ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サミーゾ、いい加減にしろっ! @皆既日食の「国家争奪」で、お中華による天気操作にちょびっと警鐘

まもなく今日は46年ぶりとか言う日本でも皆既日食で盛り上がってるみたいだけど。
窓の外は雨でござんす。。。

どうせ東京じゃ部分日食しか見れないし、
昔は黒い下敷きで見てた気がするんだけど、それじゃ目を傷めるからダメですとかって
まるで運動中は水飲むなとか言われたスポ根時代が、いまや真逆で水分補給とかデフォだし
オイオイオレの網膜とかどうしてくれるんだよってのはそんなもんは
どんどん変わる常識と一緒に水洗便所のノブをひねるように流されるわけだ。。。

にしても「日食メガネ」!
1500円で完売だって?
安っぽい3Dメガネみたいなつくりで
ボッタクリもいい加減にしろ!
むかしはガラスにアルコールランプで炙って煤つけて見た気もしますが、記憶違いですかね?
もしかしてテレビ局はお得意の商業主義の売らん哉プロパガンダでしょうか。。。

とりあえずダイヤモンドリングとか神秘的な太陽フレアとかなんてもんは肉眼じゃ見れないわけで
まあイヤっちゅーほどテレビでバーチャルなアーカイブ見せてもらえるからそれはそうと
どっちかってーと「あたり一面暗くなるのかなあ」とか、
むかしの呪術師とか
源平の合戦とか
ふたご座の神話とか
天照大神の岩戸伝説とか
「畏れおののく自然の摂理」が
大衆心理的にどういう感じられ方するのか

の方に興味があるんだけどね

ひまわりの映像で「月の影」が地表に落ちているところ付近は
それなりに暗くなるんじゃないのかななんて天文門外漢なりには楽しみなんですが
まあ直接「網膜焼く」よりも天然のフィルター越しに見られる程度の方がいいかななんてね
と思ったら残念ながら「フィルター」というより「ベール」の方がお似合いな「雲行き」に涙。


でもって最近の天気の話。

小学生の頃か、日本が台風被害で毎年たくさんの死者や民家が流されたりして
なんだかこれはとんでもないことだし、日本の技術でなんとかできないものかと
たとえば台風の目で爆弾破裂させて文字通り「雲散霧消」させたら
それはそれは爆弾の平和利用で死ななくて済む日本人ができたらいいななんて
アンアンアンとっても大好きどらえーもんー♪とかって思ったんだけど、

理科の授業で気象のイロハを習った時に、まあ低気圧と高気圧ってーのは
出っ張ったり引っ込んだりの相関関係なわけで、出っ張り押しゃ他のどっかで出っ張るか、
はたまた自然の断りに人間ごときが介入すれば
「台風のルートが逸れて」お隣の韓国とか北朝鮮とか中国とかで
死人がいっぱい出ちゃっちゃー、
これはまさしく「人間の仕業」なわけだから
日本は国としていったいどう責任を取ることができるのだろうか
だからやれてもやらないんだろうなと思ったりなんかしたんだよ

で最近になってアメリカがメキシコ湾のハリケーンの中心に向かって
セスナから高分子ポリマーなんかを大量に投げ込んで
ハリケーンの水分を海上で早めに落として弱体化させる
そんな実験に成功した映像なんか見たんだけど
やっぱやればできるじゃんとか、それをやっちゃうアメリカってスゲーな
(いい意味でも悪い意味でも)って感じでした

多摩川決壊日本でも奥多摩湖とか相模湖とか都心の水がめの貯水不足を解消すべく
硝酸雲の実証実験をやってて効果があるといっていたのは随分昔。
局地的に雨を降らせて「当座を凌ぐ」って感じなんだけど、
これもコントロールの限界超えたら大丈夫なんかなとか目を細めてみてましたよ
ダムだって「治水」の役割があるんだし。
なんせ多摩川の稲田堤が決壊したのは子供心にショックでしたからね


ところで中国。
去年の北京オリンピックの周辺で、北京のずっと西の山間部で硝酸弾高射砲撃ちまくってたやつ
北京オリンピッこは目論見どおり晴れたんだけど、実はずっと気になってたんですが、
日本がサミーンですわ。

当然ながら落ちるつもりのところの手前で雨落としちゃっているわけで
お陰で北京は晴れたんだろうけど、+-+-+-+-+-‥‥って
気圧とか天気の連続性は実際どのように影響受けたのだろうか?
偏西風の蛇行のポイントがここ数年おかしい気がするんだけど、
おかげで夏のエアコンの稼働日が少し少なくなっている気もするんでお財布的には歓迎だけど
これでいいんか日本の夏!

まさか北京オリンピックに向けた毎年夏の気象制御実験と
本番に向けた大量硝酸弾運用の所為?

でもって本日お楽しみの皆既日食。

ウん十万円もツアー代出して南の島にお出かけできるコアな趣味のカタガタの話題だけで駄目ディアは一色なんだけど
いちおう部分日食の神秘にも触れたいと思う日本中のカタガタがそれとなくみんなで気にする天気予報。

実は東京はずっと曇りの予報だったんですが、
昨日あたりから急激に雨マークと「その残尿感」で埋め尽くされるの図に「変貌」しますた

皆既日食

そりゃさ、天気のことだから。
当たるも八卦当たらぬも八卦。
明日は明日の風が吹く

でいいんですが、反面
皆既日食を国家行事のようにはやし立ててるお中華政府の硝酸弾大量導入と
なんかリンケージしてしまう感じの相関関係。
因果関係とか言ってないよ、そこの科学バカご一行さま。(笑)

まあ違うというなら綺麗さっぱり科学的に違うと立証してくれれば、ゆっくり寝られるんだけどね
ああ、いまくらい「寒い」方がゆっくり寝られますね、そーですね。アリガトウゴザイマス。


   ジョン・タヴナー:「皆既日食」,「アグラフォン」 [Import] (TOTAL ECLIPSE / AGRAPHON (HYBR)|TOTAL ECLIPSE / AGRAPHON (HYBR)) ジョン・タヴナー:「皆既日食」

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/1969-af305c1c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。