ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国共産党、情報戦の師父は小泉"以降"安倍自民党の極愚 @『永田メール』に学ぶ、あるある劇物小龍包の爆風消火対処法

「釣り」という説もあるんだが、結論がどっちだとしても行き着くところは『チャイナ・クオリティ』ってことでいやーそりゃよござんしたね
貧民街の零細屋台がダンボール肉まん『究極リサイクル食材』の世紀の発明じゃなくって、「政府公認の」特権階層テレビ局がやらせ捏造取材してましたってもっともっとデカイ話に。
これまたさすがはお中華品質
TBS顔負け(笑‥‥えません)
tips
【中国】「ダンボール肉まん」は虚報 北京テレビ局が発表
 中国北京テレビ局が8日、ダンボール片を混ぜた肉まんが売られていると報じ、内外に大きな衝撃を与えた問題に絡み、同局は18日のニュースで報道が「やらせ」だったことを明らかにした。19日付で燕趙都市報が伝えた。
 同局によると、報道番組「透明度」のスタッフが6月中旬、北京市朝陽区で朝食用の食品を売る商店を訪れ、店主ら4人にダンボール片入りの肉まんを作らせ、ビデオカメラで撮影した。商店は普段、肉まんを売っておらず、材料は全部スタッフが用意したという。
 同紙によると、スタッフは編集会議でダンボール片入り肉まんの一件を報告したところ、プロデューサーが注目。詳しく取材するよう指示した。約1週間後に撮影が終わり、関係者が内容の真偽を再三確認したところ、スタッフは真実であることを繰り返し主張した。
 北京市の警察はスタッフの身柄を拘束し取り調べを始めた。企業や個人事業主を監督する市工商行政局も、商店主らから事情を聞いている。(編集担当:菅原大輔)

7月19日10時28分配信 サーチナ・中国情報局

ところがこれまた、やらせのやらせなんじゃね

「国内向け」の偽物商品撲滅キャンペーン番組が政府の要請で悪徳業者摘発し捲って人民啓蒙してたところ、なんと恥ずべき情報が海外流出(@あたりまえだっつーの)
国際観光都市なんかじゃないどこぞの地元民だけ相手にしたような商売の露天商が劇物入り小龍包を人様に食わせてた自国民に食わせてた
毒入り歯磨き粉輸出してた、人殺し風邪薬も輸出してたし、発ガン性餌養殖うなぎも輸出してた
アメリカ牛顔負けのダーティー・フードボム
「食の国際テロやぁ~」 by 彦摩呂

北京オリンピックに行く人は旅行日程分の飲料水と食料を必ず持参しないと本国帰国時に2週間の隔離と検疫を受けてもらいます
なんて話になれば落ちる外貨も落ちないし、わざわざ政治的ボイコットなんてされなくてもガラガラのスタジアムで「動員された」アジア人だけしか見かけることもなく仕方ないから金将軍に美女軍団のマスゲームでもやってもらうしかないってことになりかねない

ここで思いつくのは爆風消火の手法
北京テレビのプロデューサーを公安に拘束させて番組ひとつふっ飛ばせば、「アレはうそぴょ-ん、中国よいとこ一度はおいで。肉まん美味いし、チャイナドレスはいやらしい。」っても一回仕切り直しを狙う

これってアレか?
自民党の仕掛けた『永田メール』
中国共産党支配の公安部は日本研究に余念がない

「お中華共産クオリティ」ってのは「小泉"以降"安倍自民党クオリティ」に相通じるものがあるもの哀しさ
ほんと笑うに笑えません


   また、「あるある」にダマされた。 また、「あるある」にダマされた。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/1230-4f7b386a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。