ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやく海上自衛隊の皆さんが帰ってきます @小泉政府に騙されたアメリカ戦争支援から日本国民を守る本来任務に原隊復帰

お疲れ様です
早く帰ってらっしゃい

自衛隊は『"日本国民を"守る誇りと気概』に徹してください
日本の領土領海の自陣防衛に集中してください

隷米売国自民党政府の下では「納得いかない命令」にも背けないわけですから、民意が皆さんを国土防衛の本来任務に復帰させたいと思います
国際協力なんて「口車」に乗って、大事な防衛力を世界中に分散浪費なんかさせません
『"日本国民を"守る誇りと気概』に徹してくれるのであれば、「計画的誤爆」の無差別民間人殺害作戦のアメリカ支援なんかさせません
国際協力のための人殺しなんかさせません
tips
<海自補給艦>「最後」の洋上給油
 【アラビア海北部・高橋宗男】海上自衛隊の補給艦「ときわ」は29日午後(日本時間同日夜)、中東のアラビア海北部で、米国が主導する「対テロ戦争」の有志連合国の艦艇に対し、最後となる見通しの洋上給油を実施した。海上自衛隊は01年12月からインド洋で補給活動を続け、今回を含めこれまでに11カ国の艦船に794回、計約49万キロリットルの給油を実施。テロ対策特別措置法が11月1日に期限切れを迎えるため、新法の成立まで中断されることが確実な情勢となっている。
 「ときわ」と護衛艦「きりさめ」は10月29日、アラビア海周辺国の補給港から同海洋上に向かい、給油ポイントでは40メートル間隔で並走しながら2時間かけてパキスタンの駆逐艦に燃料や水を補給した。「ときわ」は5回目、「きりさめ」は3回目の派遣。補給作業が始まるとパキスタン艦船から手旗信号で「また会いましょう」とのメッセージが送られ、離れる際には同艦から「君が代」が流された。
 給油活動を指揮した尾島義貴・第6護衛隊司令は「各国元首からの評価もあり、我々の活動が間違っていなかったと感じている」と自負を示した。さらに「この海域は日本のエネルギー確保にかかわる重要なルート。ここに日本の自衛艦が存在することは重要だと思う」と強調した。
 給油ポイントは非戦闘地域にあたるが、補給活動はテロの標的となる可能性がある。このため報道陣に対して、補給活動の終了後に報道することや、関係国の意向を踏まえ補給港を特定しないなどの制限が課せられた。
 約6年にわたった補給活動の中断は国際テロ包囲網から日本が一時的にせよ離脱することを意味する。政府は10月17日、補給活動を継続するための新テロ特措法案を閣議決定し、国会に提出したが、活動継続には新法の成立、施行が必要だ。その見通しは立っておらず、乗員計約330人を乗せた「ときわ」「きりさめ」の両艦は現行法の期限切れ直後にも日本に向け現地を出発する見通し。

10月30日1時3分配信 毎日新聞

もう行かなくていいよ
『政府の尻拭い』になんかに。
tips
<海自給油>石破防衛相が1日撤退命令 テロ特措法失効で
 石破茂防衛相は1日、インド洋で給油活動を行ってきた海上自衛隊の補給艦「ときわ」と護衛艦「きりさめ」を指揮する護衛隊司令に撤退命令を出す。現行のテロ対策特別措置法が2日午前0時に失効するのにともなう措置。活動再開のためには根拠法となる新テロ措置法案の成立が必要だが、参院第1党の民主党が反対姿勢を崩しておらず、成立のメドは立っていない。
 海自のインド洋での給油活動は01年12月から約6年間続き、11カ国の艦船に計794回、約49万キロリットルの燃料を提供してきた。
 「ときわ」などはテロ特措法の失効とともに日本に向け出発。約3週間後に帰国する予定。【古本陽荘】

10月30日18時59分配信 毎日新聞

ちなみにここは「撤収」でいいと思うんだけど。。。
小泉+ぬかがのアレに比べれば
国連でのアレはあったけど、こっちの場合は政府の話。
世界に曝した恥ずかしい話

現場に責任押し付けて『対日本国民情報改竄隠蔽作戦』「敗戦」した防衛省上層部および自民党政府防衛大臣的にはまさしく「撤退」ですね
なかなか深いよ(笑)

現場は誇りを持って引き揚げるべし
そのままじっくりとお休みなさい
本当は「仕事がないのが(みんなにとって)一番の」
目立たず、静かに「備えていて欲しい人たち」よ


  ◆そこにある風景は、そこにあるべき風景なのでしょうか? @ミサイル防衛要綱閣議決定の悪巧み

戦争したがっているのはいつの時代もダメな指揮官
自分は死なないと思っている防空指揮所の一番奥でふんぞり返っている連中
「国民を」味方につけ、「国民を」守る
専守防衛の誇りと気概は、
思ったよりも伝わってると思うぞ
自ら「外に出ない」と誓うのであれば。

軍事的には愚かな戦略と窘められようが
先に踏み込んで、先に手を出す人殺しよりは
ずっと胸張っていられるもんだ
覚悟の上の専守防衛
しっぺ返しは痛いぞと

さあさ早く帰って来い
家族の笑顔が待っている
情報改竄隠蔽工作は、市ヶ谷上層部と自民党政府の指令だろ
口裏あわせの上意下達
命令拒否もできない世界
そんな世界から早く帰って来い


あとは空自か。

もう一息
小泉時代の塗りつぶし消去


   我、自衛隊を愛す故に、憲法9条を守る―防衛省元幹部3人の志 我、自衛隊を愛す故に、憲法9条を守る―防衛省元幹部3人の志

コメント

戦争したがっているのはいつの時代もダメな指揮官
自分は死なないと思っている防空指揮所の一番奥でふんぞり返っている連中
仰る通りですね。
戦争を公共工事のように、賄賂を懐に入れるチャンスと心得ている、不届きな政治かも居るかもね

  • 2007/11/02(金) 21:29:59===
  • URL===
  • written by わこ
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/1374-7222318d

原発を考える(中)

―地震と原発事故がもたらす 報道の二つの流れ(1)― 原発を考えるとき、ウラン採掘による鉱山労働者の被爆から原発稼動による地域への放射能汚染まで、様々な環境破壊を続けていることを考慮に入れる必要がある。 原発による被害者(自分とは遠い存在に思える

  • 2007/11/02(金) 16:30:33===
  • 関係性
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。