ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

官僚傀儡福田自民党政権、小泉"以降"偽装カイカクの裏シナリオに終止符を! @小沢のホンキは「構造腐敗日本」の本丸に向かう、国民生活に仇なす大蔵財務官僚支配

ホンキだな、小沢。
官僚日本支配の本丸、大蔵財務省との全面戦争。
tips
日銀人事に民主不同意…コケにされた財務省
 民主党が、元財務官の渡辺博史・一橋大大学院教授の日銀副総裁就任に同意しなかったことで、日銀総裁人事で最大限の配慮をした財務省の面目は完全につぶされた。元副総裁の武藤敏郎氏、国際協力銀行総裁の田波耕治氏という2人の事務次官経験者の総裁就任を覆された財務省にとって、渡辺氏は日銀への影響力を保つための切り札。財務省の打撃は大きく、政府内の影響力低下は避けられそうにない。
 「見識はあるし、人格だって優れている。渡辺さんは総裁だって務まる人。民主の反対の理由が全く理解できない」。渡辺氏が不同意になったことに財務省幹部は憤った。財務省出身者の日銀入りの可能性はほぼ断たれ、財務省の落胆が広がっている。そもそも渡辺氏の副総裁起用には、鳩山由紀夫幹事長をはじめ民主党幹部にも容認論が広がっていた。それでも同意を得る確約が得られず、政府・与党執行部には渡辺氏の副総裁起用には慎重論も強かったが、「適切な経済運営には財政と金融の連携が不可欠」(財務省首脳)との判断から、渡辺副総裁の提示に踏み切った経緯がある。
 民主党が、財務省経験者を日銀首脳人事から排除するのは「財政と金融の分離」「天下りの排除」といった理由からだ。だが、それはあくまで建前。真意は長年保ち続けてきた自民党と財務省との蜜月関係にくさびを打ち込み、財務省の弱体化を狙ったものとの見方が強い。予算編成権を持つ財務省は中央官庁を支配し、予算配分を武器に政治にも影響力を持ち続けてきた。自民党も財務省を介して中央官庁や地方への影響力を保持し、持ちつ持たれつの関係を構築してきた。福田康夫首相は日銀首脳人事で財務省との関係を重視してきたが、結局は自らの調整力不足を露呈してしまった。「今回の一件をきっかけに、いくら優秀で能力のある人材でも『財務省出身』というだけで、活用されなくなる」。財務省内にはこんな見方も出始めており、官邸との関係にも影響が出ることは必至だ。

4月8日22時10分配信 産経新聞

大蔵財務の名誉職
いっちょ上がりの頂点の
日銀総裁の椅子

為替と金利で世界支配
アメリカ大統領と同クラスの年収4000万円
もちろんその気でインサイダー福井みたいな稼ぎ方も可能
ファンドに「隠して」、為替弄れば
株だろうが先物だろうが自由自在、打ち出の小槌。
そりゃ楽しいだろうな

世界中の"仮想"マネーが
指先で弄くる蟻の行列のように
自分の一言で簡単に向きを変える超絶感。
そしてリアルの生き死にに影響を及ぼす神の領域

そんな大蔵財務のジャパニーズドリームに泥団子投げた
酔狂じゃなかなかできませんな
ハトポッポー的頭の振り方の鳩山私案に、
原理原則を見出した「財金分離」
金融がモンスターと化し極限膨張した小泉"以降"の政府裏介入に対抗軸を見出した
福井日銀vs小泉カンテイ、偽装対立の猿芝居の二番煎じ封じ
誰もできなかったことをやるというのか小沢一郎

借金莫大、
増税必至、
そのくせ税金無駄遣い。
このイカサマ詭弁の財務省シナリオ崩しが
実はまさしく国民生活建て直し
日本国の建て直し

官僚だけが貯め込んで
官僚だけが金使いたい放題
財務省予算の一般会計に組み込んでしまえば
「予算配分で国の隅々まで支配する」補助金中毒の罠。
特別会計は潰すが、
国民には還さない

誰のところにカネ「通す」かで、政治家さえも支配する
国民に選ばれない官僚が
国民に選ばれないままに国民生活を支配する
国を支配する
歪な形の民主主義阻害要因
これが日本の民主化を遅らせている最大要因
いきなり本丸に行きますか!

ただただサミット主催がやりたいだけで政権の座にしがみついている福田康夫。
見事な桜の潔さをよそに、実に醜い限りだ
日本人が一番嫌うタイプ

そしてそんな『ちんまい野望』のために、ものの見事に財務省官僚の操りウータンになっているってことは周知の事実
ついに自民党御用達の筆者にまで鋭く撞かれてしまいました

財務省という権力のシナリオ
 暫定税率の期限切れによって福田政権は絶体絶命の窮地に追い込まれたとの見方がメディアに溢れている。なす術も無く窮地に追い込まれた福田政権を最悪の無能政権と見る向きもある。しかし自公政権の権力は既に昨年の7月29日にほぼ喪失したので、ここで窮地に追い込まれたかのような見方は当たらないと私は指摘してきた。むしろ今回の一連の動きを見ていると、福田総理は自らが置かれた立場を理解しており、自らを窮地に追い込むことで逆に活路を見出すシナリオを描いているように見える。そしてそのシナリオを書いているのは財務省だと私は思う。権力の中の権力と言われる役所が政治のシナリオに深く関わっている事情を説明したい。
 まずは繰り返しになるが政治の現状を整理してみる。参議院で過半数を失った与党は予算を通す事が出来ない。予算そのものは参議院で否決されても自然成立するが、歳入法案が年度末までに通らないと欠陥予算になり、通らないのと同じになる。これは財政を司る財務省にとって由々しき事態である。衆議院の三分の二で再可決が出来るというが野党が否決をしないと60日条項を使うしかない。従って年度末までに成立させるためには歳入法案を1月末に衆議院通過させなければならなかった。そのため通常国会をいつもより早く1月18日に召集した。しかし1月に歳入法案を採決すれば国会は与野党全面対決となって4月まで一切開かれなくなる可能性があった。民主党の言う「3月決戦」が現実味を帯び、福田総理は解散総選挙に踏み切らざるを得なくなる。
 それを回避するため福田総理は野党の要求を受け入れて道路特定財源の一般財源化と暫定税率廃止の方向を模索する腹を固めた。総理が修正に傾いたことで「3月決戦」はなくなった。しかし一方で総理は道路族、国土交通省、業界団体を敵にまわすことになる。小泉総理も制圧出来なかった既得権益との戦いである。どのように道路の権力と戦うか。その戦いのシナリオを道路特定財源の一般財源化を悲願とする財務省が書くのは少しも不思議でない。
 財務省は特定の目的に使われる税金を認めたくない。税金をどこにどう配分するかの決定権を握るところに財務省の力の源泉があり、財務省の裁量権が届かない特定財源には絶対反対である。これまで「福祉目的税」構想が何度も挫折して来たのもそういう理由による。
 半世紀前に道路特定財源が実現したのは、田中角栄という天才的な政治家の力によるところが大で、それは日本の経済発展に大きく貢献した。しかしその後この財源は既得権益となり、財務省の手の届かないところで利権に群がる集団によって壮大な無駄遣いが行われてきた。
 今の国会ではその無駄遣いの実態が次々に明るみに出た。眉間にしわ寄せニュースキャスターなどは鬼の首でも取ったかのように「こんなにひどい無駄を見過ごしてきた政治と官の責任は重大だ」と叫んでいたが、それらの情報の出所を確かめた上で発言しているのだろうか。メディアが発掘した情報なのか、あるいは野党が調査をした結果なのか。中にはそうした努力の成果があるかもしれない。しかし私は権力の側が意図的に流すか、あるいは権力がそれとは知られぬように調査に協力しなければあれだけの情報が出てくる事はありえないと思っている。
 財務省の立場からすると道路特定財源の一般財源化は今年からでも実現したい。一方で暫定税率の廃止は認めても税収が減るのは困る。2兆6千億円もの歳入がなくなれば今年度の予算は執行できない。財務省にとって都合が良いのは、暫定税膣の廃止は来年度からにしてもらい、来年度から廃止になって減る2兆6千億円を消費税の値上げでカバーすることだ。2兆6千億円は消費税の1%に当たる。暫定税率を廃止して消費税の値上げを実現する。そこに財務省のシナリオの狙いがあるのではないか。福田総理はこのところ暫定税率に言及する時には必ず「消費税の1%」を入れるようになった。
 福田総理にすれば、このシナリオによって小泉総理も成しえなかった道路特定財源の一般財源化を実現して歴史に名を残す事が出来る。一方では民主党に暫定税率廃止の責任を負わせ、消費税1%値上げを民主党のせいにする事が出来る。もし民主党が消費税値上げにも反対すれば無責任な政党として「政権担当能力なし」のレッテルを貼る事も出来る。そんな高等戦術が暫定税率を巡る混乱の後ろにあるように思う。
 なぜ私がこんな見方をするかと言えば、これと良く似たシナリオを2004年の通常国会で経験したからである。小泉政権は年金改革法案を「百年安心プラン」と称して国会に提出した。しかし中身は国民の負担が増え、給付が下がるというもので国民の反発が必至の法案だった。これをどのように成立させるのか。私は国会運営を注目していた。
 まず当時の小泉総理は審議入り直前にテレビ朝日の「サンデー・プロジェクト」に出演し、「年金は一元化が望ましい」と発言した。年金一元化は民主党の年来の主張である。「それなら今の法案を撤回しろ」と民主党は反発する。審議は冒頭から空転した。しかしこれは法案の議論に入らせないための政府与党側の策略である。民主党はそれに乗せられた。1週間すると東京地検特捜部が社会保険庁の元長官を収賄容疑で逮捕した。野党は今度は社会保険庁の汚れた体質追及を始める。これで2週間が空費した。
 次に飛び出したのが3人の閣僚の年金未納問題である。民主党はこのスキャンダルに飛びつき菅代表は問題閣僚を「未納三兄弟」と呼んで激しく責任を追及した。私はこの情報の出所に疑問を持った。東京地検の逮捕と時を同じく出てきたスキャンダルに権力の操作を感じた。未納の事実を知りうるのは権力の側だけである。連日未納情報が小出しにリークされ、それにメディアはフィーバーした。眉間にしわ寄せキャスターの番組は未納政治家の顔写真をスタジオ一杯に並べ、キャスターは口を極めて政治家を批判した。誰も法案の中身などに関心を持たなくなった。
 小泉総理と外交問題で対立していた福田官房長官の未納が報道されると、福田氏はさっさと官房長官を辞任した。それを待っていたかのように菅民主党代表の未納がリークされた。そうなるとメディアはもう止まらない。みんなで菅氏の首にロープを巻いた。窮地に立った民主党は与党が提案する「三党合意」を受け入れた。「三党合意」は将来の消費税上げを民主党に飲ませるためのものである。この時私はこのシナリオを書いているのは財務省だと確信した。社会保険庁を潰して保険料の徴収業務を財務省の管轄にする。そして最大の狙いは消費税上げの片棒を民主党に担がせる事にある。このシナリオにメディアは完全に利用され、民主党も代表の首を取られた上に与党と財務省の手のひらに乗せられた。
 法案の中身だけを議論していけば国民の反対を強めさせ、廃案に追い込む事が出来たかもしれない。しかし年金改革法案は、スキャンダルの陰に隠れてしっかり成立した。未納政治家のリークの順番には明確な意図が感じられる。見事な権力側のシナリオであった。
 NHKの国会中継はなぜか予算委員会質疑の最初の各党一巡だけを放送する。予算委員会は数ある委員会の中の一つに過ぎないが特別扱いをされている。予算は全省庁にまたがるから国会を代表させる事が出来るというのが表向きの理由だが、外国で予算委員会を特別扱いしている例を私は知らない。お陰で国会は予算委員会の質疑だけだと勘違いしている国民も大勢いる。考えてみると予算委員会は財務省所管の委員会である。舞台裏では与党と野党の議員に財務省の官僚がはりついて質問と答弁を作っている。つまり国民は財務省が振付けた委員会だけを国会として見させられている。
 NHKが予算委員会しか中継しないため野党はその場を最大限に利用しようと最も効果的なスキャンダル追及を行う。予算の中身はほとんど議論されない。それは財務省にとって都合が良い。国民の注目を浴びることなく予算はスムーズに成立していく。一方で日本の国会はスキャンダル合戦となり、国民の意識に政治家がダーティな存在として刷り込まれる。それはまた政治家の力を相対的に弱め、官僚支配の継続を助ける。NHKが予算委員会の中継しかしない「慣例」は、この国の政治にいかに財務省が影響力を行使しているかの証左でもある。
 これまで政治改革を叫ぶ者は、選挙制度改革が第一だと言い、次いで官僚組織の改革を求めてきた。しかし結果としてこの国の官僚支配が少しでも変わっただろうか。必要な事は国会が官僚支配から脱することである。政治家が国会機能を強化して、独自の情報収集機能を持ち、独自の予算作成機能を持ち、そして行政監視機能を持つことである。そうすれば政治家が自分で政治のシナリオを書く事が出来るようになり本当の政治改革が始まる。

2008年4月7日 The Commons (田中良紹)

官僚の中の官僚である大蔵財務省
戦後日本の影の支配者
予算配分をすべての権力の源泉にしている権力亡者
日本をダメにした最大戦犯でもある
政治癒着の腐敗官僚共産主義。

本当の意味の戦後レジームからの脱却とは
財務官僚支配からの脱却だろう

小沢はここに弓引いた
さすがにできないかと思ったが、リアル命の灯火と
最終決戦に討って出た

小泉のやったふりカイカク
財務省の言いなりの三位一体カイカク地方崩壊
道路族満面の笑みの道路公団ミンエイカ
絶対やらない公務員カイカク

小泉偽装カイカクの踏襲路線のアベ、フクダ
官僚癒着腐敗社会の維持温存

「小泉的なるもの」の一掃と
本当の民主主義国・日本の誕生のために
「理解されない」小沢一郎の孤独な戦い

そういう構図なのかもしれない

完全排除が成されれば
それは革命的ですらある
そうでなくとも大きく舵を引き戻すことができるだろう

官僚の中の官僚の
優秀だと自負する頭脳は
政治を影で操るなんてことをせずに
自分たちの省利省益に拘泥せずに
国難にあたって欲しいと欲するばかりだ

いままでの高度経済成長と
同じ感覚で自分たちの取り分だけを確保せんとする
そういう蔑まれるべき根性は
この期に及んでは思い直していまいちど
国を興すと決するべきだろう

既得権益なんぞは
既得でしかない
そんなものの維持のための策謀なんか
優秀な頭脳が本当の意味で要求される領域ではない

幹部OBの老後のために
毎晩深夜まで駆けずり回っている自分の愚かな姿に気付け!

おなじ汗をかくのなら
日本国民の生活向上のために
そういう幸福指数世界一の国家体現のために
いま一度思いを巡らすべきだろう

国民の敵になるか
それとも味方になるか

今こそ時代が変わるときだろう


   さらば財務省!―官僚すべてを敵にした男の告白 さらば財務省!―官僚すべてを敵にした男の告白

なんか聞いたことあるなwww

コメント

テレ朝の卑劣さ

民主党の渡辺副総裁人事案拒否に賛同!!ここがひとつのつっぱりどころと見ていたので、ここは小沢党首G.Jです。7人の造反なんぞ想定内でしょう。それにしても、テレ朝のニュースでの取り上げ方がまたしても問題かと。「7人もの造反者」、「小沢代表の求心力に疑問符」・・・。スバラシイ!見事なまでの財務省寄りな報道姿勢!!まあ、テレ朝に限らず大手メディア全般に言えることですが、そうやってまっとうな国民の支持を失ってゆくのが解っていない。随分前から信用していないけど、地上波。小沢代表は財務省の日銀支配の慣例を取っ払って見せた。インチキ道路公団カイカクのコイズミとは中身がまったく違う。テレ朝逝ってヨシ!!

  • 2008/04/09(水) 21:51:53===
  • URL===
  • written by bronks
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/1575-0317228b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。