ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【組織に「媚びる」ことでしか人心掌握できないヲタ大臣の能力限界】 イシバ イラナイ イマヤメレ スグヤメレ @抱き合わせ処分のような名目だけの大量処分は「みんなで渡ってほとぼり冷ます」、防衛省自己保身隊

処分処分っていつもいうけどさ、「口頭注意」なんかも処分扱いですから、お役人サークル共同体。 w
処分って言うからには「失職」を意味するものであって欲しいですな

1ヶ月もかかって出て来た答えがこれかよ
これならその日の内に出せる結論だろ
結局辞めるのは吉川だけ
しかも「事実上の」っていうからには名目上の更迭じゃないって話で「名誉の除隊」ですか (藁藁藁
情報隠蔽すっとぼけ演じた増田は石破と一緒で金でチャラ
重要会議の内容も忘れましたとか平気の嘘吐き記者会見した文官背広は
「国民から自衛隊を護ったから」情報隠蔽の主役でもお咎めなしですか?

まるで中国当局の言い分と瓜二つですな
冷食毒物アタック責任忌避とか、
チベット武装制圧民間人殺害とかの。
フザケンナ!
tips
<防衛省>海幕長を更迭 幹部ら88人処分
 政府は21日午前の閣議で、不祥事が続く海上自衛隊トップの吉川栄治・海上幕僚長が退官し、後任に赤星慶治・佐世保地方総監を充てる人事を了解した。事実上の更迭で、24日に発令する。これに併せて、防衛省は▽イージス艦情報流出事件▽護衛艦「しらね」の火災▽イージス艦「あたご」の衝突事故--に関する報告書を公表し、三つの事件事故の監督責任があったとして石破茂防衛相の給与の一部の2カ月分自主返納や幹部・隊員88人の処分を発表した。
 主な幹部の処分は、内局部門トップの増田好平事務次官を減給2カ月(10分の1)、自衛隊トップの斎藤隆統合幕僚長を減給1カ月(30分の1)、吉川氏を減給3カ月(10分の1)など。江渡聡徳副防衛相、寺田稔、秋元司両政務官も給与の一部を自主返納する。
 あたご事故は海上保安庁が捜査中のため、現時点までに防衛省が独自に調査した内容の中間報告にとどまる。処分も事故処理をめぐる監督責任に限られ、事故当事者のあたご乗員らの処分は捜査終了後となる。
 石破氏は記者会見で、あたご事故について中間報告書に基づき、「見張りが適切に行われず、回避措置が十分でなかった可能性が高い」とあたごの責任を示唆したが、原因の特定は避けた。また、防衛相をトップとする「事件事故の再発防止および発生後の対応についての抜本的対策検討会議」を設置することを明らかにした。
 昨年1月に発覚したイージス艦情報流出については、米国に留学した海自幹部が無許可で特別防衛秘密を含むイージスシステムの資料を作成した後、職場を通じて計38人が次々と無許可でコピーを作成、配布するなど内規違反が横行し、うち28人は無断で自宅などに持ち出していた事実を明らかにした。
 同12月に発生したしらね火災については、高電圧の戦闘指揮所(CIC)で変圧せずに使用した冷蔵庫と、無許可で持ち込んだ冷温庫付近が「最も早く燃え出したと疑われる」としたが、原因は断定しなかった。
 防衛省は三つの事件事故の報告・処分をまとめて行うことで、一連の不祥事に区切りをつけ、石破氏らの政治家への責任論をかわし、政権へのダメージを抑えたい考えだが、野党の反発も予想される。【田所柳子】
 ほかに防衛省の主な懲戒処分は次の通り。(氏名は非公表)。処分理由は、(1)イージス艦「あたご」事故(2)イージス艦情報流出(3)護衛艦「しらね」火災
 <免職>1等海尉(2)▽1等海尉(2)
 <減給>自衛艦隊司令官(1)(3)▽護衛艦隊司令官(1)(3)
 <戒告>海上幕僚副長(1)(2)▽第1術科学校長(当時)(2)
 <訓戒>運用企画局長(1)
 ◇防衛省が21日に発表したイージス艦「あたご」と漁船「清徳丸」の衝突を巡る調査報告書の要旨は次の通り。
 <航行状況など>
 あたごは2月19日、自動操舵(そうだ)に切り替え航行し、衝突時の当直士官は水雷長で、その前は航海長。午前4時5分の速力は10.4ノット(時速約19キロ)だった。
 衝突前の当直(前直)は25人。通常ならCIC(戦闘指揮所)に(このうち)7人が勤務すべきところ、電測員長の判断で午前2時~2時55分は3人、2時55分~3時55分は4人だった。CICの2台のレーダー指示機のうち1台は継続的に要員が配置されていなかった。当直員は「午前3時30分ごろ、右30度方向の水平線上に白灯を視認したので当直士官=航海長=に報告した」と供述している。
 午前3時55分、艦橋に衝突時の当直(現直)が整列。同3時56分前直の副直士官から注意事項等の示達を受けた。現直は24人でCICには7人がいた。
 午前4時6分以降、当直員が清徳丸を視認し「両舷停止(推進力停止)」「後進いっぱい」が下令された。防衛省は2月19、20日「19日午前3時55分ごろ清徳丸の灯火を視認した」「午前4時5分ごろ右に緑色の灯火を視認」と公表したが、現時点でこれらに関する情報はない。
 主な当直員の午前4時6分ごろ以降についての供述は次の通り。
 (1)「当直士官=この時点では水雷長に交代=の『この漁船近いなぁ』、当直員の『近い近い』(などの発言を聞き)身を乗り出すと、右70度100メートル付近に近接する赤灯を掲げた清徳丸と思われる目標を視認した」
 (2)「当直員が『漁船が近い』と言いつつウイングに出たので右を見たら、右70~80度付近、距離約100~70メートルに漁船を視認した」
 (3)「艦首付近を映すモニター右下から灯火が現れ艦首方向に移動した。(6~7秒後)左に光が見えた直後に両舷停止が下令された」
 艦長の供述内容は「午前4時ごろ目が覚め艦橋に上がろうかどうか考えていた時『漁船と衝突した』との艦内マイクが入った」。
 <評価>
 見張りが適切に行われていなかった。あたごは午前4時6分ごろに清徳丸を右舷に見ていることから清徳丸があたごの右側から近接した可能性が高く、それならあたごに回避義務があったが適切な措置を取っていない。回避措置として十分でなかった可能性が高い。

3月21日11時37分配信 毎日新聞

相変わらずの処分対象者名は秘匿、軍事機密。 (藁藁藁
今回ばかりは出てくるのかと期待して探し回ったんだけど、案の定というか何にも変わらんガッカリだね。
よってもってほとぼり冷めれば記録抹消。
なんてったって命より大事な航海日誌をいとも簡単に紛失してしまう連中ですから。
海外出張で行方不明で仕事してきたフリできますか?
報告なんぼの世界でしょう。
それが許せる防衛省
誰の密命か雄弁に語る

こんな些細な「一時の汚名」は自衛隊組織防衛の名誉の負傷扱い
2階級特進の"英雄ども"は
何食わぬ顔でアンチ・シビリアンコントロールを繰り返す

 ◆【テロ特措法インド洋給油情報改竄隠蔽問題】 
   『アンチ・シビリアンコントロール武装集団』防衛省自衛隊の反民主的情報隠蔽主義との対決!


本来、役人の価値基準の最高プライオリティは「事なかれ主義」
法律でまで担保された「居場所の確保」
これを厳格に適用する限り本来、私利私欲には走らない
「勝負かける」強欲ツワモノはそれに見合った以上の報いを受けるべき

そして「居場所を失う」ことが役人コントロールには一番効く筈なんだけど、自治労バックの社民、民主よりもよっぽど役人持たれ合いの自民党の方が情報提供とバーターに『役人の腐敗をそのままにしてきた戦後60年』
国民選出の(建前上でも)国会の要請に従って「正確な情報」を「包み隠さず」出さない公務員はサボタージュ、背信行為とみなして即刻クビという「処分」で構わないと思う
そして与野党問わず同じデータの上で議論を戦わすべきだろう

「出してきた数字」瑕疵や恣意性が見つかれば国会提出承認をした霞ヶ関の官僚、責任者は即刻責任をとってもらう
数字を出したり出さなかったり、都合のいい一方にだけ出したり、そうやって能なしボケナス政治家をコントロールしてきた官僚支配の操縦術。
その官僚支配に乗っかって生命維持してきた自民党
小泉カイカクの大嘘は国民が一番改革して欲しい行政改革公務員改革をさもやるような素振りをしながら、幕の裏側では腐った上級官僚と蜜月癒着を繰り返してきたこと
アメリカ盲従売国小泉に迎合し、ひたすら自分たちの「居場所の確保」のために国民生活を売りつづける官僚という国賊集団。
この構図に集約されるのであろう
tips
<防衛省>事務次官ら60人以上処分へ 海自不祥事相次ぎ
 政府は19日、海上自衛隊の不祥事が相次いだことを受け、増田好平防衛事務次官、吉川栄治海上幕僚長ら幹部を含む防衛省、海上自衛隊の関係者60人以上を処分する方針を固めた。吉川氏が退官する更迭人事を21日に閣議決定するのに合わせて実施する。事務方と海自のトップを処分することで、事実上の幕引きを図る狙いがある。
 2月19日のイージス艦「あたご」の衝突事故では、事後の対応に問題があったとして増田、吉川両氏や高嶋博視護衛艦隊司令官らを処分する。
 また、昨年12月の護衛艦「しらね」の火災をめぐり、艦長を戒告とするなど約20人を処分。イージス艦情報流出事件で、吉川氏を減給とするほか、日米秘密保護法違反の罪で起訴された3佐を懲戒免職とするなど約40人を処分する。
 処分に合わせ、衝突事故、火災、情報流出事件の報告書も公表する。【本多健、田所柳子】

3月20日2時31分配信 毎日新聞

事務方トップにミソつけたというが、あれでそうかと申したい
汚い組織に目を瞑り、
揉み手と保身で出世の階段駆け上がった
「イッチョアガリの連中」に「カタチダケ」の処分
処分というのもおこがましい
なんせ、情報隠蔽改竄の先導役。
その場で斬って棄ててもまだ足りない
それがわからないのが自己防衛省クオリティ
イシバの限界、
媚びることしかできないヲタ大臣の「お仲間入れてくださいな」

情けなさ過ぎる
tips
イージス艦情報漏洩事件としらね火災で約70人処分へ 防衛省、21日にも公表
 吉川栄治海上幕僚長 防衛省は19日、海上自衛隊のイージス情報漏洩事件と護衛艦「しらね」の火災について、吉川栄治海上幕僚長ら計約70人を処分することを決めた。21日にも石破茂防衛大臣が公表する方針を固めた。
 防衛省によると、イージス情報漏洩では、指導監督責任などで吉川栄治海上幕僚長を減給処分とするほか、日米相互防衛援助協定等に伴う秘密保護法違反容疑で逮捕された幹部を最も重い懲戒免職とするなど、四十数人に厳重な処分を下す。
 昨年12月に火災を起こした「しらね」に関しては艦長、当直士官ら二十数人に戒告などの懲戒処分を下す予定という。
 千葉県・野島崎沖で漁船と衝突したイージス艦「あたご」の事故については、現在も海上保安庁や海上幕僚監部の捜査、調査が続いているため、「あたご」艦長ら乗組員の処分を先送りし、事故発生後の連絡、通報、情報公開などの不手際に関し、増田好平防衛事務次官、海幕幹部、自衛艦隊司令部や護衛艦隊司令部の幹部らを処分する方針で、21日に合わせて公表する方向だ。

MSN産経ニュース 2008.3.19 12:25

だいたい
「あたご」の国民殺しと、
「しらね」のSTILL不審火と、
「機密漏洩」スチャラカ教官と、
「給油量不正報告」政府密命と。
個別の案件を一緒くたに処分したふりするってのが
これまた酷過ぎる政治的リーダーシップ感覚欠如のイシバ失格。

誰から見ても、『闇鍋処分』
これを防衛省改革の第一歩としたいと言うから、
イシバの頭の悪さが知れてしまう
どうせやったふりするならもうちょっとマシにやったふりしたらどうだ?
お中華並みの石破クオリティ

ちょっと鋭いヒトからしてみれば、守屋のやり過ぎとは一線画す
ここに出てくるのは「すべてが上位下達の命令絶対」人柱。
時代が時代なら靖国にでも祀ってもらうかってwww
暴力団のお勤め帰りは金バッジの英雄扱い
なんともいやはや瓜二つ
tips
<イージス艦事故>19日で1カ月 原因解明まだ遠く
 海上自衛隊イージス艦「あたご」の衝突事故発生から19日で1カ月を迎える。防衛省は乗員の聴取などによる調査結果を21日にも公表、幹部らを処分する方針。ただ、事故当時の当直員から聴取ができていないなど、原因解明にはしばらく時間がかかりそうだ。
 同省は事故当日に調査委員会を設置したが、海上保安庁の捜査が優先されるため、聴取を開始したのは発生16日後の6日から。石破茂防衛相は18日の会見で「調査でどこまで核心に迫れるか申すのは非常に難しい」と述べ、調査が難航していることを示唆。吉川栄治海上幕僚長も「(全体を指揮する)戦闘指揮所や艦橋などにいた当直員の聴取ができていない」と明かした。
 幹部の処分は、事故後の対応が混乱したことなどを重視、増田好平事務次官ら幹部が一斉処分される。特に吉川海幕長は、海自で事故と合わせて情報漏えいなど不祥事が相次いだ管理責任を問われ、更迭される見通しだ。【田所柳子】

3月18日18時55分配信 毎日新聞

退路を断って事に臨めば‥‥。
正直ちょっとは期待した。

この期に及んで組織防衛に走ることはしないで欲しいという一縷の望みも裏切られた
しょせんプラモで遊ぶお坊ちゃんイシバカボンなんかに宇宙大戦争なんてミサイル防衛をやらせちゃいけない軍事ヲタのドリームカムトゥルー
「僕がやったよ、ミサイル防衛」
アーサー・C・クラークが軌道上からお怒りだ
tips
<海自>仮眠廃止、当直増員…陸上勤務で事故再発防止策
 吉川栄治・海上幕僚長が18日の会見で、2月に起きたイージス艦衝突事故の再発防止策として、海上幕僚監部など陸上勤務の一部の当直員の人数を増員し、仮眠を廃止する措置を試行的に実施していると明らかにした。
 事故直前に艦内の当直員が交代した際の申し送りが不徹底だったことが一因とみられるほか、当直体制だった海幕側の大臣への報告遅れが問題になった。
 海幕によると、再発防止策として3月上旬から自衛艦隊司令部など陸上部署の当直体制を見直し、当直長の階級を1佐に引き上げたほか人員も増員。交代で数時間取っていた仮眠もなくした。当直後の勤務は軽減し、負担がかからないようにしている。
 17日には、大臣報告の必要な有事が発生したと想定した情報伝達訓練を抜き打ちで実施。今後も随時行う。吉川氏は「当直員の交代の際は、自分の役目をしっかり確認するように指導する」と述べた。【本多健】

3月18日19時29分配信 毎日新聞

なんだかなぁ。。。
やるべきこともやってなかったわけなんだけど、仮眠廃止がそれですか。。。

仮眠はちゃんととった方がいいよ
すっかり目を覚まして任務に当たって欲しいだけ
それより一斉交代とかを輪番制とかくさび形シフトにするとかは出てこないのかね?
情報伝達のヒューマンエラー防止の基本中の基本だと思うんだが。
「誰も知りませんでした」って話が問題なんだと思うんだけど。

というより今回の「事件」は、問題の根っこがそこにないと雄弁に語っているだけなんだろうな
軽率この上ない問題処理の積み重ね
挙句には艦内飲酒疑惑まで浮上しているし。。。

石破のクソ答弁も「艦内飲酒してはいけない規則になっている。」だもんな。
「だからやってない」という事実を類推する石破特有の脳内鉄道模型ポイント切り替え
「アメリカのやっていることは、日本が同盟国であるならば正しいと信用しないと始まらない」ってあの論法と一緒だよね
つまりこのヒトの脳みそは問題点を正しく理解しようとする道筋を立てることを拒否しているということ
そういう努力をしないというよりも、そういう能力が決定的に欠落していると見た方がいい
よってもってシビリアンコントロールなどできようはずがないという石破自身の実績が積み重なりました
これは政治家としての資質、政策吟味においても、予算審議においても、何もできる能力を持ち合わせていないという「重大な欠陥」に直結するわけです

鳥取県の有権者の皆さん、次の選挙でまだ騙されちゃうんでしょうか?
こんな「いいひと」(笑)、せいぜい町内会の世話役くらいにしとくのがいいと思いますよ
国政にあたっては害悪でしかなく、挙句に日本の未来の舵取りに直接関わらせては危険極まりない無能者と言えるでしょう
ミサイル武装化日本の「自分の趣味の実現」のために、アメリカと自衛隊と防衛官僚は「信用だけしていれば問題ない」というそういう脳みその持ち主です
ゆっくり喋るのは単に頭の回転の問題だけのようです
ま早く喋ればいいってもんじゃないけどね、アベシンゾーみたいに。
tips
当直責任者の水雷長、立件へ=漁船気付きながら回避せず-イージス艦衝突で海保
 千葉県・房総半島沖で起きた海上自衛隊のイージス艦「あたご」とマグロはえ縄漁船「清徳丸」の衝突事故で、第3管区海上保安本部(横浜市)は18日までに、あたご側に回避義務があったとほぼ断定、衝突時に当直士官だった水雷長の3等海佐(34)を業務上過失往来危険容疑で立件する方針を固めた。
 事故から19日で1カ月。防衛省はこの間、内部の事故調査委員会で乗員らの聴取を進めており、中間報告を近くまとめる方針だ。事故後の説明が二転三転した問題も重大視しており、事務次官や海上幕僚長らを含む大規模な処分を打ち出す。
 事故は2月19日午前4時7分に発生。野島崎から南南西約40キロの海上で、清徳丸の左舷にあたごの船首が衝突した。清徳丸は船体が真っ二つに割れ、漁師の吉清治夫さん(58)と長男哲大さん(23)父子が行方不明になっている。
 調べでは、あたごは当直交代直後の同4時前、現場海域を10ノット(時速約18キロ)で北上、右前方に清徳丸を含む漁船団が存在していることをレーダーや見張り員の目視などで認識できたにもかかわらず、自動操舵(そうだ)で直進を続けた。衝突1分前に清徳丸の接近に気付き、手動操舵に切り替えて全力後進をかけたが、間に合わなかった。
 海上衝突予防法は、相手を右側に見る船に回避義務があるとしており、3管は、最高責任者として航行を指揮していた水雷長が右側から近づく清徳丸に気付きながら、早い段階で回避しなかった疑いが強いとみている。

3月18日18時2分配信 時事通信

海上保安庁はあくまでひとつの海難事故として立件している
事故は事故。
居眠り、酔っ払いも含めて事故は事故。
しかたのない事故などあってはならない
事故を起こしたからには潔く償うべしだ

そして今回大問題になっているのは
その「事故」を組織防衛のため隠蔽、情報統制しようとした「事件」の方だ
原因は何であれ、何よりも真っ先にその場に留まり救助活動をしていればおそらく見方も変わっていただろう
内火艇を出して捜索開始に15分
「部外」である海保への事故通報に50分
大臣報告に1時間30分
政府報告に2時間
官邸対策措置までに3時間
首相出勤に4時間(しかも素通り国会直行)

すべてがすべて「情報コントロールのため」に費やされているから怒りが消えない
中国共産党政府のやり口と
北朝鮮キムブタ体制のやり口と
オマイラがいつもさんざん言っているその薄汚い政府のやり口と同じことを
潔さの微塵も見せない防衛省大臣内局自衛隊幹部がやっている
他人事福田政府が追認している

腹を切れ、腹を。
tips
防衛省改革:石破防衛相がTM開催の私案
イシバカボン閣議終了後、記者の質問に答える石破茂防衛相(中央)=国会内で2008年3月4日午前8時47分、藤井太郎撮影
 石破茂防衛相は4日午前の閣議後会見で、イージス艦「あたご」の衝突事故や相次ぐ不祥事を受けた防衛省改革について「日本のあちこちを回るタウンミーティング(TM)(の実施)も考えられる」と述べ、全国各地で国民対話集会を開催すべきでは、との考えを示した。
 理由について石破氏は「国の独立平和を守る根幹の話だから、国民それぞれに議論してほしい。政府や防衛省の中だけで終わってはいけない」と説明。「国民に議論しようとの雰囲気が醸成されつつある。(衝突事故で)手紙やメールを多数いただいたが、今までなかったことだ」とも述べた。【田所柳子】

毎日新聞 2008年3月4日 12時51分

思いっきり悪意を感じる写真掲載ですな
でも受け入れなきゃいけないカワイソウナ現実。
後ろのSPのヤクザ顔とあまりにも対照が。。。
ところで防衛大臣のSPって自衛官なのかなぁ
警察と縄張り激しい仁義亡き世界

もう石破なんかに任せちゃダメでしょう
「辞任するだけが能じゃない」って良識派日本人の言葉の表面だけ戴いちゃって期待を限りなく裏切って見せる石破茂と防衛省。
出てきた答えがこれならば
もうさっさと辞めろいま辞めろ

幕僚幹部と内局と
制服と背広の手打ち式
媒酌人おつもりかヲタ石破
これでお仲間に入れてもらえた気になっている
国民の期待はそんなもんじゃない

情報統制を何よりも優先する
国民殺してもほとぼり冷まし
自衛隊が守るのは自衛隊
「日本国民が仮想敵」の自衛隊
国民主権無視のアンチシビリアンコントロール
違憲武装集団自衛隊

嘘吐き石破の「カイカク」なんてもんじゃ
まともな自衛隊の姿には成り得ないだろう

青天井の税金貢ぐ
ミサイル武装化ハリネズミ日本。
そんなイシバシゲルの「自分の趣味の実現」のために、
アメリカと自衛隊と防衛官僚に「媚びるだけ」の
石破茂のカイカクでは。

イマヤメロ
スグヤメロ
イシバシゲル

「正常化」のためには
いっそ門外漢こそ必要だ
「誰でもわかるべき」文民統制には。
専門性と軍事機密に
逃げ込ませるな!

キモヲタの趣味で日本を弄くるな!


   亡国のイージス コレクターズBOX (初回限定生産) 亡国のイージス コレクターズBOX (初回限定生産)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/1553-88f09332
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。