ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「中道」はないのか? @俵孝太郎vs中国大使

俵孝太郎さん。
見掛けによらず言いますね~! 痛快!
歯に衣着せぬ物言いが少ない昨今、ジャーナリストはこれくらい言って欲しいものです
魂まで売り払った"さらりーまんジャーナリスト"連中が世の中ダメにしたのかも
■中国大使の靖国参拝への抗議声明をどうみるか
世界に屁理屈王というタイトルがあれば間違いなくこの男のものだろう。その名も王毅。自由自在に日本語を操る外国人が珍しくなくなった中ではかなり落ちるが、一応は日本語をしゃべることができる、中国の中日大使だ。
小泉首相の靖国神社参拝がたまたま中国の軍部が打ち上げた有人宇宙衛星の帰着当日だったことをとらえて、国家的慶事に水をさす重大な挑発だと非難する声明を出した。
ふざけるんじゃない。中国にとっては国家的慶事だったかもしれないが、日本とはなんの関係もない。祝ってやる必要も、恐れ入る理由もどこにもない。仮にも大使のくせに、自国と任地国の区別さえつかない貧弱な頭脳でナマイキにも抗議声明など出すから、こんなザマになるのだ。
靖国神社の春秋の例大祭の日取りはあらかじめ決まっている。その初日に首相が参拝するのは最も適切な姿だ。年に一度は参拝すると名言している小泉首相が今年はまだしていないのだから、たぶん秋の例大祭初日に参拝するというのは、政界やマスコミの一致した判断だった。
どうしてもカチ合うのがイヤなら、そうした情報があると本国に報告して衛星の帰着日をずらせばよかったのだ。その判断がつかなかったとすれば、それは彼が無能だったからにすぎない。
靖国神社例大祭は、日本にとっては戦没者を哀悼する厳粛な日だ。
王毅流にいえば、その日に軍事目的が明白な衛星を誇示することこそ、中国の悪質な挑発であり威嚇だ。
今回の総選挙で小泉首相が圧勝した背景に、多くの日本人の共産中国に対する強い反感が作用していたことは疑う余地がない。王毅も駐日大使なら、拝金主義者仲間の財界人と会うだけでなく、ちっとは民衆の声を聞くべきだ。
日刊ゲンダイ掲載「辻斬り説法」より

なるほど、「日本なんてのは中華人民共和国のイチ辺境自治区」くらいにしか思っていないのが中国の本音ですか
ガス田開発で浮き彫りになった領海意識(大陸棚まで俺のものってアンタ・・・いい加減にしなさい)はこう言うところから来ているんですね
中国ってくらいだから世界の中心の国と思っているんでしょうか?(笑)
まさに「セカチュー」意識自己チューチューなのね

小泉が確信犯的に緊張アジアを演出するのであれば、いっそ中国が日本の領土として認めようとしない沖ノ鳥島のコンクリート護岸を中心にメガフロートで巨大空港と港湾基地を作って、ハブ空港、ハブ港を民間と米軍でこれ見よがしに活用するのはどうでしょう?
横須賀に原子力空母を入れると強行して進めてる件も、こっちに移せば多少改善されるんでは?
そのためにも普段からブッシュにワンなのでしょうから

しっかしこういう話をすると、すぐに右だ左だと決め付けたがる人がおられるようですが、自分よりもちょっと革新的だと左なんでしょうかねぇ
(都立高校教員ゲシュタポ的粛清処分事件の土屋都議のような人を言ってます)
土屋都議からのメールの返答は「石原都知事や西村議員、松原議員も一緒です」となぜか「みんなで渡れば怖くない」と言う主旨 (お前議員だろ!情けない)

右だ左だと言う考え方は個人的には軽蔑します
土屋都議の反応を見ても「仲間を求めて」の寄り合い根性の現われなのでしょう


その石原都知事はニューヨークで仰天講演
曰く人命を尊重しているようではアメリカは中国に戦争で絶対に負ける」
相変わらずトリッキーな発言で世の中沸かそうと言うところでしょうが、他方国旗国家法案の主旨を大いに捻じ曲げて東京都通達まで出す始末(関連リンク)

ついつい高揚感からか愛国心を万人に強制したがる為政者達ですが、結局上の発言も「国体維持のために死んでくれる国民兵士の増産が不可欠」という本音が垣間見えます
一応壇上では「アメリカは負ける前に中国を経済的に封じ込めるべき」と締めくくっていましたが・・・
ブッシュの今回の来日もあっという間で、本音では日本をすぐに通過して他のアジア諸国を重視していると言う話なので、石原なりに危機感を感じたのでしょう

日米安保がなければ日本は核武装が必要だとすぐに極論にもって行く人が最近多いようですが、「中道」はありえないのでしょうかねぇ?
せっかくなんとか冷戦も終わったことだし、どちらにも組みしない「永世中立国・日本」を望んでしまいます

コメント

中道はありだとしても、永世中立は無理でしょう。
スイスだって永世中立を捨てようとしている御時世ですから。
コスタリカも外交方針は親米で永世中立は宣言以上の意味は無いですし、トルクメニスタンも現在では米軍と基地設置交渉を行ってます。

そもそも、冷静が終わったと言っても、東アジアの前線は動いてませんし、北朝鮮の核、中国の軍拡で危険度、緊張の度合いは増してますから。

如何に経済大国であっても、国家規模は小国ですから、日本が永世中立になろうとしたら、徴兵制と莫大な防衛費が必要になるでしょうね。

  • 2005/11/25(金) 12:24:58===
  • URL===
  • written by 通りすがり
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/227-b4d62deb

現代社会、拝金主義の病理

 「遠赤でがん治す」女子中学生もだました2人再逮捕 遠赤外線によるがん治療をうたった治療費名目の詐欺事件で、警視庁捜査2課は6日、新たに中学生など女性2人から計約665万円をだまし取っていたとして、「気光治療院」(東京都西東京市)経営・秋元繁(63)....

  • 2005/12/10(土) 21:42:21===
  • 憂国、喝!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。