ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸の敵きを長崎で討つ いや、一宿一飯『鳩の恩返し』 @鳩山邦夫は来日中のゲイツ国防長官を確保せよ!

「天ぷら」と言う俗語は「衣ばかりで中身がスカスカ」って言う意味で使ったりするんだが、東大主席(らしい)『筆記試験専門パズル脳』なんて所詮はそんなもんで人間的にはアフォの括りか

で、鳩山邦夫!
今こそ「天ぷらの借り」を返せ!
ゲーツが来てるぞ
「いつぞやは、、、ごっそさんでしたぁっ」って。
ペンタゴンに接待漬けの若き日々。
tips
<福田首相>ゲーツ米国防長官と会談
 福田康夫首相は8日、首相官邸で、米国のゲーツ国防長官と会談し、海上自衛隊によるインド洋での給油活動再開に向けて最大限努力する考えを表明した。今月中旬の初訪米を控え、日米同盟の重要性を再確認する狙いがある。国防長官はこれに前後して高村正彦外相、石破茂防衛相、町村信孝官房長官とも会談した。米国防長官の来日は03年11月のラムズフェルド氏以来4年ぶり。
 会談で、首相は、海自の給油活動中断について「早期再開に向け最大限努力している」と述べ、新テロ対策特措法案の今国会成立に全力を尽くす考えを表明。国防長官は早期再開に向けた日本政府の努力を評価した。また、首相は対アジア外交を積極的に推進する方針を説明し、国防長官は「米国としても日米で協力しながらアジア外交を進める」と応じた。
 一方、防衛相との会談で、国防長官は、在沖縄米普天間飛行場の移設問題に「交渉通り履行されるべきだ」と言及し、昨年5月の日米合意案の確実な実施を求めた。自衛隊海外派遣の恒久法制定の必要性も議論になったという。国防長官は会談後の共同会見で「(日本は)世界で最も金持ちなメジャー国として、それに見合う役割を果たしてほしい」と指摘した。
 外相との会談では、来年3月に期限切れを迎える在日米軍駐留経費負担(思いやり予算)の特別協定改定について、双方が月内決着に向けて努力することを確認。外務・防衛担当閣僚による日米安全保障協議委員会(2プラス2)の早期開催を目指し調整を進めることでも一致した。また、米国による北朝鮮のテロ支援国家指定解除問題では、外相が拉致問題の解決を前提とするよう要請。国防長官は「日本の立場については知っている」と述べるにとどめた。【田所柳子】
 ◇具体論避け友好ムード演出に腐心
 初来日したゲーツ米国防長官は8日、福田康夫首相をはじめ高村正彦外相、石破茂防衛相らと次々に会談した。インド洋での海上自衛隊の給油活動中断、在日米軍駐留経費負担(思いやり予算)減額など難問山積の中、初の首相訪米を約1週間後に控え、メーンは「日米同盟の強化」など大局的な話題ばかり。懸案事項は一通り触れたものの具体論を避け、日米双方が友好ムード演出に腐心する様子がうかがえた。
 「普天間について向こうから何か出るかなと思ったら、出なかった」。高村外相はゲーツ国防長官と会談後、記者団にほっとした表情を見せた。
 沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)移設問題は、米軍再編の中でも最大の懸案。政府は7日に約10カ月ぶりで地元自治体と建設計画などについて話し合う協議会を開いたが、県側は改めて政府案の修正を要求。政府と県側の主張の隔たりは埋まっていない。
 この日、ゲーツ長官の「配慮」は、随所に見られた。給油再開時期について、長官が1日の会見で述べた「数週間以内に再開してほしい」との要望は繰り返さず、思いやり予算の具体的減額幅についても、外相の「当面事務レベルに委ねよう」という言葉を受け、あえて触れなかった。
 「ポジティブな面に光を当てよう」「大きな話をしよう」。石破防衛相との日米防衛首脳会談を巡る事前調整で、日米当局間ではこうした会話が繰り返された。守屋武昌前事務次官の接待問題も抱える防衛省。ある幹部は「良いことが何もない。着実に進んでいるミサイル防衛が『唯一の光』だ」と語る。石破防衛相は会談に備え、ゲーツ長官の趣味や近況の調査も指示。懸案の具体論に踏み込めない分、友好関係構築に力点が置かれたようだ。【上野央絵】

11月8日20時48分配信 毎日新聞

なんだかまだまだタカルよう
てめーいいかげんにせーよ
アメリカで稼いでる史上最高益世界一の自動車屋さんに課税しろ!
庶民はもう鼻ぢも出んわ
じゃなきゃ大統領選挙権よこせ!

鳩山邦夫の天ぷらウナギの借りが、ツケが溜まって血税3兆円、給油代240億円ですか。。。
「といち」かい
金融ヤクザ、いやユダヤ的w
鳩山一郎の財産で全額払え
足りなきゃあとはテメーの内臓売って払え
商品価値ゼロか、メタボ内臓
人のことは言えませんが。。。(@自爆)
ところで政治家一族って何であんなにすごい暮らしになるんだ?
政治で忙しいはずなのに。
所得と蓄財のビフォーアフターを検証しろよ
利権と賄賂の不正蓄財。

とりあえずゲイツに天ぷらとウナギ食わせなきゃ、ギャグばっか考えてる宇宙人兄貴に叱られるぞ
完食させて、ひと呼吸おいて
「これで日本の負担はチャラってことで。」と言いなさい

また「ごっそさんでしたぁっ」って言ってたりして。
鳩山邦夫。

阿呆無大臣
tips
アルカイダ発言の鳩山法相 今度は「ペンタゴン接待」告白
鳩山大臣はペンタゴンのスパイだった?
 「わたしの友人の友人が(国際テロ組織の)アルカイダ」と外国人記者クラブで発言し物議をかもした鳩山邦夫法務大臣が、今度は2007年10月31日の衆院法務委員会で、いきなり「委員長!」と手を挙げ、「毎月、アメリカのペンタゴンの情報収集に、食事付きで応じていた」というトンデモ発言をした。これが「米国のスパイだったことを告白!」などと一部マスコミで取り上げられ、騒ぎになっている。
■てんぷらや鰻をペンタゴンからご馳走になった
 トンデモ発言があったのは、07年10月31日の衆院法務委員会で民主党の河村たかし衆議院議員が質問に立った時だった。河村議員は塩尻官房長に対し、防衛駐在官に十分な予算を与えて情報収集力をアップさせるべきではないか、と問いかけた最中、指名もされていないのに突然、鳩山議員が「委員長!」と手を上げた。河村議員は「何ですか!? 」と驚いたが、鳩山議員がマイクに向かって歩いて来るので、「じゃぁ、しゃべってチョ」と発言を促した。
 鳩山議員は、
  「思い出を語りたいんですが…」
と話し始めた。「思い出なんかいいよ!」というヤジが飛んだが、それを振り払い、こう語った。
  「田中角栄先生の私設秘書になったとき、その時に私のような何も知らないペーペーにもですね、毎月ペンタゴンがやってきて、その、食事をご馳走してくれて、大変美味しい食事を毎月ご馳走になっとった。私なんか何もわからなくても、一生懸命色んな事を聞いとりまして、やっぱりアメリカは凄いなと。ペンタゴンなんか、そういう情報収集もの凄いな、という思いでございます」
 河村議員が、
  「食事代は全部ペンタゴンが出したんね?」
と質問すると、
  「あの、何でもいいというので、当時私はお金がありませんから『鰻がいい』『てんぷらがいい』と、いつも言っておりました。私は一円も払ったことがありません」
 河村議員はこの応答を聞いて、吐き捨てるようにこう言った。
  「鳩山議員のように全部ペンタゴンにカネ出してもらとりゃ、日本がどっちの方向に向いているか、全く危ないじゃないですか!」
■実体験を元に日本の情報収集力強化を呼びかけた?
 この発言を受けて07年11月2日付の「夕刊フジ」は、アメリカ国防総省から毎月のように接待を受けていた、とし、「米国の情報収集の協力者(スパイ)だったことを認めたもの」と書いた。田中元首相の表に出ない動向や、心中、プライバシーの情報を与えたのではないか、という疑いだ。
 「2ちゃんねる」にもスレッドが立っていて、
「鳩山何がしたいんだw」「壊れているんじゃないのか?」というカキコミが多いのだが、中には、
  「これはつまり『私は(アルカイダじゃなくて)アメリカのしもべなんですよ』という彼なりのアピールだな」
  「ペンタゴンがてんぷらおごってくれるのかw おもろい。このおっさんと酒飲んでみたいなぁ」
  「このおっさんが総理になったらどんだけ毎日がおもしろいか」
というものもある。また、擁護するものもあり、
  「鳩山は、政界・財界・メディアにおける米国・中国等の工作員の存在を警戒し、日本の機密情報管理を危惧し、日本も他国と同じように海外の情報を収集することに注力すべきであり、多くの予算を盛り込むべきだと述べている」
と、実体験を元に日本の情報収集力強化を呼びかけたのだ、というものもある。
 鳩山大臣の真意はどうなのかと鳩山議員の衆議院議員事務所に取材したところ、
  「担当者は不在で、いつ戻るかはわからない」
ということだった。

11月2日18時29分配信 J-CASTニュース

「友達の友達は、あ。私でした」
訪米したらグアンタナモ往き

鳩山一郎のご親族が金がないって思い出話はぶん殴ってやりたいと思う人が12万人の主催者発表になりそうですが、「壊れ役」って持ち回りなんですか? 自民党内閣。
なんか変なガス嗅がされてンじゃね

我ら庶民は海老の入ってない天ぷらでも食しますか
はぁぁぁぁぁぁ。。。。

肺活量の限界だ。
肺まで出すもんなくなっちまう。。。

   東洋水産 マルちゃん 天ぷらそば 5食パック(×6) 東洋水産 マルちゃん 天ぷらそば 5食パック(×6)

コメント

どうでもいいことですが…

邦夫の親父さんは威一郎、鳩山一郎は爺さんではなかったかと。それと、鳩山家はいわゆる閨閥で政治で私財をなしたわけではないですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/1385-065044b3

植民地下にある日本の姿

昨日の報道ステーションで、米国のゲーツ国防長官来日のニュースが流れた。インド洋での給油活動再開の要請という名目での来日であるが、わざわざ米国の要人がこの時期に来るとは、米国も台所事情が厳しいのだろうか。それとも、覇権国家たる米国の威信にかけても、属国日本

  • 2007/11/10(土) 00:09:57===
  • 現政権に「ノー」!!!

【 ミサイル防衛 】について最新のブログの口コミをまとめると

ミサイル防衛に関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。

  • 2007/11/09(金) 20:15:16===
  • プレサーチ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。