ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚相談所が盛況らしい。。。

世話焼きの近所のおばさんがいなくなったから
自分の相手も自分で見つけ出せない人の方が多いんだろうな

でもって要求ばかりがエスカレートする www

金出すんだからいいのあてがえ ってか?

お客様は神様なんだろ? え?オイ ってか?

それじゃあ貴方に福は来ません
そんな心の貧しいままじゃ
その程度の「覚悟」では、素晴らしい相手を紹介されても
二人で家族で幸せを見つけ出す「準備」ができるはずはありません

金のほかに払うものがあるでしょう
「敬意」とか
「配慮」とか
「我慢」とか
もっと いろいろと

自分が何かを欲しいと思ったときには
自分がその代償に払うべきものがあります
それは決してお金ではありません
お金で何でも買えると思った瞬間に
すべては自分の思いから逸れていくのです

仕事でもそう
自分がこれをやりたい
これを実現したいと思って
その仕事に臨むときに
半分以上は嫌な仕事を引き受ける「現実」があります
でもそれは「自分の実現したいこと」の
ためにする仕事だとわかっていれば
苦労も苦労に感じなくなります
さっさと「乗り越えちゃって」幸せを探しにいきましょう

苦労もせずに得られる何かがあるという考えは
そうやって得られたものはそんな大したものではないと
そこに気づいて日々進むことが大事なのかもしれません


昔の世話焼きおばさんは
ずけずけと入り込んできては背中を押してきます
まだいいか、が、まいいかに変えられていくんでしょう

でもって世話焼きおばさんは
お見合い写真をトランプのカードのように並べるだけでなく
ワンペアつくってはそのあとずっと
『カードの角の摺り合わせ』を見守ってくれます

嫌なこともあるでしょう
辛いこともあるでしょう
悲しいこともあるでしょう
我慢ならないこともあるでしょう

でも豊富な人生経験を
その引き出しの中から取り出して
大きな風呂敷に包み込みます

見えちゃう相手の嫌なところ
見えないでいる自分の足らないところ
そしてそれは本当に我慢ならないのか?

「得られるものの大きさ」と
得るために払うことを厭わない気持ちと
「おしなべること」の大切さを
人生の節々でアフターフォロー
そんな世話焼きおばさんの
永久保証の非営利事業。

おばさんも  きっと  
いろんなカップルから
いっぱい いっぱい
もらってた

のかもしれませんね


晩熟(おくて)な時代に
自己愛の強い時代に
叱ってくれる人のいない時代に
自分の人生のことのように想ってくれる人の少ない時代に

単なるマッチングなだけでなく
人生価値観変えてくれるような
そんな結婚相談所との出会いってのは
きっと得がたい『道標』になるのかもしれませんね


 人生、

   いいこと半分

   わるいこと半分

 うわむいたり
 したむいたり

  おしなべて

  トントン。

 それで「こそ」

 愉しき哉。

 私の人生、

 私たちの人生。


そういうことを
遺伝子の奥から呼び覚まさせてくれる
しっかりと気づかせてくれる
世話焼きばっかで
割に合わない商売にならないそんな
結婚相談所との出会いってのは
きっと今の時代に得がたいものかもしれませんね

自分を認めて欲しければ
相手を認めることからはじめる
得るもの と 払うべきもの
お互いに「出し合って」こそ
お互いに一緒にいて気持ちいい。
損だ得だなんて関係ないと。

コメント

むむう・・・

インターセプターさん まいったよ・・・(爆&笑)。

  • 2009/02/22(日) 23:43:31===
  • URL===
  • written by ちろ
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/1850-e540d432

大企業が国内から逃げない理由

 ローマでのG7が終わり、世界経済の相当な悪化が見えてきた。今年中の景気回復は絶望的なようだ。  そして、閉幕後の中川財務相のろれつ回らぬ映像が世界に配信された。さすがに官僚が動かしている日本の象徴のような出来事である。政府の閣僚がどうであろうと何の問

  • 2009/02/23(月) 14:49:56===
  • 関係性
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。