ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脅威!グーグルマップ・ストリートビュー @googleの技術と資本の超絶と、真っ先に有効活用する連中の悪寒。

すげーぞ、street view。
google mapからタグを叩けばすぐに見れます

うちも、実家も、かあちゃんの実家も丸見え

よくもまー全包囲で。

プリウスの頭に全周囲カメラ積んで走り回って画像情報収集とかって横にgoogleの派手なステッカーの車を見たことあるけど、まさかコレほどまでの絶大情報量をサーバーで公開するとは思わなんだ
せいぜいが渋谷の繁華街とか名所公園周辺とかそんなもんかと思ってたんですが、まさか「うちの窓まで全世界公開」とわ。。。

さらには入り組んだ細街路まで行っているようで、ストリートビューのタグ切替で青い線で表示されているところは「丸裸」です。

アメリカでは目抜き通り沿いの自宅室内で変態プレーに勤しんでいた人が家の中まで写されたプライバシー侵害だと変態のくせにお怒りでgoogle社を相手に損害賠償請求裁判を起こしているらしく、なんか似たような話を以前書いたような記憶もあるんだが、たしかに変態癖の人を筆頭にwプライバシーに配慮は必要で、顔をぼかしたり人を画像処理で消したりしている痕跡は見受けられる

そうは言っても人海戦術でやっているのか、はたまた機械にやらせているのか「消し溢し」も多数散見。
間抜けな面してラブホに入っていくのは不倫だったりしたらそりゃもう人生ご破算でしょう

でもって、お金持ちのグーグルせんせがお金を唸らせながらクルマで採取した膨大な生画像をパノラマ写真よろしくシームレス風につなぎ合わせて、360度頭の真上まで見上げられるようにして飽き足らず、なんと足元まで見えちゃうってんだから自分が歩いててもこうはいかない幽体離脱のオカルト世界。
ずっと下を見ながら移動して「500円玉見つけたっ!」って時には嬉しいんだか悲しいんだかのサイバー地見屋稼業の究極のエクスタシーは果たしてどんなもんなのだろうか。
ともあれこのデータをぜんぶサーバーのハードディスクに置いておくって言ってんだからフツーに考えると正気の沙汰じゃないんだけど、カネモッテンドーって言うからにはこのくらいスンゴイことやってくれないと「次の世界」は開けない

最近、大手企業のやる事といったら、なんだか知らんが中小企業を通り越して個人商店がやるような細かい商売にまで手を出してホント情けない経済不合理性。
おまえらヒトとカネ持ってんだから「隙間はしっかり開けとけよ」って話。
そんなチンケな大企業を冷たい視線で蔑みながら、なかなか豪気な無料解放を見せていただけましたとさ。

でもって暇を持て余しているんだろうか、ネット雀の大群はすでにいろいろあら捜しをはじめて話題に事欠かない模様。
老婆の死体なんか見つけんなよwww
老婆01老婆02
まだ置いてあるかどうか見にいかれる奇特な御仁は、必ずお供え物か救護用食料を持っていくこと

ここでひとつ懸念を申し添えておく
「プライバシーに配慮している」ってグーグルは豪語しているけど、たしかに人の顔はぼかしている(消し忘れもある)し、看板はともかく表札の類も判読不能になっているものが多いようで(知人宅しか見てないけど)、そういう一定の配慮は認めるとして、「クルマの見本市状態」になってるんですがこれってヤバクね?
『位置情報つき中古車カタログ』のすがすがしい様相。


5重ロックかけてた新車のCB1300SFをやられて以来、セキュリティ・オタク化しているんですが、いろいろ聞き及ぶに盗っ人集団は普段からどの駐車場にどのクルマがあるのか探しながらリスト化して、「注文」来てから「漁場」に行くんだそうだ

そういう話を考えると、グーグル様の最新技術ってさ、ドロボーどもが合理化省力化できるって一番喜んでるような気がしますが。。。
月極め駐車場に停まってる車、ぜんぶ消せってこりゃもう大変な労力だし、日本の自動車所有事情からすれば虫食いボカシだらけで成果物が見れたもんじゃなくなるって惨い見積もりもあるんでしょうが。
ま悪いのはドロボーどもであって、「科学はそれを用いる者によって善にも悪にも変わる」なんて科学者のいつもの詭弁を、「技術」に読み替えておけばいいんでしょうか?

まそう言うドロボー対策ってのはリスト作らせないように自動車カバーやバイクカバーを普段からしっかりかけておいて、剥がさないと車種判別できないようにするというのが基本らしいし、お中華半島出稼ぎ自動車窃盗団の覆面インタビューでは「100万円も200万円もするものを野ざらしにして置いてるのは日本くらい。よりどりみどり、持っていってくださいって言われているようなもんだ。」とその場で絞め殺したくなる被害経験者もいっぱいいそうなコメントをしておりました

そんなわけでカネモッテンドーgoogleにおかれましてはその金使ってシコシコ1台ずつ車を消していただくのが最良の対策なんですが、どうせ唸るようなカネで最強弁護士団雇って被害者弱者を叩き蹴散らすことに邁進される所存でございましょう

個人的には「犯罪者潜伏マップ」とか、投稿型の持ち主不明自動車、バイク、自転車の「ロスト・アンド・ファウンド」やったり(それこそ持ってかれるか?)、「タレコミ情報で犯罪者撲滅」に金使ってクリーンナップ・クリミナルな絶対領域になってくれたりするとお金の使い方としては最高のお手本になると思っているんですが、それができるかグーグルせんせと言ったところです。

以上。


   グーグルとウィキペディアとYouTubeに未来はあるのか?―Web2.0によって世界を狂わすシリコンバレーのユートピアンたち
  グーグルとウィキペディアとYouTubeに未来はあるのか?―Web2.0によって世界を狂わすシリコンバレーのユートピアンたち

コメント

>内緒コメさん

もう聴いたよ
よいよね

  • 2008/08/07(木) 15:09:16===
  • URL===
  • written by interceptor
  • [ 編集]

ファシズム、監視社会の道具

オーウェルの1984ですか?
google mapも監視社会の道具ですな!

ファシズムはすぐそこにまで迫っている感じだし、ヤバイですな。
ま、小泉内閣と奥田経団連が内需を壊したから、外需が不振になれば「戦争需要」しかないのは分っているし、その為にはファシズムは必須。

道州制導入とか解り易くて、笑ってしまうぜw

これは怖い・・・

なんか実家の映像とかモロなんですけど・・・。これは便利なんていうシロモノではなく、正直怖いですね。ネット規制とかほざいている与党が、こういうデバイスにだけは喜んで食いついてくる予感が・・・。

  • 2008/08/07(木) 21:33:56===
  • URL===
  • written by bronks
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/1645-0f22ad2f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。