ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【連続巨額事務所費不正計上問題】 赤城農相のご両親を守れ! @安倍晋三にボケ老人扱いされた勝手借名のツケ廻しは最悪アベ得意の「口封じ」

安倍スタンダード的には赤城本人も、実家のお父さまもお母さまも消されちゃうんじゃないんでしょうか?
実に心配です
すでに党首討論では安倍晋三は「人の親をボケ老人扱い」だそうです
人の親の人格も尊厳も安倍晋三にとっては紙切れほどの価値もないようだ

「ご両親が配布した」とされるその釈明文書ってのは一体誰が誂えたんでしょうかねぇ
あまりにも見え透いた嘘の上塗り。
tips
事務所費問題、「実家は地元活動の拠点」農相の両親が釈明
 赤城農相(衆院茨城1区)の政治団体「赤城徳彦後援会」の事務所費問題で、「主たる事務所」として届けられていた実家(茨城県筑西市)に住む赤城氏の両親は8日夜、実家前で報道陣に対し、「(実家は)今でも地元の活動の拠点となっている」などと釈明する文書を配布した。
 両親はこれまで、読売新聞の取材に「家賃や光熱費などは受け取っていなかった。私設秘書や事務員は選挙前には来るが、常駐はしていない」と述べ、実家には事務所としての実態がないことを認めていたが、この発言を事実上撤回した。
 文書では「自宅が後援会事務所として使われていないかのような報道がなされているが、真意が伝わらず騒ぎが大きくなって驚いている」としたうえで、「以前は秘書が自宅に常駐していたが、(今は)事務を水戸事務所で行わせていることから、事務を行う『事務所』としての活動が以前ほど活発ではないという趣旨でお話しした」と釈明した。

7月8日21時43分配信 読売新聞

もしかしてコレってアレ?
911同時多発テロで政府の主張に反するような証言をした科学者や目撃者が、その証言の翌日に180度反対の事を言い出すアレ。
どんなに脅されても信念を曲げられない大学教授は歩道を歩いていて暴走自動車に5回も轢かれそうになって、命の危険から身を守るためアメリカに住めなくなったとかいうアレ。
ああ、コワイ
ブルブルガクガク
コレが安倍スタンダードですか。

自分らのシナリオに合わないものは「すべて消去」
まるで何不自由ないボンクラお坊ちゃんが癇癪起こしておもちゃを叩き壊すような。
『リセット症候群』
リセット・ザ・ワールド
デリート・ザ・ヒューマン
ボクはサイコー、ボクにならできる

実家周辺の隣人さんは良く見張っててあげていた方がいい
マスコミもカメラの砲列で「牽制」していてあげた方がいい
「自殺偽装」なんか見たくない
小泉"以降"安倍の世の中なんてもう真っ平だ


ついでに「父親の自宅」のほかにも「妻の実家」だそうで。
手当たり次第の常習犯の手口以外の何者でもないと全国民がわかってるよ
tips
赤城農相の政治団体、妻の実家にも経費1496万円計上
 赤城徳彦農相(衆院茨城1区)の後援会が農相の実家を「主たる事務所」にしていたのに、経常経費を計上していた問題で、赤城農相の別の政治団体「徳政会」も、東京都世田谷区にある農相の妻の実家に事務所を置きながら、1996~2005年に計1496万円の経常経費を計上していたことが分かった。
 これらの経常経費計上について、赤城農相は7日、「架空計上はない」と説明したが、「具体的な内訳は分からない」と述べるにとどまった。
 政治資金収支報告書によると、徳政会は、妻の親族(78)が代表者を務め、05年までの5年間の収入はこの親族からの年間120万円だけ。96年以降、年72万~210万円の人件費、24万~72万円の事務所費、12万~14万円の光熱水費などを支出し、03年には、赤城農相の実家を「主たる事務所」にしている「赤城徳彦後援会」あての150万円の寄付を計上していた。

7月8日2時15分配信 読売新聞

あとから「口止め」するくらいなら大臣就任前に手を回しとけよ
せめて発覚前か、発覚直後間髪入れずとか
安倍周辺のテメーラの不手際で「口封じ」のために「消去」される身にもなれよ
他人の生命なんてのは、自分の手間を惜しむ程度の価値しかないと思っているのか
安倍と周辺の考え方が良くわかってきた
松岡利勝もいまとなっては可哀想なことをした
悪いやつが報いを受けるのは仕方がないがさらに悪いやつがのうのうと生き長らえているのはもっと許せん
ましてや家族や善人までも巻き込む安倍スタンダード

また飲み込んだぞ
安倍ド壺
tips
農水相辞任要求を拒否=安倍首相
 安倍晋三首相は7日夕、赤城徳彦農水相の事務所費問題について「農水相はしっかり説明をした」と述べ、問題はないとの認識を示した。その上で、野党の農水相辞任要求に関し「そういう問題ではない」と拒否した。首相公邸前で記者団の質問に答えた。
7月7日21時1分配信 時事通信

またしても海外逃亡
tips
赤城農相、予定通り訪欧へ…WTO事務局長と会談
 政府筋は8日、赤城農相が当初の予定通り、週明けに欧州を訪問することを明らかにした。
 10日にも出発する見通しだ。農相の訪欧は、世界貿易機関(WTO)の新多角的貿易交渉についてWTO事務局長らと話し合うためで、今月初めに日程が固まっていた。

7月9日3時8分配信 読売新聞

居ないからといって手を緩める必要ない
急遽事務次官に代行させて日本に帰って釈明に追われるようにしてやれ
というかいまのままでは『松岡還元水の上書きマックロー』決定打。
松岡「口封じ」で国民を納得させないままだから、松岡の分の上にさらに上積みの巨悪扱い
しかも松岡の3倍増額だって
ハッキリ言って自民党スタンダードの手口だろうが、社会党の事実上解党に至った『秘書給与流用問題』よりもさらに悪質な『自民党事務所費問題』
「秘書の意思」(強要含む)とかそういう問題ではなく、「議員の裁量権」そのままの問題。
tips
赤城農相 政治団体が実体ない事務所に経費…父親の自宅
赤城徳彦後援会事務所が置かれている赤城農相の父親の自宅=茨城県筑西市赤浜で7日、小林昭雄撮影
 赤城徳彦農相(衆院茨城1区)が関係する政治団体「赤城徳彦後援会」が、茨城県筑西市の父親の自宅を団体の所在地として届け、05年までの10年間に約9045万円に上る経常経費を計上していたことが7日、政治資金収支報告書から分かった。父親は「(事務所として)使っていない」と話し、事務所としての実体がないことを認めた。また東京・世田谷の妻の実家に事務所を置く政治団体「徳政会」も毎年100万円以上の経常経費を計上しながら、少なくともここ10年は活動実態がなく、1000万円以上が不透明な支出となっていることが分かった。
 赤城農相をめぐっては、家賃のかからない議員会館に事務所を置く資金管理団体「徳友会」の事務所費が、年によって大きく変動する不自然さが毎日新聞の調査で明らかになっているが、「政治とカネ」をめぐる閣僚の新たな問題発覚は、参院選を控え安倍政権への大きな打撃となりそうだ。
 経常経費は家賃に相当する事務所費に加え人件費や光熱水費などを含む。
 茨城県選管に提出された政治資金収支報告書によると、「後援会」は家賃などに当たる事務所費だけで10年で約1631万円を計上している。このほか、同じく10年間に▽人件費約5353万円▽光熱水費約794万円▽備品消耗費約1266万円を計上していた。
 複数の関係者によると、父親の自宅は、農相を務めた祖父の故宗徳氏の時代には事務所として使っていたが、同後援会の代表者になっている前茨城県議は「今は使っていない。私が代表として名前を使われていることは一切知らなかった」と話している。
 一方、政治団体「徳政会」は1989年の設立当初から妻の実家に事務所を置いているが、政治資金収支報告書によると毎年100万円以上の経常経費を支出。総額は農相が衆院議員に初当選して以降17年間で3341万円に達している。「徳政会」代表者は、毎日新聞の取材に「自分の父から引き継いでからここ10年はほとんど活動していない」と証言しており、政治団体としての実体がないことを認めている。登記簿によれば、この実家の土地は05年に赤城農相の妻が他の親族とともに相続している。
 農相の資金管理団体「徳友会」が支出する事務所費の不自然さが発覚したのは6月。家賃がかからない議員会館に事務所を置きながら、事務所費支出が年によって19万円から1017万円まで大きく変動していた。
 事務所費や光熱水費など経常経費では松岡利勝前農相も不自然さを指摘され、政治資金規正法の見直しの大きな要因となった。
 赤城農相は農水省を経て90年、衆院議員に初当選。防衛庁副長官などを務めた。松岡利勝前農相の自殺を受け、6月に初入閣した。

7月7日17時45分配信 毎日新聞

自民党が5万円以上の領収書に拘るのは、5万円以下でも不正の手口はやっていけるから
国民には1円の領収書の添付を義務付けておいて、なにが「手間がかかるから」だ
「領収書つけられない経費は、経費として認めませんってのがお上のいつもの口上だ
フザケンナ! 自民党

1日も早く「小泉"以降"安倍レジーム脱却」だ
参院選は第一歩!
公示は期日前投票のスタートの合図だ!
怒りをぶつけるぞ!


 そば屋はなぜ領収書を出したがらないのか?―領収書からみえてくる企業会計・税金のしくみ そば屋はなぜ領収書を出したがらないのか?―領収書からみえてくる企業会計・税金のしくみ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/1217-ede52cd9

07年参議院選挙自滅党ポスター その2:改憲を実益に

先日、自由民主党安倍晋三政権の2007年度参議院選挙用新作ポスターが公開された。そこで今回は、自民党の強行採決連発と、ことごとく後手に回るばかりの不祥事・失言への対応の裏にある、追いつめられた安倍首相の心理をパロディで妄想してみた。

  • 2007/07/10(火) 02:03:25===
  • とりあえずガスパーチョ

オキナワに枯れ枝剤!緊急調査を!すぐに塩崎!あせろ安倍!

大変ダア!ベトナム戦争の負の遺産枯れ枝剤がオキナワに隠匿!放置!ばらまかれていたらしい!赤城の海外逃亡を追っかける暇があったらこれを追求しなさい!各TV局&新聞系マスコミ諸君!選挙公示前に政府をつるし上げろ!米軍移転費用はこの件の解明まで完全ストップ!オ

  • 2007/07/10(火) 00:48:57===
  • kimera25

誰が『異常な円安』にした

 ブログを開設して以来、1年と2ヶ月が経った。そして、エントリーの中でかなりの割合を占めてきたのが、「円安」問題である。 意図的な政府の円安誘導は大手製造業を助け、これに乗って都市銀行が外貨投資(投資信託や外貨預金)に庶民のお金を誘導し、郵便局から地方銀

  • 2007/07/09(月) 14:17:46===
  • 関係性
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。