ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小泉マンセーTV芸者の生き残りはさっさと消えろ! @日経・田勢康弘がセクハラ教授解任だそうで、ようやく消えた田原総一郎に続き醜い画面が多少は浄化されますw

昼のテレビ東京で冠政治番組なんか構えちゃうから
ドンだけの門下と思って2-3回覗いた事はあるんだけど
あまりに偏ったもののミカタが醜いとしか言いようがない進行は
小泉売国カイカクマンセーの、民主政権交代阻止に凝り固まってて
粗大マスゴミが駄目ディアであることの象徴のような番組だったんで
「マスゴミがヒステリックに嫌がる小沢一郎って、
 もーそれだけで日本が変わるために応援の価値あるんだろうな」

って完全逆神状態のネトウヨ並み稚拙さの
マスゴミ既得権益抵抗勢力の無様さを露呈している宣伝番組に
「腐分け」しちゃってましたよ
tips
女子学生へのセクハラ  田勢早大教授が「解職」
日経の客員コラムニストとして知られる早大大学院客員教授の田勢康弘氏(65)が、セクハラ問題で早大を「解職」になったことが分かった。週刊誌にも報道され、早大が調査してセクハラと認めたためだ。田勢氏は、「セクハラではない」と反論している模様だ。
田勢康弘氏は、日本経済新聞では、政治部記者、ワシントン支局長などとして活躍し、現在も同紙の客員コラムニストとして定期的に寄稿している。テレビ出演も多く、現在はテレ東の番組「田勢康弘の週刊ニュース新書」を受け持っているほどだ。
女子学生が早大に被害申し立て
その田勢氏が、セクハラ問題でクローズアップされたのは、週刊誌報道だった。週刊文春が2010年1月21日号で、客員教授をしている早稲田大学で、女子学生にセクハラをしていた疑惑を取り上げたのだ。
それによると、田勢氏は、大学院公共経営研究科の修士課程で学ぶ女子学生を授業で教え、08年4月からティーチングアシスタントも任せていた。ところが、09年7月になって、女子学生を1泊2日の長崎出張に同行しないか誘った。女子学生は2人だけの旅行に抵抗があったが、田勢氏が修士論文の審査をしていることを考え、承諾した。
そして、田勢氏は旅行中、小説家志望の女子学生にいきなり不倫小説を共作しようと持ち出したという。さらに、同8月になって、田勢氏から小説のリアリティーを出すため、女子学生が脱ぐようにお願いするメールが送られたとしている。
これに対し、女子学生は、修士課程を修了した同9月、早大のハラスメント防止委員会にセクハラ被害を申し立てた。
文春の記事で書かれているのはここまでだが、田勢氏が所属する政治経済学術院の教授会に出席した1人が、J-CASTニュースの取材にその後の経緯を明かした。
「重大なセクハラ行為」と認定
それによると、早大のハラスメント防止委員会は、女子学生からの申し立てを受けて調査を行い、その結果、「重大なセクハラ行為」と認定して政治経済学術院の教授会に報告した。田勢康弘氏は教授会で、セクハラを否認して「女子学生にも非がある」などと弁明したものの、その後、辞表を提出した。
しかし、教授会はこれを認めず、2010年3月31日の会合で田勢氏の「解職」を決めた。田勢氏は、不服申し立てをしたが、認められなかった。田勢氏のセクハラ否認に正当な理由がなく、「反省がない」とみなされたという。
早大の広報課では、取材に対し、田勢氏が2010年3月で客員教授を辞めていることは認めた。しかし、何らかの処分があったかについては、「公表できる懲戒処分の基準でなければ、辞職した事実しかお答えできません」と話す。その基準とは、刑事事件など社会的責任が問われるケースだという。ハラスメント防止委員会の案件も、関係者を守るため、外に言うことはできないとしている。
文春によると、田勢氏は、同誌の取材に対し、旅行やメールの事実は認めた。その一方で、セクハラは否定し、女子学生に脱ぐことを依頼するメールについては、メールに書いたのと同様に、小説のリアリティーを出すためと強調したという。
J-CASTニュースでは、セクハラ問題について、田勢氏に取材を申し込んでいる。

[J-CAST 2010年4月8日12時19分 ]

大江ちゃんとか
森本ちゃんとか

ああ、心配です

そういえば竹中平蔵は
小谷真央子さんが直々に電話かけてこないと
出演交渉にも応じない下心みえみえのニヘラ顔だってーのは
業界じゃあ有名らしいですな

キャバクラ放送局かって言われちゃってます

....が言い得て妙です


 女子アナクッキング 教えて!料理のアナとツボ Vol.2 [DVD]
 女子アナクッキング 教えて!料理のアナとツボ Vol.2 [DVD] / 大江麻理子亀井京子

コメント

コイズミマンセー君達の末路

このニュースには心底腹抱えて笑いました。田勢、ザマァwww
件の「自治体首長新党(ダブル宏のとこ)」が、構造改革徹底とか未だにホザイテイルのが笑止千万ですが、コイツラ新自由主義者どもの言う「トリクルダウン」なんてぇのはまったくのウソッパチであることが巷間知れ渡ってるという事実に気付かずに「コウゾウカイカク」とか実に力強く(w)叫んでらっしゃる方々、いい加減にしないと吊るされるよ。

  • 2010/04/09(金) 19:45:12===
  • URL===
  • written by bronks
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/2099-781b195c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。