ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CIA御用達「グァンタナモ刑務所」の風習は、なんと日本にもあるようです。 「勝手トクソー権限」のつもりか! @「非合法」特捜部解体! 「民野健治特捜部検事」の人質拷問自白強要証拠捏造を許すな!

週刊朝日100212気骨の記事を応援する意味でも
是非とも買って読みましょう!

書店、キオスク、コンビニに走れ!

350円の協賛金 w
滅多に週刊誌は買わないんだけどね




scottiさんからもコメントいただいてた許されない状況を転載。

週刊朝日2月12日号 検察暴走! ~子供人質に女性秘書恫喝10時間~ 上杉隆
小沢一郎VS検察の戦いが佳境に入っている。
検察は捜査対象を広げ、小沢後援会、接触した建設会社、秘書、元秘書などしらみつぶしにあたっている。
衆議院議員で小沢の元秘書の石川知裕の捜査・逮捕もその流れの中にある。

その石川の拘留期限は2月4日に切れる。そのため、検察は別件だろうがなんだろうが、石川を留め、捜査の継続を画策しているという。
「もうめちゃくちゃですよ。何でもいいから見つけて来い、
 そんな感じです。
 上層部は相当焦っている。現場から不信の声も上がっています」
(検察「関係者」)

検察が小沢を追い詰めているという新聞・テレビの報道とは随分と違う。さらに検察「関係者」の話を聞いてみよう。

「週刊朝日の記事に対しては本気で怒っています。懇談なんかでも
 「上杉のヤロウ、調子の乗りやがって、目にもの見せてやる」
 半ば公然と話しているくらいですから。
 その報復が女性秘書に向かったんですよ」

先週号で筆者は、石川が事情聴取の際に、検察から子育て中の若い女性秘書をネタに恫喝を受けていた事実を書いた。
その号が発売された日、今度はその女性秘書が「事情聴取」に呼ばれたという。翌日の鈴木宗男衆院議員のブログ「ムネオ日記」にそれに該当すると思われる記述がある。

「さらに昨日は、石川事務所の女性秘書を午後1時から10時半まで事情聴取している。
小さな子供がいるから早く帰してやってくれ、と言っても、検察は帰さなかった。
まさに拷問的取り調べだ、と、弁護士は怒っていた」
弁護士も指摘する通り、それは事情聴取とは言い難い卑劣極まるものだった。

「保育園に子供が残っています。お迎えだけは行かせてください。
 その後、また戻ってきます。せめて電話だけでも入れさせてください。」


感情を抑えられずとりみだす母親、その前に座る男はこう言い放つ。

「何言っちゃってんの。そんなに人生、
 甘くないでしょ」


もとより、小沢事務所の政治資金規正法違反の捜査で、なぜ石川事務所の秘書を聴取する必要があるのか?

石川の秘書時代の仕事を他の事務所から3年ほど前に移ってきたばかりの新しい秘書が知る由もない。
あまりに無謀な検察の捜査。新聞・テレビが一切報じない、
その一部始終を「関係者」の証言を基に再現しよう。

1月26日(火)の昼ごろ、石川事務所に「タミノ」と名乗る男から
電話があった。女性秘書に検察庁に来てほしいという。
女性秘書が「今日も押収品の返却ですか?」と確認すると、
タミノは
「そうです、あと、ちょっと確認したいことがあるので」と返した。
よく聞き取れなかったので、もう一度確認すると、
「返却です」と答えた。

女性秘書は、1月15日の石川逮捕以来2度(22日、25日)検察庁から呼び出しを受け「押収品」の返却に応じている。
今回も同様の案件だと信じた女性秘書は、ランチバッグ一つで検察庁に向かった。
霞が関から議員会館のある永田町からは一駅である。前日と同じように、コートも着ずに薄着で出かけた。ランチバッグの中には千円札と小銭、ティッシュとハンカチ、携帯電話だけである。

検察庁に着くと前回までとは違う部屋に案内される。
するとそこには民野健治という検事が待っており、
いきなりこういい始めたのだ。

「被疑者として呼んだ。あなたには黙秘権があるので行使することが できる。それから~」

事情を把握できずパニックになった女性秘書が、ほかの秘書か弁護士に連絡したい旨を告げると、
民野健治はそれを無視して、
逆に、携帯電話の電源を切るように命じ、目の前でスイッチをオフにさせたのだ。


それが昼の1時45分。だまし討ちの「監禁」はこうして始まった。

任意の事情聴取は、文字通り「任意」である。
よって、被疑者であろうが、参考人であろうが、当事者の同意が
必要なのは言うまでもない。
仮に、拒否しても、その場を立ち去っても問題はない。
拒否も国民の当然の権利である。

ところが今回「聴取」という
だまし討ち監禁は、そうした意向を問うこともなくスタートしている。

民野検事は、女性秘書に小沢と石川が共謀していたことを認めるよう迫り続けた。だが、彼女がそんなことを知る由もない。

女性秘書は石川が小沢の秘書をやっているときは、別の民主党議員事務所に勤めていたのだ
しかも、当時は与野党に分かれており、自由党の石川秘書についてはその存在すら知らなかった。

そんな彼女が、小沢事務所の会計事務のことを知るすべはない。
その旨を正確に述べると、検事は次のような言葉を並べるのだった。
「いいんだよ、何でもいいから認めれば
 いいんだよ」

「早く帰りたいなら、早く認めて楽になれよ」

「何で自分を守ろうとしないの。石川をかばってどうするの」


こうした言葉をさんざん浴びせられたが、知りようもない事柄を語れるはずもない。
そこで黙っていると民野検事はこう言い放った。

「あんた、何も言わないのは愚の骨頂だよ」

取り調べ室では時刻もわからない。もうずいぶん時間も経過したのだろう。
ふと見るとそれまでブラインドから差し込んでいた外の光が暗くなっている。
3歳と5歳の子供が待っている保育園に迎えに行かなければならない。
夫でも誰でもいいから迎えに行かなければ、幼い子供たちも心配するだろう。

取り調べ可視化 これじゃ無理だ。

女性秘書は検事に対して、繰り返しお迎えの許可だけを懇願する。
一時的でもいい、必ず戻ってくる。せめて電話を入れさせてほしいと哀願し続けたのだ。

そして、母親の子供を思う気持ちが昂ったその時、
検事の発した言葉が、先の

「何言っちゃってんの?
 そんなに人生、甘くないでしょ?」


という台詞だったのだ。

その言葉を聞いて、母親はパニック状態に陥った。
手が震え出し、自然に涙がこぼれてくる。

ついには呼吸が荒くなり、過呼吸状態に陥った。


飲み物を所望する。ご希望をどうぞ、と言われたので、
「お茶をください」と言った。すると民野検事は事務官を呼び、
庁内にあるローソンに買いに行かせた。事務官が戻ってきてお茶を
出すと同時に検事はこういったのだ。

「120円、払ってください」

一方、昼間に出かけた女性秘書の帰りがあまりに遅いため、
石川事務所のスタッフたちもさすがに心配になってきた。

ちょうどそのころ、検察庁から一本の電話が入った。

「○○さん(女性秘書の名前)からの伝言です。
 今日は用事があるので事務所には帰らないとのことです」

と、男の声で名前も名乗らず、それだけ言うと一方的に切れたという。



日が暮れて数時間がたつ。
子供の迎えの時刻が迫ってからは「せめて主人に電話をさせてほしい」「ダメだ」というやり取りの繰り返しになる。

あの小沢一郎の事情聴取ですら、準備に準備を重ねて弁護士を連れ、自らのホテルの部屋という条件で行われたのだ。しかも4時間半である。

一方、女性秘書の「監禁」時間はすでにこの時点で5時間を超えている。
だんだん思考能力も低下してきた、と、のちに弁護士にも語っている
この母親が何百回、同じ「哀願」を繰り返したころだろう。

ようやく検事が
「じゃあ、旦那にだけは電話していい」と認めた。

検事の目の前で携帯のスイッチをオンにし、
画面に夫の電話番号を表示し、
それを見せながら発信ボタンを押した。


子供の迎えだけを頼んだ。
それから次に弁護士への通話をお願いし、しばらくして同じように許可された。

弁護士が健治と「聴取」の中断を交渉し、午後10時45分、
事務所を出てから約10時間ぶりに女性秘書は「監禁」から開放されたのだった。

結局、「押収品」は一つも返してもらえなかった。
つまり、東京地検特捜部は、最初からこの若い母親を
だまして「監禁」することが目的だったのだ!


2008年に最高検が出した「検察における取り調べ適正確保方策に関する諸通達では、長時間の取り調べ、休憩なしの聴取などを禁じている。

今回の「監禁」はこれに明白に違反している。

しかし、最も卑劣なのは、
こうした人権侵害を知っていて、
1文字も、1秒も報じない新聞・テレビの
記者クラブメディアだ。


とにかく検察などの国家権力があらゆる手段をもってしても
自己目的を達成しようとすることは、人類共通の歴史だ。

ところが、普通の民主主義国家では、そうした捜査当局の暴走に
歯止めをかけるためのジャーナリズムが存在する。

ただし、日本ではそれがない。

むしろ逆に、検察の暴走を、つまらない自らの立場を守るために、
見て見ぬふりをしているのが現状だ。
それは、何も知らないよりずっと性質が悪い。

先週号でもふれたとおり、石川事務所での一連の「違法」強制捜査は
記者クラブメディアの記者たちの目の前で行われたのだ。
さらに、懇談で女性秘書への事情聴取があったことも話題に上がっている

検察の捜査が卑劣だとしたら、
それを知っていて書かず、
無言で協力してきた新聞・テレビの
記者たちこそ卑怯だと言わざるを
得ないのではないか?


怒りがこみ上げてくる!
極悪国家権力の所業、許すマジ!



。。。。
実は昨日の夢が検察特捜部に自分が逮捕されるってとんでもないもの.

かあちゃんに話したら大笑いされてしまった

 メシ喰って会社のフロアに戻ったら商品企画部の一角アタリだけが
 周りの雑然とした職場の雰囲気とは隔世感を感じるように
 デスクの上がPCさえも何もなくなってて
 まるで引越しした後のようにポツンと空白地帯。
 会社の幹部連中が周りに整然と座ってて、正面に組んだ手に唇を乗せたボス。
 検察官らしき背広が一人、出頭要請を告げてきた。
 罪状は不明で、もちろん心当たりなんてのもなにもない。
 手錠をちらつかせるもんだから「逃げることもないし、手錠は拒否する!」
 とかみんなの手前精一杯頑張ってはみたんだけれど
 企画課の新人の女の子、名前は忘れて出てこなかったが、ネコ目のその子がしくしく泣いてるし。。。


って石川と夢ン中までシンクロしちゃうくらい今回の
「検察による“別の狙いの犠牲者大量増産”事件」
はいろんなところにトラウマのような
権力暴走に対する不安と怒りを醸成したんではないんだろうか。

そんなこんなも平気で正夢にしちまうような卑劣な連中。
どこが正義だ!

逮捕権ってのは
国家暴力なんだよな


ちなみに政治権力と称せられる
与党幹事長の小沢一郎には
暴力使った権力はありませんから。

どっちが『凶悪権力』か、

冷静な人にはわかるでしょう

国会議員とか政党幹部とか
しょせんは政策立案と法制化と
その辺に関与するのが関の山で
そこには国会という場のチェックと国民の監視の目がある

そんな政治家をも
国民が支持した多数政党の幹部でさえも
政治的に抹殺することを目論むことができる特捜部。

そのためには世界中から批難されているグァンタナモ刑務所の
囚人リンチ拷問のような人質事情聴取を
何の法的根拠も証拠もなく
違法上等の不当取調べでやってしまおうとする東京地検特捜部。

もうここまで酷い状況だと知ったからには
即刻解体だよ、地検特捜部。

 警察
 検察
 国税

強制捜査などと国家権力を傘に着た強権暴力により自由拘束裁量権を持つ組織の
完全なる見直しが待ったなしで必要だろうな

「可視化を検討」なんて生温いと言ってもいい
やり過ぎた過去の蓄積は今すぐ購い
きちんと全員が斬首の上、別の人選で出直せ!

少なくとも『暴走上等の実績多数』特捜部は即刻解体の上、
国民のコンセンサスが得られるような
権力犯罪抑止機関の
あらたなる創設
を望む

コメント

電通の力の源泉

テレビ界を支配している電通ですが、その支配の源泉は視聴率調査の会社が電通の子会社一社であることに所以しているらしい。
その視聴率調査も、本当の数字は半分以下らしいね。
電通が鉛筆ナメナメなんでしょうね。(笑)
ちゃんとした視聴率調査、世論調査する会社も必要だよね。
国民を裏切る会社を淘汰するためにも、視聴率調査するもうひとつの会社が必要だよね。
そこだけはなぜか競争社会じゃなかったのね。

  • 2010/02/05(金) 01:37:05===
  • URL===
  • written by scotti
  • [ 編集]

それにしても・・・

この検察の暴挙に関しては、TV,新聞は完全にスルーですね。ホント、性根が腐りきっているのが証明されました。
週末のテレビでも、相変わらず「小沢の疑惑は晴れていない。幹事長辞任しろ」の大合唱ですが、負け犬の遠吠えもたいがいにしとけと。「世論はこちらの見方」と言いたげですが、その「世論」のリアルな部分が、世論調査とやらから乖離しはじめているのにとっとと気付きやがれと。いつまでも55年体制を脱却できないマスゴミは、消えてなくなって結構です。

  • 2010/02/07(日) 09:02:24===
  • URL===
  • written by bronks
  • [ 編集]

ぐわし! またTBできひんねん・・・(泣)。

こんばんわ!
日の目、見ないかも(苦笑)だけど、怒りのエントリ、書きました。
そして、いつもTBエラーなのでし(爆)!
ワガママコメ欄TBでし!お赦しを!
http://tirohane.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-4b7c.html
           

  • 2010/02/13(土) 19:00:12===
  • URL===
  • written by ちろ
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/2090-313bc727

さらば日本共産党 @ 何の罪もない弱者すら踏みつけにする権力の無法や非道と戦わない日本の左翼・革新政党はもう駄目かもしれない

 日本共産党や社民党など、いわゆる「左派」「革新」などと言われた人たちがおかしい。  大手マスゴミは報じないが、ネットなどそれ以外...

  • 2010/02/12(金) 22:16:29===
  • 嗚呼、負け犬の遠吠え日記(新館)

『論文盗作』問題(6人への質問状)

   第7弾=「論文盗作」問題に係わる          6人への質問状  今回の登場人物   ・「論文盗作」3人組       事件前所属        事件後所属 婁 小波     東京海洋大教授      東京海洋大教授 中原 尚知   近畿大・水産研究所...

  • 2010/02/11(木) 10:50:56===
  • 関係性

世論調査という民意偽装

  狙われて取り調べられたら、 ほぼ確実(99%)に起訴をする地検特捜部が、小沢氏を起訴が出来なかった。 つまりこれは何を意味しているのか。 東京地検は、嫌疑不十分としあたかも疑惑が残っているようなブリーフィング【 briefing 】つまり、簡潔な状況説明というか

  • 2010/02/08(月) 19:25:04===
  • 雑感

東京地検特捜部は、まずは自分の頭の上のハエである産経を追うべきだw

昨日というか一昨日から産経の記事に対して 「怒り心頭に発した」 ジャーナリストの方々が数多くおられるようである。その怒りをかった 記事を書いたのは、産経の社会部長・近藤豊和氏 である。 何故なのか、 MSN産経からも記事は削除 をされている。通常であればイザ!に...

  • 2010/02/07(日) 19:10:44===
  • 雑感

果たして今回の小沢氏秘書逮捕とは何なのか

   小沢氏の秘書であった石川代議士をはじめとし大久保秘書や池田くんが逮捕をされ、4日に起訴をされようやく昨日(5日)保釈をされた。 事件そのものは、「虚偽記載」だとはされてはいるが、公判で事実がハッキリしてくるだろう。この事件そのものには大して心配はし...

  • 2010/02/06(土) 20:37:58===
  • 雑感

痴犬特捜部は法律も知らないヤクザ以下の恫喝組織。菅谷事件の反省ゼロ

以下はコピペ転載です。情報拡散のため、すいません。週刊朝日2月12日号?検察暴走! ~子供人質に女性秘書恫喝10時間~ 上杉隆小沢一郎VS検察の戦いが佳境に入っている。検察は捜査対象を広げ、小沢後援会、接触した建設会社、秘書、元秘書などしらみつぶしにあたっ

  • 2010/02/06(土) 02:14:45===
  • ちたま研究所

【祝!保釈】日本社会の「革命的」変革実現の為に先頭に立って闘って欲しい【犬察ファッショ】

 経済状況が一向に改善しない中、約1年間に渡って継続されてきた民主党小沢幹事長の失脚を謀った東京痴犬特捜部の暴走事件も一応一つの区切りを迎えた。  この間、2度の家宅捜索や水谷建設元会長の証言、さらには情報リークや人権無視の恫喝聴取などありとあらゆる手

  • 2010/02/05(金) 22:10:35===
  • ステイメンの雑記帖 

今回の騒ぎは、西松事件公判維持のためのものw

 ここ二三日、「 一年も、特定の議員(小沢氏)を追いかけて 」という記事や言葉をよく聞く。この言葉は、正しくもあり誤りであると自分は思っている。 ようは、 西松事件(大久保秘書の事件)は、未だに公判中 であるが、 西松本体の事件は「西松建設の全面的な降伏 」

  • 2010/02/05(金) 18:35:41===
  • 雑感

『論文盗作』問題(テレ朝・報ステ)

  第6弾=テレビ朝日・報道ステーションのインパクト  2月3日(水)の報道ステーションで、「論文盗作」問題が扱われた。報道機関に少しずつ広がりを見せている。  この報道で、登場人物に次の名前が出てくるとブログ読者は思っていただろう。   ・「論文盗作」

  • 2010/02/05(金) 11:02:08===
  • 関係性
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。