ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついにイラク戦争開戦責任を認めたブッシュ @さて小泉は?

ついにブッシュがイラク戦争開戦責任を認めた
20051215103016.jpg
長いこと言われてきた大量破壊兵器保有の誤った情報を、フセインやっつけたいばかりにいいように使った責任だ
20051215103024.jpg
ブッシュがはじめた戦争で、殺されたイラク市民は浮かばれない
大統領の戦争責任を追求すべきだ
とはいってもアメリカのことだから国際法廷なぞには出る気もないことだろう
ヒドイ話だ

こんなムチャクチャな超大国の為政者でさえも自らの誤りを認めるアメリカにはまだ自浄能力があるのかもしれない

さて両手ばなしでアメリカを、ブッシュを、イラク戦争を支持した日本の首相はなんと申し開きをするのだろうか?
数発の迫撃弾がサマーワの引き篭もり自衛隊宿営地を飛び越えていったとしても、「安全安心、非戦闘地域だ」と言い張ってまたしても国会閉会中に派兵期間延長をコソッと閣議決定した直後のことである

この国の総理大臣は無責任極まりない
靖国参拝は個人の心の問題だと言うのは構わないとしても、アメリカ盲従外交や、いわれなき先制攻撃の戦争支持、自衛隊の海外派兵乱発、自衛軍公認のための改憲への動きなど、日本の「支配者」の一連の行動や発言の中での一端であれば誤解だと言っても理解は得がたい
まるで右手で殴りながら左手で握手を求めてきているように相手が感じても仕方がないだろう
都合のいいところだけ強調するやり方はエセ改革だけでなく外交でも同じで、もはや小泉のパーソナリティの問題かもしれないが、世界から日本全体が同一視されてしまうのはどうにも納得行かない
独立国家・日本としてアジアでイニシアティブを取らんとするのであれば、その辺のことも考えて発言してもらいたいものだ
(24時間公人であるとの自覚の問題もあるが、死者を弔うのであれば千鳥が淵ではダメな理由も分からない)

平和憲法破棄、自衛軍創設の必要性を盛んに叫ぶ自民党とその支持者達
絶対権力者の小泉の下、緊張アジアを演出してみせる
軍備強化が必要な「状況を作り出す」ことができるのもやはり為政者だと言うことを今一度考えるべきだろう
本当の意味で「市民がはじめた戦争」はひとつもないのではないか

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/261-bc09aaf0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。