば格差是正度とか

いままでの「公の場での」発言一つ一つを論拠として加点減点
プラス、マイナスという表記自体にすでに恣意性を感じられてしまうのを考慮すると、軸をどう取るかという無機質な問題は「無機質のまま」にしておくとして、「○○度」の積み上げ方式でも構わない

いやもはやナニをやっても気に入らない人には気に入らないだろうから、それぞれの管理人の感性に従って「見ている人にそっぽ向かれない程度」を試みればいいのではないだろうか?
いちいち人のやり方に文句つけて自分好みに仕立てていくことの無遠慮干渉御節介
自由を求めて集うことに不自由を感じるジレンマ
やりたいやつがやりたいようにやれば、おのずと「次」は見えてくる

法案採決には30点
問題発言には5点
重大な問題発言に20点
現行不一致は詐欺的言論マイナス50点。
イメージではなく、あくまで"事実関係"に焦点する
「言」と「動」で加点減点
ポイントの設定は管理人のセンスであり、それも含めて見るものにフェアを感じさせられるかどうかだ
"事実関係"の積み重ね

何を言ったかではなく何をやったかは確かに重要であるが、正の方向はそれでいい
ただし負の方向に向かっては、やられてからでは遅過ぎる
ようするに「言」の積み重ねの上に「動」があるということだ
よってもって「言」も厳しく指弾されるべきだろう
小汚い連中はワンツーパンチのジャブにくらいにしか思ってないだろう
やりたくてやりたくて我慢汁の連中の牽制隔離というのは何にも増して重要だ

方や『蕎麦屋の出前』という言葉がある
「あいー、今出ましたからあー」っていうことは、即ち「いままでやってなかったって話」
できる立場のものが「これからやります」は通じない

ひとしきり勝手評点ののちには、最後に政治家本人に弁明の機会を与えるのはどうだろう
まがりなりにも言論で飯を喰うことを選択した政治家たるもの、いままでの経験からも意見や質問のメールには返事を返してきた者が多い
経験上、完全に無視して逃げたのは小泉チルドレン代表格といわれる杉村太蔵だけだった
真面目に律儀に返事を返してくるものは少なくないのだ

結局、有権者が「それぞれに」大事だと思う争点について「リファレンス」になるような一覧性のあるリストが存在すれば、それはまたこの上なく役立つ投票判断の糧となる

総評としてはいわゆるレッテル貼りに相違ないが、きちんとそこに至るパラメーターの一つ一つにアクセスできるようになっていればかなり質の高い評点表、格付けとなるのではないか

事実関係だけweb2.0的手法で投稿して掻き集め、管理人判断で評点化するなんてのはどうだろうか?

本当は全法案賛成反対投票結果一覧表みたいなものを衆院参院国会で用意してもらいたいものだ
でないと「起立多数」なんて「逃げ逃げ採決」で国民の代表者たる国会議員の個々の投票行動の事後検証ができないようにされている現在の「お手盛り放題」

挙句の果てはなんだかよくわからん会派ごとの事前集計なんて、学級崩壊の小泉+森のスチャラカ起立で露呈した
tips
<民主案に「賛成」>森、小泉氏、ダイエット論議に熱中し
 26日の衆院本会議で、自民党の森喜朗元首相と小泉純一郎前首相がダイエット論議に熱中のあまり、民主党提出法案に「賛成」してしまうハプニングがあった。民主党議員から「ありがとう」との声が飛ぶ一方、与党席には苦笑いが広がった。
 両氏は隣同士で議場最後列に陣取る。「体重が100キロを切った」と森氏が今年始めから取り組んだダイエットの成果を披露したところ、小泉氏は「私は初めて60キロを超えた。森さんの肉がこっちに来た」と応じた。
 2人で笑い合っていたところ、河野洋平衆院議長が採決を宣言。2人は政府案と勘違いしてあわてて起立したが、実は政府提出の雇用対策法改正案に対する民主党の対案だった。
 衆院事務局によると、起立採決は事前に会派としての賛否を決めるため、記録上は自民党は民主案に全員が反対となる。民主案は否決され、その直後に可決された政府案の採決で、2人は再び起立した。【野口武則】

4月26日19時51分配信 毎日新聞

「衆院事務局によると、起立採決は事前に会派としての賛否を決めるため、記録上は自民党は民主案に全員が反対となる。」

なんだよ?
国会議員なんか要らないんじゃない
本会議で寝てるわけだ
税金全部返せよ

学級崩壊状態のオヤジもジジイもチルドレンも要らない国会衆議院本会議
起立採決で話に夢中の元+前総理が民主主義を軽んじる行動に出て怒りの諸兄も多々おられるが、「それ以上に妙な仕組み」が出来上がっていたことの方が驚きだ
「寝てられる制度@国会」とでも命名しようか?

会派ごとに集計されているということは、逆にいえば無記名投票と思われていた起立投票でさえも賛成反対票の集計データが存在する事の証明
これを表に出さないということはますますもって国会の不作為だ

参議院に至ってはTVでも大写しの電光掲示板。
賛成○○票
反対XX票
棄権△△票
出席者数も出ていたな
瞬間集計が可能なんでしょうね、金かけてんだから。
まさかアナログ電圧変化でおおよその賛成票を表示してるなんて「ある意味とても高度な技術」(爆)をしてたりしないだろうな
それぞれの議員席から誰が押したかを公表しないなんてのは、できないとは言わせない

衆院TV、参院TVのようにリアルタイムで賛成反対をインターネット配信せよ!
過去の議事録をアーカイブするように、個々の議員の賛成反対を明確にデータ公開せよ

「地元でどんな言い訳をしようが」、国民の代表者として議決権の一票を行使した瞬間の判断の適正さを「それぞれの有権者に」判断させろ!
党議拘束で『自分の志を棄てた瞬間』の回数をカウントさせろ
党内民主主義と溜飲下げさせておきながら結局議論で結果を勝ち得なかった『死に票』の存在を露呈させよ
その材料を提供せよ

そういう日々の「動かしがたいデータ」の集積、公の場における言動など事実の積み重ねで「格付け」するのは決して悪いことではない
株式投資の企業格付けなんかより、税金扶養と公権力付与の適格性「公の精神」を量るためには果てしなく有用だ

最近IT系の企業の就職面談で個人のブログを提示させるのだそうだ
1年以上ブログをやっていると、就職面談の時だけの猫被りで騙せないので本来のパーソナリティを掴むというのが狙い
営業職のように騙すのもパーソナリティだなんて、まさしく石原営業マンのテリー伊藤が賛否の否で意見言っていたが、自分自身のパーソナリティを否定されたとでも思ったんだろうね
いずれにしろ「公の立場」にあっては「人を騙すのもパーソナリティ」なんてのは止めてくれ、表向きだろうが。
見つかった時は万死を与えん、それでいい
市民権など与えるな!

有権者に「片目瞑って」投票させる代議制民主主義や今の公職選挙の制度は、「過去はなかったものとしておきたい連中」のやり得、し放題。
「これからやります。わぁたしに任せてください」なんて選挙周辺だけいいカッコしいの連中は、いままでどんなことをやらかしてきて、いままでなにをやってこなかったのかという「腹をさすられる」ことを嫌がる
表に出てきた事実関係を列挙されて「腹の中を探られる」のが嫌だからだ
マックロクロスケ出ておいで。だ
となりのトトロ マックロクロスケ

こういう「積み重ねタイプ」の全議員(全政治家)リストの存在があれば、間違いなく選挙の前には1度見るだろうな

今の選挙に無関心にさせているのは「誰が何やってんだか良くわかんない」「誰に入れたらいいのか良くわかんない」って話に尽きるだろう

「選挙の前にココを見よう!」ってところができると、有権者だけでなく当の政治家も放って置けなくなるのかもしれない
「私企業」の格付けが市民権を得るくらいだから、ましてや「公人」「政党」の格付けは有効だろう

もしかしたらそういうのは管理人の数だけいっぱいあってもいいのかも
目線は多面的に。
ポータル化した上で「それぞれなりの"フェアを担保した"目線」の格付けサイトに導線確保して、選挙の時の投票者の関心事にアクセスできるのがスマートだ
たぶんYahooのみんなの政治なんかそんな感じを狙ったんだろうけど、結局セコーの手の者に札束で頬はられて「ガス抜き」に利用されただけのようだし、やっぱりボランタリーな運営以外には活路はないんだろうな

‥‥なんて思ってみたりする、サイト構築の能力を持ち合わせない一小市民によるどこかの誰かのヒントになればのたわ言でした。


   戦国武将の通知表―八幡和郎による戦国時代・名将100人の新常識! 戦国武将の通知表―八幡和郎による戦国時代・名将100人の新常識!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/1128-0838bde6

“消えた年金”問題にて @ やっぱり柳沢厚労相はダメじゃないだろうか?

 これまで弊サイトにて何度か批判してきた、柳沢伯夫・厚生労働大臣であるが、「ああ、失礼だけど、やっぱりダメじゃないか?」と思うことが、つい先日もあった。 何と、社会保険庁が管理する年金記録のうち、持ち主が確認

  • 2007/05/25(金) 21:30:02===
  • 嗚呼、負け犬の遠吠え日記(新館)

ネット工作員は数字の魔術師……そして、張り子の虎(笑)・その6

 いわゆるネット右翼(左翼)など、要するにネット上の世論を自分たちの都合のいいように誘導するために工作を行う人たちがいるらしい。 そして、彼ら「ネット工作員」や彼らに同調する悪質行為者たちが、もはや“張り子

  • 2007/05/25(金) 08:57:22===
  • 嗚呼、負け犬の遠吠え日記(新館)

傍観者のままでいいのか? 【選挙に行こう!】

人気ブログランキング  ※より多くの人に伝えるためにポチっの協力を♪参院選までブログTOPに投票ボタン設置中~!(参院選後、ランキング引退しま~す)知的財産戦略本部  って知ってますか? 安倍晋三がリーダ

  • 2007/05/24(木) 21:41:54===
  • らんきーブログ

取材日記・松岡光熱水費の件

<font size="3" color="black">松岡の事務所がある衆議院第一議員会館の水道、ガス、電気が幾ら使われているかを知りたくて、<font size="3" color="blue">衆議院議員会館案内(03-3581-5111)<font si

  • 2007/05/24(木) 19:33:24===
  • 世界平和を実現しよう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。