ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これ「通したら」アウトだな @「永遠の暫定税率存続」に地方の陳情頼るって、一体誰の話を聞いてるのか崩壊の途への自爆スイッチ

謎だよ

ガソリン価格が「いまは」安定してるから
『30年以上暫定のままのインチキ倍盗り税率』を
インチキのまま続けます

‥‥だってさ。

去年、フクダを押し切って
暫定税率一時廃止したあとに
ミンシュの主張に則したまま
インチキ暫定税率の永劫廃止が叶ってたら、
そこで「1年経たずに」今の相場になったら
やっぱ上げますって言ったんですか?

ぜんぜん理屈も先見性もない
政治失格の烙印が
押されん勢いで振り下ろされてるの感じてる?


まあ
与党になって
いままでと話を聞いてる相手が入れ替わったってだけなら
ジミンに擦り寄ってた『税金に群がる連中』が大挙して
ミンシュに擦り寄ってきたソイツラの話だけ聞いて
これが民意だとか平気で言っちゃってるようなら
ジミンをダメにした陳情政治の醜悪な連中が
またミンシュをダメにして終わらせるって
国民感覚乖離の政党への崩壊の途
一歩踏み出したって話ですな


最悪なのは
環境税入れて差し引き5%引きでどうですか?って
国民から総スカン食らったハトヤマ政府の税調案を
まあ、だったら「25%引きなら黙るんでしょ、お客さん?」
みたいな税を司る強者の立場から
思いっきり納税者バカにした感覚乖離のキチガイ提案。

筋を通すなら
倍盗り暫定税率は即刻廃止のゼロ%
半分の本則税率の半分を地方財源に。
残り半分を道路ではなく環境対策に。

既存の道路のメンテナンスは
一般財源化した本則税率の半分を地方に委ね
地方の判断、とうぜん地域住民の必要性に鑑みて行え!
宮崎に高速道路が必要だというなら、
恩恵を受ける九州ブロックでカネ出し合って必要性との天秤にかけろ!
宮崎に行くにしろ 
宮崎から出てくるにしろ 
宮崎を素通りするにしろ
九州ブロックで「応分負担の」必要性を認められないものを
日本全体で認めさせられるのかって話
和歌山だってどこだって一緒だ

そして環境って言えば
いくらでも国民からカネをむしれると思ってる鳩山政府
道路整備のためのガソリン税は
環境整備のためのガソリン税に
ただし半分を国の財源として
「できる範囲で」やれよ
ハトヤマ政府がどうしてもやりたい環境ならばよ。
インチキCO2温暖化説にすがりつく
『環境無罪』に遊びたいんならばよ

筋が通らぬ数字合わせ
って最悪の官僚脳みたいな
税の議論をしてんじゃねーよ


「目玉のはずの」こども手当てに国民の多くが反対だって
耳を済ませてよくよく聞いてみな
「財源を庶民の懐に手を突っ込んで
「増税や税外負担を増やすような民主党政治なら」
「だったら」民主党のマニュフェストなんかイラねーよ
って言われてんですけど。
ホント、泣けてくるぜ。。。

小泉カイカクで散々儲けた「クビ切り内部留保」にウハウハの金持ち大企業
聖域なきコウゾウカイカク(笑)で水面下の癒着で「温存された」官僚天下り天国
コイツラの懐から吐き出させずに
扶養控除の廃止とか 組み換えだとか
庶民の懐に真っ先に手をつける話ばかりだから
応援してたはずの多数の人たちに
懐疑の心が湧き始めてるって気付かないのか?


票欲しさに
ちょっと前までジミンとつるんでた連中の
陳情政治に足場を移すってんだったら
ジミンを腐敗しダメにした
日本に蔓延る「公金乞食の団体」と
その「特定団体の」声を聞きながら
ジミンとおんなじ道歩むってだけだってわからんのかね?

幹事長室に陳情一本化ってさ
ありゃ諸刃の剣だよなって思ってたんだけど
単なる『票とカネの引換交換所』に幹事長室をやつすんじゃねーのかって
嘘しか吐かなくなったマスゴミとかウヨウヨした連中の
そういうヤツラが敵塩になってると考えもなしに教えてくれる
「やっちゃいけないこと」リストの批判の助言(笑)なんだけど
そのデンジャーゾーンに「近づいただけで」
ジミンコウメイを倒した
「静かな国民の怒り」が
一気にそっちに向くだけだから
陳情政治を裁く場に
捌くじゃなくって裁く場に
そういう風に豪腕一本化されることに期待してたんだけどよ

主がわかってねーとは思えないだけに
このあとどうやってひっくり返るか
ひっくり返すのか

「国民よ、もっと怒れ!」って
小沢のいつも言ってる
『メンドクセー民主政治』を提唱するような
そういう意味での着火剤だとしたら
普天間も 環境税も なんもかも。。。


はっきりいっておきたいんだけど
国民の生活第一で
その国民が生活を第一に立て直そうって注力したいのに
いちいち「メンドクセー政治」で挑発してくるのは困るんですけどね
「安心できるジミンじゃない政府」に任せて
国民ひとりひとりが自分の足で立ち上がろうって頑張ってる時に。

口開けて待ってるのだけが国民とか思われたくないんですけど。。。
生活に経済に全力出せる『安心感』を
政治には期待してるんですけど
いちいちメンドクセーんじゃ
安心して金も使ってられんとなっちゃうよ

その辺心得違いしないで欲しい、
オザワのいう国民の政治参加にちと苦言。


人心が離れたら
官僚公家特権階級気取りの連中の
裏日本支配は崩せんよ
政権交代の期待が水泡だよ

そこだけが
国民が我慢しているところなんだから
国民の我慢に悪乗りしてアグラかいてんじゃないっ!


tips
民主党、暫定税率維持など18項目の予算要望
 [東京 16日 ロイター] 民主党の小沢一郎幹事長は16日夕、首相官邸を訪れ鳩山由紀夫首相など政府に対し、ガソリン等の暫定税率維持など18項目にわたる来年度予算重要要点を要望した。
 衆院選の民主党マニフェスト(政権公約)の一時棚上げともみられる要望内容だが、小沢幹事長は「党というより国民の要望」と述べ、2010年度予算編成への反映を要請した。
 要望を受け取った後、平野博文官房長官は官邸で記者団に「予算編成に、政府として責任もって最大限努力する」と述べ、できるだけ早くどのように対応するか精査したいと語った。官房長官によると、鳩山首相は会談で「政府としてしっかり受け止めたい」と応じた。
 このほか重点要望では、子ども手当てについて、初年度、子ども1人あたり月額1万3000円とする一方で所得制限を求め、その限度額は予算編成で政府・与党で調整することを要望。原油価格が安定していることから、地方の財政難を理由に暫定税率の維持を求めた。ただ、原油価格高騰時には、暫定税率の課税を停止する法的措置も検討する。
 税制改正の焦点となっている環境税については「今後の検討課題」とし、タバコ税の増税については予算編成における政府・与党間調整課題として保留した。
 民主党の要望事項は以下の通り。

1.重点要望
 1.子ども手当て
   初年度、子ども1人当たり月額1万3000円とし、地方には新たな負担増は求めない。
   所得制限については、その限度額は予算編成にあたり政府与党で調整し決定する。
 2.高校無償化
   公立高校生の授業料を無償化し、私立高校生には年額12万円(低所得者世帯は24万円)を助成する。所得制限は設けない。
 3.農業戸別補償制度の導入
   戸別所得補償制度の早急な導入が必要である。実施にあたっては現在の交付金水準を下回らないようにする。
 4.地方財源の充実
   三位一体改革で削減された地方交付税と地方の歳出を復元充実する観点から、2010年度から所得税の税源移譲に際して削減された交付税総合額1.1兆円に見合う交付金制度を創設する必要がある。原則として自由に使える、1.1兆円を上回る規模の使い勝手のよい新たな交付金を国土交通省・農林水産省において創設する。
 5.過疎法の延長
 6.国と地方の協議の場の設置
 7.整備新幹線の整備
   各地域の要望が極めて強いことを受け止め、早期開業のため必要な予算措置を講じる。
 8.高速道路の整備
   2010年度において、高速道路会社による高速道路整備を推進するため、利便増進事業を抜本的に見直すとともに、いわゆる新直轄事業を取りやめ、これに見合う額を国が高速道路会社に対し支援する。
   2011年度以降の新たな高速道路建設促進の枠組みとして、全国統一の料金設定、国の高速道路建設の高速道路会社への一本化をはかるとともに、地方自らが必要とする高速道路建設を行うことができるようにするための国の支援策を検討し、来年6月中に政府として成案を得る。
 9.診療報酬の引き上げ
   全国で発生している医療崩壊を防ぐため、地域医療を守る医療機関の診療報酬本体の引き上げが必要である。
 10.介護労働者の待遇改善
 11.障害者自立支援法廃止
 12.肝炎対策の予算確保
 13.ガソリンなどの暫定税率
   現在石油価格は安定しているので、ガソリンなどの暫定税率は現在の租税水準を維持する。ただし、2008年度上半期のような原油価格の異常高騰時には、国民生活を守るために暫定税率の課税を停止することができるような法的措置を講じる。
   自動車重量税については、暫定分の国分について、環境のことも考えながら半分程度の減税を行うべきである。
 14.高速道路の無料化
   割引率の順次拡大や統一料金制度の導入など社会実験を実施し、影響を確認しながら段階的に進める。
 15.国直轄事業の抜本的見直しと地方負担金の廃止
 16.租税特別措置の見直し
 17.土地改良予算の縮減
 18.環境税
   今後の検討課題とする。

2.予算編成において政府・与党の調整を要する課題
 1)「協会けんぽ」の財政、
 2)A重油の免税措置、
 3)オーナー課税、
 4)バス・トラックへの助成金、
 5)タバコ税の増税

2009年 12月 16日 21:46 JST

「小沢幹事長は「党というより国民の要望」と述べ、‥‥」

陳情を受け付けて特定団体の票を獲得するのが地方と中央の政党の仕事だと言いたいようだ
で政府に上げるところまでが陳情に応える「陳情政治という名の民主主義」だとでも言いたいんでしょうか?

正しいようで、  なんだかなぁ~。。。

理解なんかしたくないぜ

結局、民主主義ってのは「両論併記の真ん中獲り」だってのはわかるんだけど
信念のない右から左の要求デリバリーってのは
やっぱり『票と金の交換所』って言っちゃうぞ

コメント

民主政治は政権交代から

民主党の政治が選挙までに国民乖離だったら、また次の政権を探しましょう。
民主政治は政権交代の繰り返しで手に入れましょう。
諦めないで頑張りましょう。
それでもガソリン暫定税は廃止されるでしょう。

  • 2009/12/18(金) 17:55:32===
  • URL===
  • written by scotti
  • [ 編集]

折角のチャンスを

一歩ひいて考えれば答えは単純なのに、蛇行しながら本筋を外してゆく姿は悪夢であり、コメディーです。

  • 2009/12/18(金) 23:30:13===
  • URL===
  • written by ひろたま
  • [ 編集]

うそつき鳩山

国民生活第一はどこいったんでしょ
家計支援で内需拡大?
出てくるのは増税の話ばかり

国民は怒ってるぞ

  • 2009/12/22(火) 19:58:48===
  • URL===
  • written by
  • [ 編集]

鳩山政権に言いたい事は・・・

高速道路無料化にしろ、暫定税率にしろ、言いたい事は多々あります。
7兆円の経済効果を謳っていたこれらの政策の後退は、正直約束違反ですよね。特別会計取り崩してでもやるべきだろうと今でも思います。
ただ、公立高校授業料無償化や子供手当て、年金対策等福祉関連にはかなり手厚く予算を割いており、一概に失敗と決めかねております。
むしろ、「バラマキ」だの、「国債発行額が過去最大」だのと、相変わらずのイチャモン(その一方でマニュフェスト後退などとほざく)しか言えないマスゴミの報道のクダラナサが余計際立つ今日この頃ですね。

  • 2009/12/26(土) 16:44:20===
  • URL===
  • written by bronks
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/2062-507a98df

産経は、何故に核密約を書けないのか

 今まで核密約に関し産経は一貫して 日本に核を保持をすることに正当性を持たせようとしてきた ように思える。 そのためには、 有事だと騒ぐ必要 があり、また 近隣諸国も核の保有を願っているようだ としなければならない。 つい先日(20日)にも、下記のような記事を書...

  • 2009/12/23(水) 21:19:34===
  • 雑感

社会保障政策の本質

貨幣に支配される奴隷 のつづきです。 [すみちゃん] 「確かにそうなんですが、紙幣がそのように帝国内部で発生した前例があるでしょうか? 残念ながら経済史の知識も乏しいので良くわかりません。 思考実験であるとすると、もちろんローマ帝国の紙幣など他共同体の手

  • 2009/12/17(木) 15:59:48===
  • 晴耕雨読

強欲な資本主義

 最近、民主党政権の政策に若干の違和感がでてきている。  「事業仕分け」による官僚制度の暴露に拍手を送りたいのだが、現実の生活に直結した部分への配慮のなさも見えてくる。特に、医療費等の「事業仕分け」は、生活が持ちこたえられない人たちへの配慮が足らない。

  • 2009/12/17(木) 14:29:17===
  • 関係性
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。