ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の夏休みは安上がりに @稲毛のプールに行ってきました

猛暑越え酷暑に家族旅行はもちっといい季節の秋に譲って、生命維持装置から一歩も出ずに穴熊蟄居の今年の夏
せめてもの夏休みの思い出にと近郊のプールへ出かけようなどと考えていたら、酷暑ウィーク過ぎたら曇天雨天の週間予報
お天気までもがデジタルな日本に成り下がったか?w

で、意を決して小雨降る中、稲毛海浜公園プールへ向かいました8/31(金)
どうせ濡れるんだし、子供は愉しむんだろうから、孫とのひと時を楽しみにしている義母の居場所だけ確保できればなんとかなるさ

9時半過ぎに到着したときには結構いい降りでめげそうになるが、屋内プールのベンチが確保できれば雨風凌げる(一体何しに行くんだか)
案の定ガラガラに空いていて、15年位前に初めて行った浦安のディズニーランドが暴風雨の中で乗りたい放題だったのを思い出した
混んでるところは大っ嫌いな性分なのでそれもまた由

プール敷地の外周沿いに幌つきのベンチがぐるっとあり数箇所あいてたので居場所を確保
そのころには雨はすっかり上がっていた
曇り空とは言え暑くなく寒くなくいい按配
1週間前だったら水の中にいないと息苦しいことだったかと思うと、自分にも義母にも良かったのではないかと
そもそも宣材写真が「芋洗い」になっていたので空いてて気持ちいーのなんのって
駐車場もいっぱいになると前評判だったが入り口至近に停められて、さすがに「こんな日に来るヤツ」の気が知れないまさしくそのこんなヤツでした

流れるプール愛好家としては流れられれば満足なのだが、子供構いの一興として直線段差スライダーを一緒に滑ろうとしたのが運の尽き
圧倒的な万有引力のお導きでぶっちぎってやろうとしたらなんとぜんぜん滑らない
勾配部分で滑らない上に段段部分は足漕ぎ状態
何が原因だか皆目見当がつかない
緩んだ贅肉のハイグリップ化か、ダウンフォースの影響か?
あの手のスライダーはツタンカーメン状の滑走姿勢が一番早いのだが「寝すべり禁止」の貼り紙があって遠慮してたものの、その寝すべりをしても一向に滑らないどころか余計に動かない
もはや立って歩こうかとも思ったがさすがに安全上、監視員に迷惑かけるわけにも行かずほとんどを足漕ぎ状態で最後まで進む
しかも長ーい直線スライダー(泣)
お蔭で筋肉痛に呼吸困難、立ち眩み。
空いてて後ろに並んでいる人いなかったとは言え、この所業はトラウマになりかねないほどのものであった

そして最後まで納得行かなかったのだが、体の大小に関わらず、小さな女の子でも同じように進まない子と、かなりの勢いで滑り降りる子がいる
重さではないのか?
最初傍で見ていたときはてっきり足を開いて減速しているものとばかり思っていたが、どうもそうでもないらしい
やんちゃそうな男の子でも人によってぜんぜん違う
最後まで理解できなかった
あとは息子とかみさんに任せる @親ぢ退却ぅ~

流れるプール愛好家としては肝心の流れ具合にて寸評。
流れる勢いはかなり弱い類と思われる
よく見かける排水口近くのホットスポットも分からない程度
緩急を愉しむ向きには物足りないであろう
水底の塗装色のせいかパッと見の水の綺麗さが感じられなかったことが残念だ
そもそも流れるプール自体、吸排水循環だろうから多少のフィルタリングぐらいしているものと思われるが、最近の新自由主義傾向の公営プールへのしわ寄せの影響にも一抹の不安を抱える
なんせ9/2(日)までの営業で残り3日なわけだし。。。
贅沢は言わないがほかのところのように半額サービス期間にしてもらいたいものだ
ちなみに大人は1100円
見学者も入場料として同額しっかり取られます

1周295m
10-15分くらいか(計測なんかしてませんってば)
個人的には長くて変化のあるところが好きだが、とにかく空いていたからヨシとする
公式HPのムービーのような状態だったら絶対に帰ってきただろうゾンビの行進。

水深1.0mは浅い気もするが子供にはちょうどいいだろう
ちょっと気になった給水口は「旬のテーマ」のためかしっかりと塞がれていた‥‥と思う。(笑)

食事は持参持ち込み可能
但しビンカン類は危険物扱いになるのでNG
ま、プールだし配慮は必要だ
義母のおにぎりを頬張りレストランはご厄介にならなかった
なお定番であるアメリカンドッグを所望したが、1本250円にかみさんはお怒りだった
プライスだけはリゾート気分なのかもしれない

スライダーは全部で5本‥‥って書こうと思ったが冒頭リンクで詳細情報あるからいいか。

雨も上がって午前中は「ジリ」ひとつくらいか
1回だけ「ジリジリ」ときたが、暑くもなく眩しくもなく直射日光でひっくり返っているのが心地よい
ところがUVケアは曇天の恐ろしさ
帰ってきたら家族全員まっかっか
シーブリーズ大量消費の刑。

「夏眠」に慣れたひ弱な体は5日経っても赤黒いままそろそろ皮も向け始めた模様
慣れないお肌は日焼け止めが必要なれど、水質管理にうるさいので日焼け止めを落してからでないと水に入れてもらえません
そういう感覚は公共のマナーとして好感できる

造波プールはこれまた浅いのだが、去年サマーランドで大泣きしていた下の小僧がプール通いの成果か独りではしゃぎ捲っていた
15時台を最後に1時間に15分間だけ波を立てていた模様
最初は手をつないでいたがそっと手を離して1mくらい離れて見ていてやったら波にあわせてジャンプができる自分に嬉しいのか得意満面
次回以降は安心してかみさんにバトンタッチ
ちなみに浮き物ボール、マットほか浮き輪もNGなのでプールサイドに。

今回、自称「流れ者」の秘密兵器『ソファータイプフローター』を導入
これがすこぶる上機嫌
すっかりハマッテくれるもんだから寝ちまいましたよ

バータイプのようにバランスとりに必死にならず
浮き輪よりもスマートに
マットのように干上がることなく半身水に浸かってられるし
ちょうどファーストクラスのリクライニングシートみたいな感じか
‥‥ビニールだけど。
厚手のビニールもしっかりしてて安心感もグッドでし

ま、何よりも空いてたことが満足度最大でしたね
ほぼ徹夜開けだったこともあり「2時には帰るぞ」とか言ってたんですが、子供の浮かれ具合にほだされて結局5時の終了近くまでいちゃいました

また行く機会があったなら天気の悪い平日狙いだな(笑)
天気予報眺めながら思い立ったら出立すると。
1時間かかるかかからないかでいけちゃう距離だからその辺の気は使わなくていいし
立川の昭和記念公園のプールを昨年から狙ってたんですが、平日渋滞の都心を抜けていくことと天気で外された場合のリカバリを考えて、今回は稲毛にして正解でした
海沿いの方が天気は持ったようでしたし(@都内内陸のドス黒い雲)
そういえば「稲毛の浜」にも出入り自由(再入場可)なので一応海水浴もできます
東京湾だけど
波打ち際ではしゃいでましたよ

たった一日でマックロ健康家族の出来上がりは一応親父の務め果たせたのかな?
子供に取っちゃどこでもいいってことね(笑)



   ソファタイプフローター ソファタイプフローター

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/1299-5b42d05e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。