ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【沖縄玉砕=歴史改竄現在進行形】 ムキになって「なかったこと」にする権力者のあり方に危機感最大 @微力ながら‥‥精神的に‥‥、ナノレベルでも「平和の糧」になれば幸いだ

5万人見込みと言っていたが12万人ですか(@主催者発表)
コレはまさしく『アベシンゾーの成果』(爆)
強行採決、国家主義、無闇やたらの暴走政治を「実績」だなんていまだに言ってる大馬鹿者
参院選大敗の国民の怒りはいまだ届かず福田自民党しがみつき時間引き延ばし延命政権
福田も反省猿なら小泉安倍晋三路線の「訣別」じゃなくって「否定」した上で全部修正しろ!
tips
意見撤回求め12万人集会=知事「軍は関与」-集団自決の教科書検定問題・沖縄
 高校日本史の教科書検定意見で沖縄戦の集団自決に日本軍の強制があったとする記述が削除された問題で、検定意見の撤回を求める県民大会が29日、沖縄県宜野湾市の海浜公園で開かれた。会場周辺も含め、約12万人(主催者発表)が参加した。仲井真弘多知事は「軍の関与は隠せない事実」と強調。高校生や沖縄戦の生存者も壇上で抗議の声を上げた。
 県内の集会では、1995年の米兵による少女暴行事件に抗議した大会を上回る規模。3月に検定意見の内容が明らかになった後、見直しを迫る機運が高まっていた。

9月29日17時31分配信 時事通信

ま、主催者発表ってのは主催者発表であって主催者発表でしかないから、目くじら立てずにそこんとこヨロシク(笑)
客観的には4-5万人と言ったところだった模様で、主催者発表は既に常人の致死量超えたアドレナリンが織り成す『怒りのボルテージ』と言う理解でいいでしょう
鼻血ブーーーッだと。

ま、正直「やり過ぎ」はいかんよって気持ちもなきにしもアラジンと魔法のランプ
科学的根拠なんていうとそこまで即物的なという言い分もわかるけど、結局対立軸に相当する勢力側との論点のひとつとしての南京大虐殺の無限増殖する数字と同じ扱いにされてしまう脇の甘さ
それとは違うって言っても同じメンタリティで括られると思うし、やっぱ同じだよ
そういうことを逆手にとって「なかったことにしたい連中」の思う壺
厳に慎むべし
せめて「野鳥の会調べ」くらいにした方がいいかもとしばし忠告

で、「なかったことにしたい連中」の異様なる執念に嫌悪感とともに危機感さえ増していくんだけど、よくもまーあの時代背景をしてそんなこと言えるもんだと。
だから「ああいう時代が心地いい連中の言うこと」って真ん中のヒトからも見られる反面教師
両極端は一致する不思議を是非数学的に証明して欲しいトポロジー幾何学
聞いててわけわかんないねって話です

沖縄には行ったことがないけれど追い詰められた時の狂った状況に置かれつづけて狂っていった軍人が何をするのかは容易に想像できる
戦争美化の連中が自虐史観だとかのたまいながら自虐的に事実隠蔽歴史改竄に走る自爆テロ、『THE FACT』の結末。
あったことをなかったことに、なかったことをあったことにしたい連中の足掻き具合
そこまでムキになって歴史の闇に葬りたいその行動自体がもはや自虐的

あったのかなかったのかといえばあったんだろうなと思う
南京での出来事も同様だ
数字を上積みして挑発してくる連中に乗せられて完全否定してドツボに嵌まる

歴史の事実を捻じ曲げたい連中との共通項は?
なぜそこまでして大日本帝国軍部の名誉回復に血道を上げるのか?
最高司令官である天皇の戦争責任への火壁のつもりの臆病なキツネリスだからか?
その「分別忘れた形相」が、現代においても国粋復古主義者の危なさを増させているとも気付かずに
汚名を着せられたと思っているからだろう
日本民族としての名誉を傷つけられていると感じているからだろう

つまりは「民間人非戦闘員を守ることもせずに軍人優先で防空壕の中で日本人を犠牲にして生き延びようとした行為」を日本人として最も恥ずべき行為だと言うことを認めていることに他ならない

この点を糾弾している者たちは、「もう二度とあのような悲惨な戦争状態に、日本の国を追い込まないで欲しい」と言う想いから過去の忌まわしき状況を構成に語り継ぐ決心をしているのだ

そして「もう二度と民間人非戦闘員まで巻き込んだ戦争など起こさせない」とあの歴史の事実を恥ずべきものだと思っている者は明言し結束すればいいことだ
「集団自決は仕方なかったことだ」
「お国のために死になさい」
「国体維持には戦争は必要不可避だ」
「天皇陛下万歳」
「戦争は1億総玉砕で望むべし」
その心根は結局またあの忌まわしき戦争状態を作り上げる近道でしかないから、また戦争をしたい連中の声としかとられない

なかったことにしてまで必死になって否定したがるような日本人として恥ずべき「あの状況」を作らせない別の方策を示すことが、こんなものをイデオロギーだか言論思想だかと勘違いして自らのレーゾンデートル(存在理由)のように粘着することよりずっと未来志向のあるべき姿ではないかと思う
「過去の恥ずべき仮初めの姿」を払拭し、自らが標榜する「毅然と潔い日本人像」を追い求めればいいだけのことだろう

自らと周囲のことは放っぽり出して、他人のことにばかり粘着するから余計にあるべき姿から遠退いてはいまいか?
だから居丈高に権力を行使すればするほどに平和に対する危機感ばかりを煽り立てる『THE FACT』の顛末。
ところでアレは誰か総括したのかな?

認めた上で過去を反省し「狂っていく状況を作り出さない」ところから始めようとしないから潔さの微塵も感じさせぬ美しい大日本帝国史観の連中の破廉恥さ
そういう連中の存在自体が軍備をもつ資格をいつまでも克ち得ない最大原因だと知れ!

ビルマ(軍事政権命名ミャンマー)の発砲もそうだけど、上官の命令なしには発砲してはいけないのが命令絶対の世界の一兵卒。
命令なしに発砲したと言うのであれば「狂った兵士」をそのまま投入した武装組織の不適格判断
綱紀粛正の問題
そして超法規的措置なんかは絶対許さない

「悪い兵隊はいない
  いるのは悪い指揮官だ」

狂った状況を作り出すのは上層部
戦争を作り出すのはその国の為政者
宗教観やイデオロギー、軍隊教育洗脳手法
なんでも利用し投入する

そして狂った「生殺与奪」のサバイバル・フィールドに
「適応」させられる元人間
最初から狂った凶人、素養を持った危ない人間を
道徳も人間性も
さらには法の秩序さえ及ばない状況下に置きつづけ
住民虐殺を許したのは現場指揮官の状況判断
否定されない「1億総玉砕」の大本営スローガン
それを容易に許してしまうのも戦争と言う異常状態。

現場を省みない上意下達のピラミッド
戦争なんかに理解を示してはいけない
「しかたない」の無限スパイラルに陥れるための「罠」
「状況」を作り出せる者達が仕掛ける罠
戦争を望んでいるのは戦地では決して死なない一握りの者
無慈悲な力が法秩序をすべて無力化する世界
tips
一行で歴史変わる=広場埋める参加者「軍命あった」「真実伝えて」-沖縄県民大会
 沖縄戦での集団自決をめぐる教科書検定意見の撤回を求めた県民大会。会場となった宜野湾市海浜公園は29日、約10万人が炎天下の中、会場をびっしりと埋めた。約2万人は広場に入れないほど。「一行変われば歴史が変わる」「軍命あったのは確か」。参加者からは検定意見に対する批判の声が上がった。
 那覇市の女子高校生(18)は友人と一緒に、同級生の母親の車で会場に来た。「一行変わるだけでも大きく歴史は変わる。真実を伝えていかないといけない」と話した。
 会場近くに住む高校3年の女子生徒(18)は「本土の人は、沖縄は海がきれいで空が青いとしか思っていないかもしれない。沖縄戦があり戦後も問題がある。戦争は二度としてほしくない」と真剣なまなざしで訴えた。

9月29日19時1分配信 時事通信

遠い内地でできることは少ないが、精神的に支持する事だけは表明してみたい
そんなナノレベルでも平和の糧になれば幸いだ


   母の遺したもの―沖縄・座間味島「集団自決」の新しい証言 母の遺したもの―沖縄・座間味島「集団自決」の新しい証言

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/1339-a5ffb3a1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。