ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小泉純一郎はダメだ!だけど俺たちは信じろ!俺たちに任せろ!(って何をさ?) @「白紙委任状だまし盗り」のような何をやるともやらないともはっきりさせない「カンカン踊り」菅政権は、自分で言ってたマニュフェスト選挙を自ら殺してみせた『公約塗り潰し』

ほんと、どうやったら
「カンカン踊り(奸官)」の菅政権
を応援しようって気持ちになれるんだか、
もはや感覚乖離が不思議でなりません

「言行一致」でしょ
権力盗った『大臣になってからの変節劇』をどう説明するんですか?


   リベラルだった あのヒトを

    いまは面影もないあの人を

   いま一度信じて、待とう

    きっと気持ちはあの頃のままのはず



ヤメテおくれよwww
「言行一致の反対側」
見えないものをあるかのように、騙す のは。
「よいひと」趣味も大概にしないと
気づくと不幸に道連れだ

すくなくとも
「表で言っていること」に
異論があれば支持なんかすんな!


  ケツをまくってイーヤッホー
  「天国と地獄」なんてそのまんまか

  「地獄のギャロップへようこそ」だってさ

   蓮舫 仙谷 前原 が踊ってる


でもって消費税増税。
「マスゴミが面白がって党内対立を煽っている」って
だから一致結束ノーサイドが必要だって

増税にノーサイドなんて飲めるかっ!

ましてや
デフレ不況だと財務大臣として宣言して
デフレ退治に徹底的に戦うのかと思ったら
デフレは日銀にお任せで
財務省は知りませんってサジ投げた

でもって何を言い出すかと思いきや
デフレ促進でしかない「消費すんな税」の増税にGO!
キチガイか????

年収200万円の家計が
自動的に消費支出から5%引き下げ
さらに増税で10%引き下げ
「消費できる可処分所得がどんどん減ってく」
消費すんな税。
消費天引きだからもっと安いものを求めて探す
中国製? ベトナム製?
日本製、は人件費削りに削って給料も削られる

デフレスパイラルは危険と自分で言っておきながら
デフレスパイラルを起こす気満々の菅直人。

財務「奸僚」は増税だけできれば何でもいい
だって給料もボーナスも恩給もアンタッチャブル気分だから。
自分たちの「権力の源泉」だけが増えればいい

菅の「官僚依存の転向」のきっかけとされる赤っ恥国会答弁。
こんなの財務奸僚が質問する自民党議員に耳打ちしたに決まってんじゃねーか
「国会で質問してみたら、面白いことになりますよ」って。
中川昭一のアレと同じ。

「乗数効果」とか「雪達磨式って、アレだろ。w」とかって言っちゃえばいいだけなのにさ。
そもそも「漢字が書ければ」大体の言ってるだろう方向性も判るはずだろうけど、
漢字知らない麻生太郎とまったく同じおちょくりで
いいようにコントロールされる菅直人。

シナジー程度の波及効果は認めるけれど
「べき乗」なんてご大層なネーミング倒れ。
そんなのゼロサムのベンチャー投資か
インチキはめこみ金融詐欺だけにしか
名前負けしないドラスティックな「効果」なんて得られんだろう
「ファンタジー」を真顔で語っているのか。。。

付加価値だけを選んでカウントして掻き集める
アルミ缶収集癖のような経済官僚の鉛筆舐め舐め
マイナス効果は「見えないフリ」
そんな経済効果とかナントカ言ってるデタラメ数字を
後生大事に拝みひれ伏すな!

わかっている人にはわかっていると思うけど
経済学なんてもんは「こういう見方もあるんですが。。。」って
本質的には再現性の限りなくゼロに近い
「人間の営み」の周辺事象を統計のオブラートに包んで仕出ししているだけ
まあ「学者」と称した「居場所探し」の人たちの「食い扶持」くらいは許容するとして。

ところが困ったことに同業者同士の縄張り争いから足の引っ張り合いで
いつの間にやら『両論併記のバランス感覚』を否定した
排他的唯我思想の糞の投げ合いに身を窶す。
「高尚」の皮を被りつつ。。。

そんな感じで残念ながら
「物理学になりたかった数式いぢり」の域を超えてないわけで
自然科学とか純粋数学と同じように一神教みたいに崇め奉ることの方がバカだ
再現性の実証さえ放棄した
当たるも八卦当たらぬも八卦。

よってもって
専門用語に逃げ込むのは「似非インテリの常套手段」
分からない国民に分かるように説得してこそ国民会議としての国会なんだけど
「さも共通言語のフリをしながら難解用語で煙に巻く」
そのことばのなかの言ってないほうに都合よく隠された勝手解釈こそが
奸僚どもの「裁量権の源泉」だって気づいてないカンナオトの小物臭。
官僚の国会答弁禁止というのは実にいいところを衝いていた
日本人万人のわかる言葉で国会で決まった内容に官僚は従え!だ

  乗数効果がなんなのか分からんで
  総理になっても別に構わんのだが
  消費税増税が国民生活にどう影響するかは
  お利口さんの財務官僚に
  手取り足取り「お勉強」させてもらうんじゃネーヨ!


結局、どうでもよかったんだろうな、カンナオト。
その場その場で「ウケそうな」そういう選択をしてきただけってことか。。。
いままで、ずっと。

唯一「功名ヶ辻」の薬害も
密着ドキュメンタリーでやってたけど
ぜんぶ姉さん近親女房の「一喝!」で
無理やり背中押されてシブシブやったとカミングアウトしていたよ
本人の口で。 ヘラヘラ笑いながら。
政治理念なんてカンナオト本人には全然感じられない「壮大な違和感」
この辺で証明されるんじゃないのか
諫早湾も カイワレ大根も ...あとなにがあったっけ?(笑)
その場その場の「コレだっ!」って
そういう「政治行動(笑)」でリベラルが儲かるって話だけで見渡すと
困ったことに全部つながっちゃう。。。

でもって今度は「媚米官僚依存」が儲かると踏んだんですよね
俺が総理になるためにはコレしかないと。
自分が信じたい者に目を瞑って信じている人には見えないようだけど
市民活動家時代にすでに市川房江がその辺を見抜いていたと言う話まで出てきた始末。
小沢一郎が「民由合併妨害→のち無条件吸収」の頃から見抜いていたというのもある意味よく分かる
根っこのところの「本性」と「表層」と。歳と共に変わったかどうかも含めて。
だからシミュレーションシナリオの「範囲内」。

「小沢、黙ってろ」って言ったのは
それは小沢に対してだから別に小沢がどう思うかだけど

「国民の生活第一!を黙ってろ」って
そういう風に聞こえたもんだから
絶対に黙ってなんかやんないよ


オマエラ、ココを履き違えてるだろ!

国民の生活が

「国民の生活が第一!」って
だんだん字が薄く小さく消えていっているんですけど。。。

その「方向」なんですね
オリジナルなミンシュA組政権は。

「小沢黙ってろ」って言った菅直人カンカン踊り奸官政権は。

元気な「日本」を置き換えると判りやすい
どんな「日本」なのか
誰の為の「日本」なのか
ハッキリ言わない


「普天間は面倒だからノータッチ」
「沖縄はもう日本じゃなくっていいよ」
(独立すれば。できるもんなら。)
って
沖縄選出の民主党国会議員に言い放った内閣閣僚菅直人。
副総理にして、国家戦略大臣を経て、財務大臣の「ポジション」での言葉。
菅の感覚が思い切り問われる

というより
「参議院選は沖縄を棄てた。」
民主党から候補は出しませんと決定したのも菅直人。

ああ、
消費税増税大連立翼賛体制構築
「沖縄問題の国民の怒り」を埋没させる
『爆風消火』の閑話休題のつもり
なんだろうって
安住淳とか
枝野幸男とか
仙谷由人とか
前原誠司とか
岡田克也とか
そんなあたりのメディアに踊らされる
小賢しい連中の糞知恵でしかないんだろうけどさ

だからわれらは
「国民の犠牲」という点で
消費税問題と
沖縄蹂躙基地固定の問題を
シンクロさせて忘れない!


すべては
財務省、外務省、防衛省、
官僚主導の「国民犠牲社会」に通底しており
「日米安保マフィア」
「官僚既得権守護」としての
アメリカ戦争利権勢力、金融利権勢力の
『日本永久植民地政策』

ゆうちょ350兆円国富流出防衛戦と同様に
消費税増税もまさしく
アメリカが狙っているものであり
「外需依存」など教科書に書いてあった加工貿易の曲解、誤釈を都合よく言いふらし
輸出大資本にのみ「吸い上げた税金」を流し込み
半分以上の富が「外国人株主の配当として」流れ出て往く
法人税の引き下げの原資となってきた消費税の歴史!
知らないと言い張るのは空気のように嘘を吐く竹中平蔵と財務省「奸僚」の仲間だ
ゼロ金利も
量的緩和も
「教科書どおりに」国内の「人員」「設備」の投資に使われず
海外の投資とファンドへの還流、マネーゲームにばかり使われる
「教科書を逆さまに使うが如き」フザケタ経営者の群れ
そしてそれを悦ぶアメリカ金融資本と、アメリカが喜んでいると喜んでいる売国奸僚売国政治屋。
まったく持って腐敗臭の極み

「葉っぱのお金」が尽きかかっているアメリカで
世界中で戦争を続けるための資金であり
世界中に金融侵略を続けるための資金であり
サブプライムもギリシャショックも
ぜんぶゴールドマンとかメリルリンチとかの
アメリカ国際金融資本、ヘッジファンドが原発根源悪性腫瘍だ

そして
「沖縄斬り捨て売り渡し」も
「消費税増税国民生贄」も

それを自らの言葉で言い放ったのが
総理就任直前の政権閣僚菅直人であり

これからは国民との約束マニュフェスト選挙だ!
と菅直人、自ら進んで推進してきたマニュフェストを
たった1年で「国民への約束破り」に変えたのも菅直人だ

マニュフェスト選挙を殺したのは誰でもない菅直人本人だ!

もうオマエラの話は信じない
国民へのプラス話は
  「ほんとうか?ウソつけ!」でしらけ眼で
国民へのマイナス話は
  「フザケンナ!消え失せろ!」って徹底批判。


でもってついに明かされた「菅直人政権のマニュフェスト」
消費税は上げるとも上げないとも取れるような
マニュフェストとしての自殺行為
「約束はしない。だけど信じて。」
トラスト・ミーの白紙委任状。

ハトのアレの自虐ネタか?
まじでムカツク。

枝野の寸詰まりが口先でかわそうとする
「増税の際は衆院選でマニュフェストを出し直す」
じゃあ今度のアレはなんなんだ?
参院選は「振り込め詐欺」か?
投票用紙を黙って振り込み(笑)

早々に解散を考えているのはお見通しなんだけど
政権公約撤回は、先に「議員辞職」ありきだろう

完全に小泉純一郎の亜流だな
というか小泉の方がマシに思えてきたぞ
これはソラ恐ろしいことだが
同じような意見は散見する
小泉以上の大翼賛増税大連立に恐怖だ
小沢はやっちゃダメだが、オレタチ菅政権ならオッケーだぜ大連立。
小泉はダメだが、ミンシュオリジナルメンバーのカイカクはキレイなカイカク。

本当のところは、小泉新自由主義を遅ればせながら売国継承。
アメリカ様のお喜び競争。
確実に国民を犠牲にしてきた小泉の結果を前にして
まだ国民の犠牲が足りないと消費増税を画策する

仲間への裏切り
国民への裏切り
自分自身の過去への裏切り
「裏切りから入って誕生した」菅直人政権を
黙っていられるほど自分の心を裏切れないぜ


いま目の前で起こっていることが
「仕掛け」であろうとなかろうと
否、「仕掛け」であればなおのこと

ぜってー許さん! 
「奸官踊り」に絶対にノーだ!

コメント

コイズミが造ったパイプに

コイズミ改革で、株式市場を利用して日本企業の収益を外資に送金するシステム完成。
そのための派遣社会。
今度は、菅カイアクで、その送金量を増量するための、消費税増税&企業減税。
これで菅製大不況確実。
どこまで国民を食い物にするのか売国政治屋たち。
売国政治屋たちには、タックスへブンの海外秘密口座に不正な資金提供凄いのだろうね。
オバマは早くタックスへブン廃止すればいいのに。

  • 2010/06/18(金) 18:54:53===
  • URL===
  • written by scotti
  • [ 編集]

消費税増税で大喜びするのは、外需企業。
輸出戻し税(還付金)でぼろ儲け。
「きっこのさるさる日記」によると、
2004年度の輸出戻し税額(還付金)のベスト10は、次のようになってるそうです。

1.トヨタ自動車 1964億円

2.ソニー 1048億円

3.日産自動車 856億円

4.本田技研工業 824億円

5.キャノン 718億円

6.日本電気 565億円

7.マツダ 534億円

8.松下電器産業 498億円

9.東芝 471億円

10.日立製作所 249億円

*外需企業は勿論この10社だけではありません。全ての外需企業に還付される輸出戻し税額は、数兆円になります。消費税増税論議とか言う前にやることはあるのでは!?

消費税増税論者の狙いは、正にこれです。財政再建でもなんでもないのです。国民は騙されないことです。

菊池英博氏は、「日本は財政危機ではない」、「消費税は〇%にできる」と語っています。

もともと財政危機でもなんでもないものを、ゴミメディアを使って財政危機の風潮をつくりあげ、「国民に財政危機→増税」と言う図式を覚悟させ、まんまと消費税増税に持ち込もうとしている外需企業の、そしてそのおこぼれにあずかろうとする輩達の意地汚い策略なのです。 おこぼれにあずかろうとする輩達とは、紛れもなく言わずと知れた大手広告代理店を含めて悪徳ゴミメディア、悪徳官僚、悪徳政治家です。

あらためて広く国民は、国民生活のことを誠実に考え頑張るどころか、国民を苦しめる政治家や官僚の人件費が、我々の血税で賄われている矛盾をしっかりと認識すべきです。併せて、偏向報道オンパレードで国民からすっかり見放され、経営難になって早期退職者を募るゴミメディアの退職金が7500万円以上という異常な額に目を覚ますべきです。

国民は、新自由主義の意地汚い外需企業に徹底抗戦し、つくられた財政危機の風潮を逆手にとって、「輸出戻し税額(還付金)廃止運動」を起こすべきです。「財政危機なのだから、お前らに還付するような余裕はない、廃止だ」と声を大にして大手金持ち外需企業に、悪徳政治家に、悪徳官僚に、そしてゴミメディアに怒鳴り込みましょう。

  • 2010/06/18(金) 21:43:01===
  • URL===
  • written by 匿名
  • [ 編集]

ふう・・・。楽観は出来ない。けど、絶望も、もう、しない(苦笑)。

ビンボこじらせて、国に殺されたくないぞ。

死に票ならないで、かつ、最弱者に手を差し伸べてくれる党って・・・?

投票日まで、情報集めて 考えて・・・だなあ。

これからも生きて行くために。





  • 2010/06/18(金) 21:54:46===
  • URL===
  • written by ちろ
  • [ 編集]

市川房枝の節操のない精神を受け継いでいる

いま読んでいる、米原万里さんの書評集『打ちのめされるようなすごい本』(文春文庫)のP.31~32 に、以下の文章があります。

家族みんなのセブンネットショッピング!
打ちのめされるようなすごい本
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1102676302/subno/1

斎藤美奈子氏の「モダンガール論」(マガジンハウス/文春文庫)の書評の一部です。

(引用開始)
 市川房枝、奥むめお、羽仁もと子、平塚らいてうら進歩派の女たちが、戦争が始まるや進んで翼賛的言動をヒートアップさせていく様子を、「戦争は変化を求めていた人々の気持ちをパッと明るくした。保守的で頑迷な昔風の女性ではなく、前向きで活発で近代的センスをもった女性ほど、戦争にハマりやすい」と解説し、同じ女たちの、“戦争中とまったく同じテンションで、戦後は復興の精神を説き、特に過去を清算するでもなく、婦人解放・平和運動のリーダーに復帰した変り身の早さ”について、「だかたいったでしょ。『進歩的』な女に人は、いつも『新体制』の前で張りきっちゃうんだって」と重いことを軽々と言ってのける。
(引用終り)

菅首相は、市川房枝氏の選挙運動を手伝ったのが政治の世界に携わるきっかけになっていますので、師匠?の精神的遺伝子を継いでいると言えるのではないでしょうか。

ああ、やっぱりダメだ・・・

政権発足当初は小鳩体制温存の為の「偽装 脱・小沢」かと思っておりましたが、「消費税増税と法人税減税セットで施行」などと閣僚がもっともらしくほざくに至り、菅直人、完全に変節と断定しました、個人的に。だいたい、枕詞にやたら「強い」を連発する輩は信用しない様にしとります。そもそも「強い」既得権益者は、立場が弱い一般庶民を食い荒らすと相場が決まってます。「骨太」コイズミ・タケナカ以降が良い例です。折角小沢氏が勢力を殺いだ経団連にニタリ顔で擦り寄るエダノとか、その存在が汚らわしいです。仙谷狸が次期総理狙いとか、一体どんな冗談かと。

  • 2010/06/19(土) 22:49:17===
  • URL===
  • written by bronks
  • [ 編集]

信頼されない政治屋には

菅直人のような信頼できない政治屋には消費税増税論議する資格もない。
だって、数ヶ月前の約束さえ反故にする、改竄する政治屋の、私達の将来の社会福祉を守る約束など到底信用できないからです。
私達の暮らしが、生活が第一と安心させてくれた政治家だけに初めて消費税増税等の税制改正の論議をする資格が得られるのです。
国民を騙す大嘘吐きに消費税等の税制改正論議する資格もない。
そして稚拙な菅政権は消費税増税10%とアドバルーンを揚げて、早くも消費マインドを冷え込ませている。
これでは経済政策など何ひとつ菅政権の言う事など信用できない。
国民の信頼を、衆議院選挙で約束した国民との契約を実行して得てからこそ、痛みを伴う改正の論議をする資格を得られるのだ。

  • 2010/06/20(日) 18:23:17===
  • URL===
  • written by scotti
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/2142-b22d34d2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。