ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【国沢社長は1日で結審(笑)】 計算し過ぎの東京恥犬w @インテリ気取りの姑息な手法が際立ち過ぎて、「完全に自然体を失っている」という国民の感触無視の西松問題 【「分離公判」とメディアリンチの生肉投下】

最近のテレビがとことん面白くなくなっているのは
電通みたいな「仕掛け屋」が何でも思うとおりに国民を誘導できると思って
キャンペーンと称してCMだけでなく、番組内容からタレントとかの配役にまで口出しして
「何が何でも結論ありき」に持っていく『無理さ』を視聴者の多くが肌で感じちゃう
臭いは伝わらないはずのテレビで、「変な臭いが漂ってくる」なんともテクノロジーを超えた奇怪な現象。w

でもってこれは社会全体にも波及しているのか、
単に仕掛ける側がインテリ気取ってはいるものの
「己の劣化振りに気付いていないだけの愚か者」なのか、
「論理的にw」筋立てているつもりなんだけど、
隙間隙間から変な臭いが立っているのもわからないほどの
感覚麻痺にも関わらず、
「仕掛け人のオレって最高」症候群に溺れるエリート気質w


今日たった1日で結審されたって言う西松事件の「国沢社長分(笑)」ってやつも、羊頭狗肉の酷いもんだね

わざわざ「公判分離」までして、
西松社長の国沢と小沢の秘書の大久保と、
「検察が困る」証言の対立を見ないようにして、
「話のついてる国沢の方だけ」さっさとやっちゃって、
しかもそのなかで冒頭陳述と称して「検察の創ったストーリー」を読み上げるだけ。
もちろん大久保は反論できない「分離公判の国沢の方で」。

でもってあとはお得意のメディア・リンチ。
田原総一郎、みのもんた、古館伊知郎にバトンタッチ
わざわざ公判日程を「金曜日にした」甲斐がありますねwww
新鮮な生肉を田原総一郎、みのもんた、古館伊知郎に喰い散らかさせるハイエナの週末。

これが月曜とかだったらさんざんワイドショーにいじられて
新鮮さが希薄になっちゃうからね
都合のいい「世論の方向付け」は
『政府御用達メディア・リンチ私刑人』田原総一郎、みのもんた、古館伊知郎、
いつもご愛顧戴いております世論誘導水先案内人におまかせ!


反論なんかする機会もない「分離公判」で
なんともかんとも「一方的に」
検察のご希望通りのストーリーだけを、「冒頭陳述」と称して
まるで放言するかのように読み上げて

粗大マスゴミ御用メディアに取り上げさせては
とにもかくにも「印象操作」で世論形成。
またしても悪辣なプロパガンダ洗脳手法、完了。

反論されたらこの手法は完璧なものではなくなるので、
それはそれは、したたかなる「密室捜査」の検察手法。
直近の6/6に「天の声なんかない」って自宅前でテレビカメラに向かってた
国沢社長の肉声は、本日がらっと変わって「無抵抗にも」
検察側に有利な証言で公式に確定w
どんな「取引」持ちかけたんだか知らんけど。。。

あ、そういえば冤罪18年拘留でいま話題の
足利「冤罪」事件のあのひとも「証言だけ」でしたよね
あとは間違ってたDNA鑑定なるもの。
検察が描かせた自供らしき「つくり話」で。


なんともインチキ臭い東京恥犬劇団上演「国策逮捕」劇。
第一幕にて即閉幕。
検察が描いたストーリーをそのまま西松の社長に躍らせて、
「冒頭陳述の初日に結審。」だってさ

しかもその冒頭陳述。
政治資金規正法違反を問うてる裁判なんですけど、
背景説明と称して
「天の声」とかなんか神がかりなお話しw持ち出して
贈収賄だか、斡旋利得だかの「印象だけ与える」姑息な手法
しかも「小沢限定」。


だいたいさ、「天の声があった」と検察が断定したんだったら
それは贈収賄とか、斡旋利得罪とか、
「そっちのほうで起訴しなきゃいけないはず」なんですが、
それとも単なる別件逮捕を告白してるの?

わざわざ「分離公判」に仕立て上げていたんだけど、
裁判所で誰か反論できる立場の人っていたのかしら?
民間の会議でさえも忌み嫌われる「欠席裁判」東京恥犬味。
「配役、セリフ決まってる」国沢社長なんかすでに「話がついてる」劇団の一員でしょうが。

『卑怯そのものの欠席裁判』なもんで
大久保弁護団は場外からクレームするのが精一杯の行動です。
tips
「天の声」事実ない=狙い撃ちと検察批判-小沢氏秘書弁護団
 西松建設事件で、政治資金規正法違反罪に問われた小沢一郎民主党前代表の公設第1秘書大久保隆規被告(48)の弁護団は19日、同社前社長国沢幹雄被告(70)の初公判の中で、小沢氏の事務所から談合組織に「天の声」があったとする検察側冒頭陳述の指摘を否定した。
 弁護団は、国沢被告の初公判についてコメントを発表。その中で「大久保氏が公共工事の受注者を決めたという事実は一切なく、この点に関して検事から取り調べを受けたこともない」とした。
 また、自民党の国会議員が西松の政治団体から献金を受けていながら、検察は実態を明らかにしていないと主張。「大久保氏のみを狙い撃ちしたことは明らか。欠席裁判に等しいだけでなく、著しくバランスを欠いている」と訴えた。 

6月19日20時30分配信 時事通信

大久保弁護団が法廷で争うまでには
「メディアリンチ」で世論誘導。
しかも総選挙直前のこの時期を狙った公判日程、逆算逮捕。

「狙い過ぎ」がその姑息さと、不正義を炙り出している権力暴走の末期症状。

もうひとつの民主イメージダウン「総選挙対策」国策捜査
tips
郵便不正事件で大阪地裁、「捜査に疑問」と拘置短縮
 大阪地裁(植野聡裁判長)は11日、郵便制度悪用事件で大阪地検特捜部が再逮捕した障害者団体「白山会」会長守田義国容疑者(69)の拘置延長について、「捜査に疑問を感じる」といったん認めた期間の延長を取り消し、3日間短縮する決定をした。
 弁護人が10日に「懇意の国会議員に依頼をした経緯ばかり連日調べられ、別件捜査だ」と延長取り消しを求め、準抗告していた。
 植野裁判長は決定理由で「証拠隠滅や逃亡の恐れがある」と拘置の必要性は認めた。その上で「(議員との関係は)郵便法違反事件の処分を決める際に解明が必要な事情とは認められない」と指摘。さらに「捜査の在り方に疑問を感じる。拘置は無限定に許されるものではない」とした。
 守田容疑者はこれまで、2件の郵便法違反罪で起訴され、5月29日には同法違反や私文書偽造・同行使容疑で3度目の逮捕をされた。

2009.6.12 00:53

バランス欠いた狂った検察に
ダメだし始まってます
『まともな人達』から。

あなたは「ヤツラにとって都合よい人」でいいですか?

小泉"以降"の狂った世の中をリセットしよう!
「仕掛けたヤツラ」に踊らされずに。

コメント

電波芸者口害トリオ

田原総一郎、みのもんた、古館一郎。
電波芸者、この3人の言葉は口害ですね。
郵政民営化で突撃隊長役だった爆笑問題も酷いよね。
テレビが腐ってます。
新聞も腐ってます。
印象操作がお仕事。
これで小沢秘書の裁判は衆議院選挙の後だって・・・
政権交代様子見?
談合が成立して受注増したのなら、どうして献金止めたの?
他の自民党議員に献金した目的は?
どうして起訴容疑が政治資金規正法違反だけなの?
談合に関わった人は誰なの?
恥険に説明して欲しいことは山ほどある。
テレビ・新聞は、そんなこと疑問にも思わないで記事にしているの?

  • 2009/06/20(土) 09:39:50===
  • URL===
  • written by scotti
  • [ 編集]

うん!

最後の方の青い文字に、思いっきりうなづいてる(笑)。
リセットしようね!より良い方向に(笑)!

プライベートでは、ドツボで悲しいキモチなんだけど・・・(爆)。
希望は最後まで捨てない。
                    
                   

  • 2009/06/20(土) 20:12:06===
  • URL===
  • written by ちろ
  • [ 編集]

現在サンプロ監視中www

のっけからやってますねぇ、「郵便不正事件・民主党吊るし上げ」。
田原総一郎やラリィ細田が「ある大物民主党幹部」とかって、石井氏を匿名で登場させてます。
インサイドライン編集長の歳川とかいうのが、「厚労省の元部長逮捕までしたのだから、民主党もタダでは済まない」みたいなことをほざいてますが、そもそも「凛の会」代表の倉沢氏というのが、石井氏の秘書としての勤務実績が数ヶ月も無いのに、厚労省にどんな影響力があるかなんぞ、「自称・ジャーナリスト」の田原や歳川だってチョットかんがえれば解るだろうに。
だから与党の御用聞きの田原どもは信用を信用を失うと言う事実ほ、本人たちが一番理解していないという小噺でしたwww

  • 2009/06/21(日) 10:31:02===
  • URL===
  • written by bronks
  • [ 編集]

支持率下がれば、毎度お馴染みバレバレの「恥犬劇場」ですね。あまりにも幼稚すぎますね。
このいかれ具合には、日本国民として、やっとれません。

  • 2009/06/21(日) 20:46:19===
  • URL===
  • written by ..
  • [ 編集]

粘着質、口害みのもんたの正体

連日、テレビで、小沢秘書問題を有罪と決め付けてバッシングすることがお仕事のみのもんたの口害は止められないものか、粘着質でキモイよね。
さて、テレビで、正義を気取るみのもんたの正体とは、

東京都発注の水道メーター談合事件で、みのもんた(本名・御法川法男)が経営するニッコク(水道メーター製造販売会社)(東京都港区)、東洋計器(長野県松本市)、リコーエレメックス(名古屋市)など、独占禁止法違反で排除勧告され計13社に総額7601万円の課徴金納付命令を出した事を公正取引委員会が発表した。
これらの会社は、02年7月までの1年間だけで総額16億5千万円の入札で談合を繰り返していた!
この事件で法人4社と担当者5人が独占禁止法違反の罪で起訴されて、04年5月までに全員、有罪が確定している。

さらに、ウィキペディアでは、

談合事件の常習
自身の番組で頻繁に政・官・業の不適切な関係を厳しく追求しているが、みの自身も、同様の関係を保持している。

株式会社ニッコクは談合(独占禁止法違反)で、何度も刑事告発をされていて、2003年に、追徴金7500万円、和解金3900万円を支払い、翌2004年には、再び他のメーカーとの談合で刑事告発された。さらに別口の談合で家宅捜査を受け、2005年2月には、追徴金400万円を支払っている。
2004年7月15日、ニッコクと愛知時計電機は他17社とともに2003年7月から2004年7月までの間に行われた東京都水道局発注の水道メータ買入れに係る競争入札に、いわゆる談合を行っていたとして公正取引委員会から排除勧告を受けた[6]。また、各社に対し審決に応じて東京都は損害賠償請求をしている[7]。
談合事件に関して社長としての責任を問われて、「名ばかり」のお飾り社長で実務はわからないと釈明しているが、上記来歴の通り実務には精通しており、自身の番組などでは「名ばかり」のお飾り社長を痛烈に批判したこともある。
その東京都水道局の広報誌「水道ニュース」2007年5月号PDFでは、司会者みのもんたとして御園良彦水道局長(当時)との特別対談が掲載されている。また同年10月には、同様にみのもんた名義として東京都から東京五輪招致大使に任命され、水道メーターの納入業者の社長と東京都との関係、報道を扱う番組の司会者と行政との関係に公正性が担保されるのか疑問が持たれている。

ニッコクは水道メーター談合事件で何度も刑事告発されていて、一昨年には独禁法違反(不当な取引制限)容疑で家宅捜索まで受けていた。

みのもんた、これだけの不祥事を起こした責任や、説明責任とかも、何一つ果たしていない。
テレビ局も恥知らずで何故か起用するよね。
政権交代で、ファイナルアンサーになる人だろうね。
もう、その番組は、一足先に、みのの出演料高すぎて、終わったらしいね。
国民から見捨てられている、誰も信じていない、みのもんたを出演させるTBSも死んでるね。


  • 2009/06/25(木) 09:49:07===
  • URL===
  • written by scotti
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/1948-c4c16e2c

臓器移植医療と「脳死」判定

「脳死」を人の死とすること、および臓器移植医療について、臓器移植を推進する側の言い分は大凡次の様になります。 1、脳死は確実に判定できるのだ。 2、本人がドナーカードを持っていれば、反対する理由はないじゃないか。 3、救命をつくしたけど助からなかった。そ...

  • 2009/06/20(土) 16:01:32===
  • 晴耕雨読
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。