ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「人権という名の利権」 "公"喰い潰しの怪物(モンスター)こそしっかり見張って狩られるべきだろうな @政治家、公務員もそうだけど、だから一部国民もそうでよいのか?

またまた出ましたね

「最低限度の生活保障」のはずなんですが、自分で稼いでちゃとても支払えないような「羨ましい限りの通院医療生活」まで公の金で誂える必要は一切感じません

こういうのを徹底排除しようとしないで弱者が弱者がと言ってるから嫌韓嫌中に攻撃の口実を与えちゃってるんですけど。。。
tips
生活保護男性が新幹線・飛行機通院、10か月438万受給
 生活保護受給中の大阪府岸和田市の無職男性が、病気治療にかかる通院交通費として、10か月間に約438万円を市から受給していたことがわかった。
 男性は飛行機や新幹線で福岡や東京などの病院に通っており、市に「いい医師を探して全国を行脚した」と説明。厚生労働省は「通院に飛行機利用を認めたのは極めて異例」として、全国の自治体を対象に、交通費の支給実態について調査を始めた。
 府などによると、男性は40歳代で、十数年前から精神疾患のため府内の病院に通院。2006年6月から生活保護を受給し始めた。同年8月に東京都内の病院を受診したが、「医師と合わない」として、同10月からは福岡市内の病院に7回通院。妻が付き添い、大阪空港や関西空港までタクシーを使ったうえで飛行機で往復していた。
 このほか、愛知県や神戸市の病院に新幹線やタクシーを使って通院。生活保護受給を終える07年3月までの10か月間に、5都府県の病院で200回以上診察を受け、総額438万円の交通費を受給した。
 生活保護受給者が医療機関の変更を申し出た場合は、主治医の診断書などを基に自治体が認め、医療機関発行の通院証明書や領収書などの提出を受けたうえで交通費を後払いする。岸和田市は「必要な書類が提出されており、適正な支出だと考えている」としているが、高額支給について同省は今年1月、「交通費の必要性や妥当性を十分検討しなければならない」として各都道府県に審査の適正化を求め、支給状況を調べるよう指示した。
 生活保護の「医療扶助」には治療費や入院給食費などが含まれ、通院に使う交通費も全額支給される。厚労省通知で「最小限度の額」とされているが、上限は設けられていない。

2月10日3時5分配信 読売新聞

最寄の認定医以外からは選ばせないようにした方がいい
難しい症例だろうがなんだろうが、タクシー使って2億円なんて滝川市のフザケタ話が素通りするようじゃおかしいだろ
 ※早速フナムシ釣れました 藁藁藁
  こういう連中がどういう出自か知れてしまうな ケラケラケラ


自分で稼いでて、財産質に入れてでも高度な医療が受けたいってんだったらそれはそれで勝手にやればいいのだけれど、「人さま以上の」治療を受ける権利なんかないんじゃないんでしょうか?
どうしても受けたいのならその病院の最寄エリアに住んでその希望どおりの治療を優先しろよって話。

何かを犠牲にして何かを得るってことを
普通の生活者は、
多くの日本国民は
やっているんですけど、
貴方は普通の日本国民ではないのでしょうか?

一回総点検した方がいい
現在進行形とともに
過去に遡って調べるといい
圧力団体とか
暴力団体とか
宗教団体とか
政治団体とか
いろいろ背後関係が浮き出てくるんだろうな

「おにぎり食べたい」が虐げられて
タクシー代で2億円なんてのがいる現実。
tips
滝川のタクシー補助制度詐欺:無収入装い派手な生活 金の流れ解明へ /北海道
 ◇覚せい剤や暴力団にも?
 滝川市で生活保護を受給していた夫婦が、通院時に利用できるタクシー代補助制度を悪用した詐欺事件。だまし取ったとされる2億円以上の金は、札幌市北区のタクシー会社「飛鳥緑誠介(りょくせいかい)」を通じて、片倉勝彦(42)と妻ひとみ(37)の両容疑者に流れた。無収入を装いながら派手な暮らしをしていた夫婦。金の一部は覚せい剤の購入に充てたり、暴力団に流れていた可能性もあり、滝川署などは金の流れの解明を急いでいる。【水戸健一、西端栄一郎】
 ◇行政のずさんさ逆手に
 片倉容疑者は元暴力団組員。10年以上前、滝川市内の市営住宅で暮らしていたころに、家賃の滞納を巡って市とトラブルを起こしたことがあった。
 06年3月、札幌から滝川に転居し生活保護を受け始めた。当初は実際に補助制度を利用して、飛鳥緑誠介のタクシーで札幌に通院していたらしい。ところが、3カ月後の同6月ごろには、滝川市のチェックがずさんであることに気付き、虚偽の「通院証明書」を市に提出し、タクシー代を架空請求するという手口を、飛鳥緑誠介の板倉信博容疑者(57)に持ちかけた。
 思惑通り、タクシー代は緑誠介の口座に次々と振り込まれた。板倉容疑者は当初、架空請求した1往復分のタクシー代25万円のうちの7万円を片倉夫婦へ渡していた。緑誠介の取り分が多かった理由は、実際に通院のために夫婦を運んだこともあり、ガソリン代や車両維持費がかかっていたためとみられる。
 夫婦はさらに見返りを要求。同10月には12万5000円ずつの折半になった。緑誠介の口座の記録などから、夫婦に渡った金は少なくとも7500万円にのぼる。
 滝川市では、監査委員だった市議が事件発覚の1年以上前の06年9月、片倉容疑者のタクシー代請求に疑問を抱き、田村弘市長らに指摘したが、市長らは何の措置も講じなかった。こうした中、同10月にはひとみ容疑者から、主治医がタクシー利用を認める「給付要否意見書」が提出されたが、市は病状把握をせずに支給を開始。公金を垂れ流し続けた行政の怠慢も厳しく問われている。
 ◇温泉付きのマンションも
 札幌市中心部にそびえる14階建ての高級マンション。滝川市に住民票を置く片倉夫婦が07年5月に借り始めたこのマンションの一室には、温泉まで付いていた。夫婦はこのほか、江別や旭川市にもマンションを借り、いずれも親族名義で契約していた。
 また、ドイツ製の高級乗用車も所有。札幌・ススキノの物まねパブに足しげく通っていたほか、飲食店で豪遊していたという。

 ◇事件の概要
 片倉夫婦は06年3月から生活保護を受給し同11月までの間、タクシー代7500万円を受け取った。夫婦はこの「収入」のため受給資格がなくなったが、同11月~07年11月、生活保護費370万円とタクシー代1億6140万円を詐取。さらに板倉容疑者、緑誠介社員の小向敏彦容疑者(40)と共謀し06年12月~07年11月、札幌の病院までタクシーで通院したとの架空の請求をし3925万円をだまし取った疑い。

2月13日朝刊

2月13日11時1分配信 毎日新聞

ひたすらに「行政の怠慢」なんだけどね。
喰い物にしてる奴らが野放しになっているのは確か。

やっぱ現物支給に切り替えたらいいのではないか?
生活保護。
金で渡して尊厳守るより
物で渡して生命守る

それでいいと思うんだが。。。
公共料金も何もかも「あくまで適正レベルで」現物支給。

いろいろ事情はあるんだからそうなってるのはそうなってるんだけど
大変な今こそ社会に負ぶって貰ったら
いつかどっかで社会を負ぶるぞと言う気概。
ずっとおんぶだけしてもらってていいはずはない
どこかで返すんだと言う、其れこそが尊厳。

尊厳もって自分の財布から金払いたければ
まずは何かを犠牲にしてでも「脱出図る」べきなんだろうね
みんなそうやってるんだよ

社会だからね、負ぶるのは。
税金で喰ってる小役人が
なんかの権限のような気になって
これまた偉そうにしてるから
瞬間的な感情がオーバーテイクしていって、
話がややこしくなってくんだけど

公明党福祉切り下げアシストの
総額引き締め小泉大量虐殺で
一部圧力団体向け限定で
大判振る舞いのフザケタ話

換金性高いものは893シンジケートのいい餌食。
「人権という名の利権」
やっぱ現物支給が肝だよ、
人ひとりが生きていくに必要なだけの。
精神的な安息のためには
ほんのちょっとのトッピングくらいはオッケーで。

衣食は「本人以外使えない」クーポン支給や炊き出しで何とかなるかもしれないが、
住はどうしたらいいんだろう?

老朽集合住宅や官舎の解放かな。。。
集合住宅が新たな同和地域になるというのだろうけど、
どこかの国の強制収容所よりはマシなんじゃないのか?

そんなに神経質に扱いたいってんだったら‥‥、
いっそ役人の官舎に無理やり虫食い空き部屋つくってさ、
生保と同居させてみると「見えないものが見えてくる」かもな
居心地良過ぎて出て行かないやつができるのも困りもんだけど

だいたいさ
差別されたくなければ差別されないだけの生き方ってのが
昔に比べりゃ今はできるんじゃないのか?
「差別だ差別だ」と言ってる連中が、
「差別だ差別だ」と言えて悦んでる現実。
差別が金に換わる現代社会

それをおかしいと言っている

本当に困ってる母子家庭とか、療養患者とかこそは
自立支援センターとかで補助すべきなんじゃないのか
そういう意味でも現物支給
「お世話になりました」って笑顔で出て行ける日を目指す

なんでこんなんなっちゃったんだろう?
同和族議員なんてのもあるんだろうけどね
被差別を金に替えるフロント舎弟。
いや寄生関係。

人権にレバレッジかけるから
カジノで経済浮揚ってのと左右対称相似形
ハシタナイ連中の排除が肝なのにさらっとスルー
やったフリだけする笊目が粗い方がいい連中
結局、ジャッカルか、ハイエナか。。。

マジで現物支給を考えないと
お札にゃ色がついてないから
完全に喰い物にされている小泉"以降"朝鮮利権。
ブラックホールに吸い込まれていく

「特定の底辺」にだけ手厚いってのは絶対に間違ってる
この「コスト」は絶対内需拡大雇用創造に回すべきだ
ちゃんと働くところがあって
真面目に働いてさえいれば
明日もお給金入ってくる
その連続の保証があればこそ
家もクルマもちょっとの贅沢も
こころの充足と安心感で
生きてるしあわせ、見つけられるんじゃないのかな

これ以上ないってほどに米軍外資に貢いでさ
これ以上ないってほどに底辺拡大。
喰えてたやつまで破綻させて、
さらには特定エリアに集中的に
手厚く社会保障で金溶かす地下経済。

状況を利用するなんてもんじゃなくって
仕組まれている小泉"以降"創られた格差社会。

大阪の三色旗が腐恥爺・橋の下誕生に真剣支援するわけだ

たまらんね



   勝率八割の選挙請負人が教える劇的!人の心を動かす「三人三色」の法則 勝率八割の選挙請負人が教える劇的!人の心を動かす「三人三色」の法則

もしかしてこれって「バイブル」だったんですか。。。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/1511-2d6f312a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。