ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車線規制 と 道路特定財源 と @カイカク派ハゲの「暫定税率すがりつき」じゃ、新しい道路なんかできねーだろって話

なんか石原東京都。
なんか年度末の道路工事、
完全復活してねーか?

至る所で車線規制。
至る所で深夜の渋滞。

昨日までぜんぜん走れてた舗装だろ
掘っちゃ埋めのジャブジャブ石原東京都
地方の稼ぎも地元に落とさず
東京本社で吸い上げる移転収益サイクロン方式。
格差税収のウハウハ王国

小泉嘘つきカイカクでひとつだけ褒めるとしたら
年末、年度末の「予算消化のディグダグ道路工事」
すっかりなくなって深夜気持ちよく都内を走れたこと
無理やりカネ使って"経済損失"の馬鹿さ加減に気付けっ!

二階を選んだ和歌山の人、
東国原の宮崎の人、
アンタラんところにゃ道路はいかねーよ

だって道路特定財源の4割は
もうできちゃった道路のメンテナンス補修に
費やされるんだってさ

いままでさんざん待たされて
そんでもってあとちょっとだと思ったら
「できてる道路」にまた喰われて消える
道路が延びれば延びるほど
保守費の名目で喰われて消える
4割がまたぞろ8割になるんだってさ

新しい道路は
隅々になんかできません
いままで散々待ってできなかったんだから
そんな自民党政権に
地元自民党代議士に
騙されて続けてきた自分らの愚かさに気付こう

それからついでに
「国土交通省の人」にも喰われて消える
国土交通省の人は誰例外なく「道路の人」だから。
だから新築官舎もレクリエーションもマッサージ機も
全部が全部、道路のため
道路のためにお骨折りいただく
「族議員さまへの付け届け」も道路のため

道路特定財源を召し上げろ!
地方の自主財源に切り替えろ!

暫定税率25円は、国民に還せ!
本則税率25円は、ガソリン買った地元に直轄しろ
地産地消で受益者負担
保守と新規着工は「自治体裁量」
当然ながら究極フザケタ倍盗り自動車税も還せ!

ガソリン値下げだ!
税金返せ!
すべてのヒトも、
すべてのモノも、
税金倍盗りの自動車で運ばれていることを忘れるな!
生活のすべてに影響が出る!
全国民に還元される!


その上で

暫定税率廃止で2.6兆円失うってんだったら
米軍に貢いでる3兆円もの再編費肩代わり
本国兵士も羨ましがるリゾートライフの思いやり予算
「でき損ないのミサイル防衛」の予算を凍結廃止して
財源捻出しろ!

だいたい「余計に取ってた」暫定税率
「財源失う」とかってフザケンナっ!


国民に一切還ってこないでひたすらにアメリカに吸い上げられる2.6兆円か?
国民に直接還して消費に回し生活向上させ日本の内需拡大に資する2.6兆円か?
貴方はどっちを選択する?



カイカク派とか「せんたく」とか
カッコばかりのハゲづら知事が
道路財源の暫定維持に躍起になる醜さ

カイカク偽装派と
道路利権族議員が
利害一致のトンチンカン

アフォかってーの

よくもまー恥ずかしげもなく
旧態依然の利権システムを存続しようって言えたもんだね

石原慎太郎からぶん取る位じゃなきゃ
地方分権とか
官僚改革とか
恥ずかしくって口から出せんわな

橋の下応援で十分底が知れました宮崎のヒト
油断をすれば徴兵制なんて言葉が口をついてくる宮崎の人
「この国をせんたくし候」なんて自分に酔ってる支持率93%
「最初の1年間は宮崎の宣伝のためにTVに出捲ります」って宣言してたけど1年経っても県の政務に没頭しないじゃない
けじめるようなこと言ってちっともけじめない
ゆるゆると生暖かく見守っていましたが、そろそろアラート鳴り始めたね
就任一年の日が「ケジメられるかが」運命の分かれ道だったと思ってますよ

1年経って馬脚あらわす「風読み観測気球」の連投。
地元の救世主が天下獲りの野望に乗り出した
観測気球だから、ダマスゾーダマスゾーって、相手が騙されるかどうかを良ーく見てる
空気読み芸人出身の詐欺師の気質。
悪いところが出始めましたね

ニコニコ顔で迎え入れてると一気にもって逝かれるぞ
宮崎の人たち
全国の人たち

「永久なる暫定」自動車ガソリン税。
フザケタはなしにゃ
騙そうとする奴らにゃ
しっかりNO!だ


   論争・道路特定財源 (中公新書ラクレ) 論争・道路特定財源 (中公新書ラクレ)

コメント

トラックバックです

インターセプターさん、こんにちは~。
コメント欄TBです。

「愛国心」イベント
http://kihachin.net/klog/archives/2008/02/youthtalk3.html


特定財源にたかって、ぬぁにが「せんたく」

道路特定財源になんの疑問も持たずにたかる、宮崎のそのまんまはじめ自称「カイカク派」知事のお歴々が、「日本を洗濯」ですかwwwなんかヘンな色が移りそうですごくヤなんですけど。ただ、コイツラに民主党の松下政経塾出身者が軒並みくっつきそうとのことで、この「せんたく」なる政策集団のネオリベ的性格があらわになっており、ある意味解り易いですね。まとめて削除できませんかね?

  • 2008/02/09(土) 22:21:10===
  • URL===
  • written by bronks
  • [ 編集]

問題は需要不足、需要側へ金回せ!

>昨日までぜんぜん走れてた舗装だろ
>掘っちゃ埋めのジャブジャブ石原東京都
>地方の稼ぎも地元に落とさず
>東京本社で吸い上げる移転収益サイクロン方式。
>格差税収のウハウハ王国

業界再編で、濡れ手に粟の法人税。
只で手に入れておいて、地方への分配へは不満タラタラの恥知らず。

暫定税率維持は、利権維持。
さっさと本来の税率に戻して、消費者に戻せば脱デフレの一助にもなろう。
日銀がその分金融引き締めをしたら(現金を絞ったら)意味ないけど。

サプライサイド・エコノミクスは完全に破綻しているのは誰の目にも明らか。
需要側に金回せ!!!

広告塔をどげんかせんといかん

暫定税率廃止は、宮崎県民の生活も楽にするのに、どうしてどげんもせんと?暫定税率廃止は、消費拡大に役立つのに、どうして反対するの東国原知事。あんたも橋下知事もテレビが必要も無いのに登場させる人は、既得権益のための庶民を騙す広告塔だ。本当に政治がどげんかせんといかんのは国民の生活のはず。コイズミ以降、与党と共謀してテレビが国民生活を破壊に導いている。広告塔をどげんかせんといかん。

  • 2008/02/12(火) 09:38:36===
  • URL===
  • written by scotti
  • [ 編集]

広告塔をどげんかせんといかん 2

2月15日、今日は大阪府庁からライブでハゲと子沢山知事のツーショットを日本テレビ系列で中継放送。ハゲ知事が、私の公約も机上の空論とお互いに疵の舐め合いして、広告塔が価値を失うのを防いでいるつもりかな?CIA出資の日本テレビでも露出度満点で広告塔に全面協力。国民生活の不満のガス抜きに、与党の選挙に、権力側がテレビを使って、面白くも無いハゲと子沢山を人気者扱いして徹底的に利用する仕組みかな。コイズミ以降特に日本のテレビが情報操作して、社会の劣化を加速させて、我々国民の生活を破壊していると私は思い続けている。徴兵制賛成、暫定税率廃止反対のハゲ知事なんて最終的には庶民の敵。ハゲ知事のいる在任中は宮崎県になんて私は旅行しない。ハゲブランド商品なんか死んでも買わない。テレビの関係者は猛省しろよ。ろくなもんじゃねえ。悪くなっていく日本の社会に、テレビ大新聞で情報操作している関係者の子供たちさえも、将来この国で生きていくことを忘れているんじゃないのだろうか。

  • 2008/02/15(金) 18:03:51===
  • URL===
  • written by scotti
  • [ 編集]

広告塔をどげんかせんといかん3

宮崎県のハゲ知事いつから国交省のお役人になったのかと見間違うほどの答弁。あなたがどげんかせんといかんのは県民の暮らし生活でしょう。暫定税率廃止は明らかに県民とっては利益だし、県民全体の収入も廃止の方が大きい。だけど既得権益としての道路財源死守に拘る、広告塔の偽装人気者のハゲ知事。テレビが面白くも無いのにいつまでも登場させる理由がそこにある。ハゲ知事の人間性は非常に悪くて、たけし軍団の嫌われ者だったと、軍団の連中が以前テレビで言ってたことを思い出してしまった。民主党も一般財源化じゃなくて廃止で通さないから説得力に欠けるね。

  • 2008/02/20(水) 11:37:29===
  • URL===
  • written by scotti
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/1506-e236fefd

アカ、ダメ、イヤの茶色の朝に

ペットの毛色を茶色に統一するというばかげた法律です。なぜ茶色かといえば、科学的な「選別テスト」によって、「茶色がもっとも都市生活に適していて、子どもを産みすぎず、えさもはるかに少なくてすむ」という結果が出たからだといいます。ファシズムでは定番といえる似

  • 2008/02/09(土) 09:10:11===
  • そいつは帽子だ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。