ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まにゅふぇすと、て。 ‥‥ねぇ。(笑) @正直言って重箱の隅つつくより、「どっち向いてんのかな」とか、「いままでなにをしてきたか」とか。。。(笑) 【小難しく考えるよりとにかく投票することが大事です】

そもそも政党政治なんかないほうがいいとさえ思ってるんだけど、
そのためには企業献金も団体献金も政党助成金も廃止して
民間企業はみんなやってる実費支給の予算制度にして
「支配力の源泉」としての「カネの流れ」を逆転させる方がいいんだけど、
まいろいろ言いたいそのへんは別稿として。

せめて「党議拘束」を憲法で禁じて
個々の政策立法に
個々の議員が真面目に向き合って
是々非々の「中身で勝負」ってーのがお好みなんだけどね

だから先行破綻の実験国家を見てわかる1党独裁でしか成り立たない共産党の民主集中制とか
池田テチャク個人崇拝カルト政教一致憲法違反、日本間接支配の創価学会公明党とか
それから小泉"以降"「何も考えないで小泉さんに付き従う装置」チルドレン自民党とか
そういうのに虫唾が走る

昨今言われてるマニュフェストなるものの生温さ湯加減もさることながら
とはいえ、まあ政治家っていう嘘つき人種の集まりのそんな「政治結社」
とりあえず何考えてんだかって「大枠」捉えるのには総じて役立ちます
結局「政権公約なんてそんなもんは破っても大した事ない」って
国会の真ん中で言い放った天下の破廉恥総理・小泉純一郎
なんだけど、
たしかに国債30兆円なんてあまりにも具体的かつ大枠な数字は守るべきであって
そんな約束はどうでもいいというのはこれは出自不明のお父様の血脈の為せる業なのでしょうか?

ともあれ邪魔するヤツはいるし
状況は刻一刻と変わるんだけど
それでもできる絶対多数2/3をして公約破りは酷いもんだ

なわけだから政治家の言う事なんか「官僚の言うこと並みに」w信用できなくなってます
小泉"以降"「信用失墜加速の」日本。

そんな中、なかなか面白いお説発見。

Vol.343 日本語でしゃべる人に投票しよう ~横文字政治断固拒否~
‥‥選挙が近づき、各党がののしり合いをしている。毎度の事なので慣れたが、今度の選挙でぼくの選ぶ基準は、その議員が、本当に人々にわかりやすい政治を心がけているかどうか、という点だ。
 具体的に言えば、その人のしゃべる言葉が、ぼくが理解できなければその時点で投票しないと決めている。
 その一例が、やたらに使われる外国語だ。
 どうみたって古い日本人にしか見えない自民党の某大臣は、財政に関する会見で「シーリング」という言葉や「プライマリーバランス」という専門用語を連発していた。ぼくにはそんな横文字は呪文と同じ。猫のニャーやイヌのワンと同じで、全く意味をもたない。大事なことはちゃんと誰にでもわかる日本語でしゃべるのが、政治家としての基本中の基本。そうした専門用語を、畑でネギをしょっているじいさんやばあさんがわかるわけがない。
 いや、中には優秀なじいさんばあさんもいるだろうが、少なくともぼくのじいさんばあさんは絶対にそんなことはわからない。でもそうした人を切り捨てずに、この国で平和に暮らせるようにすることが、政治家の使命のはずだ。
 本当に人々を大事にしようとしている議員なら、そういう言葉は使わずに、日本語でわかるように話すはずだ。
 では、マニフェストという言葉はどうか? これだって何のことだかわからない。公約とどう違うのかと思うが、聞けば、小泉純一郎が「公約を破って何が悪い!」と開き直ったことで、いよいよ公約とは破ってもいいものという先入観が出来上がってしまったことで、使えなくなったらしい。
 だからといって、マニフェストと言い換えたところで、破ってしまえば結局同じだ。
 自民党の出した10年後に収入を100万アップさせるなんてマニフェストを、一体誰が信用するというのか?
 それはまるで、いま8歳の小学生が「10年後は甲子園で優勝して巨人のエースになります」と言うのとどっこいどっこいだ。
 もう何十年も政権をとってやってきて、悪くなる一方で、それを選挙のたびにごまかしてきた政党に、そんな大それた計画を10年で実現できるとはぼくには思えない。
 とにかく、今度の選挙では、ウソをつかず、ぼくにでもわかるちゃんとした日本語で話せる人を応援しようと思っている。


相手に伝わらない言葉でどんなに自分は正しいと騒いでも
それは単なる道化に過ぎぬ。。。
 ですな。

猫のニャーとかイヌのワン。 (笑)

まあ真面目に言うんであれば、
もっと「大局観」のあるところから始めて
そのためには実現すべき「5本柱」を明示して
さらにそれをどうやって具体化してくか「ここで今の(笑)」雑多な政策集。
そして細目の数々は、上位の何を実現するために必要不可欠か
どのレベルからでも可逆的に何につながるのか何のために行うのか
明確に「逆引き」できるような構成
があるべきかと思ったりするんですが、
民間企業での企画書なんかでもみんなそれとなくやってると思うんですがねぇ。。。

ひたすら「煙に巻きたい卑しいヤツ」は別だけど。(笑)

こう言う「示し方」すると
実際何をどう行動するか、辻辻でどう判断するか
すべてがすべて「示されたはずの」行動原理に当てはめられちゃうから
それはそれは踏み外すことができなくなるんですけどね
「多数の賛同」得た約束事ってそういうもんなんでしょうけどね

憲法とかの上部構造も本当はそうなんだけど
『なし崩し得意のいんちき官僚』の悪知恵
ひたすら形骸化されているから危機感募る
「法の主旨」とかって言葉は何食わぬ顔で無視だし。
そんな感じで、別口の「煙に巻きたい卑しいヤツ」どもが跋扈する
自民+官僚+財界癒着の戦後日本の悪しき先例
権力はひたすら腐敗する

本当は「再構築」が正しい処方なんだろうけどね


まにゅふぇすと ‥‥ ねぇ。

たしか北川とかいうおキツネさま風体の三重県知事が
わいのわいの騒いで提唱してたマニュフェスト選挙なるもの。
政策具体策、数値目標、達成時期、必要財源。。。
官僚と与党が「ひたすら隠してる」
そんな情報脆弱なアンフェアな状況下で

いったい何をするつもりなんでしょうかねぇ

出された情報の信憑性の検証がまず真っ先に必要なんですが
何もかにもが『大本営発表の悪しき官僚主権体質』の下じゃ
世の中一回ひっくり返さないと
「箱の中に隠されてるもん」がなんなのかさえわかりゃしない
「ヤツラ」が必死に隠してるもん
それを穿り返すだけでも政権交代って意味がある
んでしょうな

でもって「ブームにのってまにゅふぇすと(笑)」
結局、各党眺め見るに雑多な数値目標「風味」の『お品書き』みたい

とりあえず和食か洋食か中華か無国籍か
そんな感じで並べてる雰囲気かね、なんかご自慢のマニュフェスト

でもって間違ってもらっちゃ一番困るのは
「書いてあるメニュー全部喰え」って
注文の多いレストラン、全体主義風。
喰いたくないもんまで無理して喰わす


郵政民営化なんてメニューに騙されて単品注文した人も
郵政売国化なんてぜんぜん違ったソースかけられて
あげくにかんぽ公有財産オリックス不当廉売払い下げなんて
料理の中にゴキブリが入り込んでました!

なんかしらんがシングルメニュー頼んだ人も
愛国心だとか共謀罪だとか後期高齢者姥捨て山だとか自衛隊海外派兵だとか
「白紙委任状扱い」の喰いたくもないフルコース。

料理長も次々変わって『デタラメな舌』の温室育ち
アベ、フクダ、アソウの「家柄自慢おぼっちゃんズ」
共通してるのは池田個人崇拝カルトの創価学会パウダーがトッピング
素材も不味けりゃ味付けも不味い。

いい加減にしろって
国民の怒りが今回の選挙だ!



政権とる気もない政党が「政権まにゅふぇすと」(笑)
相手にされないって怒ってますが、そりゃあねぇ。。。
「確かな野党」は「確かに野党(笑)」
これからも「永遠の外野席」でメガホンもって騒いでいきますって言うんだけどさ、
「実現する気はありません」って言ってるようにしか聞こえないんですが。
まあ「アナタがいなくちゃ死んじゃうわ」ってくらい自民党あっての共産党だから
影ながら自民党政権応援団しているだけなんでしょうけどね

連立政権運営を「真剣に視野に」入れてるところは
「混ぜたらどんな味?」って多少は興味をそそられる
選挙終わったらどうでもいいと思わずに、
味のコラボを目指すなら
そりゃ場合によってはミスマッチと思われるものでも
「譲れる素材」を引っ込めて
より良い味に「歩み寄る」
酸味を抑える砂糖少々、、、みたいなもんか。
それができて初めて民主主義の「議会運営」なんだと思うんだけどさ

ひたすら頭の固いヒトタチは
まあ生真面目に「01の世界」で振舞おうとするんだろうな

こっから選べって言われても
喰いたくないって思ったら

出されても喰わない
出されたまま喰わない


もうちょっと塩気抑えて欲しいなとか、海老を入れてはくれんかねとかw
できるだけ多くのみんなが笑顔で食べられる味を目指す
だから国会があるんだと

「そのまま飲み込め」とか
「鵜呑みにしろ」とか
「残さず全部受け入れろ」とか
そんなもんは民主政治ではありません

それを忘れると、、、
小泉コウゾウカイカクの中身売国、日本破壊の蟲毒のような福袋』。
「抱き合わせ販売」って独禁法違反で公正取引委員会に怒られるんじゃなかったっけ? w
まにゅふぇすとって「抱き合わせ商法」じゃないんだよね?
ここを履き違えないで貰いたい
「話の違うフルコース」はそんなもんは日本の政治は認めない
そういう「風土」であるべきだ

実はこれが一番大切な政治との付き合い方なんじゃねーのかな

当然長らく食いたくもないもんばっかりのところは論外として。
アイディアだけはいっぱい転がってるよ
そのためのミニ政党wの存在価値でもある
ただただ文句言うだけに終始せず
「したたかに」責任を分かち負う

味付けを変えるのは
政権を自公売国勢力から奪還してからだ

どの党がどれだけ議席をとるにせよ
「鵜呑みにしろ!」「黙って飲み込め!」は
民主政治でもなんでもない
主権を「官僚から国民に」取り戻せ!




   No.1販売員は全員フツーの人でした。でも、売上げ1億円以上!なぜ? (光文社ペーパーバックスBusiness)
   No.1販売員は全員フツーの人でした。でも、売上げ1億円以上!なぜ?  - 松井 政就


   賭けに勝つ人嵌る人―ラスベガスと日本人  集英社新書
   賭けに勝つ人嵌る人―ラスベガスと日本人 集英社新書 - 松井 政就


   経済特区・沖縄から日本が変わる  日本再生への実験が始まった   光文社ペーパーバックス
   経済特区・沖縄から日本が変わる 日本再生への実験が始まった - 松井 政就

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/1993-42dd86e6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。