ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自民公明党政権という不良債権処理を! @「小泉バブル」の後に残ったのは、安倍晋三政権、福田康夫政権、麻生太郎政権という不良資産のオンパレード。

「小泉バブル」ってマヤカシの5年半の跡に遺ったのは、
見事なまでの不良債権の屑の山。

小泉純一郎
安倍晋三
福田康夫
麻生太郎

どれひとつとっても、ひどいメンツ。
親血縁の絶大権力公金不正蓄財で、子供の頃からなに不自由なく
税金で遊んできた連中
親血縁の利益既得権者どもに担ぎ上げられて、実力もないにもかかわらず
国の頂点に座し見下す連中

世襲政治の悪いところの純粋培養のような
自民党腐敗政治の集大成

まさしく不良債権そのものだ!


日本は「失われた10年」で不良債権処理を遅らせた
経済失策の轍(わだち)

日本は「小泉バブル崩壊後」で不良債権を温存延命させている
政治浄化失敗の轍

1日たりとて待つことはできない!
麻生太郎自民党政権という不良債権を
小泉"以降"自民党議員という
公明党創価学会という一緒に入れて置くだけで腐る
そういう政治的不良資産の一掃をしなければならない!

『麻生下しの風』が吹いている!
自民党のコップの中の権力争いの話ではない
国民がもういいかげんにしろって
『自民創価公明下しの風』を吹かせているのだ!


日本の再建を望むのであれば
政治の世界の不良債権を
いますぐにでも一掃処分しないといけない
1日足りとて猶予はない!


   無法経済の主役たち―「頭取・社長」という名の不良債権 (講談社プラスアルファ文庫) 無法経済の主役たち―「頭取・社長」という名の不良債権

   不良債権はなぜ消えない 不良債権はなぜ消えない

   日本「最後」の不良債権―農協ビッグバンと農林系金融の闇を読み解く (別冊宝島M) 日本「最後」の不良債権―農協ビッグバンと農林系金融の闇を読み解く

コメント

コイズミタケナカ路線本日完全終了

とうとうアメリカ発のネオコンブッシュとその仲間発・コイズミタケナカ経由の金融立国路線w終了。で、実態経済の何倍にも膨らんだ債券市場のリセッション突入に際して、その張本人達に対する断罪を強く希望したいです。国内では、コイズミタケナカ(高飛び注意!)とその御用なヒトタチ、そして自公政権が対象でしょう。さっさと国政の中心から退場しろよな。

  • 2008/10/07(火) 21:54:56===
  • URL===
  • written by bronks
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/1724-dc1f4b27
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。