ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ワンフレーズ」の意味の違い @今回の「政権交代」と、前回の「郵政民営化」ではどう違うの?

「なんだよ、『政権交代』のワンフレーズかよ。


 さんざん小泉の『郵政民営化』の
 ワンフレーズ選挙を批難してただろ。」




って、「そう思わせたい人」の誘導そもさん

浮動票を持つ大多数の無党派層を「そう思わせたら勝ち」だとアゴをしゃくっているようだ

果たしてそうなのか?

まず大多数の有権者、とくに「何があっても特定政党支援」の
「利害に固執する人たち」は完全除外するとして
選挙で悪しき日本の慣習を正して欲しいと思っている
良識ある無党派の多くは、
実は小泉「郵政詐欺」選挙の時も、そして今回も
大きく共通した価値尺度を持っている
実はぜんぜんはブレていないのだ

それは何か?
それは「官僚主権」といわれる歪んだ特権階級の存在、
そしてそれを取り巻く「族議員」や「特定業者」の腐敗利権の温床を
これを日本から徹底して排除して欲しい
と考えていた
正しい日本のあり方を
「主権在民」と憲法に謳われたその通りに
まるで表の資本主義日本とは「別口の」
裏側に巣食う「官僚共産主義」の特権世界の
『見えない一国二制度』を肌で感じてぶっ壊して欲しい

本気で考えた熱狂的投票行動だったのだろう

だから官僚特権擁護に映る甘い汁吸っている族議員を
「抵抗勢力」と焼印し
串刺し火炙りのカーニバルに仕立て上げた
そのなかには「小泉カイカクの本当の狙い」に気付いてた
小泉竹中、ひいては裏側のブッシュ米国にとって不都合な者、
アンコントローラブルな売国加担を許さない者も
少なからず含まれていたはずなのだが。

そんな4年前の郵政選挙の公示直後は
選挙で正して欲しい国民の関心事の中で
郵政民営化はTOP10にも入らないイシューだった。

にも関わらず、「郵政民営化がすべてのカイカクの入り口だ」と
言い切って自分で勝手に「郵政選挙だ!」などと命名し
「郵政民営化に賛成か反対かそのただ一点で投票して」
小泉純一郎自らがマイクを持って叫んだ
とんでもなくデタラメな国民の代表を選ぶべき4年前の衆議院選挙だった

そして結果はどうなったか?

あなたは幸せになりましたか?

結局、小泉竹中が何をやったか?

「官から民へ」と言いながら
「カイカクなくして成長なし」と連呼しながら
「郵政民営化すればすべて良くなる」
「アメリカについていけば間違いなく良くなる」

そう言って
アメリカ金融資本と奥田経団連と一部の強欲財界人に
「日本人の財産」をニタニタしながら山分けしてしまった

あのホリエモンが言い当てた「政治の壁の向こう側」
汚らしい金の稼ぎ方をする連中だけウハウハの世界。

官僚の無駄遣いは正さずに
官僚の天下り天国を正さずに、
1国2制度特権的生涯保証を温存
官僚社会と見えないところで談合癒着政治

「米百票の精神」とか
「痛みに耐えて」とか
そうやって国民にだけ痛みを押し付けてやってきた結果がこれでは
『郵政民営化はTOP10にも入らない関心事』という
国民の感覚こそが正しかったと証明している
小泉ワンフレーズにダマサレタ!



そして今度の「政権交代」

確かにワンフレーズのようになっているが、どうにも中身が違ってる。

それは国民が期待している「現象そのまま」だから

小泉以来ブレてない国民感情
それは「既得権者の断ち切り、一掃!」

官僚主権とも揶揄される1国2制度の裏支配の構造。
そういうデタラメに群がる金権腐敗政治屋どもと
利益の最大化を貪り尽くす「企業モラルを忘れた」強欲経営者ども
「公を喰い物にする」サロンの中の特権気取り。
コイツラの関係を「一度断ち切る」

まさしくこのことこそが
手段であり目的といっていいだろう

組織は腐敗する
安定を通り越すと必ず腐敗する
だから定期的にぶっ壊すのは
『腐敗防止』の最大の対抗策
政権交代とはまさしくそのことだ

手段であり目的といっていいだろう

混沌から生じる混乱は
見守る度量こそが国民に求められる
ただし混乱の中の権力闘争は
是々非々の議論の応酬を誘なう事は必然だ
だからこそ「癒着を断ち切る」効能がある

国民の関心事のTOP10にも入らなかった「郵政民営化」のワンフレーズ。
今回の選挙の目的として上位に認識されている「政権交代」のワンフレーズ。

同じワンフレーズにしても国民の求めるものの大違い
そして実は根底に流れているまさしく国民が求めてやまないモノ。

「官僚集権共産主義」の特権世界のもうひとつの裏日本。
表の80兆円予算とは別口の200兆円特別会計
「狭い世界」で好き勝手に牛耳る『秘密の国』の存在。
フザケタ『見えない一国二制度』を
国民は肌で感じてぶっ壊して欲しいと切望してる!
正しい日本を取り戻したいと!

「自民党をぶっ壊しますから!」と髪を振り乱した小泉に熱狂したひとも、
「抵抗勢力」のレッテル貼りに「ようやく待ってたものが来た」と期待した人も、
結局は小泉竹中カイカクにいいように騙されて身包み剥がされたと気付いたからこそ
だからこそ自民党でも公明党でも中からは決して変わらない自分のことだけ自民公明党」に愛想をつかして政権交代。

安倍、福田、麻生とデタラメ小泉竹中路線を踏襲した『国民の信なき』世襲禅譲政権に嫌気が差した
国民の信は必要ないが「創価カルトの池田テチャクの信だけ」の
国民離反の能無し世襲連続サドンデス政権。
そしてそれらとずっと談合癒着して、
「平和破壊と福祉切捨て」の10年権力貪り喰い
池田テチャクの個人支配カルト創価学会公明党の
少数間接支配の日本こそが、官僚主権を正すとともに
日本の国から徹底的に排除すべきものだと

「変える必要性を感じた」国民が重い腰を上げた選挙だ

いいようにやられてる日本
貪り食ってる連中から取り戻すため
「変えることこそが」今回の選挙の目的の
政権交代のワンフレーズ



変えさせたくないヤツラを徹底的にやっつけろ!


Yes We Can !-オバマ・クラシック Yes We Can! - オバマ・クラシック

もうすでに2周半の周回遅れだよ
同じ歯車でも「自分で動く歯車」になりたいとは思わないか?

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/2004-c6ee7d4a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。