ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【気を引き締めるどころかユルユルの国防大臣】 キャンディーズゆうてる場合じゃなかろうに。 @平和ボケ脳内お花畑呼ばわりがお好きなカタガタは石破の緊張感の無さは華麗にスルーの権力御傍で安心かね

こいつね、本気で不適格だと思うよ
イージス艦「事件」の件、全然終わってないんだけどね

不祥事起こした会社の社長が
ユーザー、株主の前でへらへらしてたら
おまえ状況わかってんのかって怒り心頭になる
「危機管理」の初歩も解かってない防衛大臣。
もうその場にいちゃいけない不適格大臣。


簡単にマスゴミの誘導尋問に乗りやがって。
深刻な事態はまだ続いているって意識が皆無だね
お調子者の単なる馬鹿か?
少なくとも国防を纏め上げるだけの気概も資質もないと思う
tips
キャンディーズに学べ!? 石破大臣が閣議後の会見で熱弁
 「心一つに熱狂できた」「政治、内局、制服がいつも一緒にいて楽しいね」。石破茂防衛大臣は4日の閣議後の会見で、一時代を画したアイドルグループ、キャンディーズが解散して30年の節目に触れて、自身のキャンディーズ論と、3人のハーモニーが防衛省にも必要との独自の考えを5分以上にわたって、延々と披露した。
 キャンディーズの熱狂的ファンを自認する石破防衛相は「今日は解散30年の節目だが所見は」との記者団の質問に、「所見ね」とニヤニヤしながら「心をみんなが一つにして熱狂できた。あの時代をすごく懐かしく思う」と語った。
 さらに、3人のハーモニーと防衛省のハーモニーについての考えを求められると、「政治家、内局背広官僚、制服自衛官」を3人になぞらえ、「外だけうまくいっているように見えても内実違うというのはあまりいいことではない、本当にみんなが政治家であり、背広官僚であり制服自衛官であっても、国の独立と平和、国際の平和と安全とかに心一つにしてやるんだよ、本当に政治と内局と制服が一緒にいて楽しいね、いつも一緒にいたいねというもの」などと制服と背広の融合など防衛省の組織改革になぞらえて独自のキャンディーズ論を展開した。
 会見の主なやりとりは以下の通りは次の通り。
                     ◇
 -キャンディーズが解散して今日で30年という節目だが、ファンを自認する大臣としても感慨はひとしおと思うが所見は?
 石破大臣「30年前、本当に20歳でみんなが一体となれた、そういう心をみんなが一つにして熱狂できた。あの時代をすごく懐かしく思うし、30年といってもなんとなく、ふっとあのころに戻れちゃうという意味で感慨はある。いろんな見方はあるんでしょうけど、ああいうものにみんなで心を一つにして夢中になれた、こういう気持ちが30年経てもう50すぎてもあっていいんじゃないかと思う。あのころ自分が持っていた夢とかやりたかったことそういうものに照らして今の自分はどうなのかということで、後悔もあれば、寂しさもあれば、でももう一回頑張ってみようかなみたいなこともある」
 -大臣が一番好きなキャンディーズの曲は?
 「それはみんなそれぞれの好みではないですか。みんなでそれこそ乗りよくなるなら春一番でしょうし、自分でうたうとかみんなでうたうにはいかがかと思うが、聞いてみて、いいねと思うのはいろいろあります」
 -キャンディーズは3人のハーモニーと言うことですが、防衛省のハーモニーはどうなのか
 「それは、物の本で読む限りにおいて、実際は知らないが、本当にいろいろなコンサートツアーなんかでも3人いつも一緒にいたそうで、外目にはハーモニーがよくて、仲良そう見えても、人に触れていないところでは口もきかない、みたいなことじゃなくて本当に3人が心一つにしてやっていたというのが、(悪い)裏話みたいなものが出なかった一番の所以ではないかと思う。等身大の、また外と中が違わないというのが多くの共感を得るために大事なことだと、牽強付会的に言えばそういうこと。政治家、内局、制服を無理矢理つなげれば、外だけうまくいっているように見えても内実違うというのはあまりいいことではない、本当にみんなが政治家であり、背広官僚であり制服自衛官であっても、国の独立と平和、国際の平和と安全とかに心一つにしてやるんだよ、本当に政治と内局と制服が一緒にいて楽しいね、いつも一緒にいたいねというもの。寝起きをともにする必要はないが、そういうものが多くの人の共感を得るのでは、外と中が違ってはいけませんよと。なんとなく無理がありますが」

4月4日11時38分配信 産経新聞

カラオケでキャンディーズメドレー熱唱マイク独占とか、小指立てて防衛官僚、SP連れまわして迷惑千番プライベートを報道?されてたけど、個人の趣味はとやかく言わない

浮ついた危機感ゼロの危機管理担当大臣を「誘い出す」マスゴミ質問だということはわかってコメントしてるんだろうな?
え? イシバシゲルよぉ!

勇ましい系のカタガタはこんなのを国防のトップに据えておいて恥ずかしいとは思わんかね?

メディア・ハニートラップに簡単に誘惑されるヲタ大臣
「その手には乗らないよ」とひと言いうだけで、もうそれだけで気を引き締めているのが演出できるのに。
「責任を果たすまでは浮ついたリップサービスは封印します。」なんて言うこともできない尻軽オタクは脳みそも実に軽そうだ。
ビシッと決めて「おおぉ~」って言わせて貰いたいもんだが、雨降ってきたからと艦内に入って見張りサボってたり勝手に当直の人数減らしたりしてる最新鋭イージス艦の尖鋭乗組員を叱る資質も持ち合わせていないと、大臣自ら防衛省全体のゆるゆる度を国民に示して見せる愚かな行動
北朝鮮のミサイルだ、核搭載テポ丼だ、中国脅威論だとガーガー喚いているばかりで、「恐怖煽るだけの心霊商法」でしか危機感緊張感を示せない低脳ぶり

隙を見せない危機意識の高さってのはこんな軍事ヲタお坊ちゃん国会議員には無理な要求か。
無理ならさっさと挿げ替えろ!
カイカクごっこで居座らせるな!
結局クビも切れない官僚言いなり組織防衛でしか自分の居場所も確保できない石破茂
勇ましい系の方々は本当にこんなのでいいんですか?

嗚呼、大臣という言葉がどんどん軽くなっていく
もはや大臣と言うだけで蔑まれる言葉に変容しつつある

「末は博士か、大臣か。」なんて以前は日本中で言っていたもんだがね、、、
「末は博士ね。大臣じゃ‥‥。」なんて自民党「世襲議員の群れ」腐敗政治の集大成。
なるべくしてなったし、自浄能力なし

すかさず斬るべきじゃないんでしょうか?

福田康夫とセットでこりゃもう
史上最低の危機感ゼロ内閣。




   CANDIES FOREVER CANDIES FOREVER / キャンディーズ

コメント

余人を以って代え難い人

石破大臣は米国にとって余人を以って代え難い人なのでしょう。イージス艦事故直後に起きた、その後の対応を見てもロス疑惑ポルノと言われても仕方が無いような三浦さんの逮捕。米国にとって石破大臣が余人を以って代え難いことを想像させます。
米国に今後どれだけ貢ぐのか末恐ろしい石破防衛大臣です。こういう人物は、出来れば増税ばかりの自民党に愛想を尽かしている鳥取県民の力で、次期衆議院選挙で確実に落選させて頂けると、日本国民全体の国益にもなり、一安心出来ると期待しているのです。

  • 2008/04/10(木) 10:04:22===
  • URL===
  • written by scotti
  • [ 編集]

TBが通らないので、。

一昨日の小沢・福田党首討論は面白くて必見。ウータンが自身を「可哀想なくらい」と嘆いてみたり、青筋で今にも切れそうだったり、(笑)
http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2008/04/post_d6ab.html

アップしました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/1577-2f08f887

種と牙

 私は都会で戦っている。少なくてもそう思っている。しかし、その敵が目の前にいる訳ではなく、制度や利権や法律であったりする。  毎日のビジネスでの葛藤も含めて、全てのニュースに怒りをおぼえない日はない。  頭脳は冴え渡り、疲れ果て、そして、家路に着く。  

  • 2008/04/10(木) 11:42:20===
  • 関係性
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。