ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛆虫さまから後光が射す @自然の恵みで治癒促進 「マゴットセラピー」で壊疽からの回復

このウジムシ野郎がぁ!なんてもう言いません
ウジムシ様様の時代到来
tips
マゴットセラピーで効果 糖尿病など患者9割が足切断回避
 糖尿病などで足が壊死(えし)する「難治性潰瘍(かいよう)」で切断しか治療法のない患者に、岡山大の三井秀也講師(心臓血管外科)が「マゴット(ハエ幼虫)セラピー」という治療法を行ったところ、9割の患者が足を切断せずにすむなど高い効果が認められていることが30日、分かった。
 日本では壊死による足切断は3000例を超えるとされる。三井講師は秋にも医師主導臨床試験に取り組む予定。英国では保険医療が認められ、年間数百人が治療を受けている。
 マゴットセラピーは、壊死した皮膚にハエの幼虫をガーゼとともに固定して行う。幼虫が腐敗した部分を食べ傷をきれいにするとともに、幼虫の唾液(だえき)に含まれる物質が微生物を殺す役目を果たし、傷の回復を早める。週に2回ほどガーゼを取り換え、2~3週間で効果があらわれる。
 三井講師はオーストラリア留学中にこの治療法を知り、平成16年に糖尿病などの合併症で足切断しか治療法のない60代の女性に日本で初めて実施。潰瘍が1週間で半分の大きさになり、患者の痛みも軽減したという。傷が完治したこの女性は3カ月で退院。切断をまぬがれた足で歩行に努めたためか、その後の糖尿病のコントロールも良好だという。
 マゴットセラピーはこれまで国内27カ所で約100例が行われ、このうち三井講師は66例を手がけた。患者はいずれも他の医療機関で「即足切断か足切断の可能性あり」と診断されたが、治療の結果、58例で傷が完治し、足切断せずにすんだという。
 治療に使うのはヒロズキンバエの幼虫。当初はオーストラリアから輸入していたため完治まで約30万円かかったが、現在は自前で育てたものを使うため費用は12~18万円ですむようになった。それでも保険適用される足の切断手術(1カ月の入院で自己負担約8万円)に比べると、患者の金銭的負担が大きい。
 三井講師は「自分で歩くことができれば、糖尿病もコントロールしやすくなり、医療費削減につながる。全国どこの病院でも治療を受けられるようにして、1人でも多く足切断から救いたい」と話している。

5月1日8時0分配信 産経新聞

万一の不遇、切断宣告された場合には躊躇わず試みたい
蛆虫さまにすがりたい
くれぐれも宗教の勧誘は来ないでください
家族の方にも。

ホント、「蛆虫呼ばわり」なんて失礼か
益虫?
百害あって一利なしのネットフナムシ諸君たちはくれぐれも見習うように

どうせ責任なんかとりはしないくせに規制や認証を「支配の道具」にしか考えてないお役人どもは蛆虫様にひれ伏すべしっ!
医療制度崩壊って言うけどさ、たぶん原因はこの「蛆虫以下」の連中にあるんだと思って止まないんですけど。


   マゴットセラピー―ウジを使った創傷治療 マゴットセラピー―ウジを使った創傷治療

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/1150-85467964
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。