ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集団的自衛権? 「少数」の「大勢」ってナニさ! @お仲間人選ナカヨシコヨシで「少数による支配」を許すな!

意見のまったく同じ「少数」集めて、ホラ「大勢」ってアフォか!
13人中12人は最初からアベの意見に擦り寄る連中しか選ばれなかったっていう、あの"爆笑"ユーシキシャ懇談会
ところでよ、アベの「"私的"懇談会」ってのはそんなにエラソーなこと言わせておいていいのか?
まさか政府の金ということで月数回数時間の召集で莫大な報酬が公金税金から払われてたりしないよな(@反語)
『やらせタウンミーティング』なんかよりもっともっとのお笑いサークル
笑ってないで叩き出そう!
tips
<集団的自衛権>「解釈変え容認」安保法制懇で意見大勢
 政府は11日、憲法9条解釈の見直しを検討する安倍晋三首相の私的懇談会「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(座長・柳井俊二前駐米大使)の第2回会合を開き、本格的な議論に着手した。首相が提示した4類型のうち「公海上で米艦が攻撃された際の自衛隊による護衛」を認めるべきかを議論し、政府の憲法解釈で「保有するが行使できない」としてきた集団的自衛権について「行使できるよう解釈を変え、護衛すべきだ」との意見が大勢を占めた。
 政府は従来、日本有事での米艦護衛は個別的自衛権として対処が可能と解釈。一方で「自衛の目的以外の場合は米艦艇を守れない」と説明してきたが、この日は米艦護衛の場面として
(1)共同訓練中の洋上補給
(2)公海上での日米共同訓練
(3)周辺事態での後方支援活動
(4)同事態での船舶検査活動
(5)弾道ミサイル発射の警戒監視
――を例示した。
 このうち、日米艦船が近接する(1)は「(集団的自衛権の行使ではなく)正当防衛」(久間章生防衛相)とし、自衛隊法の「武器等防護」規定で対処する案もあった。しかし委員からは「限定的なことしかできない」などと、集団的自衛権の解釈を変え護衛すべきだとする意見が相次いだ。
 また(3)や(4)のケースについても「日米同盟で重要なのは情勢が緊迫した時」として集団的自衛権行使を求める意見が出た。中国・台湾や朝鮮半島の有事を想定したものとみられるが、日本が自衛権行使に及んでいない事態で、米艦防護のために集団的自衛権を行使すれば、事実上その段階から日本有事に移行することを意味する。今後の議論の焦点となりそうだ。
 次回は参院選公示前の29日。米国向けの弾道ミサイルを日本のミサイル防衛(MD)システムで迎撃するケースを取り上げ、4類型の中核となる集団的自衛権に関する議論を一通り終える。全体をまとめるのは9月ごろだが、駆け足の議論は参院選に向け自らのカラーを支持層に示したい首相の意思を反映したものとみられる。【古本陽荘】

6月11日23時57分配信 毎日新聞

弱気なサインに首を振り「速球勝負」を売り物にしつつ微妙な球筋の魔球ジャイロボールが混じっているように感じるのは投じているものの無意識の意識か、単に受け取る側の老眼乱視の所為か若干不明だがそういうことになっているタカマサさんの"魚拓"より以下抜粋
案の定、もと記事アクセスしても「消されてるん」だもんね
ボランタリーなブログによるアーカイブは構成の学究研鑚事後検証に資する重要な資料です(笑)
tips
13人中12人過去に見直し論 - 集団的自衛権に関する有識者会議
 集団的自衛権行使に関する憲法解釈見直しを検討する政府の有識者会議の13人のうち12人が、参考人として呼ばれた国会での発言や論文などで政府の違憲解釈を批判したり、解釈変更を求めていたことが共同通信の調べで5日、分かった。安倍首相は4月25日、人選に関し「高い見識を持った有識者に各界からお集まりいただいた」と強調したが、初めから“結論ありき”との見方が一層強まった。

■「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会構成員」
岩間陽子 政策研究大学院大学准教授
岡崎久彦 NPO法人 岡崎研究所理事長・所長
葛西敬之 東海旅客鉄道株式会社代表取締役会長
北岡伸一 東京大学大学院教授
坂元一哉 大阪大学大学院教授
佐瀬昌盛 拓殖大学海外事情研究所客員教授
佐藤 謙 財団法人 世界平和研究所副会長
田中明彦 東京大学教授
中西 寛 京都大学教授
西 修  駒澤大学教授
西元徹也 NPO法人 日本地雷処理を支援する会会長
村瀬信也 上智大学教授
柳井俊二 国際海洋法裁判所判事

2007年5月5日(土)18:13〔共同通信〕

現行平和憲法を捻じ曲げるための『アリバイ工作部隊』だから、憲法学者などの本当の有識者、法律の専門家は"排除"ですか、そーですか。
憲法改正は必要ありませんね
ずっと改憲派だった憲法学者もついに小泉"以降"安倍自民党政権での改憲は絶対反対との表明をしました @拍手パチパチ、スタンディングオベーション
それがフツーの感覚でしょう
私もまったく同感です

靖国憂就館に「アメリカさまの機嫌を損ねる展示をすぐに止めろ」って頑なな靖国神社があっといまに対応したり、TVに出てくるたびに「アメリカだけについていけばすべてなにもかもうまくいく問題ない」なんてとても大使だったとは思えない死神博士・岡崎久彦も名前を連ねまだ蠢いている模様。
この死霊の甘言でアメリカに踏みつけられても蹴られても唾を吐かれてもまだ私は貴方についていきます捨てないでお願いだからって凛と毅然と日本の誇りは地に落ちた美しい国づくり侵攻中。

小泉"以降"安倍自民党政権の一番の病巣は「多様性排除」
民主主義の死だ

まだ党内民主主義が機能していた頃の自民党は、金に汚い政治屋が何やってても因果応報地獄に落ちればいいだけで、共生の望みは残っていた

ドラキュラ小泉・串刺し王

思想も主張も画一化してしまう
「異論は排除」の串刺し政治

挙句の果ては私物化愛国教育で国のあり方も画一化させられてしまう
「少数」によるクーデター政権だ
潜人のっとりと言われる所以

こんな「アベよりゃ誰でも有識者」会議になんて理解を示す必要ありませんよ
別に「アベの子飼い」が「アベのお気に召す意見」を誂えたからって、「あなたの想い」が左右される必要ありません
「肌感覚」を大事にしましょう
平和がいいと言いましょう
戦争は嫌だと望みましょう

いつのまにやら勝手に締結?「日米同盟」
日米関係を日米同盟に「わざわざ言い直してまで」する小泉"以降"安倍自民党日米同盟至上主義キャラバンに付き合う必要もないでしょう
「日本を交戦状態に巻き込む日米同盟」なんてのは一切要りません

わざわざ「日本が交戦状態に踏み入れるための言い訳」を認める必要なんかありません
「この言い訳を認めなかったからこそ」いままで戦争には巻き込まれなかったと言う実績です

「こんな言い訳(集団的自衛権)」がないと戦争にいけないからわざわざこんな「ご機嫌取り集団」まで政府の金をつぎ込んで税金からベラボーな報酬渡してまで集めて「大勢意見」だなんて捏造しなきゃいけないのは、それだけいままでの「平和維持装置」が機能してきた証拠で、その「平和維持装置が邪魔で仕方ない」という戦争やりたい連中の悲痛な叫びの現われです

イシハラシンタローもそうですが、なんでも自分の想うままになったと勘違いする権力者が「自分を縛る憲法」や「使わせてもらえない軍事力」を最後に欲しがるこの構図を引いた目線で眺めましょう
そして「それが欲しい者」はなぜそれが欲しいのか、ちょっと考えてみましょう
それが欲しい権力者がそれを手にしたときに、わたしたちに災厄が降りかかってきます
死ななくて言い人たちがいっぱい死にます

それが欲しい権力者は何を言おうが、自分とバカ息子は血まみれ泥まみれの戦地には出ません
どこの誰だか知らないあなたやあなたの息子、そしていまのアメリカを見ればわかるようにハタチそこそこの若い女性も銃弾飛び交う前線で捕虜になったりしています
女性だからムスメだから安心だは絶対に通用しません
ここは太平洋戦争の時の社会状況とは大きく異なります
国家総動員体制、本土決戦1億総玉砕までは大丈夫だなんて思ったら大間違いです

小泉"以降"安倍自民党の党議拘束・懲罰人事で、政治家個々人の意見も言えない「集中民主性のフリ」の自民党は独裁政治そのままで、誰かに期待してもそれは無理です
権力アシスト公明党も「福祉破壊と平和破棄の党」という正体が暴かれました
少なくとも小泉"以降"安倍政権のやりたい放題を止めるには、自民+公明にNO!はボトムラインでしょう
民主でも社民でも共産でもいいですが、とにもかくにも「継続は力」の力を「弱めるには継続を絶つ」のが正攻法です
『民主主義は入れ替える公器』、忘れないようにしましょう
遺すのは良い物だけ
遺すべきは良い所だけ
どこでもいいから変えさえすれば、「また変えられる」
奪われた力を国民側に取り戻す、ただそれだけです

聞かぬ独裁自民+公明を血を流さずに、痛い思いもせずに引き摺り下ろすことができるのは選挙と言う民主的な方法以外にありません
誰でもその力を持っているのです

もうちょっとだけ「平和がいい」「戦争は嫌だ」「殺すのも殺されるのもごめんだ」という声を出せば、戦争やりたい連中の断末魔の叫びに変ります
大勢捏造の少数は万人の不幸です
世界の戦争の全てがこの構図です

すべての流れを見渡せば小泉"以降"安倍政府がどっちの崖に向かっているか、あなたにはわかるはずでしょう
止めるのは今、です。


   悩める自衛官―自殺者急増の内幕 悩める自衛官―自殺者急増の内幕

コメント

そんな馬鹿は・・・だけ。

アメリカ艦船に自ら攻撃する。
そんな馬鹿は、日本の神風特攻隊か怪獣映画だけです。
きっと自らを投影しているのでしょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/1174-fd04a516
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。