ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マインド・ニュートライゼーション2007 @日本一だって言い張るだけのことはあるようだやねの日本平

お部屋の窓から

20071014121401.jpg



音がしないのよ
下界の音が。

東名だってすぐ近くを走っているのに

いい感じの風が「上がってくる」音だけ
パラグライダーのテイクオフで風待ちしながらウキウキしていた頃のことを思い出す


「鈴鹿に行こう」で始まった今年の旅行計画
一気走りはドライバー殺しだと「前泊」として学生時代から名前だけ憧れて未踏の地であった日本平を指名
「憧れ」といっても一生懸命峠通いの時代の話で、日本平パークウェイのくねくね道への憧れでしかないのだけれど。
素晴らしき箱根・伊豆の連続コーナーのわくわくを大きく通り越してここまでくるのが億劫だった
深夜到着でも頑張ってた地元民が数台いらっしゃったようですが。。。
とりあえず未踏の地に足を踏み入れなんとなくの達成感で自己満足(笑)

そんな感じなのでプランニングはかみさんに任せていたのだが、ホテルのお庭はドラマ「華麗なる一族」のロケ現場だったりするらしい
ロビーの傍らには台本やらサインやら雑誌の切抜きやらが飾られていた
わきガxxらしいキムタクとかいうのはサインさえも残してなかったセルフ別格扱い (藁藁藁

お庭の景色の素晴らしさからすればそんなのどうでもいいんだけどね
ドラマのタイトルからは最も似つかわしくない一族としては。(笑)
大体ドラマも見てないし
素晴らしいものは「誰にとっても」素晴らしいのでした

もうひとつ素晴らしかったのはホテルのホスピタリティ
最近どこのホテルに泊まっても、合理化が先に立つ匂いがしてならない
もちろんマイケルジャクソンみたいなスゥィートにでも金出せば扱いも違ってくるのは「当たり前」だが、そんな当たり前に金出して幸せは感じないってのがうちの主義

どこと言っても野暮なのだが、とにかく接客から随所細かなところに至るまで心配りがされている感じがひしひしと伝わってくるのが嬉しかった

「贅」という点ではハード面は少々くたびれてるし、部屋や内装は綺麗だったものの、外風呂もアララというほど小さいのが玉に瑕だが、なぜかそんなことを含んで満足させてくれちゃったのは感謝さえ感じる

ちなみにもうすぐ建て替えるんだそうだ
また外資なのかと思ったがそうではないらしく、こちらもあまり野暮なことまで立ち入る気にもならなかった
ハゲタカどもに安く買い叩かれなかったというのであればそれでいい
7階建てになるらしい(現4階建て)

ロケーションに驕らず、
新しいハードに昂ぶらず、
いまのもてなしの心を見失わずにいて欲しいと
久しぶりにホテルマンの心意気のようなものを感じた




命の洗濯。
滑り出しとしては十分満足


   1000ピース 日本平よりの富士 11-059 1000ピース 日本平よりの富士 11-059

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/1345-f9f2194c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。