ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己責任社会の行き着く先。 @小さな政府の大きな負担。個人も社会もそして政府も、のおバカな世界を拒み続けろ!

なんかとても茶化す気になれないんだけど。。。
tips
ハロウィーンで訪問の少年射殺=強盗と思いドア越しに発砲-米南部
 【ニューヨーク2日時事】米南部サウスカロライナ州サムターの警察当局は1日、ハロウィーンの習慣で菓子をもらおうと自宅を訪ねて来た少年(12)を自動小銃で射殺したとして、殺人罪などで男(22)を訴追したと発表した。
 米メディアによれば、男はハロウィーンに当たる10月31日夜、ドアをノックした少年を強盗と思い込み、ドア越しに少なくとも29発の銃弾を乱射。少年は頭を撃たれるなどして死亡し、一緒にいた父親と弟(9つ)も負傷した。男は昨年強盗に押し入られて銃撃を受けたと話している。 

11月2日15時37分配信 時事通信

恐怖に駈られてキチガイのように29発もマシンガンを乱射した男。
年に一度のハロウィンの楽しいお祭り気分で「未知の他人とのワクワクするやり取り」を夢見た少年。
お兄ちゃんとお父さんと一緒ですっかり安心したニコニコ顔のまま凄惨な光景を目に焼き付けることになった弟。
そして「他人を信じること」を教えたかった伝統のハロウィンで、幼い息子を守ることができなかった父親。

それぞれの立場で思いを巡らす

喉元を掻き毟られるような気持ちが涌いてくる
社会との関わりをこころを開いて愉しむことさえできない世界

一般の家庭にマシンガンが普通にあるアメリカ社会
「自分の身は自分で守る」
西部開拓時代から脈打つアメリカ流儀
賊が重武装してくるから防御も重火器化しなければ
自分の身が守れないと言う。。。

当たり前のように一般人が銃を持っているわけで
当たり前のようにギャングも銃をもって徒党を組むわけで
当たり前のように警察組織も大量動員し、重武装化する。

自己責任の「小さな政府」主義が
治安維持に「大きな政府」を強いられる愚行。

そして個々人への負担は果てしなく大きい
自己責任という名の責任放棄。


結局、、、
そんなに銃器で儲けたいかっ!

マネーに躍る業界ロビーと政治家どもの創った国の形。
社会秩序を西部開拓時代のまま「個人の自由」に委ねさせ
ギャングの襲来か、トリック or トリートかわからなくなった社会

「当事者」以外遠いところでドルを数えて高笑い
イラクもアフガンもどこもかしこも
狂った日常の延長線
儲け以外は「遠いところ」へ追いやって
そうやってできた狂った世界。

あんな国の真似なんかしなくていいんだよ
スネ夫みたいに揉み手でお尻に付いてって。。。
恥ずかしくて仕方ない小泉"以降"麻生の媚米。
インド洋自衛隊派遣も、巧妙に仕組まれてる一本道。

 気付けば
  戻れる!

「できてた日本」へ戻ろうよ!


日本には日本の道がある



   ブローアップ ビッグパンプキンBlow Up Big Pumpkin ブローアップ ビッグパンプキンBlow Up Big Pumpkin

コメント

昔在米日本人も同様の件で射殺されてましたね。
米国ではハロウィンも命懸けなんやな・・・。

  • 2008/11/03(月) 23:29:22===
  • URL===
  • written by hide
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/1754-d96c5ce9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。