ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんで「財源は?」とすぐ言う人たちは、「法人税引き下げの財源は?」と言わないのだろう? @我々の支払った消費税は、ぜんぶ「大企業、外国人株主の利益補填」に回ります。 過去も、未来も、増税分も。 【隠しておきたい歴史の真実!】

何か新しい政策を口にするたびに
まるでカルト教団のキチガイ信者のように
「財源はぁ~?」「財源はぁ~?」「財源はぁ~?」
って呪文を何度聞かされたことか?
まるで新興宗教のようです
あなた! 気づかず影響受けてませんか? 
洗脳毒電波に気をつけましょう!


でもってコイツラがキチガイのように繰り返す財源念仏なんだけど
財源なんか本来は「特別会計、税外収入含めて」
奸僚どもが勝手に国民から巻き上げたそういうおカネを
国民が望むべく納得いくべく還元して
「奸僚どもの特権階級気取りの生活」を維持するために一切使わせなければ
一般会計予算の数倍の特別会計「裏日本」に、財源なんてもんは間違いなくある
わけだし、
それを期待して民主党に政権交代を任せたのに。。。

「鳩山小沢を後ろから邪魔して串刺しにした連中」
前原岡田仙谷枝野野田玄葉

それからちゃっかりソイツラの親玉玉座に座ってみせた菅直人
この「奸政権」になった途端にマニュフェスト選挙公約は全部破棄だと
官僚様とアメリカ様が第一だと。
国民の生活は犠牲にするし
沖縄の人の人権は見捨ててしまうんだと。


財源財源うるさいヤツラが決して口にしない
法人税減税の財源。


情報に聡いネット空間の住人はそんなことはすべてお見通しだ!
「福祉目的」を約束されて国民の反感の中で無理やり導入された消費税が
いままで何に使われてきたか?

89年から20年間で 消費税税収累計が220兆円
同じ期間の 法人税の減額総額が200兆円


「なんとも偶然!」
なわけあるかっ!

ついでに菅直人と玄葉光一郎が言うことには
消費税率アップで11兆円の税収増↑を見込んでて
法人税の引き下げに9兆円の税収減↓を想定しているって
「犯罪予告」だろ、これ!

「あなたたちのお財布から、なけなしの5%を戴きにうかがいます」
あったま来ますよ!

国民から吸い上げた消費税は
口先だけの約束の福祉目的には使われず
ほぼ全額が大企業法人への利益補填にまわされてました


ああ、法人税払えない赤字零細中小法人はまったく恩恵にさえ与かれません
大企業ばかりが美味しい思いをする消費税。
さらには輸出大企業だけが思いっきり美味しい蜜が振舞われます
「輸出戻し税」

 ◆拝金原理主義の伝道師、"祝"もうすぐ退任 @なぜ経団連会長・奥田碩は消費税を上げたいのか?
    (2006年05月16日(火) 投稿)
 より抜粋再掲。
◆消費税率大幅UPが利益を生む? 儲かるのは大企業トヨタの壮大なカラクリ
さらにはもっとすごい悪巧みが!

なんと輸出企業は消費税率が上がるとキャッシュバックでもっと儲かる!?

増税で苦しむ我々一般庶民からすれば、ウソみたいな話が出てました

いわゆる『益税』で儲けているのは今回やり玉に上がった売上高3000万円以下の中小企業・零細事業者なんかではなく、本当のところは売上高ン兆、数千億円の巨大輸出企業だったのだが、政府はこの点については目を逸らし、口をつぐんだのだ

益税の実態 例えばトヨタ自動車は、輸出した売上には消費税はかけられないからという理屈で、国内取引にかかった消費税分がなんと還付されています。その額実に1367億円!(H10.3.31期の有価証券報告書から静岡大学湖東京至教授(現関東学院大教授)が試算 出所「全国商工新聞」1999年4月5日付) トヨタだけでなく、輸出大企業はみんな同様の還付を受けているのです。

ルールに則って還付されるんだからそれはそれ仕方ないとも思いきや、これは本当にフェアなのか?
そもそも消費税の生い立ちは廃案に追い込まれた「売上税」
消費税と看板だけ挿げ替えて強行採決で無理やり成立させたあのいきさつは将来に渡っても決して忘れてはいけない
否定され続けた売上税と明確に区別するために"当初は"『外税方式』を認めておきながら、2004年4月の総務省の総額表示義務(内税)化
さらには課税売上下限引き下げで、ほとんどの零細事業者も課税の対象に組み入れる
つまりは完全に「売上税」の体裁が整った形だ
そう廃案になったはずの売上税である
まさしくなし崩し的制度移行だ

ただし依然売上税とは異なる点を残した
それがこの『外国人消費除外の規定』
一見、外国人旅行者が国内消費税を負担するのは理に叶わないと言う理由で納得させられる
しかしその実は今回白日の下にさらされたように巨大輸出企業のみが巨額の恩恵が受けられる『キャッシュバックシステム』だったということだ

これは『輸出戻し税』とも言う


[益税試算 @ H15年3月期]

消費税率が倍になれば、そのままキャッシュバックの儲けも倍
奥田が「消費税を18%にしよう」と細い目でニタニタと言う訳だ 
トヨタ自動車は消費税が上がれば上がるほど儲かる仕組み
足りなくなった分は国民からブン盗ればいいって寸法か!?

こんな巨大な"還流金脈"がすぐそこに隠されていたなんて
税の基本理念であるところの平等かつ公正な課税はどこへいった?
巨大企業だけが通れる"抜け穴"がある分、廃案になった売上税よりもさらにタチが悪い
消費税など即刻廃止すべきだろう


奸僚の作った抜け穴的な特権優遇策がきちんと装置として組み込まれている消費税。
フザケタはなしだ
自民党時代にさんざん財界から反対を受けた「売上税」が
中身がほとんど変わらないにも関わらず「消費税」と名を変え
なぜ大企業に受け入れられたのでしょうか?
国民を騙す仕掛けがされていることを知ってたんでしょうね、水面下で。
そしてまた財界のご希望通りの消費税増税を
「裏切り者、菅直人政権」が国民との約束を破って
法人税大企業減税の財源に国民から消費税増税で搾り取ろうと犯罪予告しています

消費税は恐ろしい税制です
「日本の消費税」は、各国の付加価値税とは違う仕掛けだらけです。
一片たりとて理解を示してはいけません
「国民生活に還元されるなら‥‥」なんて油断したらパンツ脱がされたも同じです
創価学会勧誘の話を聞いちゃうのと大差ありません

さらに言えば「小泉コウゾウカイカク」の所為で下請け環境は最悪だ
最悪にして最大の共犯者である奥田トヨタの「カンバン方式」「ジャストインタイム」
雑巾を絞るような改善の経営努力という「本来の企業理念」は
新自由主義権化のようなの強欲馬面糸目にいいように捻じ曲げられて
工程の各所にあった「安全マージン」や「資金繰りのバッファ」は
すべてトヨタ本社に吸い上げられました
何か不測の事態があっても、それぞれの工程でクッションになってリスクを吸収することができないのです
「協力企業は個別に備蓄をしなくても万一の時はすべてトヨタに安心して任せなさい」
っていうんならまだグループとしての反映と日本市場全体への波及を考えて理解もするんだけど
実際に何をやっているのかと見れば、中間マージンをぜんぶ本社に吸い上げる『強欲方式』の実態。

これはソフトバンクノ孫正義もまったく同じ半島の狢なんだけど
販売代理店それぞれが「辛うじて喰えてた利幅」を
思いっきり圧縮させて全部ソフトバンクが吸い上げた
「携帯電話は儲かって仕方がない。」ってつぶやいた孫正義の
その強欲ぶりがうかがえる

こんなことばかりが蔓延した「人の金は俺の金」新自由主義経営のモラル崩壊。
悪魔こそが支配する時代

話を消費税に戻すと、そういう殺伐とした「コスト押し付け」のビジネス環境で
輸出企業だけが味わえるこの輸出戻し税、「益税」と呼ばれているが
下請けをカラカラに絞り上げたそういう大企業が何をしているかといえば、
下請けが払った「仮払い消費税」は、輸出戻し税還付があっても
下請けに返さずに大企業本社だけで喰っちゃう

「仕向け別に」戻し処理なんかすると思いますか?
「自動車1台アタリ2万点」といわれる部品一個一個を、
国内出荷と輸出分に「按分計算」して。
ちなみに何車種あるか知ってる人います?(笑)

現場はもっと悲惨だという

毎日毎日「1銭単位」でコストダウン要求される大企業の資材調達部の横柄、横暴さ。
下請け部品メーカーがヘコヘコしているもんだから態度もスゲーでっかい
個人的にもメーカー担当さんからナイショ話を聞かされたことがある
社内で話すと人良さそうな資材部の課長さんが、社外に対してはあこぎなバイヤーだったって真実。

先の記事のコメント欄にもありましたが、現場の悲惨さは机の上の官僚どもには想像なんかできないだろう
消費税アップを親会社に「法律どおり」請求するどころか
消費税アップを契機に「値下げ要求」飲まされる悲哀。


せいぜいが「便乗値上げは監視します」とか口だけで言ってみせる政治家官僚どもでしかなく、
「便乗値下げ」はどうしてくれんだ?
下請けイジメ防止法もほとんど機能を止めてるだろ、コイズミ以降。
「嫌なら中国に発注するから」
優越的地位乱用も、自由競争推進のジレンマの公正取引委員会
時代の変化を織り込んだ内需優先ルールこそが求められる

挙句には「強制内税表示」の「平成内務省」総務省の強権発動。
そんなに「税負担を意識させたくない」のか?
正々堂々「これだけ税金戴きました」といえないのか日本って国は。日本の役所は。
これでまた小売現場や下請企業は内税の中で販売価格の引き下げ圧力を強要される
消費者にとっては「消費すんな税」
小売、納入業者にとっては「価格抑制税」
これを「デフレ加速税」としないでなんとするか!


デフレ退治を宣言しながら
デフレ加速を公言する
財務省権益拡大のいい「手駒」にされている
「バカカン」内閣。

これで市民活動家出身だとか市民目線だとか
恥ずかしいから命絶てよ
「マトモな社会生活したことないだろ?」
総理になるためだけに周りをすべて利用してきた人間とか
松下政経塾のギラギラ私欲野望主義者どもは。

コメント

資本主義が発展すれば、必然的に徹底した個人主義が蔓延ります。資本主義が発達した現代社会にあって、小さな政府で市場原理至上主義を標榜す新自由主義者なんて自己中の塊です。人間として、発達段階は小学生以下だと思います。小学生でもまだ友達や仲間のことを考えます。リーマンショックでも証明されたように、マネーゲームによって実体経済を破壊しまくりました。また、健全な社会をも破壊しました。本来、人間は類的存在です。いくら財を成したとしても、またお金をたくさん貯めたところで、歳をとって身寄りがなくなれば、また思わぬ天災に見舞われれば、人間は一人では生きてはいけません。支え合いながら生きていくことがどれだけ大切なのか、しっかり肝に銘ずるべきです。今の世の中、全く平和ボケとしかいいようがありません。

こんな今だからこそ、国民が必要とする政治家は、根底にと云うか、根本に、行き過ぎた格差社会を是正しなければならないと云うしっかりした思想を携えた政治家です。そういう政治家が現れない限り、いつまでたっても根本的には世の中良くはならないと思います。格差社会を是正すると言うしっかりした思想を携えていれば、官僚に弄ばれてぶれることもなく、百歩譲っても、「消費税増税」と言う論理は出てこないと思います。本当に情けない限りです。

パフォーマンスのお遍路では、お話になりません。パフォーマンスお遍路をやった帰結として「消費税増税」が出てくるなんて、国民を大バカにしていますね。笑っちゃいます。やっぱりパフォーマンスお遍路なんて効き目なしです。やっぱり、政治家になろうとして立候補しようとする者には、立候補できるための資格要件を持たせるべきです。その資格要件とは、貧困や飢えに苦しむ国で、8年間ボランティア活動をした者(障害を持たされている人は除く)にだけ与えるべきです。政治家になりたいのなら、まず8年間ボランテァをしてもらい、少しは人の痛みが分かる人間になってもらいたいものです。そうすれば、少しは格差社会を是正しようという思想も持ち合わせるようになると思いますがね・・・。菅氏も、8年間ボランティアやってきて出直してもらいたいです。

選挙制度も事業仕分けをしてもらいたいものです。立候補できるための資格要件を持たせるべきです。そうしない限り、この国はいつまでたってもよくはならないと思います。近頃、自分が所属している町内会を見ていても、ひどいものです。役員のなり手がないことをいいことに、なにか目論んでいることでもあるのでしょうか、はたまた議会は儲ける場、稼ぐ場とでも位置づけているのでしょうか、どう考えても反社会的な人が、堂々と立候補して、役員になってきています。それでもって、現実は力関係ですから、ますます全うに考える人が立候補しなくなる傾向が顕著になり、その拍車がかかってきています。ほんとうに社会は病んでいるを通り越しています。憂うべき今日この頃です。このようにつまらない社会になったのも、選挙制度に欠陥・落とし穴があるからだと思います。

  • 2010/06/24(木) 09:01:31===
  • URL===
  • written by 匿名
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/2146-e0fd6aeb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。