ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壮絶なる鬱展開スタート。。。 @マクロスFRONTIER 第18話「フォールド・フェーム」

「あなたは死ぬのよ。  シェリル。」
MF1802.jpg
いきなりこれです。 ><

MF1803.jpgMF1804.jpgMF1805.jpg
グレイスの訣別宣言(用済み宣言)にショックながらも脅しには屈しないと強気で頑張るシェリル嬢にグレイスのさらなる追い討ち。
グレイスのこの振り向き方、コワカッタッス。。。(@ホラー系)

ギャラクシーの貧民窟で棄てられていた孤児シェリルの過去まで遡る

ルカも黒く染まるようで。
キノコ頭レオンと大統領補佐官室で密談。
「ボクラの目指すものに賛同してもらえたと思っていいのかな?」
「ボクは守りたいだけです!」
「何を? プライドをか?」
「違いますっ!」

どうやらランカを「活用」した作戦はルカの立案ということで、バジュラの急襲に「何でこんなタイミングで。ボクの作戦が台無しだ」なんて言ってるルカ。
「ボクの作戦」ですか、あーあ。
MF1807.jpgMF1808.jpgMF1809.jpg
作戦名「シンデレラの角笛」、OPERATION CINDERELLA's HORN だそうで。

「ルカ君もいくの? でも早乙女君もミシェル君もいないのに、ルカ君ひとりじゃあ。。。」
ナナセへの想い溢れて決死の出陣前に告り寸止めに、この言葉は歯を食いしばっちゃう半ズボンの御曹司。
まったく悪気もなしにルカをミハエル、アルトより下に見たようなナナセのひと言が(@第14話)、こんなにルカを思い詰めさせていたなんて 。。。嗚呼、青春。(笑)
雑居脳の黒グレイス軍団と、陰謀屋志望のキノコ頭の筋書きを補完する立ち位置に自ら進んでなりました。
そのナナセは生真面目な一面からランカを応援したい一念ともあいまって自らスタイリスト(衣装デザイナー?)として売り込み、グレイスにチームの一員として採用されてます。
あとでルカの葛藤、心変わりに、ナナセ人質「命の危機ルート分岐」なんてのはヤダシです。

ところで流行ってんですかね? キノコ頭。
MF1806.jpg
キノコ・ヘアーだとか、カリブト・ヘヤー‥‥ぢゃなかった兜ヘアーだとか。。。
レオンもかなり個性的だと思ってたんですが、じつは単に流行に流されやすいのでしょうか?

クランはミハエルと名探偵コナン中。
「身体は子供でも頭脳は大人」www
おっきくなったらスッゴイんだから。


ところでミシェルは耳のとんがり具合からゼントランだと思うんですが、バトロイドで大クランを誘わずにマイクローンマシンで自分が巨人化すればいいのにと思うんですが、「本当に想っているからこそ言えない事がある」は、自分の想いの投影なんでしょうか?

んなわけで残念ながらテレサちゃんは登場しませんでした。(笑)
クランの逆上くらいしかシーンが思い浮かびませんからどうでもいいんですが。

グレイスがシェリルに飲ませていた「あのクスリ」は、受容体ブロッカーだそうで。
そんなすらーっとした金髪の姿なきテレサちゃんの話では、「V型感染症の対症療法薬として期待されており、根治姓はないが症状を緩和する。ただし引き換えとして発熱や嘔吐、悪寒といった副作用がある」んだそうだ。 サンクス、テレサちゃん。
ということはグレイスの処方はそれはそれで正しい服用だったと言うことになるんですが、生かさず殺さず採血サンプルにょろにょろすり替えなわけですね。でもだったら成長過程でずっと吐き気とめまいなはずなんですがその辺アマーイなところはご愛嬌で。
とりあえず前回ミシェルのロッカー扉の裏側にビニール袋のテープ止めで保管されてた「証拠品」でしたが、クランと情報共有で死亡フラグは解除ってことでよろしいでしょうか?
ミシェルが暗殺されて、「遺品整理のためにロッカー開けて一番見つけやすそうなところ」って演出がなんともかんともヤバシだったんですが、ミシェルもそういう自覚ってことでよろしいでしょうか?
ミニ・クランともどもピーンチってのもあんまり見たくはありません。(大は強そうですが。。。)

「V型感染症は体液血液感染型。よほどのことがない限り人には感染(ウツ)らないはずだが。。。」と大学生モードのミニ・クランが言う。生物学が専門とどこぞの設定にありました学究の徒。

コスモ・ネーチャー、2047年11月号
「V型感染症の対処と予防」
論文執筆者
第117調査船団 プロジェクトリーダー Dr.マオ・ノーム
共同研究者 ランシェ・メイと、グレース・オコナー
MF1801.jpg
2053年ギャラクシー船団で発表された追論文
「実際の患者レポート」
MF1812.jpg
治療と称しているようだが、人体実験なのでは?
身寄りのない子供を適当に拾ってきて弄くり倒す悪魔の所業。
ギャラクシー在住はグレイスだけが確定だし。(ランシェがランカの母親だとすると身内は全員死亡だし、マオはいまのところ一切触れられてない)
「V型感染症は体液血液感染型。よほどのことがない限り人には感染(ウツ)らないはずだが。。。」、クランの言葉に重なるシェリルの過去。
第117調査船団はV型感染症の研究成果を強奪するために沈められたのか?

GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0 Blu-ray BOX 【初回限定生産】雑居脳グレイスが中心的黒の背景が炙り出しで出てきます。
偶発か?謀略か?第117調査船団の「バジュラの襲撃」はオズマも目撃しているんだから捏(つ)くられた記憶ではないとして、草薙素子のようにネットの海に身を投じ、擬体でリアルを弄くる道を選んだ研究者グレイスのフォースの暗黒面に墜ちた瞬間なのでしょう。。。
フォールド・クオーツの発見が人を狂わせる
プロトカルチャーでも成し得なかった超銀河文明の扉を開ける「鍵」となる。。。
そんなところでしょうか?
ランカ、こっち見んな!
MF1823.jpg
「いいから早く軍を出せ。楯くらいにはなるだろう。」
これが大統領の言葉ですな。

「守りたい人がいるから」って軍に入ると
いいように使い棄てられちゃう悲しい現実。

MF1819.jpg
ランカ、こっち見んな!

楯A、戦死。
MF1821.jpgMF1822.jpg
タテデス。 為政者どの、コレデヨロシイデショウカ?

さてさて戦闘種族バジュラの驚異的な「群体ネットワーク」と「ポケモン並の進化」で何度か使った兵器はそれほど時をおかずに無力化、抵抗力を増されてしまうことが判明した前回
戦争の業でありまする「相手よりさらに強い火器開発」はボトムラインということで、とりあえず投入。
バトル・フロンティア。
MF1813.jpgMF1814.jpgMF1815.jpg
「高指向性のフォールド・ウェーブ・アンプと、正面には3重のピンポイントバリアーが設置」だそうで。
「我々の希望のランカ・リーのためにぶっ倒れても長距離フォールドまでに完成を間に合わせる」といってはりますし、黒い作戦のためにグレイスが振付けている模様で、せっかくの巨大兵器にも少々鬱。
最高装備の反応弾ミサイルまで通じないバジュラの襲来に希望を失って戦闘するSMS部隊に、一筋の光明か。いきなし主砲発射。
MF1816.jpgMF1817.jpgMF1818.jpg
バジュラ、焼かれてるし。

と一難排してみんなでスタコラサッサと超長距離フォールドに入った安堵の感も、なにやらバジュラの蛹(さなぎ)のようなもんが船団のどこかの隙間にくっついているようで、そりゃもうフォールド・クォーツ内蔵の「バジュラン・ネットワーク」的には筒抜けということですね。
たしかにあんな大勢が住まえる移民船団だから馬鹿でかいのはともかくとして、センサーとか使って監視とか警備とか保守とかしてるんでしょうから、サボってないでちゃんと見つけなさい。
たった一つのお間抜けで人類滅ぶという好例ですな。

でもってシェリルを助けたのは、唐傘アルトに思いっきり吹いたんですが、どっから調達したのかと思った唐傘の雨音しっかり入っていてナミダモン。
でその幻影の正体はなんと矢三郎にいさん(兄弟子)ですか???
MF1826.jpgMF1827.jpgMF1828.jpg
「アルト、アルト」って言ってたしシェリルはアルト(の幻影)に助けを求めたはずなんですけど、「彼女は私に助けを求めました」っておいおいって感じでタクシーで拉致る矢三郎。かなりの無理を感じますが、アルトの抵抗をスクランブル呼集で強制イジェクト。

ふぅーぬ、ご都合主義の偶然イベント発生はみなさんによると「超展開」って言うらしいですが、マクロス風の「後から筋に乗せる」(伏線って言っとけばいいですか?)脚本だと、実は各種陰謀を裏で操っているのは早乙女一族だとか、アルトの父、早乙女嵐三が床に伏せっている病は実はシェリルと同じV型感染症だったとか、黒グレイス雑居脳軍団の陰謀を阻止すべく何故だか知らんがリチャード・ビルラーと手を組んでまずはシェリルを救出しようって正義の早乙女軍団で、家を飛び出して戦闘機乗りになった実はアルトは知らず知らずに掌の上だとか、、、有りそうのないところから潰しておきます。(笑)

ま、「和装シェリル」を見せたかっただけって方に1000点、です。
MF1824.jpgMF1825.jpg
矢三郎がシェリルとアルトに割って入ってトライアングラー。。。は、ま釣りでしょうね。(笑)
戦闘機と芝居と自分。
シェリルとランカと自分。
人生ゲームは運命の分かれ道だらけですから。
兄さんからの説教でしょうか?
兄さん、黒かったらこれはもう面白いんですが。(ウソ笑)


そんなこんなの鬱展開に耐え切れないバサラ教信者の方々が騒ぐのはわかります。
「壮絶なる鬱」のあとにくる「比類なき躁」
‥‥いや「爽」あたりで。

「突き抜けない程度に」ピンそばアプローチ願います。
無理か? マクロスだもんね。


   マクロス・クロニクルバインダー 2008年 8/7号 [雑誌] マクロス・クロニクルバインダー 2008年 8/7号 [雑誌]
   MACROSS CHRONICLE (マクロス・クロニクル) vol.1 [雑誌] MACROSS CHRONICLE (マクロス・クロニクル) vol.1 [雑誌]
   MACROSS CHRONICLE (マクロス・クロニクル) vol.2 [雑誌] MACROSS CHRONICLE (マクロス・クロニクル) vol.2 [雑誌]
   MACROSS CHRONICLE (マクロス・クロニクル) vol.3 [雑誌] MACROSS CHRONICLE (マクロス・クロニクル) vol.3 [雑誌]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/1647-c015e8ff

マクロスF 第18話「フォールド・フェーム」

博士「戦慄の戦力外通告・・・」 助手「恐るべし17歳・・・」

  • 2008/08/11(月) 23:24:30===
  • 電撃JAP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。