ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【「GDP年率換算(笑)」に騙されちゃうの?w】 さすがにバレバレ、小躍りしてるのは馬鹿ばかり「麻生の景気対策の成果(笑)」 @「年率換算」なんてもんで粉飾した気になれるマンガ脳「自称経済通」の詐欺師の口上。

国民生活の肌感覚と真逆の発言を連発するから、自民党は一人残らず信用されないだけなんだけど
「景気はいいぞ!明るい兆し!わぁたしの自民党の景気対策の成果が出た」って
今月の支払いに汲汲している中小企業の経営者さんたちや
おかずを減らしてお小遣いも減らしてやりくりしている家庭の主婦や
働いても働いてもワーキングプアーな現状から抜け出せないでいる若い人たち若くない人たち、
そういう日本人の大多数を敵に回すような神経逆なででしかないってのがわからないから
「世襲能無し自民党はもうダメだ」って国民の怒りの焔に油注ぐ始末。

選挙公示にあわせて、というかGDP発表に合わせて選挙スケジュールを組んだ
「謀略策士気取り」のちっちぇー男、麻生太郎。
「株には満期がある」と思い込んでて、
親から貰った優良企業の社長になって、あっという間に会社を傾かせて、
次に渡した弟の社長遍歴に「会社を再建させた」って紹介されちゃう
デタラメ経営者自慢の「経済通」詐称。

「外交の麻生」とか「経済の麻生」とか自分で言っちゃうちっちぇー男が
劣勢挽回の衆院選で起死回生のつもりで打った経済数値詐術の稚拙。

「GDP年率換算3.7%成長」だってさ (藁藁藁

年率換算
年率換算とは、四半期や月次などの単位で発表される統計で、
当該期の増減率が1年間続いた場合、
年間でどのくらいの変化率になるかを示したもの。四半期の前期比増減率を年率換算する場合は次のようにする。

((当期の実績/前期の実績)の4乗-1)*100


簡単に言えば
「ずっと同じ状況が続けば‥‥。」って妄想のお花畑で遊ぶようなもんなんだけど、
「一時的なものじゃなくて」、トレンドとして続く状況があれば数値の確度も増してくるんだけど、
「今の状況」がそんなわけないってのはみんなみんながお見通しだし、
なにより国民生活に肌で感じてる。

同じように年額換算で話した方がわかりやすいから
「正月元旦の今日1日でお年玉1万円貰ったから、年額換算で365万円だな。」
ってなんか不思議にむかつくトヨタのこども店長が偉そうに語ってはしゃいでいるようなもんだ (笑)
それの増減「率」のようなもん。

「政府大本営発表」により
わんわん御用メディア放送局は
悪しきいつぞやの戦時下宜しく一斉に報じたけれど、
さすがに恥ずかしくなったのかw
パタッと止まったようだけどね


まだ得意になって言ってるのはアホータローとキーキーガイコツマン細田くらいかね (藁藁藁

まあアホウ太郎はいつものことで
「オリンピック出場って肩書きだけがあればいいから」
内閣府発表のGDPが「年率換算(笑)」で3.7%成長だって、
日経とか読売とか朝日とか『腫瘍な駄目ディアw』が伝えてくれさえすれば
あとは肩書きだけイタダキ
「わぁたしの経済政策、景気対策は間違ってなかったことが証明された!」
なんてはしゃいでみせてるんだけど、
拍手してくれるのは後援会と創価学会に動員された目の瞳孔が開きっぱなしの変な人たちだけだから
拍手されている麻生太郎もそれがどうしようもないシロモノだって
『自己催眠』にかかっちゃってる
安倍晋三のときと同じ能無し無限ループ


だから『上げ底デタラメ世襲ボッチャンズ』ってのは危険なんだよ


年末12月と年度末3月期のデタラメな派遣切りと生産調整の
企業モラルも何にもない奥田"以降"御手洗経団連
「逆粉飾決算」見せられて
「ああ、これはあれだな、選挙対策の布石だな。」
と思った人は少なくないだろうな

普通の企業人であれば
まず会社に入った時に教えられるのは
利潤追求とともに、生産の平準化

ものづくり立国、日本においては
工場持ったメーカーのみならず
「いっぱしの」企業人、企業経営者の不文律だ
学生さん上がりには最初に叩き込む

単年度決算のお公家官僚社会とは違って
企業の永続性の観点から
中長期の経営安定の観点から
「設備と人材の確保」ちうのは企業経営の生命線

にも関わらず拝金財界総理、トヨタ奥田"以降"御手洗経団連。
「人件費」をなんと「物件費」に付け替えて
いとも簡単に切り捨てる「カンバン方式」の履き違え
「特殊技能と高付加価値高賃金に限定されてた」派遣労働契約
やっちゃいけない単純作業の工場ラインに解禁したのは
拝金財界総理、トヨタ奥田と大の仲良しの小泉純一郎の政権ですから。

「トヨタカンバン方式」ってのは無駄を排す教科書のように言われているけど
『些細な気付き』のカイゼンの方はいいとして
在庫をすべての工程から排除するジャストインタイムは諸刃の剣。
とくに拝金魔人奥田乗っ取り以降のトヨタは、完全に履き違えてる気がしてならない

結局、それぞれの工程での「リスク時のバッファーとしての在庫」
工場ラインとか下請け会社では部品在庫や原材料の在庫だけど
これを徹底的に排除することによって「捻り出した利益」でしかなく
だから何か急な状況変化があったとき、在庫のショートで途端にラインが止まる
その辺の見極めができればいいのだけれど、
結局、熟練経験者を粗末にしてきた「猿真似」トヨタ方式では
体力のない下請けに親会社の分の在庫を背負わす単なる下請けいじめの実態。

従来の日本企業は各工程において「親会社の資金で」リスク回避のバッファたる
在庫の確保をしてきたんだけどね
それを全部奪い取ったのが細目悪相ウマズラ奥田の強欲拝金主義。
カンバン方式が地に落ちた瞬間。

そういう背景を踏まえて「派遣切り」とか見渡してごらん
リスクはすべて相手持ち
リスクとらずにリスク・テイク

こんな経営者は日本には要らない
法人税引き下げも 税制優遇も必要ない

そして小泉"以降"「平成政商跋扈」のデタラメ集大成、麻生太郎のジミンコウメイ政府は
選挙のために日本経済失速と
日本人労働者の生活を切り捨てた
自分たちの選挙のために。

本来であれば企業決算の3月期。
納税根拠となる3月決算。
いままでの良識ある企業経営者と、国家経営者の政府与党であるならば
3月期の業績不振は「内外ともに」許されざる結果責任。
期間損益の最終集計。
株式配当の株価への影響。
国庫への法人税、事業税収入確定。

国も 企業も 一番大事な1-3月期。

いとも簡単に「逆粉飾」を許して見せた
従来の政府与党だったら国庫の税収に穴あけたくないから
財界大企業経営者と話し合ってそれなりの落としどころにもって行くんだけど、
麻生太郎と奥田"以降"御手洗経団連の談合インサイダー

アメリカサブプライムGM破綻で世界一トヨタに「奉加帳」回ってくるのを阻止するためは、まイイとして。w
危機的決算の「演出」200兆円内部留保のどマヌケさ
逆粉飾決算の結果の予定税収大幅割り込み国庫減少、国債発行。
失業者大量発生と雇用保険直撃、
治安悪化なんて余計なもんまでついてくる

事業計画とか経営計画とか「数字づくり」に携わったことのある人ならわかるだろう
「数字」は「実体」に反映され
そしてまた「数字」に跳ね返ってくる
そしてそれの最終判断は「経営者に委ねられる」

あとは上位下達の冷徹な世界。
計画生産数の下方修正は、
そのままラインの稼動計画を押し下げて
余剰人員を大量に生み出す
ジャストインタイム。。。 か。

大企業のリスク回避で在庫を背負わされた中小企業は
だぶつく部品と 材料の支払いと
借入金の返済と 資金ショートに苦しめられて
ランニングコストである従業員の給与に手をつける
クビ切り横行の殺伐とした世界。
社長の温情での時短とか出社日数で調整は、
リスクは弱者に付け替える大企業経営者」のモラルの大罪!
国民生活をなんとも意に介さない

簡単に数字をいじるヤツは
簡単に人を殺せるヤツだということ


だから「できてた」ものづくり日本は
需要期ピークの生産を
閑散期に平準化して予め備える
「リスクをとって」利潤の最大化を計る
だから正しい経営だった
リスク・テイクの資本主義の鑑。

それを捨てたのは小泉"以降"「拝金奥田経団連タッグ」の狂った日本
リスクをとらずに儲けだけ最大
新自由主義のインチキ資本主義。

こういう「モラルの欠落した」企業経営者、国家経営者にかかってしまえば
数字いじりはいとも簡単だ

「分母いぢり」は官僚あたまの常套手段
誰の入れ知恵でもいいんだけど
竹中平蔵も良く使ったよなこの手

4年前の小泉「郵政詐欺選挙」の前後の株価の動きを思い出してごらん。
7000円台まで落っこちて、「救済しないって言ってた銀行を救済して」
叩いて弱らせてお仲間だけで喰っちゃう小泉竹中売国手法

◆まるで金融暴力団!? 小泉会系竹中組 @"売国エンジン"竹中平蔵を止めろ!
‥‥。
実際、株価が額面割れ寸前になって、みずほは国有化に追いつめられた
ここで、みずほは1兆円もの増資を敢行し、結果国有化はできなかった

日本経済をボロボロにしてまで取り組んだ"アメリカ外資への生贄"は寸でのところで取り逃がした挙句、株価暴落では2003年9月の自民党総裁選に勝てないと踏んだ小泉は、今までとはまったく逆の金融政策に切り替え、為替市場でドル買い、円売りを始めた
円を売った場合、普通は日銀が円資金を回収するが、あえて放置
そのため円が外資に渡り、それが日本の株式市場に環流して2003年4月以降の株価急回復の要因となる
その後、日銀はマネタリーベースをゆるめ、2ヶ月間でほぼ倍にした
総裁選もあるので絞ることもできず、20%台でなんと5ヶ月間も横ばいに
案の定、小泉が勝つと再びマネタリーベースを絞り始めたが、急増した個人投資家が買い支えもあり今度は思惑通り株価が落ちない
‥‥。

一部抜粋
国を挙げての株価操作。
「(ETFで)儲かっちゃいますよ、ウフフフフ。」ってカメラに向かって笑って見せた
竹中平蔵の証券取引監視委員会とマルサの出動を要請する!

小泉政府側近の経済"893"s
◆まるで金融暴力団!? 小泉会系竹中組 @"売国エンジン"竹中平蔵を止めろ!
◆拝金原理主義の伝道師 @なぜ経団連会長・奥田碩は消費税を上げたいのか? 
◆宮内:「規制緩和はお手盛りで」 @官僚から奪い取った"主権"でお仲間内でやりたい放題 


有価証券報告書とかやったことある人は良く判ると思いますが
会社の経理とかでちょっとでも数字「いぢった」ことある人はよく知ってます
経営者などの「意思決定者」にとっては
数字は作れるもんなんですよ

だから数字が嘘つけないようにするには
複数年度の連続性を見ることが重要不可欠なポイントです
税務署のママママ窓辺さんもやってます(笑)
粉飾操作は必ずどこかに歪みを起こさせて
アッチをヘコましゃコッチが出っ張る
そういう見方をしなきゃいけません
だから官僚とか竹中平蔵とか
空気のように嘘を吐くエリート気取りの悪党は
単年度決算とか短期間の経営指標とか
「刹那的数字」に逃げ込む
んだとよく覚えて置いてください

1-3月期で「国民生活を殺して」
   徹底的な生産調整、雇用調整、在庫調整、下方圧力の逆粉飾。
4-6月期で「2兆円も税金投入して」
   大企業限定エコエコ購買キャンペーン、「平準化崩して」在庫ショートの大増産。

「トヨタとホンダだけもってる」ハイブリッド先行2社特例、
トータル消費電力の大きなデタラメ大画面家電エコポイント、
なになに超高級車レクサスにまでエコカー減税やるっていうの?
軽自動車とか 原付バイクとか 自転車とか こそエコ補助だろうに。

こんなデタラメな経団連大企業限定集中投下、『粉飾年率換算』なんて
あなたはまだ信じるんですか?

日本のGDP(国内総生産)が、4~6月期で1~3月期に比べて0.9%の伸びと発表されました。年間ベースでは3.7%の伸びだそうです。

まだ信じるんですか?

選挙公示にあわせたGDP発表のその「直後」に
急遽、生産ラインの増強と人員雇い入れの雇用増加を発表していたメーカーがあったな。。。
もしかして「オアズケ」されてましたか? www

にしても国内空洞化は何も改善されずの政府無策で、
結局、中国の統制経済のカンフル注射のお陰さま
アメリカの予算枯渇の低燃費車買い替え輸出に頼りっきり。
無能無策な「GDP年率換算3.7%粉飾」でした。

こんなインチキな連中を国の真ん中に居座らせたままにすると
竹中平蔵の「いざなぎ越え」超長期好景気みたいに
ぜんぜん生活改善しない苦しいままで
「景気が良くなりましたから約束どおり消費税増税します」
なんてやられるゼ!

ナメンナヨって言ってやってください

選挙に行って噛み付いて引っ掻いてやりましょう!

 1000ピース なめんなよ 11-163
 なめんなよ 1000ピース 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/2000-7e556e2f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。