ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みのもんた、逃亡中。 @高級そうなコートを羽織って財政破綻の夕張市民に向かって「オマイラの所為だ」と叱責する天下無双の勘違い男はまたもや子分に謝罪させる

みのもんた終了のお知らせは安倍晋三の支持率と反比例してボリュームを増していくようで目出鯛
tips
<朝ズバッ!>7日放送で改めて謝罪
 NHKと民放による第三者機関「放送倫理・番組向上機構」の放送倫理検証委員会に放送倫理違反を指摘されたTBSの情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」は7日、柴田秀一アナが夏休み中の司会者・みのもんたさんの「反省すべき点を踏まえ、よりよい『朝ズバッ!』を作ることにまい進したい」とのコメントを読み上げた。
8月7日10時26分配信 毎日新聞

また子分に謝らせたようだ
夏休み? ていのいい逃亡じゃね

なんか「反省すべきは反省し‥‥。」って安倍晋三の参院選大惨敗首相居座り辞任拒否のコメントと酷似
反省してないヤツの決まり口上ってやつですな
「反省すべき点ってのは何か」と明確に言ってから口にする言葉なんだけどさ
受け手の思い込みと、無反省を気取られたくないものの考えの違いの齟齬を狙う実に卑しい手口だといま一度認識をすべしだ
安倍晋三も、みのもんたも卑しさは同類。

ことの経緯は微笑ましいばかりの産経が粘着
もしかしてアベマンセー主導権争い?
tips
みのもんた、捏造報道疑惑を完全無視!「朝ズバッ!」で説明なし
 TBSの人気情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」で、不二家特集をめぐる捏造疑惑が浮上してから一夜明けた29日、同番組は通常通り午前5時半から3時間、放送されたが、疑惑についての説明は一切なかった。
 司会のみのもんた(62)はピンクのシャツに白のジャケット、グレーのスラックス姿で登場。新聞の一面記事を並べた「一面ざっと見」をはじめ、「芸能面ひろい読み」「朝ズバッ!630」「朝刊キョーミ新新」などのコーナーで、新聞記事を紹介した。
 千葉県市川市で起きた英国人女性殺害事件で市橋達也容疑者(28)が逃走したことについて「180センチの男がえんじのセーターを着て裸足で逃げ回っているのに、なぜ日本の警察は捕まえられないのか!」と“みの節”をサク烈させるなど“舌好調”だった。
 しかし、スポーツ紙や一般紙の社会面を紹介する際、「朝ズバッ!」の捏造疑惑を報じる記事が掲載されていない紙面の記事を取り上げるなど、徹底して「疑惑」については避け、言及もしなかった。
 同番組は1月22日放送の不二家特集で、神奈川県の平塚工場が賞味期限切れチョコレートを出荷先から回収。包装を外してチョコを溶かし、牛乳を混ぜて再出荷しているなどと報道した。
 TBSは28日の会見で「断じて捏造ではない」と明言する一方、「回収」については裏付け取材が十分でなかったと釈明。「牛乳混入」についても「正確性を欠いた」と誤りを認めていた。

iza 03/30 08:07

ヤマザキにもっていかれたペコちゃん拉致強姦事件は、森永製菓の思惑通りには行かなかったようで何より。
あ、アベサンのオクサンのご実家ですかそーですか。
惜しかったですね。
tips
「朝ズバッ!」訂正放送も見苦しい、「番組の信頼性損なう」問われる自浄能力
 NHKと民放で組織する「放送倫理・番組向上機構」(BPO)の放送倫理検証委員会(川端和治委員長)は6日、TBS系の情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」による不二家報道について、「重大な放送倫理上の問題があった」として、改善を求める見解を発表した。関西テレビの捏造(ねつぞう)問題を機に今年5月に発足した同委員会が初めて審理したケースとなる。
 問題となったのは今年1月、不二家の平塚工場の元従業員とされる匿名女性の証言をもとに「賞味期限切れのチョコレートを集め、牛乳を混ぜて新しい製品とし、再出荷した」などとした報道。
 委員会ではTBSから提出された取材テープなどを検証。証言者の存在自体は捏造ではなく、証言内容も「信じるに足る相応の根拠が存在した」と認定したが、元従業員の証言を14分半しか撮影していないことや、もう一人の通報者を電話取材した際のやりとりを書いたメモを紛失するなど、取材がずさんだったことを指摘した。
 また、証言内容の時期や伝聞・実体験の違いを明らかにしなかった編集方法、司会者が根拠の薄弱なまま「廃業してもらいたい」「異物じゃなくて汚物」などと断罪的なコメントをしたことは「放送倫理上、見逃すことができない落ち度」だとした。
 この報道に関しては、不二家から抗議を受けたTBSが4月に「おわび」番組を放送し、「行きすぎた表現やコメントがあった」と謝罪したが、委員会は、このおわび番組についても、放送から3カ月もたっていることや、司会者の言葉に訂正やおわびが一切なかった点などを問題視。「番組の信頼性を、みずから損ねる結果になっている」と結論づけ、不適切な報道は「個人的資質に帰すべき事柄ではなく、番組制作体制そのものが内包する深刻な欠陥」として、「番組はもっとちゃんと作るべきだ」と強い調子で非難した。
 さらに委員会は、期限切れ製品の再利用があったかどうかが解明されていない点にもふれ、「TBSと関係者が真実の解明に取り組み、視聴者と一般消費者に対する責任を果たすよう、強く訴えておきたい」と提言した。
                  ◇
 TBSのコメント「『見解』では、内部告発者が存在し、発言も存在していたこと、その発言に放送に値する真実性があると判断したことにはそれなりの合理性があったこと、放送の時点で通報者の発言を信じ、放送すると判断したことにはそれなりの根拠が存在したこと、などの点が評価されている。他方、撮影取材の時間が短く、通報者の発言内容を正確に伝えられなかったこと、時期特定の曖昧(あいまい)さ、不正確なイラスト、断定的コメントなどが指摘された。今回の見解を受け、さらに改善のための取り組みを進めていきたい」
                  ◇
 ◇放送倫理検証委が指摘したTBS「朝ズバッ!」の問題点
【取材調査上の問題点】
 ・内部告発者に対する撮影取材が短く、質問が意味不明のところもある
 ・通報者や不二家広報とのやりとりを記したメモを紛失する不注意は責められるべきだ
 ・内部告発を取り扱う場合に、日替わりの制作環境がふさわしいか疑問。それを許容してきたTBS経営陣にも問題
 ・広報窓口に頼った取材では事実に肉薄できない。番組スタッフが地をはうような取材を十分に経験していない
【VTR編集上の問題点】
 ・ディレクターがクッキーの商品名とチョコレートを誤解したまま編集した。制作幹部も立ち会い、発言内容を正確に反映・要約すべきだった
【スタジオ演出上の問題点】
 ・番組制作者に、「伝聞に関する発言」と「直接目撃したことに関する発言」の証拠価値の違いについての理解がなかった
 ・みのもんた氏の「廃業してもらいたい」発言で、みの氏は「激励の思いも込めた」とするが、口調や表情からはくみ取れない
【「おわび」番組の問題点】
 ・みのもんた氏の発言に訂正やおわびに類する言葉はない。「廃業」「汚物」と強い口調で語っていた点にも撤回や訂正や謝罪を行わず、「スタジオのお菓子は全部不二家にします」といった「すり寄り」「恭順」の発言で、訂正とおわびの範囲をあいまいにした
 ・訂正やおわびの放送をするまで3カ月も要し、内容にも見苦しさとあいまいさがあり、番組の全体的な信頼性を損なった

iza

強かに立ち振る舞うと言うよりも露骨な擦り寄りを見せる電波芸者筆頭格。
小泉"以降"安倍政権に確信犯的に擦り寄ったんだから泥舟・安晋丸と一蓮托生沈んでくれや
ギネスブック申請の電波ジャックも当人の人気でもなんでもなく、なんのことはない政治権力との悪魔の契約かと思うと本当に情けなくなるやね

そういえばニッコクとかいうみのもんたが経営している水道会社は談合の常連だと言う噂がネットを席巻してるけど、権力の後ろ盾がなくなってどうなるのかとても見ものだな
捕まる覚悟でもう相当稼いだことだろうから、収入途絶えても夕張再訪問してバリッと肩の張り出した高級そうなコートで生活に喘ぐ夕張市民をまたお高いところから叱責して見せてくれや


   NSCAパーソナルトレーナーのための基礎知識 NSCAパーソナルトレーナーのための基礎知識 / 福永 哲夫(森永製菓健康事業部)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/1262-0b7f0619
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。