ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイオのちからで地雷除去 @クラスター爆弾を日本の海岸線に撒き散らすと言っているキチガイ防衛大臣は世界の流れは見えてるのか?

ふむ。
これ、いいな
tips
地雷を感知し光る酵母=微量成分に反応、実用化に期待-米テンプル大が開発
 地雷などに使われるTNT火薬にわずかに含まれる化学物質に反応し、緑色に光る酵母を開発したと、米テンプル大の研究チームが7日、米科学誌ネイチャー・ケミカル・バイオロジーの電子版に発表した。アフガニスタンやカンボジアでの地雷除去作業では、金属探知器や専門に訓練した犬が検知に使われているが、酵母を散布するだけで済むようになれば、作業効率が大幅に上昇し、コストも下がると期待される。
5月7日15時1分配信 時事通信

でも先に「戦闘」に使われるんだろうな
予め地雷原に散布して回避進軍

で、回避の回避で新型地雷が開発され「死の商人ども」がまたまた儲ける

どこかの国の初代防衛大臣がつい先日にも「クラスター爆弾は自国の海岸線に撒き散らして防衛に使うんだ。」なんてめちゃめちゃなこと平気で言い切るオツムのいかれ具合を露呈したが、防衛省の地下秘密基地で悪の帝国ショッカーみたいな幹部連中と昼に夜に頭がボーっとなるまでそんな話ばっかりしているから24時間戦争あたまで自国の領土を不発弾でいっぱいにしちゃおうなんて考えるんでしょうな
tips
<クラスター爆弾>「国防の観点から必要」久間防衛相
 久間防衛相は25日午前、クラスター爆弾の禁止条約作りを目指す「リマ会議」に関連して「日本を守る時にそれに代わるいい武器がない。攻撃されて蹂躙されっ放しでいいか、守り抜いて後はその処理をしたらいいか、国民がどちらを取るかだ。私は後者だと思う」と述べ、国防の観点から同爆弾が必要との認識を示した。
5月25日12時57分配信 毎日新聞
<クラスター爆弾>航空幕僚長「不発弾より占領被害大きい」
 航空自衛隊の田母神俊雄・航空幕僚長は25日の記者会見で、空自がクラスター爆弾を保有する必要性について、「日本は海岸線が長く、国を守れなくなる可能性が高いときにやむを得ず使うもの。不発弾による被害も出るが、占領されることの被害の方が何百倍も何万倍も大きい」などと説明した。
5月25日20時30分配信 毎日新聞

地雷少年ま、海上自衛艦がはじめて装備武装を持ち出した「敵」はなんと沖縄辺野古の日本国民だったという歴史の事実が刻まれたわけだし、こんどまた「次の終戦後」に日本の海岸砂浜で日本人の子供が吹き飛ばされて死のうが、足を失おうがアベの軍隊・自衛軍の、あまだ自衛隊だったか、幕僚・佐官クラスの"将校"もなんとも思わないわけで、もちろん上官の命令は絶対だとされて誓約書も書かされてお給金もらっちゃっている現場の自衛官の人たちも『そんなバカな指揮官の命令』にも逆らえないわけで、バカな指揮官がバカばっかり秘密の作戦会議室に集まってバカな大臣をちやほやしながらシビリアンコントロールなんて絵に書いたもちだとどんどん証明していくわけですな

右の写真のような子供が近所で一杯見かけるようになってもいいんだと
占領されるよりはましだろと
俺ら軍人の戦い方が有利に進めば後はのとなれ山となれだと
国敗れて山河"ナシ"、オッケーオッケーだと
負けたら戦争犯罪人にされるから、自分の身の方が将来の国土の安全よりも大事だと
敵に占領されるくらいなら、日本なんか焼け野原にしてやるんだと
自衛隊が守るのは日本の国土でも日本の国民でもないんだと
勘違いすんなと。

 野心的な「制服」の官僚根性丸出し勢力拡大を
  諌められないでどこがシビリアンコントロールだよ
 『お仲間うち』のご都合主義で規定路線と決めていく
  インテリジェンスだ軍機だと決り文句で密室主義で。


そこのけ、そこのけ、軍機がとおる
軍事機密だといっておけば誰にも見つからずやりたい放題
目には見えない先軍政治じゃ、北朝鮮が羨ましいか、わかりやすい。
挙句に国土を「安心生活できないようにする」と宣言したんじゃ、「一体どこの軍隊じゃ!」
実は「敵は中にいた」と白日の下になった瞬間かもしれない
しかもTOPじゃ、小泉"以降"安倍パターン
日本人の敵はココだ
tips
クラスター爆弾 不発弾処理被害者が危険性訴え リマ会議
 【リマ大治朋子】23日始まった「クラスター爆弾禁止リマ会議」で、クラスター爆弾の不発弾処理中に両手足を失ったブラニスラン・カペタノビッチさん(42)が、同爆弾の危険性を切々と訴えた。国際会議で被害者が体験を語るのは異例だ。
 カペタノビッチさんはセルビア軍の技術者として不発弾の処理・回収作業をしていた00年11月、セルビア中部の町クラリエボで事故にあった。「目の前が見えなくなり、何も聞こえなくなった」。カペタノビッチさんは爆発直後の生々しい記憶をたどった。病院に運ばれる直前に心停止したカペタノビッチさんは、その後20回もの手術を受けて回復したが、両手首から先と両足を失った。
 不発弾処理の担当だった99年当時、北大西洋条約機構(NATO)軍は連日、セルビア各地をクラスター爆弾で空爆していた。当時使われていたのは不発率が極めて高い種類だった。「攻撃対象は軍事施設だけでなく市街地の病院や市場にも及んだ」という。
 カペタノビッチさんは空爆があると現場に駆け付け、不発弾を回収する毎日だった。99年5月7日には、目の前で数十人の市民が同爆弾で死傷するのを目撃した。「通りに横たわるたくさんの遺体をまたいで、不発弾の処理をしなければならなかった。あの日のことは決して忘れない。市民に多くの被害を及ぼすクラスター爆弾がなぜ使われなければならないのか、私には理解できない」と話した。

5月24日17時31分配信 毎日新聞

安倍晋三の政権下じゃ、クラスター爆弾なんてのだけじゃなく「終戦後も戦争の終わらない」兵器の置き土産なんてのはどんどん公認加速する

 ◆"安倍晋三公認"悪魔の非人道的大量殺戮兵器「劣化ウラン弾」
    @"人権無視"も加わった次期首相候補は心を持たないお人形か?


防衛庁も内閣府の下からわざわざ独立させて、「省」に昇格させたんだから、「悲願の」"制服"国会質問答弁させてみろよ
ビシッと決めてカッコイイところを。
制服頭の脳みそが危なくなっていないかどうか、天日干しにしろ!
久間の面なんか拝みたくないから
内閣府から独立させたんだから国会を制服が闊歩する姿を1億国民に見せてみろ!
ビジュアルに慣らすお手伝いとか言うかもしれないが、「中身の検査」が重要だ
制服に対する嫌悪感に発展するか、約束取り付けて監視するか。
「表」と「裏」を直結して隠し事させないようにしないと、権限と責任の等価交換の原則を無視した一番危ないお手盛り状態の出来上がりだ
すでにクラスター爆弾の『制服+背広の談合体質』がニュースのように証明された
ストッパー役のいない軍部台頭だ
小泉"以降"安倍政府
世界の潮流とまたしても逆行だ
イラク戦争と同じ構図のアメリカ追随だ


技術革新の力をもってしても、人間の愚かさのマイナス加速度には到底追いつけない模様
技術と共に、人間を上部構造に昇華させていかないことには、そういう技術でさえも「消費の対象」でしかない
人は水と共に低きに流れればいいものではない

『原始の欲望』を理性で封じ込めてきたように、「人と言うものは憎しみ合い闘うものだ」とアタマヨサゲのインテリ風"割り切り"思考には、結局いろいろ言葉多いわりには「なんだ先祖がえりか」と気付いて欲しいものである
豊富な知識と分析は刹那的処世術に使われるのでは脊髄反射のそれと何ら変わらないとして、なにとぞ「素晴らしき持ち物」を素晴らしき成果に至らしめてもらいたいものだ

現実主義とは現状の分析とパッチワーク的継ぎ接ぎ対策の話ではないはず
現状の把握と、進むべき理想の道との乖離を掌握し、意思決定にバイアスをかけながら「いまはなし得ないであろう将来像」に至らしめる高度な戦術戦略を言うのではないだろうか

昔よくソニーの創業者井深大が技術者に叱責していた言葉
「できないと言うな!」
やりたくないとできないと言うのは違うし、なんでやりたくないかと言えば大変だからでしかない
大変だからこそ何もしなければ「低きに流れる」事しかあり得ない
そこに向かって「対峙」するからこそ、自らの知識の集積の永き経験の道のりを最高レベルで生かせると言うものではないのだろうか

流れに乗ってああだこおだと戦略家になった気でいるのは、実は自分を貶めているだけなのかもしれない
自分の豊富な蓄積をドブに捨てていることと大差ないのかもしれない

技術だけでなく、人も高みに昇華して欲しい
ひたすらに望む

いずれにしても戦後復興には役に立ってもらいたいバイオ技術の応用
地雷探索ロボットとともにより効率的に地雷除去に役立つと期待

てか、
地雷使うな!
地雷作るな!

やっぱ、そういうことだよな
クラスター爆弾廃絶!
こんな思考の仕方の自衛隊は不要!
悔い改めよ!


   地雷撲滅をめざす技術―人道的地雷探知・除去の現状 地雷撲滅をめざす技術―人道的地雷探知・除去の現状

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/1165-033f4e2b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。