ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Second Lifeの創始者、First LifeでCEO辞任 @夜逃げ準備だろ、世界最大の地面師ビジネス

日本では「守銭奴の神、電通さまが噛んだお蔭さまで」すっかり下心暴かれてすっかり下火のゴーストタウン状態、セカンドライフ。
廃墟マニアにさえも興味を持ってもらえないご様子で。

ギラギラした連中が鼠捕りのように罠ばかり仕掛けておいでおいでしているような空気の中で「さあ楽しんでください。おサイフ開いて。」と言われてもその脂ぎったニタニタづらが気になって気になってなかなかネットゲームのようには楽しむ気にはなれないというもの

で、海の向こうのバブル崩壊、本家の方も案の定きな臭い匂いが漂っているようですな
ババヌキか、
さっさと誰かに操舵輪渡しちゃって、救命胴衣着用の上スタコラ逃げる準備。
tips
Second LifeのリンデンラボでCEO辞任
 Second Lifeを開発したLinden Labの最高経営責任者(CEO)で、同仮想世界の創設者であるPhilip Rosedale氏は米国時間3月14日、同職を退く意向を明らかにした。
 Rosedale氏は、熱烈なSecond Lifeユーザーに対し、今後も常勤の取締役会長として同社に留まることを約束した。
 Second Lifeではアバター名Philip Lindenで知られるRosedale氏は、辞任の具体的な日程については明らかにせず、社として「新しいCEOの選任に全力で取り組んでいるところだ」と述べるに留めた。
 同氏は続けて、「Second Lifeを大きく成長させ、周囲のニーズと自分自分の熱意を満たすことがしたいという欲求に突き動かされて今回の決断に至った。具体的な日程は決まっておらず、後任について検討している間、私は現在の職務を続ける」と語った。
 Linden Labは未来に目を向けた夢想家よりも、豊富な経験を持つビジネスのプロを求めているようだ。Rosedale氏は、Second Lifeの公式ブログへの投稿で、「ビジョン、戦略、デザインへの直接の貢献を通して製品を開発しLinden Labを発展させることが、私がSecond Lifeのためにこれまでしてきた、そしてこれからも続けていく貢献の中で最も重要なことだと考えている」と述べている。
 「Second Lifeが大きくなるに従い、数百万人のユーザーにとり、優れたチームを形成し彼らを成長させること、つまり会社の成長を牽引しそれを支えていくことがCEOの役割としてますます求められるようになるだろう」(Rosedale氏)
 ここしばらく、Linden Labでは混乱が続いている。2007年12月には最高技術責任者(CTO)を務めていたCory Ondrejka氏が同社を離れたが、開発をめぐる意見の違いからRosedaleが同氏を解雇したことを示すメールが外部に漏洩した。

3月17日12時20分配信 CNET Japan

リンデンドルとかの仮想通貨で集めた金はファーストライフでどうなっちゃってんでしょうか?
両替屋みたいなことして結構抜いていたようですが。
そもそもきちんと積み立ってんでしょうかねぇ
アブネーアブネー

   セカンドライフの儲け方 (セカンドライフ簡単登録講座CD-R付) セカンドライフの儲け方 (セカンドライフ簡単登録講座CD-R付)

金欲しがるやつだけで集まってできた世界って、なるほど株式市場に似てるんだけど、結局シロウトを誘いこまないとクロサギ同士の食い合いでしかないわけだ

で、株の方は個人投資家にも多少なりとも儲かるように見せかけたわけだが、セカンドライフなんてもんはせめて景品交換所くらいなもんつくっておくべきだったんでしょうな

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/1547-0afe08cd

円高・株安・外貨準備高1兆ドル・消費低迷

 すごい勢いで対ドルで円高が進んでいる。そして、サブプライム問題に発してアメリカ経済の低迷が始まり、そこに頼る経済構造を持つ日本の株価も急落している。さすがに、この円高に対して2001年から2004年まで強烈に行ってきた政府介入を今更続けることができないほど外...

  • 2008/03/21(金) 22:03:39===
  • 関係性
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。