ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孫さんが死んじゃう。。。    @www  「信用 "買ってきて" レバレッジw」の損不正義商法の終焉

ん目出鯛!

やわらか銀行の11月危機ってのは春先くらいからまことしやかに言われてきてたようなんだが、相変わらずどっからともなく金引いてくる損禿マジックなるものがあるから大丈夫というお気軽なSB幹部の浮世舟さ加減とは裏腹に、かなり必死の小銭集めの金策が看て取れるんじゃねという話。
tips
Yahoo!プレミアムが12月より値上げ。月額料金は346円に
 Yahoo! JAPANを運営するヤフーは8日、有料会員サービス「Yahoo!プレミアム」の利用料金を12月1日に改定すると発表した。これに伴い、現行の月額294円から月額346円に値上げされる。
 Yahoo!プレミアムは、Yahoo!オークションにおける本人確認システムを母体に、2003年7月に開始した有料会員サービス。10月8日時点での特典は、通常特典が31種類、期間限定特典が6種類で、パートナー企業による特典も提供している。
 現在の月額料金は294円で、会員ID数は714万件(8月末時点)。今回の価格改定についてヤフーは、Yahoo!プレミアム会員向けに配信する特典動画などによるトラフィック上昇に対するサーバー設備の増強コストのほか、Yahoo!プレミアム向けの特典調達費用、人件費が増加傾向にあるためと理由を説明。値上げに伴う増益は、単純計算で年間42億円を見込み、得られた利益はサーバー増強費用などに割り当てるとしている。
 同社では、価格改定に伴った新たな特典6種類の提供を順次開始。このうち、「Yahoo!オークションのシステム利用料が毎月10回まで無料」と「よしもとお笑い動画、劇場割り引き」の2特典は、すでに開始済み。
 また、12月には「オークション出品者優待制度」や「月額105円のフィッシング詐欺対策ソフトの無料提供」などを開始する。このほか、2009年3月をめどに「Yahoo!ミュージック サウンドステーションのオンデマンド再生機能」も開始する予定。その上で、継続的に特典の追加を進めていくとしている。

10月8日14時30分配信 Impress Watch

ひと声42億円捻出だそうで。
「かんたん搾取装置」、ヤフーオークション。

サービス向上とか嘘八百。
だいたい月10回無料なんてのは幾度もキャンペーンでやってたことだろうが。
無料キャンペーンを有料化したって言えよ!

それでなくても出品料、オプション、落札料などなど、ことあるごとにかすめ盗る商法。
成功報酬か、定額か、はっきりさらせっ!


折りしも外資人喰い人種の大量死の真っ最中。
キャット空中三回転ひねりの禿頭頂着地頭蓋骨陥没骨折というところでしょうか?

12月からってのがなんともねー
間に合ってないじゃんっておもうでしょ
損禿マジックは一味違う
「12月になったらこんだけ収益上がりますから」ってやるのがいつものパターン。

ホワイトプランの0円攻勢だって、サブプライム問題と一緒なのに気付きません?
与信なんかカンケーネーで、0円だったら買うってローンとか分割払いとか借金返しとかよくわかってない若者いっぱい集めてきて、「まだ回収されてない債権をファンド化する手法」で儲けだけ先取りの『金融工学(笑)』
リスクの分散? ホントお口が上手よねー、アナタ。

1兆7000億円といわれた空前のボーダフォンの買収劇だってLBOと証券化ぢゃなかったっけ?
要するに看板と証文だけで、「キャッシュ要らずの自転車操業」が可能って奴。
「信用"買ってきて"レバレッジ」 (笑)
知恵と頭髪の等価交換。
悪魔と魂の売買契約でしたか。
ホリエモンも憧れる存在。w


さてさて預金創造とか信用創造って政府公認の詐欺的手法は、「取り付け騒ぎ」で息の根止まる
ユダヤとかニダヤのもっとも恐れること。

とりあえず毎月無駄に300円払ってる「休眠ID」を退会するのが一番ですね
ネット企業の生命線の「x会員数」ってやつが少しでも減ると「掛け算で儲けるヤツラ」には一番効果覿面だ
当然ながらみんなのお財布にも優しいし、なにより無駄なものは無駄として節約の対象ですから嫌がらせでも何でもありません
自民公明党政府による日本国民に対する経済制裁中の昨今、生活防衛の当然の行動。

ただでさえ、ヤフーオークションはYahooショップ系の怪しい業者とつるんでいるようで、定点観測しててもおかしいんじゃないって事が多過ぎる

一人の「業者」にバカみたいに複数ID発行して、基本料金口数稼ぎ
業者による「自作自演の競り上げ」放任して落札手数料稼ぎ
たまに自作自演の落札価格吊り上げに、「釣られてくれる」一般人をいっしょにカモるYahooオークション

特定の商品を買わないでずっと定点観測しててみな
終了間際に同じような値段で競りあがっていくのは機械のお仕事(笑)
落札者がいたはずなのに同じ商品が終了してすぐに再出品されている不思議の連続

Yahooに聞いてみたら
「いかなる入札価格の不正操作も認めておりません」
ってなかなか公正取引委員会みたいなしっかりしたご回答が返って来ましたよ
で実態把握はどうなんだろうね?

こんなのさ、まずは手始めにパソコン特定するいろいろなIT技術があるんだから、出品者と同じ「パソコンから」入札できないようにするってのはお茶の子さいさい
それさえしようってしない世界的Yahooってなに?
損不正義ヤフージャパンだから別?
悪徳業者と悪徳禿経営者が利害一致だから見て見ぬふりって「ビジネスモデル」特許申請中?
もう自民党が特許とってるかもよ(笑)

それよりも登録状況把握してたら決済用の口座とかカードとかで同一人物把握できるはずでそれをやらないシステムの会社ってのは一体なんなんだろうねぇ
まさかアレだけ無数のID持ってそうな出品者どもが使っているはずの、無数の他人口座や無数の偽造カードが見抜けないってのはそれはYahooの大問題なんじゃないかとそろそろ当局も動き出すことだろう

これだって「有料化」したときのお題目だったはずなんだけどねぇ
本人確認の徹底。
Yahoo税5%増税時のお約束。
実際に機能してないんだったら「金だけせしめた詐欺行為」なんだけど。
実効性の問題。

やっぱ悪徳業者の上前跳ねる半島商法ってのがアタリって見立てに10000点ですな


 ヒルズ系IT起業家 堀江・三木谷・孫 成功のメンタリティー
 ヒルズ系IT起業家 堀江・三木谷・孫 成功のメンタリティー

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/1735-f58b73d9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。