ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまだ!カイサン! 追い風フクダ @いまなら国民は滅亡を望んでます

オオサカ人の選択は選択として承るとして
朝商流が勝った方がまだマシだった気がしてならないんだが。。。
生活苦に苦しむ人が少ない分。

一生懸命キラワレルようにキラワレルように振舞うオザワンの地道な努力も功を奏したのか、小泉ファシズムのような国民幻想も消えていくしかないわけですが、依拠するのはただただ民主主義という健全な国づくりのみを残すこととなるわけです

今後は民主主義をきちんと機能させることからはじめるしかないわけで、とりあえず知事に据えてしまったゲゲゲのハシゲには、さんざんぱら文句つけながらコントロールしていくしかないわけですが、金貸し893の言うことは揉み手でよく聞くが、金のない庶民の声なんか到底聞きそうもないとの事前注意報は多くのオオサカ人にはお気軽にも聞き流されたカトリーナ。
金持ちだけは悠々と逃げるんだろうな

よって持っていくところまでいくしかないという終末思想の悪寒を感じつつ、もはやこれはフフンのフクダにとっては最初にして最大のチャンス到来としか言い様がないのではないかとさえ思う

結局、許し難き『ブリッジ法案』なんてもんを使うということは、これこそまさに『2/3最終兵器の乱用』を早々に宣言しているようなもので、自衛隊海外派兵に引き続き、国会2院制の有名無実かと言う、アクマ小泉からさらに一歩踏込んだ『日本国憲法なし崩し』破廉恥政権の悪名を未来永劫背負い込むことになる自らの晩年汚し

これを回避するには解散総選挙しかないわけだが、ひたすらに拒み先延ばしにするのは自民党の下野がかなりの確率で予想されているからだろう

そんななかのゲゲゲのハシゲの勝利は当初誰も予想をしていなかった現象であり、実は国民の良識良心は既に機能しなくなっているのではないかという

任期低迷のフクダという世論調査も、「なにもしない」「他人事」「安倍のお下がり」というイメージがついてまわる以上、解散総選挙の「禊」(みそぎ)を済ませないことにはすべてがすべて否定されるわけで、とにかくも早いうちの対応が今後の福田康夫の評価に大いに影響するであろう

当然ながら高齢もあり、サミット後などと悠長なことを言っていれば「失地回復」の期間はどんどんどんどん短くなることになる
ましてやサブプライムに始まった「ひたすら誰かに損を押し付けてこそ成り立つ金融資本主義」のサドンデスが連鎖的に日本を襲い、BRICSへの投資が結局アメリカのマネー市場へ投資の形で再流入していてメビウスの輪状態になっている無限増殖、信用創造なんて金貸し銀行業の「存在自体がインチキ」にも関わる逆コースにより、ひたすら邦銀が買い支える事実上のドルペッグ制「対ドルだけ変動しない円相場」で、対ユーロは下がり続け日本の国力は吸血アメリカさまに吸い取られ続けている

そして今か今かといわれてきた「北京オリンピックバブル崩壊」の序章として世界同時株安が引き金となるわけだが、意味不明なデカップリング論でとりあえずお茶濁そうという「どんな時でも株を買いなさい」テレ東の電波な洗脳要員どもは、当たるも八卦当たらぬも八卦と今日も唱え続けている
予想外れたら坊主にしてみろよといいたい

親父の悲願のサミット主催にこだわっているとますます政権運営が厳しくなるわけだが、せめて「国民の信任を得た」とするだけで厳しい国家運営には理解が示されるというものだ
ましてや2/3強行採決連発では、小泉の遺産で喰っている名実ともに史上最低のお坊ちゃん総理というレッテルが貼られる

サミット主催に拘泥し、国民への信任の時を逸せば、『国家私物化』の誹りは免れないだろう
「サミットで挽回」などと想い描いているのであれば、それこそ浮世離れのボンボンでしかない

さあ、カイサンだ
今しかチャンスはないぞ
さあ、押すんだ!
解散のボタンを!
ぽちっとな。


   ヤッターマン 貯金爆弾 ヤッターマン 貯金爆弾

おしおきだべーwww

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/1493-eb0d94f2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。