ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公明党下野、そして政教分離が日本奪還の喫緊の課題 @日本人自殺者3万人"高止まり"と、創価学会による日本支配の奇妙な符合

半島カルトの統一教会も、通名教祖支配の創価学会も日本人の富を朝鮮半島に吸い上げるための集金マシーンだってのは誰も彼もにお見通しなんだけど、この辺を書くとあっという間に「ばれてないと思っているのは自分だけ」カルト狂信ブログ書きとかしょんべんダッシュの偽装人格コメンターが粘着始めるからホント愉快でたまらない

でまた奇妙な数字を見つけたロスト・アンド・ファウンド
ま多くを語る必要もないかもね

創価学会国政支配と自殺者急増高止まりの怪

バブル崩壊で「失われた10年」は2万人アベレージ
そっから一気に1万人のトッピング
このジャンプアップは何?

貧民大量増産で、
 救済するのは仏法騙り?

「失われた10年」よりもよっぽど酷い連立与党・公明党による少数支配
究極のマッチポンプ

どうせクソムシネット工作員は偶然とか陰謀論とかって言ってお茶濁した気になれるんだろうな (藁藁藁
必死なお役目ゴクロウサン

公明党の少数連立国政参加により、「高止まりを見せる自殺者数」と
「失われた10年」よりももっと酷い国政が行われている現実を
ダイスキだという論理的思考を以ってして説明せよ

ホント笑かしてくれるのは論理論理と言ってるやつが
論理的思考を標榜している人たちのまわりに纏わりついて気持ちよがってるだけで
自らをもって論理的に振舞うことができてない愚かしさ
気付いてないみたいだから、駄菓子のような脳みその限界なんだろうけどね   (ジツニカワイソス

小泉"以降"に対米売国、日本国民制裁が「加速」されたのは間違いないんだけど、強行採決連発も含めて「止められるのに止めなかった公明党」ってのは動かしがたい悪政の事実の積み重ねであり、こんなのが政界再編後もキャスティングボードを握ろうって魂胆が日本破壊のなにものでもない

王様の王冠 ふっくら 中世ヨーロッパ ヨーロッパの歴史成りすまし半島人が個人の支配欲で成り上がり国政の中心にいる間接支配こそが許し難き事実であり、中国のコキントーが天皇についでなんで「宗教者であるはずの」池田犬作なんかに逢うのかホトホト理由付けができないんだが、コッキントーが本音を出して池田犬作に面と向かって「あなたは優れた政治家だ」なんてオベッカ使ったわけなんですが、これを「政教分離の憲法違反でヤバシ」と思った自公政府と外務省と御用マスゴミが慌てて情報統制火消しに廻ってたなんてことは「日本個人支配の不都合な真実」ってやつだとかえって吹聴して廻っているようなもんだな
挙句に自分で「庶民の王様」なんて言ってんだから、まったくもって姿を見せない秘密主義の裏ッ側では王冠のコスプレくらいしてるのかもしれない

衆議院解散総選挙と、東京都議会選挙が重なるのは困るといって吝かでない公明党の選挙戦略が「フクダが持ってるはずの解散の時期を公明党が握っている」と毎日のようにニュースで言っている既成事実なんだけど、

選挙が重なって困る公明党って
どんだけ選挙で『無理』させてんだよ


創価学会カルト狂信者総出で
ヒトつかって
カネつかって
自由意志を束縛してでも
「連れ出し選挙」とか。
「住民票大移動」とか。

全国の国政選挙と
東京都議会選挙と
重なって困るって話をするようじゃ
そりゃ住民票を東京に集中させるか
別の地域に移動させるか
判断に困るといってるんでしょうかねぇ?

「疑惑」を自ら証明しているおバカさ加減

宗教カルトの日本支配を許すな!


   カルトとしての創価学会=池田大作 カルトとしての創価学会=池田大作

コメント

介護保険制度導入当時

私の実家の近所はナンミョー信者が結構いまして、介護保険制度導入当時、店のお客のナンミョーに、父が、「なんで福祉の公明党がこんな社会保障の理念に反する制度に賛成するのか?」と尋ねたところ、「使命が変わったから」という明確wな答えが返ってきたそうで、「洗脳集団は・・・」と呆れていたのが思い出されます。物凄く解り易い棒グラフ感謝!なのですが、やはり「福祉破壊の公明党」決定ですねwww

  • 2008/07/30(水) 19:57:09===
  • URL===
  • written by bronks
  • [ 編集]

学会員に思う

選挙前になると厚かましいお願い行脚にうるさい学会員が多い事実。
それに、何かあれば すぐに「議員さんに頼めばいい」という考えの学会員も多く、それは政教分離じゃない。
学会員は、お題目だけ唱えておけばいいのであって、政治は無関係。

仏敵を攻撃批判し、己の功徳のために執拗な折伏活動をする。
「言いたい奴には言わせておけ」という広い度量はなく、批判的な者には弾圧と攻撃。
それらは、もっともらしい美辞麗句の教義を信じ、自らの力では いつまでも苦悩を克服出来ず、または他力本願の姿勢で現世利益を求める甘えた考えから逸脱出来ずにいる信者達の思考を具現化している。
俺には、そんな姿が不細工に見える。
また、三色旗の平和は理解できるが、栄光と勝利というのは創価学会の本質を表しているとも思う。

  • 2008/08/01(金) 20:54:32===
  • URL===
  • written by ゆう
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/1634-e388231b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。