ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「東国ばる」? @東国原知事に衝撃!女性誌調査で「テレビで見たくない有名人」1位に (東京スポーツ)

「東国ばる」ってーのはJK(女子高生)界隈で最近発生した言葉。

「呼ばれもしないでどこにでも出てきてウザッテーやつ(行動)」ってことなんだそうだ 
「出しゃばる」が語源なのだろうな、と。

そういう巷の「風」に敏感に

  東国原知事に衝撃 女性誌調査で「テレビで見たくない有名人」1位に(東京スポーツ)

なんてのも出てくるようだ

マスゴミが人気を煽る『支持率90%超』ってアレもかなりあやしーね www
まるで亀田の世界チャンピオンみたいだ www

確かにアレは見たくない罠。

このまま終わってくれるとウレP

 TWIN BEST 酒井法子のりピー


このまま終われば‥‥、ね。

「小泉誕生」の再現を狙う売国勢力のしたたかな罠。『政権交代の引ったくり』に気をつけろ!
【変節か?馬脚か?】 新道路族・東国原英夫、そのまんまのギャラは自民党政府からの80億円だけですか?
  @「宮崎の土建化をどげんかせん」とイヌ駆け回る東国原は、そのまんま「金で買われた」無様な走狗

出ました「悪の枢軸」、そのまんま東総理大臣を要求!
  @このままジミンの泥舟と沈んでくれれば御の字なんですが、おそらく「ヤツラの狙い」は別のところ

『政権交代のひったくり』に気をつけろ!【1】
 @マスゴミ+ネオコン・ネオリベ+官僚公家集団が狙うのは、小泉劇場的「救世主商法」の
  悪徳カイカクペテン師DNAで蠢き出す「新・悪の枢軸」東国原+橋下+スゲの新星「カイカク偽装」売国勢力

『政権交代のひったくり』に気をつけろ!【2】
 @ハゲの方舟「新造船」に乗るか、「泥舟ジミン」で沈んで苦しむか。
  「偽装離婚」で対立芝居は「小泉誕生」の相似形。そして橋下の狙う『平成大名』『道州大統領』。



何しでかすか分からんのが日本を売り渡す「売国勢力」である
「ちょっと安心する材料」としてはいいかもしれないが、
「気を許す材料」として扱うのはどうか。。。
油断禁物。

喧しいだけで人気があると勘違いする創価カルトの電波塔、久本マチャミ並みの扱いになれ! 
見るも嫌悪の対象になれ!
出たがり出しゃばり見たくない『東国ばる。』

コメント

ブレちゃんマン本領発揮

昨日の幹事長との会談で、全て撤回したようです。
やはり、何も決断できない麻生さん。

  • 2009/06/28(日) 09:48:14===
  • URL===
  • written by scotti
  • [ 編集]

地方の自殺行為・道州制

そのまんまハゲや橋下がもっともらしく(?)騙る「地方分権」と、そのカタチとしての道州制。「税源移譲」といえば聞こえはいいが、要は税収があげられる企業なり、所得のある住民の数がないとたちまち財源が困窮します。現状でこんなものを導入した日には、宮崎は早晩自治体としてアウトでしょう。
「宮崎から日本を変える」とかぬかしつつ、自身は東京に帰りたくて仕方が無い。宮崎の将来なんぞ、本音ではちっとも考えちゃいない。野望を持つのは勝手だが、国民を巻き込むのだけは許せないですね。橋下にしろ、中田とかいうネオリベ市長にしろ、どうせ傀儡廻がいるんでしょうけど、これに嬉々として乗っかっているマスゴミにも、毎度ながら呆れております。

  • 2009/06/28(日) 11:53:31===
  • URL===
  • written by bronks
  • [ 編集]

改革詐欺から地方分権詐欺へ

マスゴミが大きく取り上げるものについては、スルーが正しい態度です。

飯山一郎のLittleHP
http://www.geocities.jp/o1180/index.html

◆2009/06/26(金) “政権交代” より ”地方分権” です!?

東国原英夫や橋下徹、中田宏なんてネオリベ外資族勢力が蠢いている。
奴等を支持することは、ここ10年以上に亘って日本を破壊し続けたネオ・リベラル政策と地方分権に託けた道州制を導入を容認するに等しい。
道州制は地方分権にとって望ましいと思うかもしれませんが、これは悪質な地方政治の寡占化を招きます。
これは一種の分断統治であり、最悪の場合日本のバルカン半島化から内戦へ導かれる。

広大な自治体の行政を少数の者だけ牛耳って、民意は反映されなくなります。
水道事業のような、住民の命に直結するものでも躊躇なく民営化と名付けた私物化を行うでしょう。

「改革詐欺」の次は、「地方分権詐欺」です。

スエズのようなウォーター・バロンが、水道事業を牛耳ればどうなるのか?
フィリピンやボリビアでは、水道代の容赦ない値上げで、住民は水も飲めなくなった。

途上国のお話では済みません。
ネオ・リベラルの実験も、チリのピノチェト軍事政権にやらせて、後に世界に拡がった。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/1954-65cd4dca

民主党マニフェスト決定

湯浅誠が語る「現代の貧困」 (シリーズ時代を考える)posted with amazlet at 09.06.27湯浅 誠 金子 勝 新泉社 売り上げランキング: 22251Amazon.co.jp で詳細を見る 飲んで帰ってきて、TVをつけたら 「朝生」をやっていた 基本的に不愉快な番組なので観ないのだが

  • 2009/06/27(土) 05:34:40===
  • 東京サバイバル情報  ☆一時避難せよ☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。