ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犯人は「さきがけ」! @歴史が違って見えてくる。猿のように同じ事を繰り返す。常套手段は「責任転嫁」「被害者なりすまし」。まさしく『クーデター実行特務集団』のような先鋭揃いがミンシュA組菅直人政権。

「小泉純一郎と改革競争する」と大声で言って憚らなかった「小沢以前」のオリジナル民主党。
日本国と日本国民をここまで疲弊させた新自由主義を加速すると言っていた「小沢以前」のオリジナル民主党。

支持率ヒト桁であった「小沢以前」のオリジナル民主党の体たらくと永田メール事件での自爆劇を目の当たりにして
それまでずっと黙ってた小沢一郎が重い腰を上げて「国民の生活が第一!」と小泉路線との明確な対立軸を打ち出して、
ついに政権交代を実現した民主党。

「小沢以前」と「小沢以降」の民主党では
明らかに異質なものであった
だから政権交代を支持する事ができるようになった

それがなんだ!
「国民の生活が第一!」を実現するための「脱官僚!」であり「脱米隷属!」を実現しようと目指していた
鳩山政府の「内部から」大臣閣僚にあるにも関わらず、ひたすら邪魔をしてデタラメなものに変えようとしていた連中がいる

前原誠司、仙谷由人、枝野幸男、岡田克也、野田佳彦、玄葉光一郎、

こいつら青年将校気取りの危なっかしい面は
政治をそれほど詳しく知らない人でもなんとなく
「同じ根っこ」を感じ取るのではないだろうか?

そしてその「ルーツ」がある
新しい日本の期待を背負って誕生したが
古い日本を復活させ、その後16年以上も停滞させた
「真犯人」は、新党さきがけ。

新党さきがけ
母体は「自民党ユートピア政治研究会」

結党時(10名)
小渕派・・・鳩山由紀夫(北海道4区)、三原朝彦(福岡2区)
三塚派・・・佐藤謙一郎(神奈川4区)、渡海紀三朗(兵庫3区)、
      武村正義(滋賀全県区)、園田博之(熊本2区)
宮澤派・・・田中秀征(長野1区)、岩屋毅(大分2区)
河本派・・・簗瀬進(栃木1区)、井出正一(長野2区)

代表:武村正義

ここにあとから合流してきた名前の中に
実に「気になる人間」が目白押しだ

玄葉光一郎 (福島2区、無所属より1993年12月合流)
枝野幸男 (埼玉5区 日本新党(グループ青雲、民主の風)から1994年に移籍 )
前原誠司 (京都1区 日本新党(グループ青雲、民主の風)から1994年に移籍 )
石井紘基 (東京3区、自由連合を経て入党)

菅直人 (東京7区 社民連より合流)


歴史的偉業でもあった「8党連立」
戦後はじめて自民党を下野させた

ところが
真っ先に「自民党に政権を戻した」のは菅直人や武村正義の「さきがけ」だ
この後存在意義を失って空中分解する社会党まで取り込んで、
そこまでして自民党を政権与党に押し戻したのは、菅直人や武村正義の「さきがけ」。
菅直人や玄葉光一郎、枝野幸男、前原誠司が集いし「さきがけ」

8党連立を「小沢が壊した」という「歴史の表層」が伝えられてはいるんだが、
8党連立が壊されて、そのあと政権与党に滑り込んだ「一番得したヤツラ」は誰だ?
本当のところの「破壊者集団」は誰だ?
「たった今のクーデター内閣」の姿を重ねて見よ!
16年前の「我々が知らされている」姿かたちが「違うもの」に見えてこないか?



  言い訳を一切しない小沢一郎

  言い訳だらけで何もかも他人に責任を擦り付ける菅直人と仙谷+枝野ら「前原野田一味」


16年前をニュースでしか知る事ができなかった我々は
たった今をリアルタイムでその表情や語り口、死んだ魚のような目つき、何をしてどう行動するのか、
菅直人と仙谷+枝野ら「前原野田一味」の政権占拠を目の前に
16年前の「自社さの裏切り劇」の別の角度をプリズムのように映し出している

「表層の歴史」は書き換えられているのかもしれない
ひたすら言い訳だらけで責任を相手に押し付ける『偽善者集団』によって。
いまのその姿そのものだ

武村正義が時事放談で、妙に鳩山小沢民主党への辛辣かつ執拗なネチネチした物言いで気になったんだけど
たしかこのヒト細川政権の官房長官で大人しめの見かけにノーマークで完全に騙されちゃってたんだけど
そうそう「ムーミンパパ」ね

連立政権の中では、細川の女房役として、連立政権のキーパーソンに一躍浮上した武村は、対国民的には「ムーミンパパ」の愛称を認知させることでソフトなイメージを出すことに成功。政治改革やコメ自由化などで細川政権を閣内から支える一方で、閣外の意思決定機関「与党代表者会議」を主宰する小沢と対立することで自分を際だたせることに成功するなどしたたかな政略を見せたため、欧州の火薬庫と呼ばれたバルカン半島になぞらえ、三木武夫以来の「バルカン政治家」とも称された。ただし、自分の意見が通らないと、マスコミに対し細川との不和を漏らすなど、結果的に細川政権の不安定要因を作り出していたことも事実で、細川は当初、連立内閣を小沢と武村のバランスに立って運営していたが、次第に小沢に傾斜する。

それほど政治に興味もなくなんとなくニュースで見ていたときには、
細川総理と「おしどり」武村官房長官ってイメージにすっかり騙されてたんだけど、
実は裏側でそんな武村正義ひねくれた性格のネチネチ攻撃があったんですね
当時の記憶では政党が一緒だったと思い込んでたんだけど「院内会派」だったんですか。
でもってそれほどまでに蜜月が、結束力が強かったはずの武村の嫌がらせに辟易して
細川が「反動的に」小沢に傾斜していったというくらいなんですから、
それはもう大変な嫌がらせの度が過ぎたんでしょうな、武村の。

そして表向きは
「小沢一郎がぶっ壊した」
「ぜんぶ壊し屋。小沢一郎の所為だ」

あれれ?
なんかいまと似ていませんか?

この後、細川は武村と「袂を分かち」さきがけへの参加を固辞し院内会派も解消、政界を離れる。
「ムーミンパパ」が『バルカン半島、政界の火薬庫』
しかも陰湿なマスゴミ工作がお手の物。


なんかえらい似てるなぁ。。。

村山富市を首班とする自社さ連立内閣(村山富市内閣)を成立させる。武村は大蔵大臣に就任し、1995年の村山内閣改造内閣でも留任する。
政界再編のキーマンであった武村が連立政権で蔵相に就任したことは違和感なく受け入れられたものの、バブル崩壊の後始末を巡って深刻化する金融情勢に、必ずしも金融・経済通とはいえなかった武村は実効性のある手を打てなかった。


ついでとしてはオマケが痛過ぎるんだけれども
こんなところまで菅直人にソックリ「遺伝」。

経済オンチの謀略家。
「バルカン政権」がゾンビのようにいま蠢きだしている
しかも「奸官仕立て」の「官菅政権」。

ついでに言えば、田中秀征のコラムは理路整然出よく読む事があるんだけど
「特定の意思」みたいなモノがどうにもこうにも常に鼻を摘ままされるわけで
そうですか田中秀征も「さきがけ」ですか。
小沢の話が絡むといままでのバランス感覚が吹っ飛んじゃうもんだから
てっきり「官房機密費で飼われている政治コメンテーター」の類だと思っていましたが
時事放談で放屁しまくりの武村正義同様に、サンデーモーニングとか日経コラムとかで野グソを撒き散らかしているのは
そーですか「ルーツがさきがけ」にあるからですか、そーですか。
ようやく得心いきました

 「すべてを小沢一郎ひとりの所為に擦り付けろ!」

政治も、新聞雑誌も、テレビも、さまざまなところに「さきがけの残滓」が散らばっています
まさしく「草」ですね
忍者とか
破壊工作員とか
謀略諜報員とか
そういう類の。
「なりすまし」さんですね。さきがけ。

てっきり細川=武村の蜜月関係に目を奪われて
小沢が悪者だと思わされておりましたが
武村正義がムーミンパパ偽装の「バルカン政治家」で
謀略思考のマキャベリストで
そしてすべてを他人の責任に擦り付けて
自分はイケシャアシャアと「政治の良心」みたいな顔で立ち居振舞う

あれ?
菅直人とか
仙谷由人とか、
枝野幸男とか、
岡田克也とか、
野田佳彦とか、
玄葉光一郎とか、
前原誠司とか、

いま目の前にある『民主A組政権』の面々と本当に良く似てますね。


選挙前から妙に耳障りに聞こえてきた
「みみ公連立」なんて初めて聴いた時にはミミを疑いましたが
渡部恒三の腐れ根性がミンシュA組政権を念頭に言っていたんだったら
なるほどあり得ると言うか、絶対殲滅対象だなって思っておりました、
見事なくらい『菅直人謀略チーム』を惨敗させた皆様のお陰さまで
栃木のギョロ目とは足すだけでは上手くいかなくなったのは是幸い

「ねじった」のは民意であり、ある意味、民主主義のチェック&バランスで健全でもあり
なおかつ「国民との約束を破ると宣言した政党」を選挙で勝たせるのは我慢ならんと言う
国民の明確な意思の表れでもある

民主に「追い風」を送っていた浮動票が離れた棄権、白票も含めて、遠からず「民意」である

そしてその「ねじれ」をさも向こう6年間の固定状況のように言いふらす輩が少なくないが、
議員は変わらないが、「属性」は大いに変わる良くも悪くも寄らば大樹の群れ。
「属性」の「ハコ」がこのまま向こう6年間変わらないと「すり替え」ている論調は傾聴するに値わずだ

足して
引いて
入れ替えて
堅いところと
ふらつく因子と

あたかも色とりどりのトッピングの「ホールケーキ」をカットする
真正面から入刀することしか思い浮かばない単純さは放って置いて
色分けされたケーキを、斜めだったり 横だったり
いろんな角度で「力学」を「作用」させる

「自社さ連立政権」とかって、そこまで時計を戻すと
菅直人ってのも「前科者」だったんですな

 「新党さきがけ 代表=武村正義、政策調査会長=菅直人(当時)」

「真っ先に」自民党政治を復活させた張本人。

『禁じ手』を真っ先に使ったのは武村正義であり、菅直人だった


そして
ぶっ壊された「細川政権8党連立」と
ぶっ壊された「羽田政権非自民非共産連立」は
実は「壊し屋・小沢」の手ではなく
卑劣な陰謀や集団「ぶっ壊し屋・さきがけ」が真犯人だった

当然のように、「反撃としての」自自連立に年表は進んで逝くわけで
さらには「悪しき自公連立10年の土台」となった自自公連立が成ってしまう

そんな同じく前科者の小沢なんですけど、
「自自公連立」ってこの国を滅亡に向かわせた創価学会の政権呼び込みが
なんともかんともずっと許せなかったんですけど
よくよく調べるとこれも誤解していて先入観としての「豪腕・小沢」の陰に隠れて、
「公明党を引き入れたのは野中広務」であったって事。
しかも小沢は「公明党を外せ!」と小渕総理に再三迫って結果、小渕のアウアウ劇。
小沢自由党の「創価学会連立」離脱の翌日のこと。
然るに『密室5人組』により森シンキロウ清和会+創価学会支配の「日本吸い尽くし10年」の悪夢につながる。
そして小泉時代を通して創価学会が絡んでくるといとも都合よく人が死んでくれるんだけど、
それもこれも「小沢憎しの野中広務」の大罪だとようやくわかって、
それで小沢を見直した、不思議な『歴史の知恵の輪』だった

こうやって「歴史の表層」で、「さも確定しているかのように」言われている事が、
たったいま起こっているオリジナル民主A組のクーデター政権乗っ取り劇、
そしてそこに傍若無人に舞い踊っている菅直人と仙谷+枝野ら「前原野田一味」、
こいつらの汚らしい心根がにじみ出てきている顔つきと言説を眺め見ると
まったくもって「同じ歴史が繰り返されている」新党さきがけの裏切り劇、
打算と謀略と責任擦り付けの「ルーツ」がハッキリと浮かび上がってくる

この集団、所属するグループは違えど離合集散繰り返し、
そして「ある密命」に一致集結する様な。
「忍者部隊」かよ! このまま描いても映画が撮れるぞ。

枝野幸男が幹事長引継ぎの際に、絶対マトモな引継ぎなんかできないだろう「枝野の問題で。」
と指摘したら、「小沢さんに引き継ぎを申し入れているが、会ってくれない」などと
テレビカメラに向かってわざわざ言っている

ホラホラ出ました「小沢の所為」。

さらに「同じ根っこ」の菅直人が性懲りもなく続く

そして、最も分からないのが、首相が記者団に「小沢さんにもお目にかかりたい」と 話したことだ。会って、自らの消費税発言などで厳しい選挙になったことについて報告し、小沢氏の意見を聞きたいと云う。本当にそう思うなら、記者団に話すことでは ない。黙って密かに会えばいい。それより、「国民との約束を守れ」と言われたこと を無視したことを、有権者や落選した仲間に謝る方が先だろう。なぜ、そう言うか。

すべてがすべて人の所為。
根性曲がった小学生のガキがそのまま社会人として「大人」になる機会を逸してしまい
政治の世界と言う「他人の金で好き勝手言い振舞う欺瞞社会での経験」しかない
「プロ偽善家集団」。

そしてその極めつけとしての「さきがけ」。
責任転嫁に必死の口車で、自分では一切責任を取らないそんな三百代言セルフ弁護の連中より
不器用であっても行動で示す、「言い訳しない政治」を目指す政治家こそ応援したいものだ

誰が日本の政治に混乱をきたし
誰が日本の未来に影を差しているのか

「表のイメージ」はすりかえられた
「表層の歴史」には惑わされる
「すり替え」と「責任なすりつけ」とそして「偽善」の成りすまし
これらがまさに「さきがけ」をルーツにする「政権交代・民主党」の中に
巣食いし悪魔的要因たる、菅直人と仙谷+枝野ら「前原野田一味」、
菅直人、前原誠司、仙谷由人、枝野幸男、岡田克也、野田佳彦、玄葉光一郎、
であると言えよう

そしてこの「悪魔的要因」どもは、内部から仲間を平気で裏切り敵と結ぶ特性があり、
前原誠司、野田佳彦と永田康久の3名だけで密室で勝手に決めて国会質問を強行した
「永田メール事件」の民主党自爆小泉自民党アシスト劇とも同じ登場人物であり、
「消費税増税自爆選挙」の菅直人執行部、自民党みんなの党アシスト劇とも一致する。

 ◆1枚目のリトマス試験紙
   @永田メール事件とまったく同じ構図。まったく同じ「主犯首謀者」。
    参議院選挙大惨敗は「前原野田一味」の松下政経塾中心の自爆劇、自民党とみんなをアシスト。
(07/12)

真犯人は、「さきがけ」

そこにさらに付け加えられる共通項目としての「松下政経塾」
前原誠司、野田佳彦、玄葉光一郎、

場合によっては「世襲より悪質な」謀略政治腐敗の悪性因子がここに凝縮している


「小沢一郎がぶっ壊した」「悪いはすべて小沢一郎」と言っているヤツが
いまアナタの目の前で同じ事を叫んでいる
16年後のいまを分光フィルターとして覗いてみると
16年前の真実は果たしてメディアが伝えている表層の「壊し屋悪党伝説」などは、違った見え方になると気付く
裏切り政治常習犯のプロファイリング。

 魁!! 男塾 魁!! 男塾

是ほどまでに男らしくない人間の吹き溜まり

「さきがけ」と「松下政経塾」が現代日本政治の2大病巣

完全否定せよ!

コメント

時事放談=小沢追放団です

時事放談って番組、毎週同じ、小沢追放談ばかり、これでは出演者はみんな小沢追放団ですね。
テレビはもう死んでいるね。
テレビは世論操作して国民生活を破壊している主犯格です。
偉そうに時事放談で小沢批判繰り返して小銭を稼いでいる武村正義ですが、財政再建で主張している方法はあの時小沢一郎が元大蔵事務次官・現日本郵政社長の斎藤次郎氏と主張した国民福祉税構想そのものです。
あの時批判して壊したのは武村正義なのに、恥知らずな発言繰り返して、小銭を稼いでいます。
ちなみにその時の大蔵事務次官斉藤次郎氏は超大物大蔵事務次官で最優秀な人物でしたが、小沢氏との協調でその後干されましたね。
それが、民主党政権交代で日本郵政の社長に就きました。
最適な人物が日本郵政の社長になったと思っています。
亀井静香はよく見ています。
官僚でひとくくりされる人物ではないと斉藤次郎氏のことを思っています。
それから、国民福祉税構想は福祉目的税ですから、今の消費税増税&企業減税とは思想も効果も全く違います。
ここを誤解しいてはいけません。
売国族の外資への送金目的の菅政権消費税増税&企業減税とは全く次元が違いますね。

  • 2010/07/19(月) 17:02:45===
  • URL===
  • written by scotti
  • [ 編集]

マシンガンで背後から仲間を殺した菅

菅首相の消費税増税発言は意図的に民主党候補を背後からマシンガンで殺戮したのと同じ。
信じている仲間に背後からマシンガン連射されればひとたまりも無い。
選挙中に起した偽メール事件と考えれば理解できると思う。
菅内閣、こんな執行部では民主党は衰退過程から崩壊過程に入る。
一日でも早く党首交代し、民主党は国民生活派の議員集団に成長しなと、民主党にも、国民にも明日はない。
このまま菅政権だと、韓国と一緒に、米国の代理戦争する日本になる日も近い。

  • 2010/07/21(水) 00:42:43===
  • URL===
  • written by scotti
  • [ 編集]

コイズミカイカクとの親和性

元・新党さきがけの田中秀征氏や竹村正義氏の発言を聞いていて気になっていたのが、彼等が根っこのところでコイズミカイカクを否定しない、むしろ肯定すること。細川連立政権の頃は、「小さくてもキラリと光る」というキャッチフレーズに惹かれて支持しておりましたが、浅はかでした。反省しております。その党是をよく見れば、構造改革推進、民営化推進であり、あからさまな市場原理主義。現時点の菅民主とまさにおんなじって、政権中枢の面子が当時のさきがけOBなら当然ですね。
国民の見方ヅラして寄って来る売国野郎程タチの悪いものはない。とっとと小沢一郎に権限を返せ、菅直人!!

  • 2010/07/21(水) 21:17:51===
  • URL===
  • written by bronks
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/2188-9c7a11a9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。