ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタイイタイお中華製土鍋 @中国製土鍋から鉛やカドニウム、と中華鍋叩いて走り回ってる連中の興醒め

別に嫌中というわけでもないので、ここん所続いちゃってるお中華ネタには書いてて嫌になる
20年以上前に開業したお中華鼠園にしろ、半年近く前に発覚した札幌のお中華キケン土鍋にしろ、なぜか「今頃になって‥‥。」って話ばかりでマスゴミキャンペーンの裏側に誰がいるのかって感じにしか思えないんだけど‥‥。
「ニュースはおニューじゃないとニュースぢゃない」って人種の連中への業務委託の予感。

こんなんで右寄り芳一諸兄に溜飲下げてもらってるつもりなんでしょうか? アベくん(爆)

サッポロのホームセンターニトリで買ったものという
煮てたら金属っぽい臭いで縁になにやら異物が付着
なにやらお上的には基準値の範囲内だそうだが、鉛は体内に蓄積するものでそんな悠長にって気もしないでもないが、水道水にさえ含まれているから、ま、できるだけ取らない方がいいに決まってる
昔の貴族はワインの壺の鉛が溶け出して鉛中毒で多く死んでいるというんだしね

アメリカ大陸攻撃への集団的自衛権発動のつもりなんでしょうか?
最近キャンペーンのようにネタ探ししている気がしてならない

太平洋挟んで2元中継。
中南米を襲う、有害歯磨き粉
ジエチレングリコール含有
通常製品の5分の1の驚異的安値で販売されていたという
   20070527074640.jpg
パナマ、ドミニカ、コスタリカに飛び火
パナマの中国系輸入業者が近隣諸国に転売した模様
ドミニカ共和国でも9万本が回収騒ぎ

バナナにイチゴにキュウイ?など、子供用もしっかりラインナップ
   20070527074648.jpg 20070527074655.jpg
アメリカ国内では流通していないとのFDAの発表

で、大本営御用達か?中華鍋叩いて近所を走り回っているテレ朝の大大特集によりますと、

ペットフード(@アメリカ)
 原料の中国産小麦に合成樹脂の原料になる有機化合物メラニンが大量混入
 ペットの大量死
 中国産グルテン輸入禁止
養殖ナマズ(@アメリカ)
 中国産養殖ナマズから、使用禁止の抗生物質フルオロキノンが検出
 餌の問題でしょうね
 なに食わせてんだか
ふぐのアンコウへの偽装(@アメリカ)
 アンコウからフグ毒ってなんだと思ったら、フグをアンコウだと偽装出荷
 フグよりアンコウの方が高価なのか?
 んなものは食さないのでよー知らん
風邪薬(@パナマ)
 咳止めシロップで100人以上の中毒死
 医薬品には認められない毒性物質ジエチレングリコールが混入
 中国からグリセリンの表示で輸入されたニセのクスリが原因
歯磨き粉(@ドミニカ、パナマ、コスタリカ)
 ジエチレングリコールを使用
 コスト削減のため湿潤材のグリセリン代替
ボタン電池破裂(@日本)
 電池の爆発は残念ながら良くあります(泣)
 「液漏れ」しなくなってきたのって最近じゃないのかな? 日本製も
イタイイタイ土鍋(@日本)
 ようやく見つけた日本の食のクライシス?

 それだったら養殖ウナギの方がいいといってるヒトがいますよ
 なに食わせてんだかってね
 え、蒲焼喰うと"共食い"になるんですって(@信憑性は自己検証にてどうぞ)
 その辺衝かないのはスポンサーとの利害関係でしょうか? いっぺん死ねば。>マスゴミ

せっかく掻き集めた材料が「鉛は輸入許可が出る基準値内」ってお上のお墨付きでチャンチャンなんだけど、輸入業者を悪者にして特定アジアへの悪感情を駆り立てようってことなんでしょうか?
無理やりお中華鼠園の映像挿入なんかかなり涙ぐましい努力です

いきなり導入部に持ってくるのは中国のどこぞのサファリパークの活餌ショー
生きた牛をトラックで運んでトラやライオンの群れの真ん中に下ろします
牛一頭2万4000円お客様にお支払いいただきますと血湧き肉踊るシーンを間近にてご覧いただけます。。。だそうです
泉ピン子がメガネかけたようなババアが男性ストリップショーに興奮しているような歓喜の表情がお昼時のお茶の間に届けられました

ま、屠殺場も電気ショックなんてご時世ですから、「金払って生き物が死んでくと頃を見るのは悪趣味だろ。それが"毎日の餌やり"で事前にヒトが見えないところで殺すか、肉食動物に捕食させるところを見せてその絶命の瞬間をもってババアが目ェ剥き出して興奮させるかの違いだとしてもさ」って謂わんとするところはわからなくないんですが、闘犬、闘鶏、マングースはOKっていうのがちょっと困りもんです

で、こういう『羅列』って行為がなんともかんとも作為的でセコー臭プンプンになってきたりするから、仮にデンツー経由の指示があろうがなかろうが冷めなくていい話まで冷めていってしまったりするわけです

で、結局教条的に煽動する形をとるものだから、「パクリ園」と「生贄ショー」と「キケン品質」を無理やり接着剤でつなぎ合わせるような、「作家」としては素人丸出しな訳です
中国クオリティなんてその程度だというのは概ね誰もが存じ上げていることで、なにをわざわざいまさらにって話と、じゃデフレの責任とワーキングプアー「政策」の責任は小泉"以降"安倍政府は知らん顔すんなよってところなんですが。

意図があるのであれば意図があると言ってくれた方が「中国いい加減にせーよ」って同調できるような気もするんですが、一生懸命もって行きたい方向と羅列される事実の粉飾決算がなんともいやはや痛々しい限り
結局、セコーちっくなステルスマーケティングくずれの方が中国クオリティよりも安っぽいという結論に至るわけです

いずれにしても、かつて安かろう悪かろうの代名詞から世界に冠たるジャパン・クオリティの領域まで駆け上がっていった「メイド・イン・ジャパン」が通ってきた道をきちんと道踏み外さずに進んでくれることを祈るばかりです
そういう意味でもダメなものはダメだとしっかり教えてやらないことにはいけません
以前からドンキホーテの奥に積みあがっている何ヶ国語も手当たり次第に印刷されているような商品にはとてもとても怖くて手は出せませんでしたよ
しっかし口に入るものって言うと胃の中までいくものを想定して「さきいか」とかほとんど見かけるのが中国産だったりしてめっきり買えなくなっちゃったんだけど、土鍋がダメだと食器の類もおっかないよね

FDA.jpg安いからだけで買うのは自分にも家族にも消費者全体にも商人にも生産者にもいいことないって話でしょう
でもってオマイがゆーなって話はジョハンズのバカのボー立ちです

牛丼くらい安全だと確信して食わせろよ!


それから中華なべガンガン叩いて走り回るマスゴミ見てて冷ややかに思うのは、「報道・ニュース」「情報番組」「ノンフィクション」「ドキュメンタリー」は『BGMの使用を全面的に禁止する』とした方がいい
つくり手側の意図がバレバレ
ボーっと見ているヒトの洗脳しか目論見を感じられない
煽動プロパガンダ映画つくってるんじゃないんだから
あ、つくってるつもりだったのか
退場!

   味道 鉄製中華鍋33cm AD-643 味道 鉄製中華鍋33cm AD-643


そう言えば、赤ん坊の哺乳瓶ってさ、抗菌技術進歩著しい現在にあっても「使用前に煮沸消毒」って常識なんだけど、日本製の土鍋だろうが茶飲みだろうがやっぱり一回は洗わないか?
火にかけるものなら、一回は消毒がてら水炊きしてお湯棄てするとか

そういうところは触れないのは、最近「誘導」しか頭にない情報を支配した気になっている連中のやり口といった方が正解かもね
tips
<輸入土鍋>鉛・カドミウム漏れ 中国製、全国に2万個
 札幌市で販売された中国製の土鍋から調理中に鉛やカドミウムが漏れ出し、鍋を輸入した新潟県の陶磁器業者が在庫として残っていた300個を自主回収していたことが24日分かった。しかし、問題の鍋は04年から今年2月までに2万2000個輸入されており、全国に出回ったまま。鉛を摂取しすぎた場合、筋肉の衰弱、脳や腎機能の障害などの被害につながる恐れがあるが、明確な法律違反ではないため回収命令は出せないというのが札幌市や新潟県の見解。購入した同市の男性(47)は「知らずに鉛を口にしている人がいるわけで、放置は許されない」と憤る。
 鍋を輸入していたのは新潟県弥彦村の「ホリシン」(堀内哲雄社長)。札幌の男性が今年1月13日、鍋を同市の量販店「ニトリ新道店」で購入、湯豆腐を作って食べた。さらに同26日、鶏肉を1時間煮込んでふたを開けると鍋の縁の内側にべったりと灰色の付着物が張り付き、水面にも浮いていた。購入した量販店に検査を求めたところ、鉛やカドミウムを検出。鉛は食品衛生法に基づく告示基準の17マイクログラム(容器面積1平方センチあたり)を上回る43マイクログラムだったが、未使用の鍋による再検査では基準値を下回り、量販店は問題はないと回答した。
 このため男性は2月、道立消費生活センターに調査を依頼。同センターが同じ中国製土鍋を取り寄せて1日約4時間、2日間にわたって水を沸騰させた結果、縁のうわぐすりを塗った部分から灰色の付着物が流出。蛍光X線検査で付着物表面の約40%が鉛と確認された。
 しかし2日間にわたる煮沸は法定検査になく、これに基づく回収命令は出せない。同センターはホリシンが所在する新潟県に通報。同県では、所管する三条保健所が酢酸の4%水溶液を同タイプの鍋に満たして24時間置き、溶け出た鉛の量を調べる法定検査を実施した。しかし、結果は食品衛生法で定められた水溶液1ミリリットル当たり2.5マイクログラムを下回る同1.3マイクログラムだったため、同県は「この種類の鍋は問題ない」との結論に達したという。ただ、ホリシンにも苦情が3件寄せられていたことから在庫を自主回収。同課はホリシンに原因の究明を求めている。ホリシンの片岡一義相談役は毎日新聞の取材に対し、未回収の鍋の販売先について「分からない」と答え、「基準を満たしており、販売された分の回収は考えていない」と語った。【岸本悠】
 ▽NPO法人日本消費者連盟の富山洋子代表運営委員の話 うわぐすりを塗った後に陶器をしっかり焼いていない可能性もあり、(中国で)どのように製造されたのか確かめる必要がある。過去には中国製電気ストーブの塗料が熱で溶け、有害物質が発生した事例もあった。食品衛生法の定める検査は手順にすぎず、抜け穴があるとわかればすぐに埋めてカバーするのが厚生労働省と地方行政の役割だ。メーカーや小売店にも責任はあり、製品に問題があると分かった時点で製造・販売を中止し、製品を回収すべきだ。
 【ことば】うわぐすり 陶磁器に使用される着色顔料やうわぐすりには、有害金属である鉛やカドミウムを含むものがある。焼成温度が低いと、これらが溶出する恐れがある。鉛は安価なうえ、低い温度で焼いても光沢を得られるので、古くから使用されてきた。だが、毒性が強いため、溶出防止の研究は国内各地の研究所や企業で行われているという。

5月25日3時9分配信 毎日新聞

ちなみに今回のイタイイタイ土鍋しか出てこなかったところを見ると、日本のお役人は良くやってるなという結論に達し、事前規制の大切さを痛感させられるという「グローバル・マーケティングの防波堤論」=非関税障壁が急速に力を得るものです

よってもって規制緩和でカイカクカクカクだぁってバカの一つ覚えのバカボンと、下半身ネタしか興味がない横須賀のボンボンの、野放し無政府状態促進政策のいい加減さを露呈してしまうなんとも笑える結論に至ってしまうセコー戦術と相成りました

見事自爆の小泉"以降"安倍政府。

   ほんわかふぇ 和風二食土鍋 HR-9339 ほんわかふぇ 和風二食土鍋 HR-9339

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/1135-1d302449
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。